試合結果

過去の試合結果
◆2018年2月9日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 2nd NIGHT!~
◆2018年1月14日 SEAdLINNNG~Now or Never!~
◆2017年12月13日 SEAdLINNNG~SHARE THE MOMENT~
◆2017年11月22日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 1st NIGHT!~
◆2017年10月18日 SEAdLiNNNG~d-HIGHER!~
◆2017年9月18日 SEAdLINNNG~EVOLUSION~東京・新宿FACE
◆2017年8月24日 SEAdLINNNG~SUMMER BLAST~
◆2017年8月11日 SEAdLINNNG~YOKOHAMA FLASH!~
◆2017年7月14日 SEAdLINNNG~This Is Us~
2017年6月14日 SEAdLINNNG〜GO!SEAdLINNNG!!!〜仙台市・宮城野区文化センター
2017年5月24日 SEAdLINNNG~fortissimo~
2017年5月5日 SEAdLINNNG~GOLDEN GO!GO!~
◆2017年3月16日 SEAdLINNNG~LUCKIEST777
◆2017年1月26日 SEAdLINNNG ~ integral-d!
◆2016年12月21日 SEAdLINNNG~mirrors〜
◆2016年10月16日 SEAdLINNNG~SPARKLING-d!〜
◆2016年9月28日 SEAdLINNNG~JUMP UP!!〜
◆2016年7月11日 SEAdLINNNG 高橋奈七永20周年興行~LOCK ON!〜
◆2016年5月18日 SEAdLINNNG~Let’s go NOW!!!〜
◆2016年3月7日 SEAdLINNNG ~ Let’s get d!!!
◆2016年1月11日 SEAdLINNNG~Let’s make MIRACLE YEAR 2016!〜
◆2015年11月25日 SEAdLINNNG~UP TO YOU !〜
◆2015年8月26日 SEAdLINNNG~Let’s get standerd!〜

2016年10月16日 新宿FACE

SEAdLINNNG~SPARKLING~d!!~(観衆399人 満員)

2016年10月16日 第2試合 ハイスピード4WAYマッチ20分1本勝負~Phantasmagoric Speed!~
○コマンド・ボリショイ9分48秒

エビ固め
Leon●
藤本つかさSareee

ハイスピード初の4WAYマッチとしておこなわれた第2試合。試合前、通常のハイスピードルール(注1)に加え、オーバー・ザ・トップロープ(以後、OTR)ルールとなることが発表される。

開始早々、高速ロープワーク、ヘッドロック、スクールボーイの掛け合いに。どさくさに紛れて、ボリショイがLeonにスクールボーイ。キックアウトしたLeonがすかさず「ボリショイさん、いま私に入りましたよね!?」と詰め寄る場面も。

続いて藤本の串刺し攻撃。Sareeeを標的に突進するも、寸前でSareeeがかわしたため巻き込まれた南月レフェリーにヒット。レフェリー不在のなか、4選手による串刺し攻撃を巡る攻防となる。

Leonがボリショイ&藤本にまとめてスピアを放つと、すかさずSareeeがボリショイに鎌固め。Leonも藤本をリバース・インディアンデスロックに捕らえていく。逃げ場のない藤本は思わず南月レフェリーに助けを求める。救出に向かった南月はLeonにドロップキック! だがLeonがクラッチを外さなかったため、ひたすら藤本が痛いだけという展開に。

怒った藤本は南月に張り手を食らわし孤軍奮闘。ビーナスシュートを狙ったが、その瞬間、みんなが落としにかかる。藤本がエプロン上で踏ん張ると、他の選手達もエプロン上に転落。気がつけば4選手がエプロンにいるという戦況に。

誰かが場外に落ちればそこで試合終了となるなか、エプロンサイドを走る4選手。そこでボリショイが落ちてしまうアクシデント!? だが、南月レフェリーは確証が取れなかったのか、「ボリショイさん、いま落ちました?」とチェックを入れる。南月レフェリーが何度も確認に入るが、強引に試合を続けたボリショイがLeonを丸め込んで3カウント。ベテランの押しの強さでレフェリーをも丸め込むという結果となった。

試合後、ボリショイはマイクを握り、「みんな私が落ちるんじゃないかと思って見過ぎて幻想を見たんだと思う。だいたい南月だよ。途中から余計なルールを加えて、だいたいわけもわからず走りまくるのも大変なのに。落ちたかもしれない。でも空中2センチ浮いていたと思います。いつの日か再戦できるようにお願いします」とリングを降りた。

注1)ハイスピードルール……投げ技、打撃などにより倒れている相手、横になっている相手には、ロープ一往復してからでないとフォールは認められない。その場の丸め込み技、関節技に関してはロープワークなしでもフォール、ギブアップが認められる。もちろん全てのカウントは高速となる)

ヤシの木