contact

2021年09月04日

9.3新木場1stRING・第3試合

第3試合
~STEP to BTS Tag~6人タッグマッチ(20分1本勝負)
○高橋奈七永&松本浩代&堀田祐美子(17分05秒、冷蔵庫爆弾→体固め)真琴×&海樹リコ&笹村あやめ
2K0A9373 
松本Tシャツを着た奈七永が先発。リコがあやめコールを起こすと、奈七永コールでかき消す。奈七永が腕攻め。松本も腕を攻めようとするが、あやめがコーナーに押し込む。リコがエルボー連打も松本がすぐにヘッドロックからタックル。堀田はローキックを連発し、脇固め。奈七永はリコの腕攻撃し、クロスフェースロック。リコは逆水平からドロップキックも倒れなかった奈七永が逆にドロップキックからボディースラム。奈七永と松本がダブルタックルから松本が奈七永を背負い、背面から落とす。松本のエルボーにリコはドロップキックで対抗し、串刺し狙い。エプロンに出されるもスタナー。ロープに走るが、奈七永が登場し、タックル。奈七永が松本を背負い、背面から落とすもリコが避けて松本だけダメージ。リコは2人にドロップキックを連発。真琴はダイビングボディーアタック。串刺し二段蹴りからダブルアームスープレックス。松本はバックドロップを防がれながらもラリアット。真琴はスピア。笹村の一撃から真琴がロープを蹴り上げての攻撃から二段蹴り。
2K0A9010

2K0A9015

2K0A9107 
10分経過。笹村はロープに走って体を浴びせ、更に一撃。リコのスタナーから笹村が丸め込み。ダブルドロップキックも決める。松本はカウンターでバックエルボー。堀田は笹村のドロップキックを避けて顔面蹴り。エルボー連打も耐えてローキック。奈七永&堀田でダブルエルボー。堀田は有田もローから脇固め狙いも体を入れ替えた笹村がSTO。真琴は側転ダブルニー。堀田はスリーパー。脱出した真琴が顔面蹴り、二段蹴り。奈七永にはフロントハイキックも奈七永がタックル。エルボー合戦。延髄斬りを避けた松本が腹を蹴り、ダブルニーを連発。スピアは耐える奈七永がカナディアンの体勢から膝を突き立てる。
2K0A9140

2K0A9155

2K0A9164

2K0A9211

2K0A9235

2K0A9241

2K0A9258 
15分経過。真琴が奈七永と松本をコーナーにホイップ。だが松本がバックドロップを決め、奈七永が冷蔵庫爆弾。松本はコーナーからダブルニー。奈七永は再び冷蔵庫爆弾も自爆。真琴がコーナーに上がると奈七永も追いかけて雪崩式狙い。松本画家制し、パワーボムの体勢。笹村が逆に叩きつけ、奈七永にダメージ。リコのノーザンライトスープレックスから笹村がダイビングフットスタンプ。真琴のネックハンギングボムはカウント2。奈七永はインプラント。次の攻撃を狙うと笹村がカット。松本はリコ、笹村を蹴散らし、真琴には堀田の掌底から奈七永がバックドロップ。真琴は蹴りを決めて雁之助クラッチ。松本が誠にラリアット、奈七永がスライディングD。松本が真琴を抱え、そのまま奈七永がファルコンアロー。残り3分。奈七永が冷蔵庫爆弾で3カウント。
2K0A9278

