contact

カテゴリー

2018年11月03日

11.1後楽園大会・第5試合

5、SEAdLINNNG BEYOND THE SEA Tag Team ChampionSHip(30分1本勝負)
○世志琥&山下りな(17分35秒、片エビ固め)水波綾&大畠美咲●
※ダイビング・セントーン。初代王者組が4度目の防衛に成功
0486
0496
0498
 
【リポート】
WAVEで開催されたタッグトーナメントDUAL SHOCK WAVE 2018でAvid Rival(アビッドリバル)に敗れてしまったBORDERLESS(ボーダーレス)。10・17新木場の6人タッグでリベンジの機会が訪れたが、この試合でもアビリバに惜敗。大畠美咲が12・29後楽園で引退するため、ボーダーレスがアビリバに雪辱を果たすチャンスはおそらく今回が最後。大注目の一戦が組まれた。
 
試合は世志琥VS大畠でゴングを迎える。早々に世志琥が山下とのダブルのクローズライン。かいくぐった大畠だったが、世志琥がバックブリーカー。山下がケンカキックで飛び込む。
0528
0516
 
大畠&水波もすぐに反応。合体ギロチンドロップを成功させると、水波が山下にマシンガンチョップ。捕まりかけた山下だったが、ブレーンバスターでやり返し、世志琥と交代する。
0534
 
世志琥はアビリバにまとめて串刺しラリアット。大畠に顔面ウォッシュを決める。そして世志コブラで捕獲。大畠がDDTで脱出すると、世志琥VS水波、山下VS水波で激しく衝突していく。エルボーやラリアットの打ち合いで観客のボルテージも最高潮に!
0581
0614
 
一進一退の攻防のなか、アビリバは連係プレーで現状打破にかかる。あらゆる連係を繰り出すが、ボーダーレスも堪え忍ぶ。ツープラトンのホットリミットを世志琥が妨害すると、流れはボーダーレスへ。
 
ダブルのラリアットを放ったボーダーレスは連係のセントーンから世志琥がダイビング・セントーン。
0628
0638
 
寸前でかわした大畠が逆打ちでカウント2。合体技を挟んで、花マルどっかん。キックアウトされるとスカイブルーSHを狙うが、これは山下が妨害。すぐに世志琥がネックハンギングボムでカウント2。

 
0662
0555
ならばと水波もラリアットで助けに入る。すかさず大畠がマヒストラル、ブルークラッチでカウント2。ブルーダリアは世志琥も読んでいた。水波のラリアットを大畠に誤爆させると、世志琥がラリアットで追い打ち。
0679
 
0681
これを水波にカットされると、山下はスプラッシュマウンテンで水波を大畠の上に投下。水波を排除すると、間髪入れずに世志琥がダイビング・セントーンをドスンと落として、大畠から3カウントを奪った。
0682
0686
0708
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木