contact

2020年12月25日

12.9新木場・第3試合

第3試合 タッグマッチ30分1本勝負
真琴&○朱崇花(14分38秒、チョークスラム→片エビ固め)笹村あやめ&海樹リコ×
2K0A13322K0A1353 
リコが「朱崇花出てこいよ」。朱崇花が登場。リコが打撃連発も朱崇花が一発で返す。それでもめげずに攻め込むリコ。朱崇花も打撃連発でリコを倒す。「お前つまんねえんだよ」とコーナーに戻す。
 
笹村が登場。朱崇花は走り込んで顔面キック。真琴が笹村の顔面を蹴り込み、腹キックからカンパーナ。朱崇花は顔面を張ってボディースラムからエルボードロップ。フォールに入るも自ら解く。朱崇花&真琴に一人で立ち向かう笹村だが、ダウンを奪われる。真琴は関節技を仕掛け、コーナーで踏みつけていく。朱崇花はパラダイスロックからドロップキック。真琴はフットスタンプ、側転ダブルニー、串刺しフロントハイキックからダブルアームスープレックス。笹村はブレーンバスターで逆転。リコはドロップキックを連発。ロープに走った所を朱崇花に邪魔されるが、真琴のチョップを誤爆させて更にドロップキック、ボディースラム。真琴はチョップからフェースバスター、ダブルニー。朱崇花はミサイルキック。
 
笹村は朱崇花のきっくをかわして低空ドロップキックから顔面蹴り。背後から襲いかかって更にドロップキック。朱崇花はソバットから変型腕固め。ミサイルキックも決め、立ち上がってきた笹村にニールキック。次の技を狙うが笹村が丸め込み。朱崇花はカウンターのトラースキックも笹村も変型バックドロップ。リコはダイビングボディーアタック。顔面にストンピングも連発。朱崇花のボディースラムにも耐え気合いで立ち上がり、打撃で攻めるリコ。ドロップキックはかわされるが、投げ飛ばして串刺し狙い。これはかわされるがドロップキックを決める。朱崇花がリコにカウンターでの張り手からバックを奪う。
 
だが、笹村がカットに入り、リコが丸め込み。笹村の投げっぱなしジャーマンからリコがジャックナイフ固め。真琴のスピアーから朱崇花がバズソーキック。笹村がフォールをカット。だが、2人に叩きのめされ、朱崇花はライオンサルト。リコは朱崇花のキックをまともに受けたが、カウント2で返すも、最後の一撃で3カウント。
2K0A1697 
朱崇花 名も無き新人さん、あ、ごめん。名前あったよね。最近覚えた。海樹リコ。お前はやっぱり弱いな。しょっぱい。でも今日泣かなかったね。偉かったね。強くなった強くなった。ただ全然弱い。生ぬるい。お前もお前も生ぬるい(穂ノ利にも)。お前なんて今日試合したか? ぬるいんだよ。
(穂ノ利が「うるせーんだよ」と突っかかるも朱崇花もやり返す)
朱崇花 人が今からいいこと言うんだよ。黙って聞いとけよ。お前らせっかくSEAdLINNNG、いいリングなのに生え抜き大した事ねえな。ここから本題。どうせだったら私たち綺麗なお姉さん達がいるラスエゴに
2人で入ってみない? ちょっとラスエゴに入る条件として必須の条件は?
真琴 まずお化粧がうまい、あとスラッとしてる人、身長がある人。でもまだ若いのでこれから伸びるかもしれない。のびしろあると思うので。
朱崇花 今さ、うちの大参謀、下田美馬さんが留守にしてるから私達はやっぱり下も育てる気もあるから、お前らみたいなザコ育ててやる。南月とか気にしなくていいよ。
2K0A1738 
リコ おい朱崇花、真琴、デカムシコンビ! いちいちうるせーんだよ。今日は負けたかもしれないけど、このままじゃ終わらせねえんだよ。穂ノ利さん、12月23日、自分とタッグ組んでくれませんか。
穂ノ利 タッグ組みましょう。
リコ 奈七永!12月23日、奈七永のバースデーだよな。その日にこのデカムシコンビとほのりこ組んで下さい。
奈七永 おいリコ、お前今奈七永って言ったな。
リコ 奈七永じゃねえよ。
奈七永 私の台詞だよ。奈七永じゃねえよ。それだけ言ったってことはそれだけ度胸があるんだな。ただの弱虫じゃないんだな。このデカムシコンビ、穂ノ利とリコでぶっ潰せ。向かっていけ! オッケー、じゃあ12月23日、ホノリコ初タッグvsデカムシ決定!
朱崇花 おい奈七永、お前ちゃんとまず礼儀から叩き込め。誰に向かって言ってんだよ、クソガキ。
2K0A1764

ヤシの木