contact

カテゴリー

2018年01月15日

第三試合

IMG_7856IMG_7857IMG_7855IMG_7854

3、キャプテンフォールマッチ

藤本つかさ&柊くるみ&彩羽匠&○赤井沙希<C>(16分38秒、エビ固め)水波綾&藤田あかね&長浜浩江&桃野美桜●<C>

※新人賞

 

 

【リポート】

 

高橋奈七永の欠場を受け、藤本つかさが「2回目の手助け」を名乗り。今大会限定の新コスチュームでの登場を予告した。また今年よりSEAdLINNNGにレギュラー参戦することになったDDTの赤井沙希がどんな存在感を示すのかもポイントだ。

 

いつものように登場する藤本。注目されたガウンの下は……なんと奈七永のコスチューム! 藤本流のファンへのサプライズであり、奈七永へのエールでもあった。

 

かくして試合へ。まずは抽選でキャプテンが決められ、赤コーナーは赤井、青コーナーは桃野がキャプテンに決定。すると桃野がマイクを握る。

 

桃野「一回、整理しよう。これってキャプテンしか狙われないってことでしょ? 別に美桜はいいんだけど、リングはみんなが主役だから、イリミネーションマッチに変えたほうがいい。誰かが取られたらその人は退場。どう思いますか?」

 

赤井「美桜ちゃんさ、その球(たま)引くまではそんなこと言ってなかったやん。おかしくない?」

 

桃野「ビビってるの?」

 

赤井「おいガキ、コラ! ウチらは大人やから会議せな。自分ところも相談してきてね」

 

桃野がいったん持ち帰るも、チームの反対を押し切りイリミネーションマッチに変更された。

 

開始早々、桃野組はキャプテンの赤井狙い。逆に赤井組は桃野を場外でいたぶりまくる。リングに戦場を移すと、藤本が奈七永ばりの冷蔵庫爆弾を長浜に投下。これは不発に終わったが、奈七永のようなマシンガンチョップや小刻みラリアットを放つなど、奈七永を意識したファイトスタイルでファンを喜ばせる。

 

さらに彩羽&赤井もダブルのミドルキックを水波にお見舞い。赤井のキックから彩羽がジャーマンに繋げ、連係もバッチリだ。

 

一方、桃野組も水波がエルボーで反撃。彩羽に雪崩式パワースラム→フロントスープレックス→ラリアット→裏投げで畳みかける。続く藤田はボディーアタック。桃野&長浜を呼び込み連係をお見舞いする。

 

彩羽もキックのコンビネーションでやり返すと、藤本とのサッカーボールキックで藤田を挟み撃ち! さらには赤井の串刺しビッグブーツを皮切りに、トレイン攻撃に繋げる藤本組。冷蔵庫爆弾の競演でも会場を沸かせた。

 

終盤、赤井vs桃野のキャプテン同士の対戦となり、桃野が首固めを連発。JKボムを狙うも、これは彩羽が阻止。さらにくるみが藤本組全員を負ぶってのボディープレスを投下させる。

 

15分経過。ここで赤井が走るが、藤田→長浜→水波が次々と妨害。すかさず桃野がジャックナイフエビ固めで飛び込むもカウント2止まり。ならばと藤本のミサイルキックを赤井に誤爆させた桃野が丸め込みを連発。走る桃野だったが、赤井がカウンターのビッグブーツ! すぐさま新人賞に繋げて勝利を収めた。

 

 

 

【藤本組コメント】

一同「パッショーン!」

 

藤本「こんにちパッショーーン! 奈七永さんがいないSEAdLINNNGでしたけれども、私たち団体所属ではないけど、こんな後輩がいるんだよっていうので安心して。自宅でTwitterで(大会を)追っているんじゃないですかね。なので帰ってくるのを待っておりますっていうメッセージです。最後のアレもね」

 

赤井「はい。自分、個人的にはSEAdLINNNGさん準レギュラーになってはじめての試合だったんですけども、自分が女子プロレスに出るときってどうしても特別感っていうのがあって、それが良くも悪くもあったんですけど、今日はなんだか女子プロレスの皆様、私も女子プロレスラーなんですけど、女子プロレスの皆様が仲間にいるってこんなに心強いんだって実感しました。なのでみなさんの背中を見て、みなさんを追い越すつもりでSEAdLINNNGではやっていきたいと思っています」

                                  

彩羽「自分も凄く新鮮で、実は8人タッグマッチはあまりしたことなかったので、凄く人数がいて自分も新鮮だったんですけど、それと同時にいま組んでいるこの選手の方々と対戦してみたいなというのも肌で感じました。また機会があれば、ぜひ試合よろしくお願いします」

 

くるみ「かかわったことない選手と、赤井さんとかはじめてかかわったんですけど、凄く楽しくて。またやりたいなって思いました」

 

藤本「今日はじめてSEAdLINNNGを見に来てれた人は、私がこういうコスチュームだと思って、高橋奈七永の居場所はもうないのかもしれませんよ。早く帰ってこないと奪っちゃいますよ、私が」

 

赤井「最後、本当に後ろ姿が奈七永さんの魂というか、シルエットが重なって」

 

彩羽「本当ですか! むしろブカブカな」

 

藤本「今日、控室に行ったら、いつも奈七永さんが座っている席に私の(荷物)があって、そこまで奈七永魂を背負わされているというか、背負っているというか、責任重大でございます。今後も女子プロレスを高橋奈七永にお任せください!」

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木