contact

カテゴリー

2019年01月18日

1.11新木場大会・メインイベント

メインイベント6人タッグマッチ 30分1本勝負

高橋奈七永&彩羽匠&●門倉凛
(18分12秒 アームロック)
〇世志琥&真琴&朱崇花
DSC09523
1・20後楽園で行われる奈七永対世志琥のビヨンド・ザ・シーシングル王座戦の前哨戦。
世志琥組が奇襲攻撃を仕掛け、場外乱闘を展開。奈七永と世志琥は喧嘩腰。リングに戻って世志琥が顔面踏みつけ。朱崇花はストンピング連打。奈七永は脇固めで切り返し、スリーパー。奈七永と門倉で連係も決めたあと、今度は彩羽と門倉も連係。朱崇花はボディースラムで切り返す。
DSC09188
世志琥が登場し、門倉に顔面蹴りを連発。真琴は門倉を踏みつける。門倉の攻撃を側転でかわした真琴はフェースバスター。腕を固めると世志琥&朱崇花が奈七永&彩羽を分断。朱崇花は顔面ドロップキック。門倉はエルボー連打。飛びつくも朱崇花がパワーボム。
DSC09218
門倉は逆転してタッチを狙うが、朱崇花がそれを許さずボディースラム。5分経過。門倉がドロップキック。彩羽はミドルから顔面ドロップキック。世志琥のエルボーから朱崇花がブレーンバスターを狙うが、耐えた彩羽が2人にキック連打。朱崇花に高速ブレーンバスター。朱崇花は張り手。彩羽はミドル。朱崇花はトラースキック、ムーンサルトアタック。真琴はダイビングボディーアタック、ダブルニー、腕関節。串刺しをかわされた真琴に彩羽&門倉がW攻撃。彩羽はトラースキック。奈七永が登場し、真琴に串刺しラリアットを連発。真琴はロープを蹴り上げて顔面攻撃からDDT、腰にダブルニー。真琴がダブルアームの体勢も奈七永は耐える。世志琥が登場してセントーン、串刺しラリアット。朱崇花も串刺しで続き、世志琥はコーナーで蹴りまくる。立ち上がる奈七永だったが、世志琥が脇固め。足をキャッチした奈七永はドラゴンスクリュー。逆エビ狙いはエスケープで逃げる世志琥。
DSC09316
DSC09397
10分経過。奈七永がエルボー連打。世志琥はラリアットからコードブレイカーも、耐えた奈七永がそのまま逆エビから逆片エビ固め。彩羽が「もっと絞れよ」と加勢。奈七永のパワーボム狙いを耐えた世志琥がリバース。ラリアットの相打ちから世志琥が優勢も、奈七永がカウンターのラリアットでなぎ倒す。世志琥はチキンウイングアームロック。彩羽&門倉がカット。奈七永はバックドロップ。門倉は飛びつきDDT、ウラカンラナ。真琴には彩羽がハイキック。門倉は真琴にローリングアタック。
DSC09463
DSC09484
彩羽は世志琥にスワントーンボムを同時に決める。朱崇花はネックハンギングから門倉を叩きつけ、世志琥はラリアット。6人が入り乱れたあと、彩羽&門倉が世志琥に照準。Wトラースキックは奈七永に誤爆。世志琥は彩羽&門倉にまとめてラリアット。世志琥はダイビングセントーン。朱崇花はムーンサルトプレスを同時に放つ。奈七永が朱崇花を食い止めている間に世志琥は門倉にチキンウイングアームロックを決めてギブアップ勝ち。

