contact

カテゴリー

2020年12月25日

12.23新宿FACE・第2試合

第2試合
2020最終戦スペシャル5WAYマッチ(20分1本勝負)
○山下りな(10分52秒、ラリアット→片エビ固め)青木いつ希×
※他の3人は、中島安里紗、松本浩代、高瀬みゆき
2K0A8309 
国産黒毛和牛10人前が勝利者賞として与えられると聞いて5人は俄然ヤル気を見せる。
2K0A8143
青木と高瀬が握手。青木と高瀬で力比べ。山下もそこに加わる。松本も輪に入り、4人で力比べ。最後に中島も呼びかけられるが、拒否。すると4人で蹴り連発。中島に連続串刺し。最後の山下は迎撃されてエルボー合戦。松本がセットして中島がフットスタンプ。中島は高瀬、松本は青木を蹴散らし、松本と中島が睨み合う。すると青木と高瀬が丸め込み。中島にはダブルタックルから「ウィーアーマックスボルテージ」。中島は2人を場外に出してトペ狙いも、松本がカット。松本は肩に担ぎ、中島を場外の3人に投げる。松本と山下はタックル合戦。ラリアットの相打ちは松本に軍配。山下は膝蹴り、エルボー。ロープに走る山下に高瀬がラリアット。松本と山下に交互にエルボーやチョップも、松本と山下には効かず。ダブルチョップからロープに振るも、ダブルを避けてまとめてラリアット。だが2人は倒れず。ならばと2人にミサイルキック。
2K0A8153
2K0A81682K0A8174
中島も高瀬にミサイルキック。高瀬と青木で中島に攻撃。ダブル正拳突きから高瀬がフェースバスター、青木がボディープレス。2人でダブルブレーンバスター。高瀬のカミカゼ狙いをかわした中島がジャーマン。コーナーに上がっていた青木には張り手から叩き落とし、コーナーへ。すると今度は松本がカット。コーナー上での攻防から松本が雪崩式狙い。だが立てた中島が宙づりの松本にフットスタンプ。更にダイビングフットスタンプ狙いも山下がカット。だが、中島はコーナーからエプロンにDDTで叩きつけ、「今度こそ行くぞ」。しかし松本はエプロンの中島にブレーンバスター。中島と松本がエルボー合戦。中島が投げっぱなしジャーマン。松本も投げっぱなしジャーマン。中島がエルボー連打。

カサドーラをキャッチした松本はそのままバックドロップ。パワーボム狙いは山下がカットし、スプラッシュマウンテンの構え。松本が高瀬に丸め込み。中島も山下に丸め込み。中島は山下にクロスアームジャーマン。松本が高瀬にラリアット。中島は投げっぱなしドラゴンスープレックス。10分経過。山下がダイビングボディープレスで中島のフォールをカット。山下は青木の攻撃を高瀬に誤爆させる。青木は山下にSTO。山下はトラースキック。フォール狙いは青木が丸め込む。山下がカウンターのラリアットで3カウント。
2K0A81872K0A8205

2K0A82692K0A8277

2K0A8292 
山下「2020年ラスト、SEAdLINNNG、勝ったぞー。5WAY初めてなんですけど、つぎから3WAYまでにしてくれー。SEAdLINNNGでユニットも何も入ってない私ですが、正直試合数も去年に比べたらダイブありました。でも自分なりにプロレスを楽しむ年になりました。ありがとうございます。ユニットに入って無くてもフリーランスでもSEAdLINNNGを盛り上げたいって気持ちは一緒です。来年絶対に世志琥のベルトに挑戦します! 忙しいみたいだけどそんなの関係ねえよ。シングルやる価値絶対あるでしょ。来年絶対仕掛けていくんで、世志琥これ聞いてるかな。聞いてたら嬉しいな。来年もそこんとこヨロシク」
2K0A83482K0A8355

ヤシの木