contact

カテゴリー

2018年05月18日

5月16日後楽園ホール・第5試合〜エンディング

DSC05491
5、SEAdLINNNG ULTRA777 TAG TOURNAMENT決勝戦(時間無制限1本勝負)
○世志琥&山下りな(15分47秒、片エビ固め)中島安里紗●&藤本つかさ
※ダイビング・セントーン
 

【リポート】
決勝のカードは、世志琥&山下りな(BORDERLESS)VS中島安里紗&藤本つかさ(ベストフレンズ)の一戦に。
 
DSC05102
DSC05045DSC05107
試合はBORDERLESSが奇襲をしかけてスタートとなる。すぐにベスフレも臨戦態勢となりエルボーで応戦。同時ドロップキックでBORDERLESSを場外に落とすと、プランチャ・スイシーダを同時に発射! 息のあったところはベスフレに軍配が上がる。
 
DSC05117
リングに戻り、BORDERLESSも反撃開始。対角コーナーにベスフレをセットすると、串刺し攻撃を往復でお見舞い。そして、世志琥が中島に顔面ウォッシュ。両チームとも負けてはいない。
 
読み合いやかわしあいが繰り広げられるなか、連係攻撃で試合をリードするベスフレ。ダブルのドロップキックを山下に決めると、中島のエルボー弾を皮切りに激しい打ち合いとなる。中島が制してフットスタンプ。そして、ミサイル弾の連続発射からダブルの串刺し攻撃をお見舞いする。
 
DSC05178DSC05182DSC05221
中島VS世志琥の場面に移り、中島のムーンサルトプレスを世志琥が剣山。これで攻守が入れ変わり、今度はBORDERLESSが連係を試みる。コーナーで世志琥が控えるなか、山下がスプラッシュマウンテンの体勢に入るも、回避した中島がムーンサルトプレスを今度こそ世志琥に投下。さらには藤本のインフィニティ、中島のジャーマンを同時に決める。キックアウトされると走るベスフレだったが、BORDERLESSがラリアットで迎撃!
 
DSC05228DSC05286DSC05342
両チームがダブルダウンとなり、ほぼ同時に立ち上がった世志琥VS中島がエルボー合戦。そこから世志琥がローリングラリアット。ショートレンジラリアットを連発していく。パワーで押すBORDERLESSに、スピードとテクニックでかわすベスフレという構図のなか、攻守も二転三転と入れ替わる。
 
DSC05386
闘いは終盤に差し掛かり、ベスフレは藤本のビーナスシュートから中島がジャーマンへ。これをキックアウトした世志琥が山下との合体チンクラッシャーを敢行。そしてセカンドからのセントーンを投下。キックアウトされると、ダイビング・セントーンに繋げて、大混戦を制した。
DSC05404
DSC05436
 

◎エンディング/奈七永がタッグベルトの設立を発表
優勝したBORDERLESSにはトロフィーの授与。勝利者賞が贈呈。そして高橋奈七永社長がマイクを握る。
 
DSC05574
DSC05602
奈七永「トーナメント優勝、世志琥、山下選手おめでとうございます。SEAdLINNNGを旗揚げして、今年で3年になります。そろそろベルトっていうものを作ってもいいと思うんです。いかがでしょうか? まず、やっぱりこうやってトーナメントやったんだから、タッグのベルトを作りたいなと思うんですけど、トーナメント優勝したからこそタイトル王座決定戦には世志琥&山下がいるべきだと思う。そして、その対角には今日復帰した高橋奈七永が名乗り出たいと思います。こうやってやってきてSEAdLINNNG、世志琥&山下、私と誰か。まあそれはこれから考えるとして、この闘いは意味があるものとなると思うんです。なのでよろしくお願いします」
 
山下「一刻も早くベルトを作れ。ベルトを懸けた闘いには奈七永がいてほしい。でも、復帰する前からピーピー泣いているヤツには負ける気はしない。でもよ、復帰、おめでとう!(涙)……おめでとう……。本当にちょっと昨日からファンの方や、関係者を動揺させてしまうことがあって、でも、こうやって応援してくれるみんなや、隣に世志琥がいてくれて、そして最強のライバル・奈七永がいる。ライバルだから! 何があっても私たちの闘いは絶対に変わりません。むしろそれ以上の闘いを毎日更新していくだけです!」
 
世志琥「(ファンからの『世志琥も泣いて』の声に)泣くわけねーだろうがよ! なんで泣かなきゃいけねーんだよ。てーかさ、ちっちゃ! ショボッ。もうこんなトロフィーいらないんで、さっさとベルト作ってください。でも、今日このトーナメントやってウチらが最強だってみんなわかりましたよね? 自分は山下とこのBORDERLESSとして、もっともっと夢をみていきたいし、お客さんにも夢を見さてたい。そして、悔しかったこと、いっぱいあります。それを自分と山下がプロレスでしっかり返していきたいと思ってるんで、まあこれからも自分たちから目を離さないように。女子プロレス界には自分がいるので、皆様安心してください。今日は本当にSEAdLINNNG後楽園ホール大会、お集まりいただき、ありがとうございました。次回大会は6月8日、自分のプロデュース興行になります。金曜なんで皆様、プレミアム・フライデーを使って新木場に来てください」
 
山下「リングに上がれる方、上がってください。選手! あれ、誰もいませんでした(苦笑)。じゃあ立てるお客さんは立って下さい。いつものアレをやりましょう」
 
そしてエンディングは、山下の「よっしゃ、いくぞー!×2。Let’s get d!」で締めくくられた。
 
DSC05600

◎バックステージ
山下「なんとかトーナメント優勝しましたよ。BORDERLESS、世志琥と山下のタッグ。優勝です」
 
世志琥「トロフィー小さいんですけど、一応、優勝って書いているので優勝トロフィーです。なんかリング上で高橋奈七永がベルトを口にしてましたけど、自分たちがベルトを取るなら、自分たちが一番近いんじゃないかと思っています。ねっ?」
 
山下「そう、そう。一番近い」
 
世志琥「近い! えー、自分が今日本当にこのトーナメントで絶対に優勝したいと思っていて、前回、自分たち組んだとき仙女とやって(3・21後楽園)悔しい思いをして、そのときに山下が……気持ち悪いかもしれないけど隣にいてくれて、またやってやろうっていうそういう気持ちになったし、また2人で絶対にやり返したいと思っていたので、そのためにはこういうところでコツコツやって、結果も残さないといけないと思うし、まあこれで優勝して、お客さんに自分たちのタッグ、どんだけ強いかわかってもらったと思うし、必ず自分は仙女にやり返したいと思っているので。その気持ちはずっとあります」
 
山下「ベルト作ったら行こうよ、仙女に」
 
世志琥「だから今日は自分たちの門出。盛大な門出。盛大な結果を残せてハッピーですね」
 
山下「何回か組んではいるんだけど、今日がやっとはじまりかなって。いままでのはエピローグですね(プロローグと間違えた模様)。はじまりました、BORDERLESSヨロシク」
 
DSC05617
——BORDERLESSがチーム名?
世志琥「そうです。タッグ名がBORDERLESSです。意味はさっき言ったみたいに、いろんなものを越えていけるようなタッグ」
 
山下「入場曲のタイトルでもあるんですけど、まあ個人的な思いとしては団体の境界線もなく、このタッグをどんどん上にあげていきたい気持ちがある」
 
世志琥「ボーダーをなくしていくということで、BORDERLESSという名前にしました」
 
DSC05640

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木