DSC09523
世志琥「2019年一発目、勝ったぞ。自分の2019年は自分がSEAdLINNNGも女子プロレス界もかき乱していくので、その為に高橋奈七永、テメエが持ってるそのベルト、必要なんで、自分のすべてを懸けて20日行かせてもらいます。それと今日組んでくれた朱崇花、真琴、メッチャいいじゃん。なに? いいよね。ありがとう。朱崇花、これからさ、ちょっと一緒に組んでやっていくのはどうですかね。それと真琴、金髪にしなきゃ入れないとかいいましたけど、いいよ、自然体で。一緒にやりたいんで、自然体でいきましょう。お願いしますね。なんだよ、彩羽匠。オマエの顔見てればうちらのユニットに入りたいっていうのはわかるけど、オマエさ、1月13日にマーベラス名古屋で高橋奈七永とシングルマッチ決定してるよな。オマエ、そこで高橋奈七永に勝ったらウチらの仲間に入れてやってもいいよ。勝ったらね」
DSC09547
彩羽「世志琥さん、告知ありがとうございます。明後日名古屋で奈七永さんとシングルマッチ組まれてます。自分達は高橋奈七永選手の背中をずっと追いかけてる場合じゃない。自分たちの時代を作っていかなきゃいけないんで。20日、世志琥さんも奈七永さんのシングル決まってますよね。お互い勝ってからそのユニットの話はまた追々、お互い勝ってから話し合いましょう。ありがとうございました」
 
世志琥「偉くなったもんだな。まあいいよ。お互い、高橋奈七永の首狙っていこう。今日見てただろ。20日もオマエのその腕を折ってやっからな。楽しみにしとけよ。悔しくて言葉も出ねえか。さっさと帰れ。必要ねえんだよ。こんな挑発されて何も言えねえよじゃ王者じゃねえな。獲ってやるよ」
 
奈七永「私は腐ってもお前に舐められて負ける訳にはいかない。それが私のプライドだ。そしてこのベルト、出来たばかりのこのベルト渡す訳にはいかない。1月20日、1対1、タイマンでやれるの楽しみにしてるよ」
DSC09626DSC09659
DSC09642

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年01月18日

1.11新木場大会・インフォメーションコーナー

<南月専務のインフォメーションコーナー>
DSC09017 
休憩明けは南月たいよう専務がリングに登場し、インフォメーションコーナーに突入。今後の大会日程を発表した。さらに
 
この日売られた福袋にはお茶会も当たるチャンスもあった。南月専務いわく「シードの4人と2時間くらいひたすらティーを飲む会(笑)。健全な会です。自分はお酒とか飲みたいなと思うんですけど、奈七永さんに怒られるんで、いつも。酔っぱらったSNSも上げるなって怒られてます」と自虐を交えながらPRした。
 
さらにこの日のハイスピード戦で敗れた清水に関して
「ずっと裏で号泣してました。ハイスピードは難しいんですよ。でもね、そこに自分から教えて下さい!と言ってきた清水選手はこの悔しさをバネにまだまだ成長してくれると思います。ハイスピードは考えてから動くのでは遅い。ゆっくりやってしっかり寝技も関節だったり決めるのは誰でも出来るんですけど、早くやって疲れてもクオリティを落とさずにバッとその場で取られるかって言ったって、どれだけ考えなくても動けるだけの練習をしてきたかっていうのが試される試合だと思うんで。これは多分、清水選手も新人だからとかベテランだからとか関係なく自分はレフェリーという立場を利用しながら、色々課題を出して、楽しみながら追い込んでいきたいと思います」
とエール。
DSC09004  
そしてリング上には南月専務に呼ばれたつくしが登場。
すると、そこへ呼ばれてもいない星月もリングインし
「南月軍を募集してると聞きまして、自分もハイスピードを勉強させて下さい」と直訴。
南月専務の「やれんのか!」の問いに「やります!」と答え、1・20後楽園のカードとして、つくし対星月対小林小林香萌のハイスピード戦を発表。
清水に関しては今回の出場は見送られる模様だが、「ちょっとすごい号泣してたんで、泣くくらいなら。練習して決めようかな」とした。
さらにもう1試合は6人タッグで水波綾&長浜浩江&沙恵vs藤本つかさ&星ハム子&真琴の決定をアナウンスした。
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年01月18日

