contact

2021年08月09日

2.26新宿・第3試合

第3試合
タッグマッチ30分1本勝負
○世志琥&小林香萌(17分42秒、ダイビングセントーン→体固め)山下りな&青木いつ希×

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32522300_210228_24
青木が「宜しくお願いしまーす!」と大声で小林とだけ握手。世志琥対山下でスタート。山下発信でエルボーの打ち合い。タックルでも共に倒れず、山下がヘッドロック。世志琥もヘッドロックで返す。エルボー連打で脱出しようとすると世志琥もエルボー。串刺し狙いの山下。世志琥は足を出すが、山下は踏みとどまる。小林と青木がリングイン。小林がプッシュアップアピールからタックルを仕掛けるが、青木は倒れない。「まだまだ」と小林が再びプッシュアップ。青木がストンピング。ロープワークで青木をつまづかせ、フォール。小林はクロスアームでキャメルクラッチ。「いくぞ、いつものやつ」とロープに張り付けにして豚鼻攻撃からドロップキック。世志琥もタッチして一方的に攻める。小林はお尻ぺんぺん。串刺し狙いの小林に青木が逆にタックル。山下がタックル。コーナーの世志琥にはスプレー攻撃。小林に串刺しラリアット、キャメルクラッチ。カットに入ってきた世志琥とももみ合いに。小林は丸め込みから世志琥とタッチ。世志琥はケンカキックからヘアホイップ、顔面ウォッシュ、お返しのスプレー攻撃。打撃ラッシュを狙う世志琥だったが、山下が切り返してキックを狙うが、キャッチした世志琥が叩きつける。小林はミサイルキック。小林はスネを蹴り上げてドロップキック。小林はコルバタから丸め込みを見せ、カサドーラ。
cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32522300_210228_16

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32522300_210228_17

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32522300_210228_18 
10分経過。山下がトラースキック。青木が登場し、タックル、串刺しエルボー、フェースバスター、ボディープレス。セカンドからのダイビングフットスタンプは小林がかわし、エプロンから飛んでドロップキック。串刺しでも決め、低空ドロップキックから膝に攻撃。足をクロスして絞り上げる。青木は自力エスケープ。小林が顔面ドロップキック。2発目も狙うが山下がカットし、青木が背後からダブルニー、ブレーンバスターホールド。ジャーマン狙いは小林が丸め込む。更にマヒストラルも山下がカット。世志琥がタッチ。世志琥はケンカキック。コーナーの山下とエルボー合戦。青木が加勢。だが、世志琥は青木に打撃ラッシュ。世志琥を抱え、そのまま青木にプレスさせてまとめてセントーン。青木は世志琥に串刺しラリアット。正面からのラリアットの連発を耐える世志琥が至近距離でラリアット。青木も倒れずにらみ合い。山下も登場し、「世志琥とラリアットの打ち合いがしたい」とアピール。山下が世志琥をラリアットで倒す。世志琥もラリアットで返す。青木にも見舞う。山下&青木がダブルを狙うが、世志琥がまとめてラリアット。
cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32522300_210228_20

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32522300_210228_21

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32522300_210228_22
世志琥はスリーパー。山下がカット。世志琥&小林が山下にダブル狙いも逆に山下がまとめてラリアット。青木は世志琥にラリアット。すぐに立ち上がる世志琥に青木がスピア。カウント2。青木はダイビングフットスタンプ。カウント2。小林は起こされそうな世志琥を踏み台に青木にドロップキック。山下&青木にまとめて串刺しラリアットを放った世志琥は更に青木にラリアットを連発。最後はセカンドからのsダイビングセントーンで3カウント。
cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32522300_210228_23 

小林 みなさん、お待たせ致しました。いや、お待たせし過ぎたかもしれません。世志琥の復活だー! 同時に世志琥組の完全復活でもあります。世志琥さん、勝利の一言、お願い致します。
世志琥 いやあ、マジ、プロレス最高だなぁ。ありがとう、香萌ちゃん。
小林 最高いただきましたー! 私もね、この瞬間をずっと待ってたんですよ。プロレス最高! 3月17日、3・17SEAdLINNNG後楽園ホール大会からタッグトーナメントがあるの皆さんご存じですよね? 私達、世志琥組も、勿論エントリーしますよ。ねぇ世志琥さん。一緒に世志琥組として盛り上げていきましょうよ、トーナメント。ねぇ。あれ? 拍手は? よかったー。なんだよ!。
山下 ベラベラよく回る口だね。おい世志琥、おかえり。やっぱりお前が女子プロレス界で一番最高だよ。あとよ、私にとって一番特別なレスラーなんだからよ、分かってるだろ。シングルマッチがしたいんだよ。色々忙しそうだから、気長に待っといてやるよ。ちゃんと私の事、私がシングルやりたいって気持ち、ちゃんと覚えとけよ! そこんとこ、ヨロシク。
青木 世志琥さん! おかえりなさい。世志琥さんと久しぶりに試合出来て香萌さん、山下さんと試合出来て、凄く楽しかったです。もの凄く楽しかったです。このメンバー、最高じゃないですか? どうですか? 最高ですよね。
小林 最高なんじゃないの。ねえ、世志琥さん!。
青木 楽しかったですよね。そのメンバーに私、入ってたら最高じゃないですか? どうですか、強くなりたい青木、上を目指している青木、前を見ている青木、いりませんか? 仲間にどうですか?
南月(リングサイドから)入れてやれよ。
小林 まあまあ私達は大歓迎ですよ、ねえ、世志琥さん? なんだったら山下だって、うち来れば? 全然大歓迎ですよ。ねえ、世志琥さん。 でもいいんじゃないの、一緒にやっていきましょうよ。その気があるなら。ねえ、世志琥さん? じゃあ勝ち名乗りをあげて帰りましょう、世志琥さん! 今日はありがと…あっ、まだメインがあった。以上、セミファイナルでした。
(世志琥&小林が勝ち名乗り。そこに青木も強引に加わり、グータッチをかわす。山下は世志琥と睨み合い、グータッチと見せかけてお互いに中指を突き立てる)

ヤシの木