contact

カテゴリー

2018年11月26日

11.24横浜ラジアントホール・第2試合

2、ハイスピード3WAYマッチ~ハイスピードルール(15分1本勝負)
○つくし(11分16秒、でんでんむし)朝陽●
※もう1人は永島千佳世
DSC07261
【リポート】
第2試合は南月たいようレフェリー考案のハイスピードマッチ。今回は21歳のつくし、16歳の朝陽という若い選手のなかに、42歳の永島千佳世が入っての3WAYとなった。
 
ベテラン永島に握手を求めるつくし&朝陽だったが、永島は拒否。諦めたつくし&朝陽は南月レフェリーと握手してゴングへ。
 
開始早々、「年齢的に不利じゃね?」と不満を漏らす永島。消極的な永島を南月レフェリーが羽交い締めにすると、つくし&朝陽がガットショット。強引に試合をスタートさせた。
 
ハイスピードな攻防が繰り広げられるなか、朝陽がキャメルクラッチで永島を捕獲すると、つくしが走る。しかしドロップキックは永島ではなく朝陽に命中。つくしの腹黒さが目立つ。

永島VSつくしの場面となり、つくしが足4の字固めで捕獲すると朝陽が復活。どちらにフットスタンプをするかで迷いながらも、永島にフットスタンプ。
DSC07039
一応、アイスリボンの絆をみせたが、つくしが永島におんぶスリーパーを仕掛けると、朝陽が背後から2人にスクールボーイ。裏切られたつくしは朝陽につっかかる。永島が仲裁に入ると、つくし&朝陽が永島にガットショット。永島も2人にまとめてクロスボディー、ぶら下がり腕十字でお仕置きする。
DSC07155
戦況が二転三転するなか、つくしが朝陽のミサイル弾を横取りフォールしたり、永島の上に南月レフェリーをヘッドシザースホイップで投下したりと試合をコントロール。最後もつくしが朝陽との攻防を制して、でんでんむしで勝利を収めた。
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木