1.11新木場大会・第3試合

第3試合 3WAYタッグマッチ 30分1本勝負
中島安里紗&●笹村あやめ(13分01秒 前方回転エビ固め)
高瀬みゆき〇&有田ひめか
※もう1組は水波綾&沙恵
DSC08828
沙恵と有田に笹村は届かず、力比べは仲間外れ。2人がかりの攻撃を食らいそうになるが、ボディーアタック。キャッチされる笹村。沙恵にはドロップキック。有田にもドロップキック。その下でダウンしている人もセントーンでダメージを食らう。高瀬&水波は連係を狙うが、笹村は避け、逆に中島と笹村が同時にコーナーダイブ。中島組はリング上で沙恵に2人がかりの攻撃。高瀬組も同時に中島組に攻撃。
DSC08475
水波は高瀬&有田にまとめてスピア。沙恵は有田に顔面キック。水波はエプロンでギロチン。水波は有田にコーナーでチョップ連打から串刺しエルボー。沙恵は串刺しフロントハイキック。水波は溜めて串刺しラリアット。有田はタックル合戦を仕掛ける。互角の展開から水波が倒す。沙恵はフロントハイキックを連発。有田は耐えるが3発目でダウン。それでもタックルで倒し高瀬が登場。エルボー合戦。高瀬が逆水平&エルボーで押し込むが、沙恵はカウンターでフロントハイキック。しかし高瀬がすぐに反撃。有田とWタックル。有田は高瀬にボディースラムで沙恵にぶつける。その逆も。
DSC08534
DSC08582
5分経過。有田が笹村を攻め込む。だが、笹村もドロップキックを皮切りに反撃。中島&笹村で有田に串刺し。笹村はダイビングエルボー。水波は笹村にラリアット。中島はスリングブレイドから回し蹴り、顔面キック。水波はその場ラリアット。高瀬が水波と中島に交互にラリアット。だが、水波&中島のWブレーンバスターを食らう。ミサイルキックを各選手が放つ展開から中島がコーナーへ。高瀬が起き上がり雪崩式狙い。水波が登場し、2人まとめて投げ飛ばす。
DSC08598
水波は中島に裏投げ、ラリアット、ドラゴンスープレックス。笹村は逆さ吊りの水波にコーナーからフットスタンプ。次の攻撃を耐えた水波はエルボー。笹村はスープレックス。中島はダイビングフットスタンプ、クロスアームスープレックス。膝蹴り連打からドラゴンスープレックスを狙う中島だが、水波が脱出して抱える。沙恵が笹村に顔面キック。水波はラリアット。続いて有田が他のメンバーに体当たり。その間に高瀬が不意打ちで笹村に丸め込み勝利。
DSC08716 
●試合後のリング上
高瀬「アクトレスガールズが勝ったぞぉ! あれ? そういや、お2方(中島&笹村)、ベルト持ってませんでしたっけ。今日私、ベルト保持者からフォールを取ったので挑戦させてもらっていいですか?」
 
中島「おい一回勝ったぐらいで調子乗った事言ってんじゃねえよ」
 
高瀬「いえいえ、一回でも勝ちは勝ちです。これがベルト戦だったらベルトはここにあるはずなんですよ。もしかしてビビッてますか?」
 
中島「ビビッてねえよ」
 
高瀬「じゃあやりましょう、やりましょう!」
 
中島「そうじゃなくてお前らみてえなアイドル崩れが挑戦出来るベルトじゃねえんだよ」
 
高瀬「なるほど。ひめか、お前は役不足だ! アイドル崩れと言いますけども、ウチらアクトレスガールズには最強の御大がいらっしゃるんですよ! 最強の人を連れてきます。あなた達もよく知ってる人です。いいですか。その名前は…堀田祐美子! あ、もう許可は貰ってます」
 
