contact

2020年11月28日

11.27新木場1stRING・第2試合

第2試合 ハイスピードタッグマッチ(20分1本勝負)
○春輝つくし&小林香萌(9分40秒、直伝ラ・マヒストラル)永島千佳世&海樹リコ×
DSC05521 
小林はつくしと組むのが不服そう。南月はチカヨコール。つくし組が南月を排除し、まずは永島組を翻弄。つくし組がリコに変顔攻撃。お互いに取り合いとなる。小林はキャメルクラッチから変顔攻撃。つくしは加勢すると見せかけて小林に変顔攻撃。つくしが蹴りでカット。つくしも南月に反撃の串刺しドロップキック。小林も狙うが、リコがとおせんぼ。小林はリコに連続攻撃。そのままフォールでノーカウント。
DSC05047

DSC05076

DSC05095

DSC05180

リコはダイビングンボディーアタックからスモールパッケージ。永島が登場し、キックを連発。2人まとめてフェースクラッシャー。コーナーで2人の腕を取ると、腕十字へ。南月のカウントはスローに。永島が小林の両手を踏みつける。小林もエルボーで対抗し、エルボー合戦。小林はスネ蹴りからお返しの両手史も、かわす永島。だが小林がドロップキックを連発し、フィッシャーマンズスープレックス。
DSC05227

DSC05374 
つくしはダイビングボディーアタック。南月にも低空ドロップキック。エルボーも見舞うが、永島は追走してキッチンシンクから顔面踏みつけ。つくしのウラカンも更に丸める。丸め込み合戦はつくしの方だけスローカウント。小林も南月にエルボー。そこから小林が南月にウラカン。つくしはドロップキック。つくしのエルボーは小林に誤爆。小林もつくしにエルボー、ドロップキック。つくしもドロップキック。つかみ合いのケンカとなる。永島が2人にまとめてラリアット。つくしにはバックドロップ、セカンドからフットスタンプ。リコがタッチを要求してリングイン。つくしにドロップキックを連発し、1往復フォール。連続フォールは認められず。お互いに馬乗り攻撃。つくしは更に張り手。
 
リコはフォアアームを連発。つくしはエルボー。リコは丸め込みを連発。つくしは丸め込みを耐えてフットスタンプ。タイガー狙いも永島がキックでカット。リコはジャックナイフ固め。つくしは永島に背後からドロップキック。リコはつくしに丸め込み。つくしはマヒストラルで3カウント。試合後、強引に勝ち名乗りをさせる。

DSC05400

DSC05451

DSC05468  
つくし「おい南月、試合中に邪魔ばっかしてくるんじゃねえよ。本当に邪魔。こんなね、生ぬるい試合をするんじゃ意味ないんですよ。南月さん、そろそろハイスピードで一番決めませんか? その一番を証明できるような試合組んどけよ。ルールは何でもいいよ。じゃあよろしくね、悪魔さん」
DSC05563

ヤシの木