contact

カテゴリー

2018年09月06日

9.5後楽園大会・エンディング・試合後のコメント

◎エンディング/奈七永がシングルベルトの設立を発表。10・3後楽園、11・1後楽園で初代王者決定トーナメント開催
ベルト授与式がおこなわれ、防衛に成功した世志琥がマイクを握る。
DSC05174
世志琥「応援ありがとうございました! BORDERLESS、ビヨンド・ザ・シーのタッグベルト、2度目の防衛、成功しました。中島、笹村……自分たちが心許ないですか? そういう言葉はウチらに勝ってから言ってください。それと今日、このベルトを防衛するととともに、自分たちは9月17日のOZで、尾崎魔弓と雪妃魔矢が持ってるタッグのベルトとダブルタイトル、自分たちもこのベルトを賭けて、横浜文体で試合をします。自分たちはここのリングにも、そして自分たちの腰にもたくさんベルトを巻きたいので、9月17日、絶対OZのベルトをSEAdLINNNGのリングに持って帰ってきたいと思います。これからもウチらが女子プロレス界、引っかき回そうぜ!」
DSC05186
そこにフラフラの奈七永が現れる。
DSC05236
世志琥「なんだよ、お前。高橋奈七永とはもう防衛戦はやらないって、こないだ大阪で言ったよね? お前、ウチらに負けてるんだから、図々しくリングに上がってくるな。帰れよ、お前。早く帰れよ。帰れ、帰れ。お前が(マイクに)触ると長いから」

山下「(トロフィーに手をかける奈七永に)触るなよ!」

世志琥「勝った人しか触っちゃダメなの。いいよ、本当……家、帰っていいから」

山下「冷やして」

世志琥「家帰って冷やして」

奈七永「良いこと言うよ!」

世志琥「なんだよ、良いことって。言って見ろよ。3秒以内に言え、3秒以内に。3・2・1……」

奈七永「SEAdLINNNGにシングルのベルトも作りたいと思います! お前、ベルト増やすって言ったよな。シングルのベルト、おい! 決めたいと思いますよ」

世志琥「シングルのベルト? いつやるのよ」

奈七永「シングルのベルト、8人でトーナメントをおこないたいと思います」

世志琥「どこでやるの?」

奈七永「10月3日、そして11月1日、後楽園ホールで」

世志琥「何なに、ルールは?」

奈七永「ルール? ルール…。ルールは人間VS人間の果たし合いだーーー! おい、これから大事なことを言う。おい、お前ら! タッグもいいが、私は2回取りに行ったけどダメだった。そして今日、潮崎豪選手にボロボロにやられた。だけどそれこそがプロレスだと思う! だから1VS1の、人間VS人間の、闘いができるヤツ、8人集める。8人! 強いヤツ、上に行きたいと思うヤツが集まればいいと思う。我こそはと思うヤツは手を挙げろ!!」

するとPURE-J認定無差別級のベルトを持った中森が現れる。

中森「呼びましたか!? PURE-J認定無差別級チャンピオン・中森華子です。PURE-Jのベルトが一番強いに決まってるだろ。それを証明するためにも私はこのトーナメント、乗り込んでやるよ!」
DSC05263
中島「おいおいおい、いい度胸だな。私がお前を倒すことが、自分の誇りを守ることと、SEAdLINNNGの誇りを守ることだと思います。決勝で当たりましょう」
DSC05295
中森「負けたヤツが何言ってるんだよ。笑わせんじゃねーよ。私はな今日、勝ったんだよ。私は勝ったんだよ。負けたヤツが何言ってるんだよ!」
DSC05313
つかみ合う両者。セコンドに引き離される。

中島「笹村! お前もまだまだこんなもんじゃないよね。強くなるって言ったよね? 付いて来いよ。それから! つっか、セコンドありがと!!」
DSC05337
ファンが「つっか」コールを送ると、藤本が照れながら頭を下げる。

山下「奈七永、あと何かある?」

奈七永「私は、胸が痛いよ! ハートも痛いよ。ボロボロになったってな、プロレスが大好きだーーー、以上っ!」

世志琥「ということでシングルのベルトができることで10月も11月もみなさん、SEAdLINNNGから目を離さないでください。そこんとこヨロシク。山下に締めてもらいたいと思います。ひーちゃん、来て。ひーちゃんも一緒に締めたいと思います」
DSC05363
特別リングアナの大平さんもリングへ。

山下「もう言いたいことはみんなが全部言ってくれたので、言いたいことはありません。ただ一つ、マイクのスイッチは切ってから投げろ!」

世志琥「中島と中森、アイツら罰金だ。ギャラから引くぞ!!」

山下「じゃあ締めるので、SEAdLINNNGの締め、行きたいと思います。立てる人は全員、起立。準備はいいですかー! 行くぞー、Let’s get d!」
DSC05373

DSC05384
◎BORDERLESSコメント
山下「勝ったぞー!×2」

世志琥「はい、2回目の防衛、成功しました。ベルトを守ることによって、9月17日、はじめて団体に乗り込んでいけるので、今日勝ってさらに自分たちの視野が広がったなというのと、自分たちの未来予想図ができてきた感じがしますね」