中島「この微妙な反応、それが全てじゃねえの? はいはい。もうめんどくさいから。やるやる。早くやろう。次の大会、1月20日の後楽園。まあ堀田祐美子、ネームバリューは認めますよ。ただあなた方と戦ってるような今の堀田祐美子、1ミリも負ける気がしません。堀田祐美子に戦いがなんぞやというものを我々が教えてやりましょう。それから寒くなります。冬です。堀田祐美子、年も年なんで当日までに体調崩さないように万全の状態で挑んでくるようにと伝えて下さい」
 
高瀬「確かに。それはしっかり伝えておきます。1月20日、よろしくお願いします!」
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年01月18日

1.11新木場大会・第2試合

第2試合 ハイスピードシングルマッチ 20分1本勝負

〇つくし(11分50秒、片エビ固め ※ダイビング・フットスタンプ)
清水ひかり
 DSC08302
【リポート】
清水の握手をつくしは拒否して南月レフェリーと握手。スピーディーな展開からつくしがドロップキック。清水はミドル。一往復してフォール。丸め込み合戦。つくしが腕に噛みつき。「こいつに噛めって言われたんです」「言う訳ねーだろ」。ロープ際でつくしが顔面踏みつけ。髪を掴んだつくしが投げ飛ばす。
DSC08185
清水もお返し。踏みつけにされて「南月さん痛いよ~」。つくしは足4の字固め。清水が裏返すが、つくしも戻す。2人とも「南月さーん」と呼ぶ。2人で「どっちの味方なんだよ」と詰め寄り、Wドロップキック。南月も2人にやり返す。清水は串刺しキック。ロープワークからドロップキックも決めて逆エビ固め。技を食らいながら「みんな応援して!」というつくしの掛け声で「つくし」コール発生。清水はロープ際でミドル連打から腰にドロップキック。エルボー合戦はつくしが制し、顔面への低空ドロップキックからミサイルキック。ダイビングフットスタンプを避けた清水がサッカーボールキックを連発。正面からもローキック。ボディースラムからダイビングフットスタンプ。
つくしは背中に飛びついてスリーパー。南月レフェリーに飛びつき、フランケンも清水はかわす。2人同時に飛びつき横十字を決める清水。だが、誰もフォールに行けず。
つくしが丸め込むとフォールを返した清水が三角絞め。つくしは逆さ押さえ込みを連発。つくしがカウンターでエルボーを決め、最後はダイビングフットスタンプで3カウント。
DSC08282

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年01月18日

1.11新木場大会・第1試合

第1試合 シングルマッチ20分1本勝負
〇長浜浩江(8分30秒 ノーザンライトSP)星月芽依
●
DSC07845
【リポート】
SEAdLINNNGの2019年最初の大会。第1試合は長浜vs星月のシングルマッチ。ロックアップで長浜がロープに押し込む。星月はエルボー連打。
長浜が腕を取ると、星月も取り返す。長浜がロックアップからタックル、串刺しドロップキック。アピール中に星月もうしろからドロップキック。更にドロップキック連打。長浜はブレーンバスター、逆エビ固め。エスケープした星月に、後ろからドロップキック。正面からもう一発。長浜がコーナーに上がるが、星月が捕まえて投げる。そのままドロップキックを連発。倒れても打ち込み、ボディースラムからしつこくフォール。エルボーの打ち合い。星月は丸め込みを連発。長浜がドロップキック、ブレーンバスター。最後はノーザンライトスープレックスで長浜が勝利。
DSC07887 
長浜
「皆さん、あけましておめでとうございます! SEAdLINNNGさん、新年一発目の大会、開幕戦、ご来場ありがとうございます。
新年一発目の第1試合、とっても(×4)大事な試合だったと思います。無事に勝利で始まってよかったなと個人的に凄く思てます。
えっと、私事にはなりますが、私の所属しているプロレスリングWAVE、4月よりリニューアルの為に今3ヶ月のお休みに入ってます。
その間こうやってオファーをくださった団体さんに出させて頂いて試合をしているんですけど、それまで4月までまだ何回もSEAdLINNNGさん、大会あると思います。
私、その大会、全力で盛り上げていきたいと思うんでよろしくお願いします!」
DSC07982

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木