contact

カテゴリー

2019年10月02日

9.23 SKIPシティ・メインイベント

第4試合=6人タッグマッチ(30分1本勝負)
○高橋奈七永&水波綾&高瀬みゆき(20分4秒、パッションパッケージ)中島安里紗●&下田美馬&真琴
ca453bc7bb4033755a0d42820a81e4c6f_26961064_190926_0026  
ラスエゴが奇襲。3人をコーナーにホイップし、串刺しを狙うが、中島がよけられ、逆にマックスボルテージがダブルタックルを奈七永&水波で決め、水波&高瀬のダブルフェースバスターから3人でポーズ。高瀬がロープに走ると、下田がカットし、場外戦を仕掛けて大暴れ。高瀬に対して下田がキャメルクラッチ。真琴はそこへ顔面蹴り。下田は両手を踏みつける。真琴も腕攻撃。セコンドも加勢し、下田&真琴でダブルニークラッシャーから下田が逆エビ。奈七永&水波がカット。中島は顔面蹴り。高瀬はエルボー連打も、中島は丸め込みからレッグマフラー。真琴は踏みつけた後、串刺しフロントハイキック。ダブルアームを耐えた高瀬はミサイルキックで逆転したかと思われたが、タッチを阻止される。水波が下田にラリアットを見舞い、高瀬はドロップキック。水波が3人を瞬く間に倒し、下田にはコーナーでチョップ連打。奈七永もラリアットを決め、2人で綱引きのパントマイムから串刺し。水波は更にラリアット。

ca453bc7bb4033755a0d42820a81e4c6f_26961064_190926_0050
ca453bc7bb4033755a0d42820a81e4c6f_26961064_190926_0040
10分経過。下田が投げ捨てジャーマン。中島と下田が交互に顔面蹴りも2人の足をキャッチした奈七永がまとめてドラゴンスクリュー。そこへ水波、高瀬が連続ギロチン。中島があダイビングフットスタンプでカット。真琴がストンピングを連発。奈七永はジャンピングキック。高瀬は串刺しラリアットからダイビングエルボーアタックから首4の字固め。チョップ&エルボーの連発も見舞う高瀬はラリアットも見舞うが、真琴はダブルアームスープレックスから2段蹴り、リバースフェースバスター、腰へのダブルニー。中島は顔面蹴りから連続投げ捨てジャーマン。コーナーに上がる中島が奈七永にフットスタンプ。高瀬にもダイビングフットスタンプ。中島は膝蹴りを連発し、ダルマ式ジャーマン。高瀬はヘッドバットからパワースラム。
ca453bc7bb4033755a0d42820a81e4c6f_26961064_190926_0034
15分経過。奈七永は中島に至近距離でのラリアットを連発し、走り込んでキック。中島はカサドーラからフットスタンプ。奈七永は雪崩式ブレーンバスター。エルボー合戦、張り手合戦。中島は投げ捨てドラゴンスープレックス。起き上がるのを待って回し蹴りからアンクルホールド。エスケープ後も3人の攻撃を浴びる奈七永。中島はウラカン。高瀬がラリアット。奈七永のサイドバスター&水波のギロチンの連係も決まる。変型ドライバーから水波のヘッドバット、高瀬のダイビングギロチン、奈七永の冷蔵庫爆弾。カウント2。ワンセコンド狙いはかわされ、下田の串刺しから真琴がダイビングボディーアタック、中島はムーンサルトプレス。カウント2で返した奈七永。中島はさらに走り込むが、かわした奈七永が丸め込んで勝利。

ca453bc7bb4033755a0d42820a81e4c6f_26961064_190926_0029 
奈七永「(クソパッションと下田に捨て台詞を吐かれて)うるせえな、クソババア。SEAdLINNNG旗揚げから4年にして初めての高橋奈七永川口凱旋大会、勝利したぞー! 川口という土地が私にパワーをくれました。おい中島! チャンピオンとしての初めての試合で負けましたね。スリーカウント取られましたね。私がこの間、言ったこと覚えてるか?

中島「覚えてねえよ」
奈七永「9月18日後楽園ホールで私はお前がベルトを無事に持ってればの話だけど、ベルトに挑戦する。お前はベルトを懸ける。私は髪の毛を懸けると言った。でも、それじゃ物足りないよね! チャンピオン様よ」
中島「ベルトじゃ物足りない? お前はそんなベルト作ったのかよ。物足りねえようなベルト作ったのか。私はベルトを懸ける、お前は髪を懸ける。以上だよ」
奈七永「この間さ、一回が大事だって言ったよね。一回が大事で今日チャンピオンとして初めての試合で負けた。それで何か言う資格あるの?」
中島「負けたよ。負けたからなんだ? 11月2日、ベルト懸けてやるって言ってんだよ。お前には十分だろ、それで」
奈七永「チャンピオンなのに器が小さいと思いません? ゴチャゴチャ言っててさ。テメエはだからいまのままなんだよ。変わらねえよ、一生。チャンピオンになったってベルト持ったって変わらねえよ。器が小さいまま生きていくんだよ。どんどんそのままじゃSEAdLINNNGは小さくなるぞ」
中島「聞き捨てならねえな。小せえだ? お前にだけは言われたくねえよ。いいよ、懸けてやるよ。髪でもなんでも懸けてやるよ! 11月2日、SEAdLINNNGの社長さんよう、丸坊主になって恥を掻くのはてめえだよ。私が勝つのは100パーセント。以上だよ」
(ラスエゴ退場)
奈七永「という事で今日はありがとうございました! 11月2日はカルッツかわさき、SEAdLINNNG最大のビッグマッチで中島がベルトをそこまで持ってればベルトを懸け、そしてお互いの髪の毛を懸ける。これに決定です。よかったら皆さん見に来てください。髪の毛を懸けるっていうのは簡単な思いでもなく、格好つける意味でもなく、自分自身のプライドを懸けるっていう意味でもあります。それくらい負けたくない相手だっていうことでもあります。そしてそんな敵がSEAdLINNNGの中にいる事に感謝しながら私はリングに上がります。その辺、皆さんに分かっていただけるといいなと思います。そして今日もマックスボルテージありがとうございました! 最高だよ。最高なパッションを今日も川口で出してくれてありがとう! 皆さんもありがとうございましたー!」
(最後はレッツゲットパッションで締め)
ca453bc7bb4033755a0d42820a81e4c6f_26961064_190926_0021 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木