2K0A9304

2K0A9323

2K0A9335

2K0A9373

2K0A9375 
2K0A9393
奈七永 おい真琴! 紫軍団、今日の結果、忘れんなよ。ちびっこども。まあいいや。また遊んでやるよ、チビッコどもと。その前に22日タッグタイトル、今日は朱崇花もいなくて、真琴、チビッコ2人を従えたって松本浩代、堀田祐美子、高橋奈七永組に勝てる訳ないね。それがそのまま9月22日の結果になるであろう。なので心して9月22日を迎えるように。
2K0A9397 
真琴 鬼、悪魔、妖怪! バイオハザード! 確かに今日は私がこうやって負けてやっぱり朱崇花さんがいないと駄目なのかって本当に惨めになります。でも逆に私の心の中に静かな炎がともりました。ともしてくれてありがとうございます。妖怪の皆様。鬼滅勉強しました? ベルト巻く資格ないです。シングルもタッグのタイトルが決まってます。いったいどっちがメインになるんですか? まだ決まってない? 私メインがいいんですけど。
 
松本 私もメインがいいです。で、私達強いってご存じだと思うんですよ。足りないモノ何かなって思って考えた結果、足りないのは好感度かなと。心の中では好感度なんてくそ食らえなんですよ。だけどやっぱり私がタイトルマッチやるならメインがいいです。だから私はSEAdLINNNGのファンの皆さんが大好きです。という事でどっちがメインかお客さんの投票で決めませんか? ねえみんな。それがいいよ。みんなで決めた方がいいよ。奈七永が投げキッスしてるよ。このペアどうですか? 奈七永…さん、どうですか?
 
奈七永 私も松本と同じこと言おうと思ってた。SEAdLINNNGのお客さんが大好きです。堀田さんも大好きですよね。堀田さんのファンもシードラーも大好きです。公平に皆さんの投票でセミとメイン決めたいと思います。好感度あまりないけど大丈夫かな。信じて、みんなを信じて近日詳細を発表しますので、皆さん清き一票をお願いします。決まった結果で正々堂々タイトルマッチしたいと思います。よろしくお願いします。
2K0A94062K0A9425

2021年09月04日

9.3新木場1stRING・第2試合

第2試合
ハイスピードスクランブル3WAYマッチ(20分1本勝負)
○藤本つかさ(9分52秒、オーバー・ザ・トップロープ)中森華子×
※もうひとりは青木いつ希
2K0A8962
青木がいつものように全力の「よろしくお願いします」の握手。南月が握り、ハイスピード初参戦の中森とも握手。南月が藤本に襲いかかり、ゴング。青木と中森も2人で藤本攻撃。藤本は南月にもドロップキックから張り手。藤本がクラウチングスタートからコーナー攻撃を狙うが、南月が足を引っかけ逆エビ。中森は藤本にジャイアントスイング。青木もジャイアントスイング。南月が藤本にくすぐり。青木が反則カウントを数える。青木も突っ込むがエプロンに出される。藤本と中森がエルボー合戦。藤本は丸め込みを跳ね上がって起きてPK。中森もサッカーボールキック。藤本もサッカーボールキック。中森は連発してからPK。すぐフォールも無効で1往復フォール。
2K0A8731

2K0A8746

2K0A8757

2K0A8762 
藤本に南月と青木が連続串刺し。「見とけよ」と1往復フォールを狙うが、藤本が逆に丸め込み。青木はタックル。青木は南月を背負ってボディープレスも自爆。藤本が南月にフットスタンプ。青木と南月がド付き合い。南月がショーンキャプチャーを狙うと青木がカット。青木がショーンキャプチャーを狙うと藤本と南月でダブルドロップキックからフォール。そこを中森が攻撃し、青木にはキックラッシュ、1往復フォール。シャイニングキックから1往復フォール。青木が中森にショートレンジラリアット、串刺しラリアットからノーザンライトスープレックス。1往復フォール。
2K0A8796

2K0A8801

2K0A8818

2K0A8886

2K0A8897 
藤本はミサイルを青木に決め、そのまま中森にプレス。2人に低空ドロップキックから青木に1往復フォール。中森は2人まとめてフォール。藤本と中森が2人がかりで青木をフォール。藤本はエプロンに出され、中森も出される。青木のプレスをガードし、2人でスタナー。藤本がコーナーに上がり、中森も追いかけるが、逆にエプロンに出される。南月が中森を助けようとするが、南月もエプロンに出される。青木もエプロンに出され、藤本はビーナスシュートをかわされ、4人がエプロンに。藤本のドロップキックで青木と南月が押され、ぶつかった中森がオーバー・ザ・トップロープで決着。勝者は藤本。
2K0A8917