山下「なので次は9月17日、OZアカデミー横浜文体で尾崎魔弓&雪妃魔矢の持ってるOZのタッグベルト。ダブルタイトルで。このベルトも懸けて」

世志琥「ダブルタイトルということは自分たちのなくなるリスクもあるんですけど、そのくらいじゃないと面白くないですよ! 勝ったらベルト2つですよ。負けたら無冠です。でも、OZのリングに乗り込んでやる気満々なんで。必ずこのSEAdLINNNGのリングに、そして自分たちの腰にね! ベルトを増やして帰ってきたいと思います」

——笹村選手が粘っていたが。
世志琥「そうですね。なんか勢いとかはやっぱあるなっていうのは感じるんですけど、まだまだ自分たちは高い高い壁でいなきゃいけないし、自分たちも簡単にこのベルトが巻けたわけじゃないので、これを巻くまでに本当にいろんなことがあったし、そういうなかで巻いたベルトなのでやっぱり簡単には手放したくないってう気持ちです。笹村は健闘したと思いますけど、まだまだ自分たちは負けないです。あとシングルのベルトが!」

山下「そう」

世志琥「やばくない?」

山下「そう!」

世志琥「ウチらがいっぱいベルト巻きたいって言ったら」

山下「ねっ! なんかゾンビみたいなの(奈七永が)やってきた」

世志琥「SEAdLINNNGのシングルのベルトが出来て、10月、11月とトーナメントあるみたいなので、もちろんね、自分たち出る気満々だしね。シングルでも個々でも強いんで」

山下「そうですね。シングルのベルトって聞いた瞬間、決勝で世志琥と当たることしか考えてなかった」

世志琥「うん。同じこと考えた。はい。まあタッグも組んでるけど、シングルでもあたろうよ」

山下「私は世志琥とはタッグパートナーだけど、一番のライバルでもあると思うので、たまにはシングルしたいね」

世志琥「そうだね。このシングルのトーナメントがそのチャンスだと思うので、決勝で会いましょう」

山下「決勝で会いましょう。さよなら」

世志琥「これからもSEAdLINNNGから目を離さないでもらえれば、もっともっと自分たちが面白くするんで」

山下「BORDERLESSからも目を離さないでください」

世志琥「そこんとこ、(2人で)ヨロシク」
DSC05412

◎中島&笹村コメント
——2人でタッグを組んではじめてのタイトルマッチでしたが。
中島「はじめてのタイトルマッチ。でも楽しかった。まあ負けたら意味ないけど、意味なくないよね! 笹村の頑張りを受けて、人は一人じゃ生きれないっていうことを改めて身を持って証明してくれたんじゃないかなと思います」

笹村「そう思ってくれただけで自分は……(笑)。隣にいた意味はあったかなと思ったし、やっぱり藤本さん。セコンドにいて心強いと自分も感じたので、中島さんの気持ちがわかります。ふふふ。なんか悔しさもあるんですけど、まだまだ。まだまだって言ってちゃまだまだですけど、もっと自分も強くなりたいので勝手に付いていきます」

中島「強くなろう!」

笹村「強くなりたいです」

中島「強くなります」

——笹村選手はキャリア11カ月で。
笹村「ああ、もう11カ月に突入しました。ふふふふ」

——このメンバーに入って闘えたが。
笹村「いやぁぁぁ」

中島「ぜんぜんそんなキャリアの差っていうのはそんなないと思うので、リングに上がっている以上、何年も関係ないと思うし、気にせず闘ってるところが見れたのでよかったなって思います。気にしてないでしょ、別に」

笹村「気にしてないです」

中島「自分の後輩だと思ってないでしょ」

笹村「それはないです(笑)」

中島「そういう度胸はあると思うので、まだまだこのタッグ、もっと強くなると思うし、ここで終わりだと思ってないです」

——中島選手は付いてこいという発言をしていたが、面倒を見るということ?
中島「面倒なんて見られるようなタマじゃないじゃないですか。私ももっと強くなりたいし、笹村ももっと強くなりたいんだったら勝手に付いて来たと思うし、私も強くなる。2人で強くなる」

笹村「ふはははは。強くなりたい」

中島「強くなります」

笹村「今日のメイン、後楽園ホールのメインイベントでタイトルマッチで闘えたっていうのが自分にとって大きな収穫であって、隣には中島さんがいてくださって、相手がBORDERLESSという、最高の贅沢を味わわせてもらったので、これを活かさない手はないので、どんどん×2、行きたいと思います」

——今度シングルのタイトルを争うトーナメントが開催されるが。
中島「そうですね。私も今日が初耳だったので、ぜんぜん。トーナメント? リーグ戦? トーナメント。私、トーナメントとリーグ戦があんまりよく……。(笹村がシーと中島にストップをかける)まあ、あのきっちり勝ち抜いて、ベルトを。初代ですもんね。取りますよ。シングルこそは」

——笹村選手も狙っていく?
笹村「狙っていきたいです」

中島「おお! やりのか?」

笹村「やります」

中島「勝ちます」

笹村「ふふふふふ」

——中森選手とリング上でやりあったが。
中島「はい。ベルトを持ってそのリーグ戦、トーナメントに上がるとういことが、どういうことなのか、理解して覚悟を持ってリングに上がるのか、そういうところも楽しみですし、改めてまた違うリングで会う機会ができたのは楽しみでしかないですね」
DSC05421

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木