contact

2021年08月20日

8.19後楽園ホール・第3試合

第3試合
タッグマッチ(20分1本勝負)
○優宇&青木いつ希(13分15秒、ラストライド→エビ固め)真琴×&朱崇花
2K0A6545 
朱崇花は青木のロックアップを拒否してすぐにタッチしようとするが、青木が挑発して手四つを迫る。朱崇花は顔面かきむしりからタックル、フロントハイキック。トペを狙うも優宇がカット。優宇もトペアピール。だが、真琴がカット。朱崇花が場外ケブラーダ。よけられる。優宇と青木は場外で二人をホイップして正面衝突させ、サンドイッチプレス。リングでも青木が朱崇花にボディープレス。優宇は起き上がりこぼしチョップ、カウンターでボディーアタック。セントーンは朱崇花がかわし、サッカーボールキック。張り手も見舞い、キャメルクラッチを決めながらコーナーの青木を挑発。真琴は優宇の背中を引っ掻く。コーナーに叩きつけ、後頭部に低空ドロップキック。朱崇花はケンカキック。顔面蹴りも連発していくと優宇は張り手。朱崇花は更にストンピング連打も、優宇はカウンターでキャッチしてサイドバスター。ロープに走ると真琴がカットし、朱崇花がフロントハイキック。優宇はタックルからセントーン3連発。青木は串刺しラリアットからフェースバスター、ダブルニー。ブレーンバスターも決め、セカンドロープからダイビングボディープレスも朱崇花が膝を出して迎撃し、カサドーラフットスタンプ。ハイキックからニールキック。真琴は二段蹴りからダブルアームスープレックス、側転ダブルニー、グラウンド卍固め。
2K0A6378

2K0A6380

2K0A6408

2K0A6424

2K0A6438

2K0A6450

2K0A6454

2K0A6468

2K0A6479

2K0A6482 
10分経過。青木が真琴に大外刈り。優宇はセントーン。逆水平の連発から青木、優宇が連続串刺し攻撃。優宇はセカンドからダイビングボディープレス。朱崇花がフォールをカット。朱崇花は青木と優宇を誤爆させ、優宇に張り手、真琴はビックブーツ、朱崇花のトラースキックから2人同時に蹴りも見舞う。優宇はドロップキックからキャノンボール。朱崇花と真琴を誤爆させ、青木は朱崇花にラリアット。優宇は真琴にラストライドで3カウント。
2K0A6507

2K0A6510

2K0A6518

2K0A6522

2K0A6536

2K0A6547

ヤシの木