contact

カテゴリー

2018年11月26日

11.24横浜ラジアントホール・第4試合

4、6人タッグマッチ 30分1本勝負
○世志琥&山下りな&真琴(21分41秒、片エビ固め)高橋奈七永&水波綾&藤田あかね●
※ラリアット
DSC08649
【リポート】
第1試合に続き、奈七永はこの日、2試合目。メインでは奈七永&水波綾&藤田あかねのMAZ VOLTAGEでの登場となった。タッグトーナメントやシングルトーナメントが開催されていたこともあり、奈七永の復帰戦となる5・16後楽園以来のユニット結成だ。対峙するのは、タッグ二冠王者のBORDERLESS(世志琥&山下りな)と、10・17新木場でもトリオを組んだ真琴。シングル、タッグの王者が揃う、豪華な顔合わせとなった。
DSC08286
先に仕掛けたのはMAZ VOLTAGEだった。早速、場外戦に持ち込み試合の主導権を握る。ところが、中盤から藤田が山下の串刺しラリアット、世志琥の顔面ウォッシュ、真琴の裏十字に捕まる展開。
DSC08481
悪い流れを断ち切ったのは、MAZ VOLTAGEのムードメーカーの水波。世志琥&真琴にスピアを見舞うと、山下にマシンガンチョップ。そして串刺しラリアットで劣勢をひっくり返す。さらには水波&奈七永でサイドバスター+ギロチンドロップという合体技を披露し、3人同時のドロップキックにつなげる。
DSC08573
一方、BORDERLESSも世志琥のケンカキック→山下のケンカキックで真琴のアシスト。真琴はブレイジングキック、ランニング・ダブルニードロップで続く。
DSC08599
戦況が五分に戻ったところで奈七永VS世志琥となり、世志琥が世志コブラ。奈七永もコブラツイストでやり返す。意地の張り合いが繰り返される。
 
続く藤田も世志琥にショルダータックルで前半戦のお返し。変形水車落としからの変形キャメルクラッチへ。世志琥もヘッドバット、ショートレンジラリアット、スライディングラリアットと応戦。セカンドからのセントーンを投下するも、藤田は自力で返す。
 
ならばとトップロープに登る世志琥。奈七永が雪崩式ブレーンバスターで切り返すと、すぐに水波がレッグドロップ、藤田がファンタスティックフリップでカウント2。
 
ここで山下が世志琥の助けに入り、トラースキック。だが、世志琥に誤爆してしまう。2発目も世志琥に決まり、不穏な空気のBORDERLESS。このチャンスに奈七永&水波が突っ込み、山下を排除。リング上を藤田と世志琥だけにする。藤田はヘッドバットからのバックフリップでカウント2。一気に畳みかけようとするが、世志琥がカウンターのラリアットで貫録勝ちを収めた。
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木