contact

カテゴリー

2018年10月05日

10.3後楽園大会・第1試合

1、ハイスピード6人タッグマッチ~Dedicate to Ray!HIGHSPEED~(20分1本勝負)
○希月あおい&真琴&藤本つかさ(12分5秒、体固め)桃野美桜&高瀬みゆき&笹村あやめ●
※旋回式ダイビング・ボディープレス
 
10.3_181005_0017
【リポート】
2018年8月30日に亡くなられたRayさんを偲び、南月たいよう専務がラインアップしたこのカード。とくに希月あおい、真琴は我闘姑娘(ガトークーニャン)時代にRayさんと同じ時代を過ごした仲間。この2人に加わるのはハイスピードの常連・藤本つかさだ。対峙するのは、若手有望株の桃野美桜、高瀬みゆき、笹村あやめ。スタミナ面では若い力が有利といえるが、テクニックやインサイドワークでは希月&真琴&藤本が上手。勝つのは若手のスタミナか、ベテランのテクニックか!? 
今までとはひと味違うハイスピードマッチとなることは必至だ。なお、希月はこれがラスト後楽園、ラストSEAdLINNNGとなる。
 
10.3_181005_000110.3_181005_0002
先発を買って出る希月。南月レフェリーを高速ロープワークに参加させ、ダブルのクローズラインを高瀬に決める。そして若手3選手をリング中央で捕らえると、藤本も放り込み希月&真琴&南月で「青春ピラミッド!」を完成させる。
 
10.3_181005_000310.3_181005_000410.3_181005_0005
ここからローンバトルを強いられる藤本だったが、ドロップキックでやり返し、真琴と交代。DDT、W・W・ニーを高瀬に放っていく真琴。一方の高瀬もパワースラムでやり返すと、ブーメラン式ドロップキック、セカンドからのエルボーアタックで応戦。続く桃野も真琴を翻弄していく。
 
希月VS桃野の場面となり、張り切る希月。くるくる体固めからの丸め込みの応酬へ。いずれもカウント2に終わると、希月はジャンピングラリアットから客席を走ってからのカバーでカウント2。
 
10.3_181005_0007
10.3_181005_000810.3_181005_0009
若手チームも高瀬のブレーンバスターから、ロープワークした桃野がすかさずカバーする作戦に。これはカウント2止まり。すぐさま桃野がダイビング・ボディーアタックを決めるが、ロープワークがなくノーフォール。ならばと若手3選手が同時に走る。
 
これを藤本&真琴が迎撃。そして藤本が笹村を孤立させ、たいようちゃん☆ボムを敢行。希月が旋回式ダイビング・ボディープレスにつなげると、ロープを何往復もして倒れこむように笹村をフォールした。
 
10.3_181005_0010
10.3_181005_0011
試合後、希月は南月をボディースラムで叩き付けると全員で懐かしのトレイン。南月からフォールを奪ってハッピーエンド。最後は南月から希月に花束が贈呈された。
 
10.3_181005_0012
10.3_181005_0013
10.3_181005_0014
10.3_181005_0015
10.3_181005_0016
10.3_181005_0018

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木