2K0A8926

2K0A8938

2K0A8963

2K0A8967

2021年09月04日

9.3新木場1stRING・第1試合

SEAdLINNNG~SHINKIBA NIGHT!~
9月3日=東京・新木場1stRING
観衆120人
 
第1試合
15分1本勝負
△海樹リコ(時間切れ引き分け)川畑梨瑚△
2K0A8480

2K0A8515
リコのエルボーに川畑はローキックで応戦。アームホイップ合戦から川畑がドロップキック。腕の取り合いから川畑が腕にエルボー。うつ伏せ状態のリコシェの左腕も踏みつけ、ロープを利用してアームブリーカー。その後も腕攻め。リコのエルボー連打を耐えた川畑がローから更に腕を絞り上げてドロップキック。ロープに走る川畑だが、リコがカウンターのドロップキック。串刺しは避けられるがエプロンでロープを利用したスタナーからドロップキック、スリーパー。ボディースラムから腕を決めてブリッジしながらの変形キャメルクラッチ。スープレックス狙いは逆に川畑が切り返す。脇固めに移行。619も決め、ドロップキック。気迫全開のエルボー合戦。
2K0A8550

2K0A8560

2K0A8564

2K0A8608 
川畑がコーナーに上がるとリコも起き上がってリングに落とし、ドロップキックを連発。何度もカバーに入るがカウント2で返した川畑が延髄斬りからノーザンライトスープレックス。ハイキックをかわしたリコもノーザン。川畑がドロップキック。残り3分。コーナーに振られるも駆け上がってボディーアタック。川畑がカウンターのハイキックからジャックナイフ固め。更にフォールから首固め。ドロップキックからフォール合戦。リコの腕を決めてのマヒストラルはニアロープ。川畑がドロップキックからフォール。エルボーも連発。
2K0A8663

2K0A8669

2K0A8680 
残り1分。川畑がドロップキックから何度もフォール。残り30秒。川畑のボディースラム狙いをリコが首固め、ノーザンライトスープレックス。川畑もノーザンを決めたところでフルタイムドローのゴング。

2021年08月20日

8.19後楽園ホール・メインイベント

メインイベント SEAdLINNNG BEYOND THE SEA Single Championship(30分1本勝負)
○水波綾(20分53秒、ホットリミット→片エビ固め)中島安里紗×
※第6代王者が初防衛に成功
2K0A7041 
水波と中島がレスリングの攻防。中島の左のエルボー連打を耐えた水波綾に中島が張り手。ロープに走ると水波がタックルを連発。水波はコーナーでチョップを連発。最後の一発を放つアピールを中島が止め、コーナーに上がるが、水波綾に落とされる。エプロンに出た所で水波の攻撃をかわして場外に落とし、コーナーからダイブ。鉄柵にホイップし、フロントハイキック。カウント17でリングに水波が上がると、中島は蹴りを連発し、DDT、キャメルクラッチ。走って顔面蹴りからミサイルキック、投げっぱなしジャーマン、ロープ際に追い込んでケンカキック。次の攻撃をかわした水波が串刺し狙い。これは迎撃されるもパワースラムを決め、走り込んでギロチン。ラリアットから大外刈りを決め、袈裟固め。旋回して更に絞り上げようとしたが、中島は脇固めで切り返す。
2K0A7067

