試合結果

過去の試合結果
◆2018年2月9日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 2nd NIGHT!~
◆2018年1月14日 SEAdLINNNG~Now or Never!~
◆2017年12月13日 SEAdLINNNG~SHARE THE MOMENT~
◆2017年11月22日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 1st NIGHT!~
◆2017年10月18日 SEAdLiNNNG~d-HIGHER!~
◆2017年9月18日 SEAdLINNNG~EVOLUSION~東京・新宿FACE
◆2017年8月24日 SEAdLINNNG~SUMMER BLAST~
◆2017年8月11日 SEAdLINNNG~YOKOHAMA FLASH!~
◆2017年7月14日 SEAdLINNNG~This Is Us~
2017年6月14日 SEAdLINNNG〜GO!SEAdLINNNG!!!〜仙台市・宮城野区文化センター
2017年5月24日 SEAdLINNNG~fortissimo~
2017年5月5日 SEAdLINNNG~GOLDEN GO!GO!~
◆2017年3月16日 SEAdLINNNG~LUCKIEST777
◆2017年1月26日 SEAdLINNNG ~ integral-d!
◆2016年12月21日 SEAdLINNNG~mirrors〜
◆2016年10月16日 SEAdLINNNG~SPARKLING-d!〜
◆2016年9月28日 SEAdLINNNG~JUMP UP!!〜
◆2016年7月11日 SEAdLINNNG 高橋奈七永20周年興行~LOCK ON!〜
◆2016年5月18日 SEAdLINNNG~Let’s go NOW!!!〜
◆2016年3月7日 SEAdLINNNG ~ Let’s get d!!!
◆2016年1月11日 SEAdLINNNG~Let’s make MIRACLE YEAR 2016!〜
◆2015年11月25日 SEAdLINNNG~UP TO YOU !〜
◆2015年8月26日 SEAdLINNNG~Let’s get standerd!〜

2016年7月11日 後楽園ホール

SEAdLINNNG 高橋奈七永20周年興行~LOCK ON!~(観衆987人)

試合後のコメント
SEAdLINNNG 高橋奈七永20周年興行~LOCK ON!~

奈七永「今日で20周年を迎えることができまして、20年のありがたみをここに辿り着くまでに凄く実感しまして、みんなのおかげでここに立てているのが一番感じまして、またそれとは別に里村明衣子、仙女には違った感情があって、自分が一番見せたい、見せたいというか一番今、闘志が漲る相手だったと思うので、その相手に、お客さんに勝利を見せられたということは一つ、20周年の節目としてはよかったんじゃないかなと思います。ただもっともっと今以上に強くなりたいというのがあるので、21年目の目標を改めて、世界一というものに、世界一強い女になりたいと設定しました。それにはもっと自分を追い込んでいきたいと思うんで。世志琥! ありがとう」
世志琥「ありがとうございました。20周年おめでとうございます」
奈七永「ありがとう」
世志琥「大丈夫ですか、歯」
奈七永「歯、取れたよ。お前が、世志琥がチサコをぶん投げたので取れたんだよ」
世志琥「あれバッチリでしたよ」
奈七永「支離滅裂だよ」
世志琥「でもあれは投げるしかなかった」
奈七永「おぅ、そうだな……」
世志琥「そこにいたんですから」
奈七永「作戦通り」
世志琥「『そのまま来い』って言いましたよね?」
奈七永「ああ、言った……。こうなるとは思わなかった。でも20年の節目に世志琥が隣にいることは今だけでなくて、私がつなげていかないものがある。その象徴とうか、一番受け取ってもらいたい選手というのもあるので、今以上に闘いながら、SEAdLINNNG2人しかいないけども、組んでもよし当たってもよし、違う試合にいたらアイツには負けないと思える存在であってほしいと思うし、ここから女子プロレスをもっと勉強して、私ももっとプロレスを勉強していきたいと思うんで。次、ひとまず里村明衣子とまた……私は今日で最後でいいと思ってたんですけど、ケンカ売られたんだったら堂々とやって堂々と勝ってそれで終わりにしよう」
世志琥「(シングルは世代対抗戦の勝ち抜き戦で1回勝ってる?)そうですね。シングルで自分が勝っています。でもその時のシングルでも勝っていますし、そのときより進化しているっていうところをさらに見せつけて、もう二度とデカい口叩けないようにしてやりますよ」
奈七永「そうだね」
世志琥「もうこれで終わりですから」
奈七永「次の相手を見つけに以降。21年目、SEAdLINNNGもっともっともっとワクワクする闘いをお見せできるように進んでいきたいと思います。目指せ世界一! さあ行こう!」

ヤシの木