contact

カテゴリー

2018年11月03日

11.1後楽園大会・エンディング・奈七永、中島コメント

◎エンディング
奈七永にチャンピオンベルト、勝利者トロフィー、お米100キロが授与される。奈七永コールのなかマイク。
0859
0861
 
奈七永「みなさん、ありがとうございました。お客さんありがとう、このトーナメントに出てくれたみなさん、ありがとう。そして、SEAdLINNNGというリングで、第1試合から最後までいろんな団体のいろんな選手達がここでしのぎを削って闘っています。それに、ありがとう。そして×3、そのなかで×2、いまリングのど真ん中にいるのは高橋奈七永だー! (奈七永コール)ありがとー! 私はこのベルトを巻いたからには、エブリウェア、エブリバディ、エニバディ、エニウェア? 誰の挑戦でも受ける! BEYOND THE SEAという名に恥じないように、これからも活動していきます。私はプロレスが大好きで大好きでそれだけで収まらない。だからここに着いたと思う。そんな気持ちがある人間、セコンドについてた笹村、高瀬? 本間? 水森、 沙恵! お前らでもいいんだぞ。気持ちのあるヤツ、いつでもかかってこい! 今日はありがとうございました!」
0882
0886
 

◎奈七永コメント
奈七永「ありがとうございました。デカイ、重くてデカイです。(沙恵がトロフィーを届ける)ありがとう。沙恵、お前もいつか挑戦してこい」
 
沙恵「はい、もうそのために精一杯頑張ります」
 
奈七永「そうだ、気持ちがあるパッションが。その気持ちが伝わってきたら私はいつでもどこでも受ける」
 
沙恵「試合を見させていただいて、私、涙出て…。これにいずれかは挑戦したいと思いますのでよろしくお願いします」
 
奈七永「待ってるよ。ありがとう。正直しんどかったし、私は彩羽匠にもギリギリの状態で勝ったし、中島にもギリギリの状態で、やっとの思いで勝てたので。これが本当に紙一重のところまで追い込まれたっていうのが……正直、本当に正直な気持ち、うれしいです。今日、対戦した彩羽、中島、ぜんぜん挑戦資格はあると思いますよ。そうじゃないですかね? まず決勝に上がったのがSEAdLINNNG同士ということで、その闘いをたくさんお客さんが、期待感が凄いなかで見守ってくれたのが凄い届いて、中島の思いも凄い届いて、辛いので、辛いことをやっているので、本当にふさわしくない言葉なんですけど、最高に楽しいシバきあいでした。ここまで思ったのは、中島相手にここまで思ったのははじめてです。だから私の気持ちをここまで持ってきてくれたことに感謝するし、今日ばかりはね。なので、いつでも挑戦は受けたいと思います。リングで言ったようにSEAdLINNNGというリングは、所属は3人だとか関係なく、みんながみんないろんな団体から、フリーだったりとか、それぞれが熱い気持ちで、一生懸命な気持ちでこのリングに上がってきてくれているので、もっとSEAdLINNNGをブランド化していきたいと思いますし、そこの頂点に立ったということで、高橋奈七永がもっともっと突き抜けていかせていただきます。この結果に異論がある人もたくさんいると思いますけど、その異論すべて受け付けますよ。それとともに闘って渦を起こしていかないと始まらないので、ここが女子プロレスの本道だってもっともっと胸張って言いたいので、胸張って、チャンピオン像を作っていきたいと思います」
 
——自身の団体のベルトを巻いた感想は?
奈七永「見てください。このデカいベルト。こんなデカいベルト巻いたことない。100キロくらいある感じです。それが自分の団体のベルト、旗揚げして3年でやっとできたベルトだっていう思いとともに、お山の大将にならないように、初心忘れるるべからずでいきます」
0891
 
◎中島コメント
中島「私はすべてここに懸けて、このトーナメントやってきてこの結果で、いまもう何も言うことないです。まあでも負けること考えてなかったので、すべて懸けてやってきて、それでもベルト取れなくて、まだまだ高橋奈七永はデカくて、すべて懸けたけど、じゃあここで終わりかっていったら、でも、いま言えるのはそうじゃない。つかんだものもあるし、このベルト、私が持ったほうがもっともっとSEAdLINNNG、面白くできると思う。まあいますぐ、あー、わからない…。必ず取りに行きます」
 
中島が立ち上がると、中森が現れる。
 
中森「ちょっと待てよ、中島。さっきお前に負けたけど言いたいことがある。12月9日、PURE-Jの後楽園大会でPURE-Jのベルトに挑戦してこい。どうでもいいんだよ。私がチャンピオンなんだよ。私に権限がある。私はチャンピオンなんだ。(中島が無言で帰ろうとすると)待てよ、逃げるのかよ。決定だ、決定。後楽園大会。なんだよ、挑戦してこい、中島。逃げるのかよ」
 
中島「自分はこのSEAdLINNNGのベルト、取ることにすべて懸けてきたので、PURE-J? ベルト?」
 
中森「お前の気持ちはどうだっていいんだよ。わかったよ、決まりました、決定だよ。決定しました。今日の借りを何億倍にも返してやる。12月9日後楽園大会、中島安里紗決定です」
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木