contact

2021年11月30日

11.26新木場・メインイベント

メインイベント THE BEYOND TAG TOURNAMENT決勝戦(時間無制限1本勝負)
真琴&○朱崇花(17分36秒、ムーンサルトプレス→片エビ固め)米山香織&優宇×
※真琴&朱崇花組が優勝。12・29後楽園での挑戦権を獲得。
117__K0A9699 

王者組の奈七永&松本チームが最前列で見守る中、決勝戦がスタート。米山組が奇襲し、朱崇花&真琴を米山が優宇にホイップ。サンドイッチプレスは誤爆。真琴組が米山に連続串刺し攻撃。朱崇花はコーナーに追い詰めて顔面を踏みつけ、ボディースラム。真琴はサッカーボールキック。関節技を決めると優宇が強引に引っ張ってエスケープ成功。真琴はボディースラムから踏みつけフォール。朱崇花は腕を固めながらコーナーの優宇を挑発。顔面キックの連発は耐える米山がモンゴリアンチョップ。グルグルパンチを狙うと朱崇花が張り手。ボディースラムで叩きつけ、真琴とタッチ。真琴も顔面踏みつけ。真琴の股の間を潜ってタッチを狙うが失敗。真琴が変型腕固め。
005__K0A9341007__K0A9350 
5分経過。朱崇花がロープ顔面こすりからドロップキック。再びタッチを狙ってジャンプも届かず失敗。2人がかりで交互にキック。米山は足が届かず。それでも2人を投げ飛ばしてタッチ。優宇が登場。朱崇花にタックル。連係プレーも回避し、朱崇花の上に真琴をボディースラムで叩きつけ、まとめてセントーン。朱崇花に起き上がりこぼし逆水平。ロープに走ると真琴が場外からカット。真琴はタッチを受け、優宇に顔面蹴りを連発。ミサイルキックも発射。優宇はカウンターで真琴をキャッチしてサイドバスター。米山が登場し、セントーン。チョップも見舞うが、真琴もすぐにダブルアームスープレックス2連発。ケンカキックも決めスピア。
011__K0A9362040__K0A9423054__K0A9464061__K0A9484 
10分経過。真琴が肩に担ぐが、米山が脱出して丸め込み。真琴はネックハンギングボムを決めるが、米山もニー。優宇は朱崇花のスピンキックをガードしてチョップ。米山を呼び込み、グルグル回して朱崇花にぶつけようとするが、未遂。それでも優宇が朱崇花にコーナーから攻撃を狙うが、明日kは跳ね起きて張り手。場外ムーンサルトアタックも決める。リングでは優宇にミサイル。朱崇花が顔面キック、優宇が逆水平。朱崇花はサミングからロープに走るが、優宇がプレス。米山には真琴がスピア。朱崇花は優宇にジャーマン。ムーンサルトプレスは自爆。優宇がジョン・ウー。
073__K0A9511079__K0A9525097__K0A9600 
15分経過。優宇がキャノンボール。米山を背負ってダイビングボディープレス狙いも真琴がカット。真琴は優宇をリングに叩きつけ、朱崇花がその上に米山を叩きつける。朱崇花はその場跳びシューティングスタープレス。米山が朱崇花にヨシタニック。優宇がラリアットからパワーボム狙い。かわした朱崇花だが、優宇がラリアット。朱崇花はニールキック。真琴のハイキックから朱崇花がスピンキック。最後はムーンサルトプレスで3カウント。試合後、調印式へ。
100__K0A9613112__K0A9654116__K0A9698
127__K0A9715 
朱崇花 これ今やる事なの? 今じゃなくて良くない? 疲れてるんだよ。喋る事ありません。早く帰りたいです、家に。
 
真琴 あのー私達試合後で化粧ぼろぼろなんですよ。このタイミングを狙ってきたって事は私達が羨ましいんですね。素の状態じゃ敵わないから試合後のぼろぼろな私達を狙ってきたんですね。本当に性格が悪い。でも私達は清く正しく美しいからトーナメントで優勝する事が出来ました。ありがとうございます。でも、あっちは復帰戦なんですよね、タイトルマッチが。ちょっと舐めすぎじゃないですか? 奈七永さん、人生舐め過ぎですよ。本当に調子乗りすぎ。自分に自信持ちすぎ。本当にあなた方に足りないのは謙虚さです。私達は謙虚だから今ここにいます。謙虚さを教えてあげます、29日。挑戦者はこっちですけど、この深い深い胸を貸してあげようと思います。
140__K0A9740 
松本 真琴の言う事も奈七永さん、一理あると思うんですよ。ごめんなさい。でも、高橋奈七永、やっと来たかという感じですよ。欠場期間に入って新木場大会、何回かあったけど、一向に来やしない。びっくりしましたよ。見てました? でも、逃げずに帰って来てくれたんで、それは良かったんですけど。高橋奈七永、今までリングで裏切られた事が一度もないと思うんで。しっかり年末のタイトルマッチに万全な状態で帰って来てくれると思ってます。あと前回の新木場も今日の試合も、やっぱりこいつらの試合は私は嫌いですね。今回、私達の初防衛戦、高橋奈七永復帰戦。しっかり防衛したいと思います。
155__K0A9810 
奈七永 今タッグパートナーの松本にも釘を刺された感じで、ちょっとチクリと来てしまったんですけど。私はちゃんとこのタッグトーナメントも、もちろん配信で見てました。その中でタッグチーム、何チームか出てくれた中で、真琴&朱崇花組は、こうやって結果を出すだけの事はあると思って見てました。やっぱりタッグチームとして、磨かれてるなって正直思ってたし。今日もすごいねっていう部分もあったんですけど。てめえ、なんだ、その足は(朱崇花が机の上に足を投げ出していた。こっちは来てやったんだからよ。(朱崇花は机を蹴る)復帰戦だからって私を普通の人間だと思うなよ、覚えとけ、しっかりよ。
171__K0A9853 
(写真撮影のあと、奈七永&松本組が退場し、ラスエゴがLet’s get L!!!で締め)

ヤシの木