試合結果

過去の試合結果
◆2018年2月9日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 2nd NIGHT!~
◆2018年1月14日 SEAdLINNNG~Now or Never!~
◆2017年12月13日 SEAdLINNNG~SHARE THE MOMENT~
◆2017年11月22日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 1st NIGHT!~
◆2017年10月18日 SEAdLiNNNG~d-HIGHER!~
◆2017年9月18日 SEAdLINNNG~EVOLUSION~東京・新宿FACE
◆2017年8月24日 SEAdLINNNG~SUMMER BLAST~
◆2017年8月11日 SEAdLINNNG~YOKOHAMA FLASH!~
◆2017年7月14日 SEAdLINNNG~This Is Us~
2017年6月14日 SEAdLINNNG〜GO!SEAdLINNNG!!!〜仙台市・宮城野区文化センター
2017年5月24日 SEAdLINNNG~fortissimo~
2017年5月5日 SEAdLINNNG~GOLDEN GO!GO!~
◆2017年3月16日 SEAdLINNNG~LUCKIEST777
◆2017年1月26日 SEAdLINNNG ~ integral-d!
◆2016年12月21日 SEAdLINNNG~mirrors〜
◆2016年10月16日 SEAdLINNNG~SPARKLING-d!〜
◆2016年9月28日 SEAdLINNNG~JUMP UP!!〜
◆2016年7月11日 SEAdLINNNG 高橋奈七永20周年興行~LOCK ON!〜
◆2016年5月18日 SEAdLINNNG~Let’s go NOW!!!〜
◆2016年3月7日 SEAdLINNNG ~ Let’s get d!!!
◆2016年1月11日 SEAdLINNNG~Let’s make MIRACLE YEAR 2016!〜
◆2015年11月25日 SEAdLINNNG~UP TO YOU !〜
◆2015年8月26日 SEAdLINNNG~Let’s get standerd!〜

2016年5月18日 後楽園ホール

SEAdLINNNG ~ Let’s go NOW!!!(観衆850人)

第3試合 南月たいようプロデュース・ハイスピードマッチ~Keep trying Hispeed! タッグマッチ 20分1本勝負
藤本つかさ12分44秒

アクアマリン
井上貴子●
○MIZUKI朱里

S__7782472

南月たいようがレフェリーを務めるSEAdLINNNG恒例のハイスピードマッチ。前回から採用されたハイスピードルールとは、その場の丸め込み技、関節技に関してはロープワークなしでもフォール、ギブアップが認められるが、投げ技、打撃などにより倒れている相手、横になっている相手には、ロープ一往復してからでないとフォールは認められないというもの。そして、すべてのカウントは高速となる。

このルールだけでも十分厳しいのだが、前回、南月レフェリーにドロップキックを放ってしまった藤本はペナルティとしてロープを3往復しないとフォールが認められないことがアナウンスされた。

先発はハイスピード初挑戦の井上貴子。28年のキャリアを持ちながら、南月の挑発に乗る形で過酷なルールにチャレンジする。対峙したのはハイスピードの常連・藤本つかさだ。いつものように貴子がロックアップからロープ際に押し込むも南月が早速、高速カウント。「はえーな!」と驚く貴子だったが、それぞれアームホイップを放って同時に交代。

続いて朱里vsMIZUKIへ。朱里がボディースラムからカバーにいったが、これはノーフォール。ロープワークを促される。だが、このロープワークがクセモノで、走っている間に相手に反撃のチャンスを与えてしまう。案の定、MIZUKIがドロップキックで迎撃してみせる。

ここでMIZUKIは「貴子、出てこいや!」と大胆にも師匠を挑発。ハイスピード合戦を挑むも、貴子がアームホイップ、ボディースラムで先輩の意地をみせる。MIZUKIもクロスボディーを放って藤本と交代。藤本はミサイルキック、串刺し低空ドロップキックからロープワーク3往復。その間に貴子は余裕で朱里とチェンジする。

それでも諦めない藤本がロープワークを試みるが、朱里も冷静にカウンターのエルボーで迎撃。南月レフェリーを味方につけて、合体フェースクラッシャーを藤本に決める。続けざまに貴子がSTFへ。

ここで貴子は「寝ておけよ!」と藤本に忠告するが、立ち上がってしまう藤本。あまりにも藤本が言うことを聞かないため、貴子はついにスタンガンを握りしめる。すると蜘蛛の子を散らすように逃げだす選手たち。ここで南月レフェリーが場外高速カウント。急いでリング内に戻る選手だったが、体力を消耗している様子。すぐさま南月レフェリーは高速ダウンカウントで試合を再開させる。怒った選手達がいっせいに南月レフェリーにガットショット。対角線にハンマースルーすると、トレイン攻撃へ。ラスト走者の藤本が串刺しドロップキックを狙うが、逆に南月がドロップキックで迎撃。さらにミサイルを発射させる。吹っ飛ばされた藤本がスタンガンを持ち出すが、南月ともみ合いとなり感電!? 藤本が戦線離脱したことで戦況は朱里vsMIZUKIへ。朱里はランニングニーを叩き込むと、貴子とダブルの攻撃。ロープワークからカバーするがカウント2止まり。

ならばと貴子は美拳からロープを何往復もしてカバーするがカウント2。丸め込みの応酬からMIZUKIがカサドーラ。キックアウトされるとアクアマリンで師匠越えを果たした。

【貴子コメント】

――ハイスピードルールいかがでしたか?
貴子「私、28年のキャリアなので、28年間ずっとプロレスをやってきて全然飽きないけども、たまにはこういう刺激を与えてもらうというか、井上貴子の力試しというか、そういうものができたかなって」

――恩返しをされた気持ちというのは?
貴子「まだ早いでしょ(笑)。でもなんかすごく力をつけてきて、結構普段はふにゃふにゃしている子なので、リングに上がってどうなのかなっていつも思ってるんですけど、結構気が強くて。だいぶよくなってきて、運がよかったのかチャンピオンにもなれたし、乗ってる時はそのまま流れに任せるのが一番いいと、私も若い時はそうだったから。MIZUKIに限らずSAKIもですけど、今乗ってる時にいろんな経験をしてもらいたいなと思ってます」

――弟子の2人の成長は確かに感じることができる?
貴子「新人という世界は超えたなというのは確信しました。中堅まではいかないけども、中堅に一歩足を踏み込んだくらいではあると思います。そろそろ新人、入れてもいいですかね、うちも。最初は10人くらいいたんですけど、1人残ればいいかなと思ったら2人残ってくれて、2人がすごく、親のしつけがいいんでしょうね。親御さんがたぶんいいんだと思います」

【MIZUKIコメント】

――貴子に勝ったのは?
MIZUKI「初めてです」

――見事、師匠超えを果たした気持ちを。
MIZUKI「でもハイスピードでは貴子さんより先輩なので、正直勝てるとしたら自分の方が先輩のこの試合しかないと思ってたのでよかったです。嬉しいです、すごく。ビックリしてます」

――藤本さんは南月さんにボコボコにされてましたが?
藤本「本当ですよ。これね、次回はレフェリーがペナルティですよ。私が今度は考えるんで、ハイスピードルール」
MIZUKI「でも藤本さん、たいがい悪かったですよ。あのスタンガンは自業自得ですね」
藤本「うわあ。味方に言われるとは。もうしません。ごめんなさい」

――食らった感覚は?
藤本「デンキナマズのような。いまだに電気が走ってるんですけど、いまたぶん握手したお客さんは全員ビリビリってなりますよ(MIZUKIと握手してMIZUKIもビリビリしびれる)」

ヤシの木