contact

カテゴリー

2019年02月13日

2.9横浜ラジアントホール・第3試合

第3試合
DSC06822
マックスボルテージ対アクトレス。お互いに握手から気合いも入れ合う。
水波が有田をロープ際に押し込んでクリーンブレイク。タックル合戦で水波がダウンを奪い、奈七永とダブルタックル&ダブルチョップ。コーナーでもチョップ連発、串刺しラリアット。
奈七永と有田でエルボー合戦。有田は串刺しプレスで逆転。堀田が登場し、サッカーボールキックから胴締めスリーパー。有田がストンピングを放つと、奈七永が足をキャッチして関節技へ。奈七永は串刺しエルボー。堀田はヘッドバット。
 
奈七永も「よくもやったな」とヘッドバット、串刺しラリアット。堀田は浴びせ蹴り。奈七永は張り手、堀田は腕十字。水波がカット。サンドイッチラリアットから奈七永が延髄。
水波はスピア、ギロチンドロップ。水波が逆水平、堀田がローキック、エルボー。ダブルアームの体勢も水波がリバースしてラリアット。更にラリアットを連発する水波。
DSC06919
DSC06974
堀田はカウンターで浴びせ蹴り。有田は串刺しプレス、タックル、串刺しキック。水波はラリアット、スピア。奈七永はスリーパー。堀田、有田にヘッドバット。有田にはセカンドロープから冷蔵庫爆弾。ラリアットを見舞う奈七永だが、有田もバックフリップ。アルゼンチンは決めさせず、奈七永&水波が合体攻撃。有田は2人まとめてラリアット。
DSC07061
DSC07078 
アルゼンチンバックブリーカーから堀田のアシストを挟んでランニングキック、逆エビ固め。水波がカット。奈七永の顔面キック、水波の後頭部ラリアットから水波のスピア&奈七永のラリアットの合体攻撃。逆エビ固めは堀田がカット。奈七永と有田でエルボー合戦。有田はカウンターでビッグブーツ。奈七永もカウンターでラリアット。カウント2でキックアウトした有田だが、奈七永がバックドロップ。最後は冷蔵庫爆弾で3カウント。
DSC07149
奈七永「堀田さん、有田、お前ら、お前らのパッションはこんなもんか? 堀田さん、この間、後楽園で好き勝手暴走してパッションを乗っ取るとか言ってたみたいじゃないですか。ご覧の通りの結果ですよ。ねえ。私のパッションは誰にも乗っ取ることが出来ないんです。分かりましたか?」
DSC07311 
堀田「久しぶりに奈七永と戦ったけど、前以上に加速、何か分からないあの後ろの人(水波)。ああアニキアニキ、ゴメン。ますますなんか怖いぐらいの違いみたいな、ところが! 悔しいよ。そして、ひめかどうだった? まあ多分、無いと思うけど。私はここに、やっと、SEAdLINNNGの選手と、共に肩を並べてリングに立てる事が、やっときた。それは1年前からお願いしてたつもりだけど、たぶん相手が、相手じゃないという事で、こういう、今日になったんだけど、どうだった?」
 
奈七永「もっとワクワクさせてくださいよ。もっともっと」
 
堀田「おう。そのつもりでここに上がってるつもりだし、まだまだ全然、奈七永にはその熱さ、勝てないかもしれないけど、でも食らいついていくよ。死に物狂いで、この年取った老った体でボロボロになってもついていくよ。
何故かと言うと全女魂。奈七永は嫌いかもしれない。それ以上に行きたいという事を願ってこのSEAdLINNNGというものを立ち上げから。
だけど魂は絶対に残ってると私は思うし、その魂を私は、このまだまだ未熟なアクトレスガールズに継いでもらいたい思いで私はここに立っている。だからこれが私のリングに立つ、分からない、ボロボロになって立てないかもしれない。
でもその気持ちで私はアクトレスガールズをやっているから。だから本気になって奈七永と、シードと、向き合って欲しいと思う。それが私の願いであって、やりたいことです。
そして一つ、世志琥とシングルマッチさせて下さい。
前も私は後楽園の時にアピールはしている。何故やりたいかと言うと、あの子の野獣な所をもっともっと私が出来る限り、クレイジーに、高橋奈七永よりクレイジーになってもらいたい。それを社長の奈七永にとりあえず、やらせて下さい。
何か女子プロレスの、私が出来る事を、なんか今から色々やっていきたいなと思います。
なのでシングルマッチ、相手じゃないかもしれないけど、相手と思わせるような事を、全女魂があれば出来ると思うんで。宜しくお願いします」
 
奈七永「お客さん、シーンとしちゃったじゃないですか。何を一生懸命言ってるんだと。全女魂、何年も前に終わった話を、堀田さんはもうずっと言うんですよ。
その、でも堀田さんのパッション、パッションが私は大好きなんですよ。だけどこのリングは弱肉強食なんで、世志琥とやらせてくれって堀田さんが言った所で世志琥がどう言うかは知りません。それは私は知りません。
堀田さんがその熱い気持ちで世志琥を振り向かせて下さいよ。
そしてその思いを、堀田さんの思いを、おい有田、そして高瀬だったり、アクトレスガールズがもっともっと継いでいくことが、この人をもっと上に、上に、どっか右の方に押し上げる唯一の一つじゃないのか? もっともっと頑張れよ!」
 
有田「確かに今日、負けた。お客さんも予想してた通りの結果だと思う(と涙声になる)。でも私はアクトレスガールズを舐められたくない。まだまだ皆できると思う。自分ももっともっと上に行けると思う。なので、これからもアクトレスガールズをこのリングに上げ続けてください。お願いします」
 
奈七永「だから何回も言うように私はパッションが大好きなんですよ。そのパッションがある限り、中島にアイドル崩れだとか言われても、その気持ちがあるんだったら私はどんどんこのリングで熱さを、そして強さを追求してもらいたいと思う。はい。それでいいですか、堀田さん。お願いします」
DSC07437 
堀田が2人と握手し、堀田と水波が面と向かってやりとり。その後、堀田らが先に退場。
  
奈七永「アニキ、一つだけ。一つだけ。おい、泣いてんのか? 泣かせて行っちゃったし。おい大きくなたんだよ、泣いてんじゃねえよ!」
 
水波「今の素晴らしかったじゃないですか! 感動しちゃったんですよ!(と地声で)」
 
奈七永「おいその思い、熱い思い、その熱い思い、16日、カルッツかわさきで電流爆破、爆女王のベルト、挑戦するんですけど、私とアニキがタッグを組みます。けれども勝者がチャンピオンになれるという事で、仲間であり、そして敵でもあると思う。なので、その熱い気持ちに私は1ミリたりとも負けるつもりはないから。覚えといて」
 
水波「臨むところですよ。次の爆女王、自分が勝って爆女王になって、そして4月1日のWAVE、新生WAVEで(奈七永と)シングル決まってますから、新しい水波をそれで見せてやりますよ、奈七永さんに!」

奈七永と水波は別々に退場。
DSC07475

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木