contact

2021年11月30日

11.26新木場・第3試合

第3試合 海樹リコBEAST KID5番勝負第2戦(20分1本勝負)
○中島安里紗(16分18秒、エルボースマッシュ→片エビ固め)海樹リコ×〈2戦2敗〉
139__K0A9231 
開始と同時にリコがドロップキックを連発して丸め込み。更にドロップキックから馬乗り攻撃。張り手も見舞う。これに怒った中島が張り手からヘアホイップを連発。コーナーで踏みつけも。リコのドロップキックをかわした中島が逆にドロップキック、ケンカキックを連発。エルボーの連発から首4の字固め。リコは自力で脱出してパンチ連打。張り手も連発。中島は倍返しから串刺しエルボー、ボディースラム、逆エビ。リコはフォアアームの連発で反撃も中島はエルボーから串刺しエルボー。
003__K0A8817

004__K0A8818009__K0A8827024__K0A8868 
5分経過。ボディースラムから張り手を見舞う中島。立ち上がるのを待つ。リコは串刺しドロップキック。中島がケンカキックを決めるも、リコは更にドロップキックを連発して逆エビ。リコが腰へのフットスタンプからボディースラム。中島は回し蹴りからケンカキック2連発。ダブルアーム狙いをリバースするリコだったが、中島は関節技で攻め込む。更にダブルアームスープレックスからミサイルキック。バックを奪う中島だが、リコは投げられまいと耐える。中島はそんなリコにケンカキック。
032_3Q1A4723039__K0A8899053__K0A8949 
10分経過。顔面蹴りも連発するが、気持ちを出していくリコ。バックを奪われるとスタナーで脱出し、膝蹴り連発。中島は張り手。コーナーにふられるもダイビングボディーアタックから後頭部ドロップキック。コーナーに上がり、ダイビングボディーアタック。カウント2となると、ロープに走ってドロップキック。リコはヘッドバットからノーザンライトスープレックスを連発。エルボーも連発しロープに走るが、中島はカウンターのケンカキック、エルボー。リコが突っ込むも中島はキューティースペシャルからケンカキック。カウント2。中島がコーナーに上がるとリコが追いつく。だがエルボーでぶら下がり状態のところにフットスタンプ。ダイビングフットスタンプも決まる。カウント2。ジャーマン狙いは丸め込むリコ。中島は顔面に回し蹴りからエルボーを連発。15分経過。中島がジャーマン。カウント2。左右のエルボー連打からフォール。カウント2。リコも「なめんな」」とエルボーからロープに走るが、中島がエルボーで迎撃して3カウント。
085__K0A9041102__K0A9119125__K0A9190136__K0A9225142__K0A9234 
※休憩明け
奈七永が久々にリングに登場して挨拶。
 
奈七永 皆さん、元気ですか? 高橋奈七永は無事に11月に手術を終えて、今リハビリを頑張ってやっております。12月29日には約束通り復帰戦、そしてこのベルトのタイトルマッチをしっかり果たします。今日は遂にタッグトーナメントの決勝戦がやってまいりました。米山香織&優宇チームなのか、真琴&朱崇花チームなのか、その気持ちを、パッションをしっかり皆さんと一緒に見届けたいと思います。そして12月29日、後楽園ホールで最大のパッションを皆さんにお届けできるように高橋奈七永、頑張っていきますので宜しくお願いします。この後のメインもみんなも一緒に楽しみましょう。
009__K0A9318

ヤシの木