試合結果

過去の試合結果
◆2018年2月9日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 2nd NIGHT!~
◆2018年1月14日 SEAdLINNNG~Now or Never!~
◆2017年12月13日 SEAdLINNNG~SHARE THE MOMENT~
◆2017年11月22日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 1st NIGHT!~
◆2017年10月18日 SEAdLiNNNG~d-HIGHER!~
◆2017年9月18日 SEAdLINNNG~EVOLUSION~東京・新宿FACE
◆2017年8月24日 SEAdLINNNG~SUMMER BLAST~
◆2017年8月11日 SEAdLINNNG~YOKOHAMA FLASH!~
◆2017年7月14日 SEAdLINNNG~This Is Us~
2017年6月14日 SEAdLINNNG〜GO!SEAdLINNNG!!!〜仙台市・宮城野区文化センター
2017年5月24日 SEAdLINNNG~fortissimo~
2017年5月5日 SEAdLINNNG~GOLDEN GO!GO!~
◆2017年3月16日 SEAdLINNNG~LUCKIEST777
◆2017年1月26日 SEAdLINNNG ~ integral-d!
◆2016年12月21日 SEAdLINNNG~mirrors〜
◆2016年10月16日 SEAdLINNNG~SPARKLING-d!〜
◆2016年9月28日 SEAdLINNNG~JUMP UP!!〜
◆2016年7月11日 SEAdLINNNG 高橋奈七永20周年興行~LOCK ON!〜
◆2016年5月18日 SEAdLINNNG~Let’s go NOW!!!〜
◆2016年3月7日 SEAdLINNNG ~ Let’s get d!!!
◆2016年1月11日 SEAdLINNNG~Let’s make MIRACLE YEAR 2016!〜
◆2015年11月25日 SEAdLINNNG~UP TO YOU !〜
◆2015年8月26日 SEAdLINNNG~Let’s get standerd!〜

2016年9月28日 後楽園ホール

SEAdLINNNG~JUMP UP!!~(観衆708人)

第5試合シングルマッチ 30分1本勝負~JUMP UP3 STEP!~
○高橋奈七永15分22秒

ラリアット→片エビ固め
山下りな●

高橋奈七永の21年目の目標“世界一”に向けた大事な一戦は、若手の急成長株・山下りなとの一戦。2人のシングルはWAVE12・27後楽園大会以来、2度目となる。この試合のテーマを「前後裁断」とした奈七永。今の2人にしかできない闘いの勝敗の行方はいかに……!?

ゴングと同時にショルダータックル5連発。このあと奈七永、山下がそれぞれぶっ倒し、互角に終わる。力比べからグラウンドへ。奈七永がエルボードロップ、フロントネックロックに捕らえていきブレーンバスターへ。山下もすぐに立ち上がり、ニーアタックで反撃。チンロックからグラウンドに持ち込んだが、奈七永がローリングでブレイクする。

だが、その後も奈七永は山下の胴締めスリーパーに苦戦。なんとか耐えきった奈七永はサッカーボールキック。そしてショートレンジラリアットを連発していく。お互いにラリアットを打ち合ったあと、山下がトラースキック→バックドロップ2発で追い打ちをかける。キックアウトされると再びスリーパーへ!

これも奈七永が凌ぐとエルボー、ラリアットの打ち合いとなり、奈七永がバックドロップでカウント2。ジャンピング延髄を放つも、ガードした山下がスライディングラリアット。もう一発ラリアットを放ったが、これはカウント2止まり。

今度は奈七永がカウンターのラリアットでお返し。すかさずコーナーに登るも、山下が追いつき雪崩式ブレーンバスターへ。そしてスリーパーで捕獲する。耐えきった奈七永がワンセコンドを狙うが、山下も回避。今度は奈七永がスリーパーへ! 崩れると腕固めで絞り上げる。続く奈七永のイクボムはカウント2。

一方、山下もラリアットで再び反撃。張り手の打ち合いとなりもう一度、ラリアット! さらにロープで弾みを付けて放つがこれもカウント2止まり。ここで山下はセカンドロープからのエルボードロップを投下する。だが、剣山で迎撃した奈七永がインプラントへ。

これを山下はカウント1でキックアウト! さらには前回は返せなかった冷蔵庫爆弾も返してみせる。だが、粘りもここまで。最後は、奈七永がラリアットで山下を葬ってみせた。試合後、奈七永は手を差し出すも、山下は拒否。そうとなれば奈七永も山下を踏みつけて勝ち名乗りを上げた。

▼バックステージ
山下「負けは負けだよ。次だ、次! 奈七永がリングで私を踏んづけていたから。次は同じ立場に、同じところにいってやりますよ。これで奈七永との闘いは終わりじゃないし、SEAdLINNNGに出る理由がなくなるわけじゃない。負けておいて、こんなこと言うのもあれだけど、世志琥とも闘いたい。悔しい……」
そこに奈七永が現れる。
奈七永「おい山下、お前の夢はなんだよ!」
山下「夢? お前ぶっ倒して、世志琥ぶっ倒すことだよ」
奈七永「そんなもんが夢なのか? 私だって夢を追ってる途中なんだよ。その人間倒して、世志琥倒したら満足なのか? もっと夢持つならでっかいこと言えよ。でっかいこと言って叶えていけよ。次、もっと大きな夢を用意して、私の目の前に来い。今日はお前だからこういう試合ができたよ」
山下「次はお前を踏み台にしてやる。まずはお前からだ」
奈七永「しないわ。したって這い上がるわ。それが高橋奈七永だ」
山下「徹底的に叩きつぶす」
奈七永「でも今日勝ったのは私だから出直してこい!」
山下「わかった! お疲れ! またな!(山下が去る)」
奈七永「おう。潔い! いま言ったとおり、今日勝ったのは私で、『JUMP UP 3』と名付けてシングルマッチ、3本組みました。で、メイン世志琥がはじめてSEAdLINNNGのメインに立ちます、一人でね。でもそれって簡単なことじゃないから。お客さんに楽しんでもらって、勝つか負けるかわからないその緊張感のなかで、一人でリングに立って結果も内容も残す、それがプロレスラーで、それは簡単なことじゃない。でもそれを与えられたものじゃなくて、自分の手で勝ち取っていってもらいたい。いま山下に言ったように、夢を語って夢を叶えていけるリング、それがSEAdLINNNGでありたいので、アジャ・コングを倒すって言うなら、今日倒したらもっと大きな次の夢を考えていけばいいし、夢というほど大きなものじゃないかもしれない。だけど、一歩一歩積み重ねていくことがいま私たちにとって大事なことだと思うので、もっと世界一というキーワードを掲げた以上、甘っちょろいことをやっていちゃいけないと思うので、でも今日はもしかしたらお客さんの中にはなんで山下? 格下じゃんって。高橋奈七永、そんなんでいいのって思った人もいたかもしれない。でも、山下はでかいと思う。オーラがでかいと思う。だからコイツとシングルやりたい、何度でもやりたいと思うし、今日も勝ったけどこれが当たり前だとは思ってない。明日負けるかもしれない。そういう切羽詰まったなかで私たちは生きてるから、だからこれからも鍛錬を積み重ねて、真の強さを目指していきたいです。(アジャの入場テーマが聞こえてくると)メインをよろしくお願いします」

ヤシの木