試合結果

過去の試合結果
◆2018年2月9日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 2nd NIGHT!~
◆2018年1月14日 SEAdLINNNG~Now or Never!~
◆2017年12月13日 SEAdLINNNG~SHARE THE MOMENT~
◆2017年11月22日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 1st NIGHT!~
◆2017年10月18日 SEAdLiNNNG~d-HIGHER!~
◆2017年9月18日 SEAdLINNNG~EVOLUSION~東京・新宿FACE
◆2017年8月24日 SEAdLINNNG~SUMMER BLAST~
◆2017年8月11日 SEAdLINNNG~YOKOHAMA FLASH!~
◆2017年7月14日 SEAdLINNNG~This Is Us~
2017年6月14日 SEAdLINNNG〜GO!SEAdLINNNG!!!〜仙台市・宮城野区文化センター
2017年5月24日 SEAdLINNNG~fortissimo~
2017年5月5日 SEAdLINNNG~GOLDEN GO!GO!~
◆2017年3月16日 SEAdLINNNG~LUCKIEST777
◆2017年1月26日 SEAdLINNNG ~ integral-d!
◆2016年12月21日 SEAdLINNNG~mirrors〜
◆2016年10月16日 SEAdLINNNG~SPARKLING-d!〜
◆2016年9月28日 SEAdLINNNG~JUMP UP!!〜
◆2016年7月11日 SEAdLINNNG 高橋奈七永20周年興行~LOCK ON!〜
◆2016年5月18日 SEAdLINNNG~Let’s go NOW!!!〜
◆2016年3月7日 SEAdLINNNG ~ Let’s get d!!!
◆2016年1月11日 SEAdLINNNG~Let’s make MIRACLE YEAR 2016!〜
◆2015年11月25日 SEAdLINNNG~UP TO YOU !〜
◆2015年8月26日 SEAdLINNNG~Let’s get standerd!〜

2016年10月16日 新宿FACE

SEAdLINNNG~SPARKLING~d!!~(観衆399人 満員)

2016年10月16日 第3試合 シングルマッチ30分1本勝負~TLC SPARK!~
○高橋奈七永17分22秒

冷蔵庫爆弾fromラダー→片エビ固め
ベーダ・スコット●

ROHの女子部門WOHと提携したSEAdLINNNG。その第1弾としてベーダ・スコットが来日し、9・28後楽園大会に出場したが、ベーダは奈七永との試合が組まれないことに不満を露わに。奈七永を挑発する形でTLCルールを要求してきた。20年のキャリアを持つ奈七永だが、TLCルールは未経験。この試合のために奈七永は大日本プロレスを観戦するなど、準備を進めてきた。

先に現れたベーダはイスを持って登場。対する奈七永は、ラダーを担いでリングイン。スタートはリストロックなどオーソドックスな攻防となったが、場外戦からハードコアな展開が動き出す。

奈七永は場外ボディースラムで叩きつけると、ベーダもイスで反撃。怒った奈七永はベーダをリングに連れ帰ると、コーナーに立てかけたテーブルに叩きつけていく。そして、イスチャンバラ! 打ち勝った奈七永がベーダをイスに座らせると、フロントキックで飛び込んでいく。さらにコーナーにイスをセットし、ベーダを叩きつけようとしたが……。

ベーダが攻守を入れ替え、ラダーの上に奈七永をフェースクラッシャー! 奈七永も攻勢に転じると、場外のベーダに空飛ぶ冷蔵庫を狙う。だが、ベーダがイスで迎撃していき、奈七永が流血!?

この手のルールにうまさを見せるベーダはリング中央にラダーをセットし頂上へ。奈七永も反対側から登っていき小競り合いが繰り広げられる。10分が経過し、奈七永が「いい加減にしろ!」とジャンピングキック。そしてラダーヘリコプターでベーダを襲ったあと、コーナーにラダーを立てかける。ベーダもブーメラン式ラリアットを放って攻守を入れ換えると、イスの上へのブレーンバスター。

奈七永もイスでベーダを迎撃するとジャンピング延髄。そして、ベーダの上にテーブルをかぶせて冷蔵庫爆弾を投下! 奈七永自身もダメージを追ってしまうなか、今度はテーブルの上にベーダを仰向けにしラダーからのテーブルクラッシュを狙う。

だが、ベーダも追いつき、逆に奈七永をパワーボムでテーブルに叩きつけていく。すかさずシャイニング・ウィザードで追撃するベーダ。ピンチの奈七永だったが、これを凌ぐと雪崩式ブレーンバスターで形勢逆転。すかさずラダーからの冷蔵庫爆弾を投下し、奈七永が3カウントを奪ってみせた。

試合後、興奮状態の奈七永は「ベーダ・スコット! イスも机もラダーも使ってよくて、私はなんならはじめて。ファーストタイムだ×2。ユー・アンダースタンド? でも! 今日は立っているのはこの私だ。It’s me! でも私にこのルールをやらせたんだから、お前もいい根性してるよ。リスペクト・ユー! でも、バット×7、もっと、MORE強い、ストロングなROH、WOHのスターを連れて来いよ! 私はもっとワクワクしたいんだ。ワクワクしたいんだ、もっと! Do you understand,waku-waku? MOREワクワク! ワクワクさせろ!」とマイク。

ベーダが「MOREワクワク!」と答えると、奈七永は「OK、それを言っただけで今日は認めてやる」とリングを降りた。

◎試合後のコメント
奈七永「ありがとうございました。WOHと提携を結んでもっとクリーンにお互いのレスリングの技術だったり、そういうものを共有しあえるような関係になるのかなと思いきや、やっぱりそこには闘いがあるわけで。それを今回改めて、ベーダ・スコットという選手に、このTLCルールを通して教えてもらったのかもしれないです。聞けばやっぱり向こうは数多くそういうルールをやっているだけあって、いろんなアイテムの使い方とかを知ってたかもしれないけど、自分のパッションで今日は打ち破れた。そう思います。あの選手、ベーダ・スコット、そういう面で私は、また新しい扉を開けてくれたってことに関しては本当に感謝するしリスペクトもしますけど、もっともっと強い人、ワクワクする選手がWOHにはいるはずなんで、束になってきてでもいいから、かかってきてほしいし、海を渡ってきてほしいです。SEAdLINNNGのSEA、海を越える。こっちから行くのもありだし、向こうから来るのもありだし、まだ未知の選手とまだまだいると思うので日本だけではなく、各国に向けて、今日また新たな扉が開いたと思います。このラダー、ラダーは私のアイテムと化したと思うので冷蔵庫爆弾フロム・ラダー。うん。今日からラダーと一体となってやっていこうかなと思います。どうですかね、似合いますか? 似合うか、似合わないのか!?

(今後もTLCみたいなものをやっていきたい?)このルールで勝てたので自分のものとして、そんな簡単なもんじゃないとわかってるし、もっともっと有効な使い方とかあると思うので、探究心が刺激されました。なので高橋奈七永の可能性っていうのは一つじゃないんだなっていうことを、今日の試合で感じました。とにかくもっとワクワク、プロレスが大好きなので、プロレスでリングの上でワクワクしていきたいと思います!」

ヤシの木