contact

2021年08月20日

8.19後楽園ホール・第2試合

第2試合
ハイスピードシングルマッチ(20分1本勝負)
○Leon(10分19秒、マロマ・デ・レオン)テクラ×
2K0A6169

2K0A6180 
テクラとLeonはいきなりのハイスピードロープワーク。ドロップキックは相打ち。テクラは日本語で握手を求め、Leonが握り返すと丸め込む。Leonは逆水平。テクラはラリアットをよけてブリッジしたまま歩く。立ち上がると顔面蹴りを連発。Leonはカウンターで風車式バックブリーカー。Leonは串刺し攻撃も決め、キャメルクラッチ、腰にエルボー、ストンピング。コーナーに乗せて串刺しを狙うが、テクラは起き上がって威嚇。Leonは動じずダブルアームスープレックスから逆エビ。南月レフェリーが蹴りを入れてカット。
2K0A6194

2K0A6194

2K0A6197

2K0A6207

2K0A6221

2K0A6231 
怒ったLeonがロープに振るも、南月レフェリーは攻撃をかわし、テクラがその間にドロップキックを決め、ネックツイスト。マスク剥ぎは南月も加勢。「このバカガイジンが!」とLeonがエルボーを放つとテクラも「バカニホンジン」とエルボー。南月には「イイニホンジン」。握手して合体攻撃を狙うが、Leonはまとめてスピア。肩に担いで旋回して叩きつける。ダイビングフットスタンプ、串刺し攻撃を連続でかわしたテクラはモンキーフリップから619。ダイビングボディーパタックから1往復フォールを狙うが、Leonが阻止。エルボーの打ち合いからテクラが足を踏むが、Leonがカウンターのエルボー。1往復フォール前にテクラが立ち上がる。もう一度狙うと今度はブリッジ。だがLeonはスピアを決めて1往復フォールもその勢いで体を入れ替えたテクラが丸め込み。更に丸め込むがカウント2。逆に腕を取ったLeonがそのまま丸め込んで3カウント。
2K0A6265

2K0A6277

2K0A6303

2K0A6324

2K0A6340

2K0A6343

2K0A6344

2K0A6358
2K0A6360

ヤシの木