2K0A7069

2K0A7107

2K0A7130

2K0A7183 
10分経過。中島はラリアットをよけてケンカキック。フォールに入るも再び水波が袈裟固め。自ら頬を張って気合いを入れた水波が左右のエルボー連打。もう一発入れようとすると中島もエルボーラッシュ。両腕を捕まえた水波はヘッドバットからラリアット。中島の一発からエルボー合戦。水波が至近距離でのラリアットからアルゼンチンの体勢に抱えて落とす。肩にも担いだが、切り返した中島がドラゴンスリーパーからそのままリバースDDT。コーナーに上がると水波も追いかける。それdめお中島は宙づり状態の水波にフットスタンプを投下し、更にダイビングフットスタンプ。
2K0A7197

2K0A7225

2K0A7239

2K0A7289

2K0A7309 
15分経過。中島が膝蹴りを連発。水波は投げっぱなしドラゴンスープレックス。水波が肩に担ぐが、中島はスリーパーで捕らえ、胴締めスリーパー。そのまま立ち上がった水波は後ろに倒れ込んで脱出。中島が投げっぱなしドラゴンスープレックスからムーンサルト。当たらずもう一回トライも、水波が足を出して迎撃。水波がラリアット。カウント2。中島はパッケージジャーマンからドラゴンスープレックス。カウント2。水波は中島をロープに走らせず引き戻した所でラリアットから裏投げ。立ち上がった中島をキャッチし、そのまま前に頭から落とす水波。コーナーに上がると中島が追いかける。20分経過。水波が叩き落とし、ダイビングギロチン。カウント2。最後はホットリミットで3カウント。
2K0A7363

2K0A7374

2K0A7392

2K0A7397
2K0A7412 
2K0A7441
優宇 水波さーん、ちょっと話聞いてもらっていいですか。防衛おめでとうございます。めちゃくちゃワクワクしましたよ。自分も今までワクワクする事選びつつけて今の私、ここに立ってる私がいるんですけど、ワクワクする事見つけちゃいました。そのベルト挑戦させて下さいよ。シングル。私そのベルト巻いて新しい景色を見たいし、SEAdLINNNGにいるお客さんにも新しい世界を見せたいとメチャクチャ思いました、今日の試合を見て。
 
水波 なるほど。次の挑戦者に立候補するという事で。分かった! という事で奈七永さん、次の立候補者来たので私受けようと思います。なので決めて下さい。次のやつ。次の防衛戦。
 
奈七永 じゃあ今日優宇は勝利という結果を残してる。
 
優宇 タッグチャンピオンからスリー取ってるんです。でもタッグ述べるとじゃなくてシングルのベルトが欲しいんです。言う権利ありますよね。
 
奈七永 あると思います。じゃあ9月22日の新宿でタイトルマッチ決定という事で。
 
水波 やるぞ、優宇。
 
優宇 熱い試合お願いします。
2K0A7450 
水波 という事で次の防衛戦は優宇という事で、その前に中島帰っちゃったけど、中島に一言。5年ぶりのシングル、やっぱあわねえ、中島とは。あとちょっと嫌い。でもその変わらねえし、それだけ中島安里紗って貫くものがある。それは好きです。ああいう存在は意外にいないと思う。勝ったけど、負けた感じもします。中島安里紗ってもの、SEAdLINNNGってものをこのシングルにぶつけてきたなって。5年前とは変わってないけど、それを感じられたのは凄く収穫でした。いつ次のシングルあるかわからないけど、これだけは言わせてくれ。中島安里紗の事はちょっと嫌い。という事でSEAdLINNNG6周年おめでとうございます。今日という日を迎えるまで自分自身、コロナになって肺炎になって入院してました。ちょっと弱気になってる自分もいて、リングに戻れないのかなとも思ってる自分もいました。でも一生懸命、病気を治してくれた人もいて、このリングに戻る事を支えてくれた人たちがいて、自分にありがたいメッセージを送ってくれた人がいて戻ってこれたと思ってます。私はSEAdLINNNGのシングルのチャンピオンです。SEAdLINNNGはやられても立ち上がるんです。それはこのシングルのチャンピオンとして真っ先にやらなくてはどうするんだという気持ちが強いんで、このベルトと一緒に旅して戦っていきたいと思います。とりあえず6周年おめでとうございますという事でLet’s Get d!!!で締めたいと思います。(混乱して涙も奈七永、山下、青木が支える)
2K0A7480

