contact

カテゴリー

2020年10月14日

10.3横浜ラジアントホール・第3試合

第3試合 シングルマッチ 20分1本勝負
×花穂ノ利(8分46秒/バックドロップ→片エビ固め)アジャ・コング○
DSC05518
 9・24新宿大会で「強くなりたい」とアジャ・コングとの対戦をアピールした花穂ノ利が、セミファイナルでの一騎打ちが実現。エルボーの連打、ショルダーアタックの連発にまったく動じないアジャ。フラフラになりながらも攻撃を続ける穂ノ利に対し、アジャは逆水平チョップ1発でダウンさせる。どうにか丸め込んでフォールを狙う穂ノ利はミサイルキックを繰り出すが、最後はアジャのバックドロップに轟沈。試合後はアジャがマイクを持った。

DSC05002

DSC05076

DSC05108

DSC05334

DSC05605

DSC05625

★花穂ノ利のコメント
 ━━アジャ戦を終えて。
 「…強かったです。すごく強くて壁と闘ってるみたいで、自分がいくらタックルしてもビクともしないのがすごい悔しかったけど、すっごい強い人の隣でもっともっと自分も強くなりたいんで…。そのためにタッグを自分から要求しました。もっともっと強くなって、次またシングルできる時があったら、タックルで倒せるぐらい強くなります」
 ━━事前に考えていた作戦は通用した?
 「まったくほぼ通用してなくて、相手はもうビクともしないので…」
 ━━これからどこの部分を磨いていきたい?
 「自分の心…まだ弱いので。もっともっと強くして体も強くなって、力ももっともっと上げて。次に対戦できる時があったらそれまでに、もっともっと強くなります」

DSC05681   
 
★セミファイナル後のマイク
 アジャ「ちょっとお久しぶりになちゃいましたね。前回、新木場で“ちょこちょこ遊びに来るよ”って言ってたんですけど、意外に私もいろいろ忙しくて…。今日やっと時間できたんで、世志琥ともうそろそろ直談判をしようかなと思いまして…。今日はこの会場に来てすぐ世志琥に直談判して帰ろうと思ってたんですよ。面倒くせえから。でも世志琥もなかなかつかまんないんで、このあとメインで試合するんで、それ終わった後にじっくり詰め寄って、ぜひとも世志琥とタイマン勝負したいと思うんで。(穂ノ利に対し)どうした? だいぶ錯乱してるけど大丈夫か?」
 穂ノ利「大丈夫…じゃない! 悔しい! つらい! 痛い! 悔しい!!」
 アジャ「しょうがないよ、プロレスってそういうものだからさ。今までこんなに痛くて悔しくてつらいことって、あんまりしたことないのかな? でも“やりたい”って言ったのはキミだよね、おチビちゃん」
 穂ノ利「そうだよ! 負けて悔しい!」
 アジャ「悔しいか。その気持ちだけはな、よくわかるけどさ。でも、勝てる要素がオマエのどこにあったかな、今日? せいぜいオレとやって今こうやって吠えられるだけは、皆さんホメてやってくださいよ(会場から拍手)。その元気は試合中に出そうな」
 穂ノ利「もっと…強くなりたいです! だから…私とタッグ組んでください!」
 アジャ「ちょっと待って。オレの記憶が正しければ、接続詞の使い方っていろいろあると思うんだけど、“強くなりたいです”、“今日やられて悔しいです”、“だから組んでください”。ちょっと私にはその…私の国語力がついていかないんだけども(苦笑)。“闘ってみて今日弱さがわかった。今度は横に立ってみたいと思っちゃった”…っていう解釈でいいのかな?」
 穂ノ利「…はい!!」
 アジャ「いやいや、その根性たるやオマエスゲーな。すごいんだけどさ、さっきも言った通りオレはここで世志琥にしか興味がないんだよ。だからゴメン! そのうち、いつかヒマができたらやってやるからさ。“あなただけ見つめてる”で世志琥だけ見つめてるから、キミのことはまだ見つめてないからさ。また考えるよ。じゃあね。…ということで(会場の)皆さん、せいぜいメインのタッグで世志琥が2冠を防衛して、ぜひとも私の挑戦を受けてくれることを楽しみに待ってるんで。応援してあげてください」
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木