contact

カテゴリー

2018年02月11日

第4試合・エンディング

IMG_8511IMG_8515IMG_8513

4、30分1本勝負

○世志琥&星ハム子&水波綾(18分58秒、片エビ固め)赤井沙希&山下りな&桃野美桜●

※ラリアット

 

 

【リポート】

超花火1・28大阪で爆女王となり、二冠王者となった世志琥。今回は星ハム子&水波綾をパートナーに迎え、赤井沙希&山下りな&桃野美桜組との対戦となった。

 

試合はハム子vs山下でスタート。開始早々、ハム子がセクシー全開で向かっていくが、山下は見事に無視。諦めないハム子がセクシーポーズを繰り出すも、間髪入れずにストンピングを浴びせる。

 

続く赤井もハム子が目に入っていない様子。身長差もあったのだが、世志琥しか見えていない赤井は世志琥を挑発していく。仕方なくハム子が世志琥に代わる。世志琥は早速赤井をコーナーに叩きつけると、水波→ハム子をハンマースルー。そして、自ら串刺しラリアットで一直線! さらには世志琥&ハム子&水波で赤井に「お・し・り・だー!」攻撃。会場を一つにする。勢いに乗る世志琥は、赤井に顔面ウォッシュもお見舞いする。

 

劣勢となった赤井の巻き返しに貢献したのは桃野。水波にドロップキックを連発していき、小刻みエルボー。水波もギロチンドロップを狙うが、かわした桃野が山下→赤井を水波にハンマースルーでぶつけていく。そして「いつもの!」と指示を出すも、山下と赤井は怪訝な顔。どうやら連係の馬跳びヒップドロップのようだが、飛距離が足らずに赤井の上に!?

 

一方、水波もパワースラムで流れを変えると、ようやくハム子とチェンジ。ハム子は逆エビ固めで桃野を捕獲。赤井に助けられた桃野はハム子のラリアットをかいくぐっては、後ろから頭をパチンを叩いていく。そして「来いよ、ブス!」と走るが、これはハム子がボディーアタックで懲らしめる。

 

続いてハム子vs赤井の場面。ハム子がセクシーポーズで挑発すると、赤井もセクシーポーズ。リアルにセクシーだったため、ハム子が自コーナーに逃げ込むと、代わりに世志琥がセクシーポーズで応戦する。

 

山下vs水波のZABUNグループ対決に移ると、3vs3のブレーンバスターの掛け合いに。これは世志琥&水波&ハム子組が競り勝つ。

 

一進一退のなか、桃野は世志琥にJKボムを狙うが、ハム子が妨害。すぐさま丸め込みで攻め込む桃野だったが、いずれもキックアウトした世志琥がラリアットで葬った。

 

 

 

◎試合後のマイク

世志琥「みなさん、今日はご来場本当にありがとうございました!」

 

そこに藤田あかねが現れる。

 IMG_8516 IMG_8514

藤田「おい世志琥! お前な、偉そうに2冠王とか言っとるけどな、爆破な! あれはワシが負けて取られたけどな、あれはワシが爆破を受けたからであって、お前に負けたわけではない。それやのに偉そうに言っとるのがメッチャ、腹立つんですよ。今日、第1試合で長浜とドローになったワシが言うのもアレやけど、本当にワシはお前のことが気に入らんけんのぅ! いつでもどこでもシングルでもタッグでも何でもええからワシとやれや。(無言の世志琥に)ええってことかな。そこんとこよろしく(と世志琥ポーズ)」

 

桃野「ゴチャゴチャ×2、うるせーんだよ。教えてあげる、そのポーズダサいよ。マネしないほうがいいよ。まあ下がっていいよ(藤田がリングを降りる)。今日、美桜は負けたけど、世志琥がやりたいって言うんだったら、いつでも呼んでいいよ」

 

世志琥「わかりましたー。藤田あかねだろうが、桃野美桜だろうが、ウチはな逃げも隠れもしないから。お前らがSEAdLINNNGに上がってるってことは100パーセントのプロレスができるってことだよな。だったらウチはいつでもお前らの相手になってやっからよ。ちょっと待っとけよ。今日はさ、自分、メチャメチャ楽しみにしてたんですけどねー、新木場大会。たまにはみんなで締めるの、どうですか?

 IMG_8517 IMG_8518

(メインに出場した選手がノーサイドで一列に)みなさん、今日は新木場大会にお越しいただきありがとうございました。次回後楽園大会ありますけども、熱く激しいSEAdLINNNGの闘いをお見せできるように頑張って行きますので、皆様応援のほうよろしくお願いします。一つ言いたいことがあります。100パーセントのプロレスを見たいなら、間違いなくSEAdLINNNG。それだけは自分、誇りを持って言えるので、みんな忘れないでいてください」

 

そう言った世志琥は、最後は全員で「Lets get d!」を唱和。奈七永のいない新木場大会をハッピーに締めくくった。

 

 

 

 IMG_8506

 

  • 世志琥コメント

世志琥「ありがとうございました。今日6人タッグマッチだったんですけど、自分本当にこのカードが発表されたときから凄く楽しみで、なんでかってこないだちょっと前のSEAdLINNNGのときに6人タッグマッチがあってそれが凄く楽しかったんです。だから、またこういう6人タッグやりたいなと思って。人は違うんですけど、やっぱ今日やってもああ、楽しいなっていう。それしかないですね。プロレスって楽しいなって」

 

——藤田選手が挑戦してきたが。

世志琥「そうですね。こないだの爆女王のタイトルマッチというか試合のときに藤田あかねがいたんですけど、自分的にはそこまで印象に残らなかったというか。今日も1試合目で結果を残せないなかで、爆女王も自分に負けてる。自分がベルトを取れたのは、藤田あかねが爆破したからだって、もう負け犬の遠吠えにしか聞こえないですよ。なんだろな、負ける気がいっさいしないというか、何を言われても言っとけよって。でもまあやりたいって言ってくるんだったら、自分はいつでも待っているので、逃げも隠れもしないので。まあそうですね、やりたかったら、藤田あかねがその気ならやることもあるんじゃないですか。そのくらいの印象です」

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木