2K0A7484 
奈七永 みんなのアニキ、世界のアニキ!(と手拍子を煽る)アニキも体調が優れない中、チャンピオンとしてこうやってベルトを守ってくれました。だからこそチャンピオンってものはこうやって立ち上がっていくって事を体を張って見せてくれました。みんな見てくれてるから。みんなでLet’s Get dをやりましょう。
 
アニキ(涙を堪えて呼吸を整えつつ)ちょっとお待ち下さい。はい、どうもすみませんでした。という事で準備はいいですか? いきまーす、Let’s Get d!!! ありがとうございました!
2K0A7519

2021年08月20日

8.19後楽園ホール・第4試合

第4試合
6周年記念スペシャル6人タッグマッチ(30分1本勝負)
○高橋奈七永&松本浩代&春輝つくし(18分32秒、ワンセコンドEX→片エビ固め)山下りな&鈴季すず&笹村あやめ×
2K0A6936 
つくしが「仲良くして」と奈七永&松本を握手させようとしたところで山下組が奇襲。奈七永が串刺しを連続で食らうも、奈七永組もすぐに逆転。だが、奈七永は何度も山下に串刺しを迎撃される。山下は奈七永に顔面ウォッシュ。奈七永は世志琥ブラ。鈴木がコーナーから奈七永を挑発。奈七永は山下にサッカーボールキック。松本は山下にヘアホイップから逆水平。山下も返してチョップ合戦に発展。つくしは髪の毛と両手を踏みつける。更にロープに髪の毛を結んで固定し、背後からドロップキック。奈七永と山下はエルボー合戦。山下のチョップに奈七永は張り手。ロープに振られた山下だが、タックル。鈴木と笹村が奈七永に合体攻撃からポーズ。全員でdポーズ。
2K0A6574

2K0A6579

2K0A6586 
2K0A6596

2K0A6615

2K0A6618

2K0A6622

2K0A6639

2K0A6652

2K0A6663

2K0A6680
5分経過。「SEAdLINNNGの皆さん、そして高橋奈七永、はじめましてー」と叫んだ鈴木がボディースラムを狙うが奈七永が逆に決め、スリーパー。更にロープ際でも決めていく。鈴木はローキック連打。キャッチした奈七永がその場でラリアット。もう一発をブリッジでよけた鈴木がドロップキックも、奈七永はタックル。串刺しを避けた鈴木はコーナーからミサイルキック。ジャンピングハイキックに奈七永はレッグラリアットで対抗。更に顔面キック。つくしは飛びつきDDT。つくしは顔面蹴りを連発し、カウンターでフットスタンプ、エルボー。鈴木はエルボーを見舞い、笹村がロープ際に固定。鈴木は場外を走って顔面ドロップキック。山下も決めようとしたがうまく決まらず。リングではその場跳びムーンサルト。つくしにはタックル連発。つくしはその度に起き上がる。奈七永を叩きつける合体攻撃から山下に覆い被さる奈七永にフットスタンプ。山下にフォール。
2K0A6727

2K0A6741

2K0A6778 
10分経過。つくしがヘッドシザースホイップから顔面ドロップキック。松本はボディープレス。山下&笹村にまとめてバックドロップ。コーナーに上がると山下がカットし、スプラッシュマウンテンの構え。松本が脱出しラリアット合戦。ロープに走った松本がラリアット。山下がブレーンバスターを決めるが、すかさずつくしがダイビングフットスタンプを山下に投下し、松本はダイビングダブルニー。走り込んでラリアットも決める。パワーボム狙いは山下がリバースしてインプラント。笹村は走り込んで全体重を浴びせ、バックドロップをかわしてエルボー。松本&奈七永は2人でボディープレス。笹村はエルボーを暗いながらも倍返しのエルボー。1本背負いから腕十字。STOを耐えた奈七永に笹村がエルボー。膝への低空ドロップキックから低空DDT。丸め込み合戦には鈴木が加勢。
2K0A6807

