contact

カテゴリー

2019年05月31日

5.29後楽園ホール 第4試合

第4試合 SEAdLINNNG BEYOND THE SEA Tag Championship(30分1本勝負)
○高瀬みゆき&有田ひめか(13分19秒、エビ固め)松本浩代&アマゾン×
※第4代王者が初防衛に成功
263A2812 
高瀬が「こいよ、アマゾン」。アマゾンは「ちび」。高瀬は「うるせー」。
263A2482
ロックアップから投げ飛ばすアマゾン。高瀬は有田の力を借りて押し込む。エルボー連打からロープに振られてしまうもドロップキック。仁王立ちのアマゾン。すると有田も登場し、高瀬はドロップキック、有田はタックルを同時に放つ。
アマゾンは高瀬を抱え、コーナーに叩きつける。松本は高瀬をコーナーにセットして串刺しプレス。アマゾンはジャイアントスイングを左回転から右回転。ワンハンドボディープレスから踏みつけフォール。松本はテキサスクローバーホールド。有田がカット。アマゾンを背負った松本はダブルニー。
263A2498
263A2509
5分経過。エルボー合戦も松本優勢。ダウンを奪った後にはタックルも決める。高瀬はコーナーに振られながらもミサイルキックで逆転。有田はタックルを連発し、アマゾンを抱えようとするが、アマゾンは脱出してチョップ。アマゾンのラリアットを松本に誤爆させ、タックル。有田と松本が打撃の応酬。高瀬が松本を羽交い締め。アマゾンも有田を羽交い締めにして松本が攻撃。更にブレーンバスター。松本がコーナーに上がると高瀬がカットし、有田がプレスからアルゼンチンバックブリーカー、走り込んでニー。高瀬はチョップ&エルボーを連発、串刺しラリアット、ダイビングエルボーアタック。松本は2人まとめてバックドロップ。アマゾンは串刺しプレスから投げっぱなしジャーマン。10分経過。アマゾンがフィッシャーマンズスープレックス2連発。ボディープレスを避けた高瀬が丸め込み。
263A2605
263A2662
有田のバックフリップから高瀬はダイビングギロチン。高瀬も担ごうとするが、アマゾンは余裕で回避し、スイングスリーパー。エプロンの高瀬をブレーンバスター。有田とアマゾンがラリアット合戦。有田はジャンピングニー。松本が有田にラリアット。2人で高瀬を高い所から落とし、アマゾンは肩に担いで叩きつけ。フォールを許さない高瀬は次の攻撃を回避。しかしラリアットで大の字。更にネックハンギングボムからフォールも、高瀬が逆に丸め込み逆転の3カウント。高瀬&有田が初防衛に成功。
263A2753 
松本
やるじゃねえか、お前ら。まさかアクトレスに負けるとは思ってなかったよ。チクショー。今回は本気じゃない…とは言えないけど、そのベルト本気で取らせてもらう! もう一回挑戦させろ!!
 
有田
いつでも待ってるよ! 自分達に倒せない相手はいない。覚悟しとけ。
 
松本
上から言えるのも今のうちだぞ。おっけー。タッグタイトルの李マッチ決定! 私のパートナー、世志琥!
 
(世志琥がリングに上がる)
世志琥
やっぱそうだよね〜。てかさ、お前らさ、デカイ2人がさ、2人揃って何やられちゃってんの? まじお前らがベルト取ると思ってたから残念。でもまたこのタッグのベルトがうちの腰に来たがってるんだなーと思うと、松本、松本!
 
松本
なんですか、世志琥さん。
 
世志琥
タッグやろうぜ。お前ら受けるしかねえよな。
 
高瀬
もちろん! 臨む所ですよ。誰もが勝てないと思ってたかもしれません。一番チビですよ。何が悪い! 私が3カウント取って勝ったんです。この壁から。この壁をぶち破ってうちらはまた王者になりました。同じようにアンタら2人、踏み台にしてうちら2人がまだまだもっともっと成長させてもらいます。そこんところ、よろしく。
 
世志琥
「踏み台にはさせません!」
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木