contact

カテゴリー

2018年11月26日

11.24横浜ラジアントホール・エンディング・試合後コメント

◎エンディング
 
試合の余韻が残るなか、現れた笹村がマイク。
 
笹村「いまの試合じっくり見てましたよ。なんか仲が悪いお二人がいるようで絶対に(中島を呼び寄せ肩を組む)私たちのほうがタッグ力が上だと思うんですよー。ねえ×4! ってことでタッグのベルトに挑戦させてくださーい!」
 
世志琥「ない×3」
 
山下「やってやるよ!(慌てる世志琥を無視して)何、仲悪いって! どこを見てたんだよ、試合中。バッチリだろ。やってやるよ。タイトルマッチ、何回でも勝ってやるよ」
DSC08697
世志琥「お前さ、なんで毎回勝手に決めるの? ウチらタッグじゃん。タッグって2人で1つなわけじゃん。山下の一人の暴走でこうやって勝手に決められたら困るんだけど」
DSC08730
山下「……やってやるよ! お願いします。ヨッシャ、絶対勝つぞー! 何ピリピリしてるかわからないけどさ、つまり世志琥が言いたいのはウチらは一心同体ってことだろ? ヨロシクな。頑張ろうぜ、じゃ(と退場)」
DSC08754
 
世志琥「おかしくないですか? なんか今日、山下おかしいですよね? でも、まあやるならやるでいいんですけど、自分はちょっと山下の暴走を止めないとこの先、危ういなっていうのを今日、感じました。それともう一つ感じたこと。高橋奈七永、シングルのチャンピオンになった高橋奈七永。あのころ自分たちが決まっていたシングルマッチ、続きやりませんか?」
DSC08800
奈七永「望むところです。今年の1月果たせなかった約束、お前の復帰戦以来のシングルマッチ、しかるべき場所でやりましょう、ベルトをかけて。(世志琥が退場)アニキ、勝者チームが帰りましたよ。リングは我々の物になりましたよ。アニキほら言いたいことあるでしょ」
 
水波「奈七永さん、無茶ぶりにもほどがありますよ。本日はSEAdLINNNG横浜大会ご来場ありがとうございましたー。いつもSEAdLINNNGのお客様は、選手も熱いですが、お客さんもメチャクチャ熱くて私はリングで闘うの凄く楽しいです。みなさんのおかげです。ありがとうございます。このSEAdLINNNGのリングは前回までシングルのベルトを争うトーナメントがあったので、私たち組むのも久々でございました。おのおのの道を進んでいまこうやって集まったわけですー。もうちょっとね、これからは組む機会があると思うので、タッグでやってみたいことあるので、あとで奈七永さんにお伝えしようかなと思ってます。(知りたそうなファンの雰囲気に)あとでね。ということで私が締めます。いつも“Let’s get d!”で締めると思うんですが、MAX VOLTAGEというユニットがあるんですけど、私たちの名前、Let’s get MAXで締めたいと思います。いまから藤田が『Let’s get』と言うので、みんなで『MAX!』っていう感じで。Xなのか、Mなのか、Aなのかはみなさんにお任せいたします。そこは自由です。ということでご発声をお願いします」
 
藤田「ではリーダーが締めさせていただきます。MかAかXか、自分の推し選手のをやってください。Let’s get MAX!」
DSC08841
 
◎バックステージ
奈七永「ありがとうございました。チームとしては今日は負けてしまったんですけど、熱はMAX VOLTAGEがしっかりボルテージを上げたなと思うし。アニキのテンションがみんなに火を点けてくれたと思うし、MAX VOLTAGE久々で安心感が前よりありました」
DSC08850
水波「ありがとうございまーす。そうなんです」
 
奈七永「アッチのBORDERLESSは不穏な空気があったんでね、そこを突いて勝ちを取りたかった」
 
藤田「すみません!」
 
奈七永「ありますが、それは小さいことだと思うし、またこれからタッグ力を、チーム力を高めていきましょう」
 
水波「はい、お願いします! 元気があればなんでもできる!」
 
奈七永「それが、マックスーーーー」
 
3人「(バラバラな感じで)ボルテージ!」
 DSC08857
藤田「最後もバラバラでしたね(笑)」
 
——世志琥選手からの対戦要求があったが。
DSC08862
奈七永「逃げるわけもなく、やらない理由もまったくなく、むしろこっちからやろうと言いたかった。私の欠場で今年のはじめね、シングル決まってたなかで流れてしまったカードでもありますので、まあ今年の1月にできなかったので1月のホール当たりに組みたい。ぜひやりたいなと思います。世志琥が復帰して以来のシングルになるんですけど、あの頃にはベルトがなかったのでまた違ったステージで闘うのも楽しみというかワクワクもしますけど、そういったものではないヒリヒリしたものになるんじゃないか、といまから思います」
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木