2K0A6823

2K0A6829 
15分経過。笹村がコーナーからダイビングフットスタンプ。かわされるとつくしがミサイルキック。松本のホイップから奈七永がキック。松本のバックドロップからつくしが奈七永を雪崩式フランケンでホイップ。笹村に全体重が浴びせられが更に奈七永も反撃。しかし、冷蔵庫爆弾は自爆。笹村はタイガーの構え。松本がカット。バックを奪うも、奈七永のレッグラリアットが誤爆。松本のラリアットも奈七永に誤爆。山下と鈴木がダブルハイキック。笹村が半径バックドロップ。カウント2。松本が笹村にラリアット。奈七永も決めるが鈴木がフォールをカット。奈七永がワンセコンドEXで3カウント。
2K0A6837

2K0A6871

2K0A6876

2K0A6890

2K0A6895

2K0A6922

2K0A6930 

奈七永 よっしゃ、勝ったぞ。つくし、ありがとう。つくしのおかげだと思う。つくしがいてくれたからタッグ組んで勝てて。あの人どうだった。松本。
つくし 良かったです。浩代さん大好きです。どっちも大好きです。
奈七永 私知ってか知らずか松本の事、嫌いなのね。知ってる? SEAdLINNNGに出禁にした事もあるぐらい。でも人間って心境の変化がつきものじゃないですか。昨日は好きだったのに今日は嫌いみたいな事あるじゃないですか。ここからが大事。SEAdLINNNG6周年という事で松本のおかげで今日勝てた気がする。最後の方とかラリアットとかもらった気もするけど、そのぶん挽回してくれた。気持ちが見えた。松本の気持ちは良く分かった。6周年って事でSEAdLINNNGは新しい戦いの苗を植えるってやってきた。という事でニュー苗を今日植えたいと思う。前置きが長くなっちゃったけど、よし、タッグを組もう。
 
松本 お前いい加減にしろよ。出禁にされたんです。心境の変化? お前どこまで頭くさってんだよ。タッグ断らさせて頂きます。高橋奈七永、お前そんな下手に出るなよ。私が知ってる高橋奈七永はそんなに気持ち悪くねえんだよ。高橋奈七永、私とタッグ組んで下さい。
 
奈七永 パッション!
 
松本 どうすんですか、これ。
 
奈七永 オッケー、よしあまりうまくいく気配はないかもしれないけど、しょうがないから組んでやるからよ、このタッグが決定したって事は一つもう決めた事がある。おいタッグチャンピオンの朱崇花&真琴、来いや。つくしちょっと待ってね。現タッグチャンピオン、朱崇花&真琴、たった今、SEAdLINNNGにおける最強タッグが決定されましたので、ここはもうやっぱりね、腰に光るものを巻いた方が箔がつくってもんなんでタッグ挑戦させろ!
 
朱崇花 無理です。こんな2人みたいな化け物じみたタッグの挑戦は受けられません。さようなら。
 
真琴 確かにあの2人は化け物です。鬼です。でも今日私はチャンピオンとして負けました。本当に恥ずかしい。だから汚名返上をしたいです。2人であの鬼どもを滅してやりましょうよ。ベルトを守ってやりましょう。いつでもかかってこい、鬼ども。かかってこい。
 
奈七永 そしたら次の9月22日新宿FACE、そこでどうだ。いいな。おい決定だ! そして私と松本のタッグが始動する事も決定事項だ。うまくまとめてくれ。
 
松本 女子プロレス界、松本浩代と高橋奈七永が組む意味わかるか。9月22日、絶対お前らからベルト奪ってやるからな。帰れ!
2K0A6947

2K0A6978

2K0A69882K0A7004

ヤシの木