試合結果

過去の試合結果
◆2018年2月9日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 2nd NIGHT!~
◆2018年1月14日 SEAdLINNNG~Now or Never!~
◆2017年12月13日 SEAdLINNNG~SHARE THE MOMENT~
◆2017年11月22日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 1st NIGHT!~
◆2017年10月18日 SEAdLiNNNG~d-HIGHER!~
◆2017年9月18日 SEAdLINNNG~EVOLUSION~東京・新宿FACE
◆2017年8月24日 SEAdLINNNG~SUMMER BLAST~
◆2017年8月11日 SEAdLINNNG~YOKOHAMA FLASH!~
◆2017年7月14日 SEAdLINNNG~This Is Us~
2017年6月14日 SEAdLINNNG〜GO!SEAdLINNNG!!!〜仙台市・宮城野区文化センター
2017年5月24日 SEAdLINNNG~fortissimo~
2017年5月5日 SEAdLINNNG~GOLDEN GO!GO!~
◆2017年3月16日 SEAdLINNNG~LUCKIEST777
◆2017年1月26日 SEAdLINNNG ~ integral-d!
◆2016年12月21日 SEAdLINNNG~mirrors〜
◆2016年10月16日 SEAdLINNNG~SPARKLING-d!〜
◆2016年9月28日 SEAdLINNNG~JUMP UP!!〜
◆2016年7月11日 SEAdLINNNG 高橋奈七永20周年興行~LOCK ON!〜
◆2016年5月18日 SEAdLINNNG~Let’s go NOW!!!〜
◆2016年3月7日 SEAdLINNNG ~ Let’s get d!!!
◆2016年1月11日 SEAdLINNNG~Let’s make MIRACLE YEAR 2016!〜
◆2015年11月25日 SEAdLINNNG~UP TO YOU !〜
◆2015年8月26日 SEAdLINNNG~Let’s get standerd!〜

2016年7月11日 後楽園ホール

SEAdLINNNG 高橋奈七永20周年興行~LOCK ON!~(観衆987人)

第3試合 ~HOTT HISPEED~ タッグマッチ 20分1本勝負
○堀田祐美子12分57秒

ラ・マヒストラル
宮崎有妃
藤本つかさ柊くるみ●

いつもは南月たいようプロデュースのハイスピード枠だが、今回は20周年の高橋奈七永プロデュースで開催。奈七永の強引な指名で、なんと大ベテランの堀田祐美子がハイスピードに挑戦することとなった。ルールは前回同様、その場の丸め込み技、関節技に関してはロープワークなしでもフォール、ギブアップが認められるが、投げ技、打撃などにより倒れている相手、横になっている相手には、ロープを1往復してからでないとフォールは認められないというハイスピード特別ルールだ。また勝者には奈七永から勝利者賞が贈られることがアナウンスされた。

堀田が先発すると、ファンは大歓声! モーションを掛けあう堀田と宮崎だったが、試合がはじまるとじっくりした攻防。「スロースターター」と称された堀田の本領が発揮される。南月レフェリーから注意が入るが、待てなかったのは堀田と組んでいる藤本も同じだった。

途中介入した藤本は、堀田をリードしダブルの攻撃。しかし堀田はロープに走らずカバーしたためノーフォール。仕方なくロープに走りに行くも、くるみに足元をすくわれ豪快に転倒。藤本がそのままチェンジし、くるみと対戦する。

ルールを無視して、ロースピードの宮崎&くるみに対し、南月レフェリーがもう一度、警告。藤本と一緒にドロップキックでお仕置きする。すぐに堀田がカバーにくが、またもやロープワークの最中に足をすくわれてしまう。

続いて藤本vs宮崎となり宮崎が藤本に恥ずかし固め。このピンチを南月が救ったこともあり、これまで衝突してきた藤本と南月が仲直り!? NEOマシンガンズ(宮崎&タニー・マウスのタッグチーム)のように抱き合うと、南月との鮮やかな連係を成功させる。

もちろん宮崎はレフェリーの介入に激怒。ハリケーンドライバーで藤本にお仕置きすると、ゆっくりしたロープワークからカバーにいく。続くくるみが藤本にサマーソルトドロップ。ロープワークの読みあいから、藤本がドロップキック。スタミナ切れで大の字になる藤本とくるみ。

そこに堀田がパッションハチマキをして登場すると、藤本もパッションハチマキをコスチュームの中から取り出す。さらには南月、宮崎もハチマキを取り出すと、ひとりだけハチマキのないくるみが標的に。パッショントレインでくるみを踏み台にしたが、くるみもボディーアタックで反撃。そして、堀田に飛び込み爆弾! 続くダイビング・ボディープレスは自滅に終わる。

これで攻守を入れ換えた堀田がハチマキでぶっ叩いたあと、カバーするがこれもノーフォール。堀田は「全女のパッションは押さえ込みだろ!」としつこく押さえ込むがカウントはナシ。ここで藤本は堀田にロープワークを要求。その間に藤本がくるみにジャンピングハイキックを放つとビーナスシュートへ! すかさず堀田がくるみをマヒストラルでまるめて勝利した。

試合後、奈七永が現れ「堀田さんパッションあるじゃないですか。いつも心にパッションを! すごいお宝なのでどうぞ。すごいお宝。ぜひ着て」と昔のコスチュームを堀田&藤本に贈呈した。

ヤシの木