試合結果

過去の試合結果
◆2018年2月9日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 2nd NIGHT!~
◆2018年1月14日 SEAdLINNNG~Now or Never!~
◆2017年12月13日 SEAdLINNNG~SHARE THE MOMENT~
◆2017年11月22日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 1st NIGHT!~
◆2017年10月18日 SEAdLiNNNG~d-HIGHER!~
◆2017年9月18日 SEAdLINNNG~EVOLUSION~東京・新宿FACE
◆2017年8月24日 SEAdLINNNG~SUMMER BLAST~
◆2017年8月11日 SEAdLINNNG~YOKOHAMA FLASH!~
◆2017年7月14日 SEAdLINNNG~This Is Us~
2017年6月14日 SEAdLINNNG〜GO!SEAdLINNNG!!!〜仙台市・宮城野区文化センター
2017年5月24日 SEAdLINNNG~fortissimo~
2017年5月5日 SEAdLINNNG~GOLDEN GO!GO!~
◆2017年3月16日 SEAdLINNNG~LUCKIEST777
◆2017年1月26日 SEAdLINNNG ~ integral-d!
◆2016年12月21日 SEAdLINNNG~mirrors〜
◆2016年10月16日 SEAdLINNNG~SPARKLING-d!〜
◆2016年9月28日 SEAdLINNNG~JUMP UP!!〜
◆2016年7月11日 SEAdLINNNG 高橋奈七永20周年興行~LOCK ON!〜
◆2016年5月18日 SEAdLINNNG~Let’s go NOW!!!〜
◆2016年3月7日 SEAdLINNNG ~ Let’s get d!!!
◆2016年1月11日 SEAdLINNNG~Let’s make MIRACLE YEAR 2016!〜
◆2015年11月25日 SEAdLINNNG~UP TO YOU !〜
◆2015年8月26日 SEAdLINNNG~Let’s get standerd!〜

2016年3月7日 後楽園ホール

SEAdLINNNG ~ Let’s get d!!!(観衆988人)
エンディング2

●奈七永バックステージ

――ブランクを考えると今まで試合以上に負けるはずがない試合だと思っていたが?
奈七永「世志琥のこの空白の期間の時間の長さだけじゃなくて、その思いの、プロレスに対する思いがさらに募ったっていう部分しかないと思うんですけど、そこの所で、本当わずかな差だったと思うんですけど、そういう部分でスリー取られてしまったのかなと思います」

――久しぶりに世志琥選手と当たってみた感触は? 懐かしさが見えた感じ? それとも違った部分が見えた感じ?
奈七永「不思議と、私はもうただ目の前に立った敵を倒すとSEAdLINNNGになってから本当、公言しているんですけど、そうでしかなかったです。世志琥が、なんでしょう……感慨深い表情だったり、実際、試合中も涙を見せながら殴ってきました。エルボーしてきました。だけど、ぜんぜんそんな泣いているヤツには負けねー!って思ったし、私は私で、踏ん張って、今ここに立っているんで、そういう感慨深い思いとか一切なかったんですよ。だから、この結果は本当に悔しくもあり、だけどこんなこと言ったら手を抜いたとか思われるのかもしれないけど、でも少し嬉しくもあり、すっごい複雑な気持ちで、こういう気持ちがまた一つ私を上の階段に登らせてくれるのかな……とか、今思うのが精一杯で、世志琥のことに、踏み出した一歩の重さをしかとこの試合で感じました。それを私もSEAdLINNNG代表として背負って歩んでいきたいし、すべてのことから学んで進んでいきたい、とそういう風に思っています。最後も若手の選手たちがそれぞれ思いをブチまけてましたけど、ああいう風に自己主張をしてきてくれるのは非常に大歓迎だし、なんか、Sareeeちゃんに『お前も強くなれよ』と言われたんで、また明日から練習しなおしです! どっかに慢心があったのかもしれないんで、出直しです。はい、強くなるように練習します」

――最後の世志琥選手との握手やいろんな選手の宣戦布告を聞くと、可能性ですが次回は高橋奈七永選手と世志琥選手が組んで中島、山下、Sareeeのいずれかが組んだタッグと対戦に見えたが?
奈七永「そうですね……」

――向こうが3人いるのがややこしいですが。
奈七永「そうですよね。ちょうどよくいかないのが面白いですね。あの勢いだと私が蹴落とされそうな勢いなんですけど。でも、私はもう譲らないですよ。やっぱここに、熱い闘いがあると思ったら自分が進んでいきたいですしね。ちょっとSareeeには負けないようにします。Sareeeとどこかで」

――3人からどう決める? 誰を落としても文句言ってきそうだが。
奈七永「どう決める……本当ですね」

――3vs2にしても文句言ってきそうですね。
奈七永「そこまでいま、頭が回らないので、整理して! 5月18日でSEAdLINNNGが終わるわけでもないので、旗揚げで中島選手から試合したいと言われてから避けてたわけではないんですけど、これやりたいと思うテーマを持ってやってきたので、視野に本当に入れなきゃいけないなと思ったので、ここからまた女子プロレス動かしていけるんじゃないかなとワクワクしました。私自身ワクワクしたんで、自分が楽しいと思うことをやっていくのが正しいと信じて……。っていうか伝えていきますので、SEAdLINNNGで激しく闘っていきたいです」

――世志琥選手と組むとしたらフラッシュトーナメントの決勝以来でしょうか?
奈七永「どっかでもしかしたら組んでるかもしれないですけど、どちらにしても回数はほんとないですね。レアですね」

――世志琥選手の試合出場は次回のSEAdLINNNG?
奈七永「ひとまず3月の今日を迎えることで精一杯でしたし、どれぐらい世志琥がこう実戦でできるかっていうのもまったくわからなかった状況だったので、ちょっと今日の結果を踏まえてもう一度考えて、ああいう風に自己主張してる人もいるので、やりたい人もいっぱいいると思うので、ちょっと、様子を見て、でも闘いたいっていう気持ち、それは一番だと思うので前向きに検討していきたいと思います」



●世志琥バックステージ

世志琥「復帰戦が終わって、入場した瞬間から、お客さんの声が本当、凄くて、もうグッとしちゃったんですけど、試合前に泣くのは本当カッコ悪いし、これから闘うのにカッコ悪いなと思って凄く我慢したんですけど、試合が終わって、なんかこの1年間……この1年間を思い出してしまって、泣いちゃいました(苦笑)。自分もあんな温かく迎えてくれるって予想してなかったですし、ああいう声を聞いて、本当に戻ってきて良かったなって、心の底から思います。ありがとうございました」

――ブランクを埋めるのに十分な時間がなかったように感じたが不安はなかったか?
世志琥「復帰戦の日を聞いた時に本当に凄い短いなって。第一印象は短いなって自分も思ってたんですけれども、自分的にはそれ以上に延びてしまうとダラダラやってしまうだけだと思ってましたし、この短い期間で自分がどれだけの力を出し切ってどれだけのことができるか、そこに自分は本当に努力してきたというか、相手も高橋奈七永ですし、一筋縄じゃいかないのはわかってたので、でも自分は、今日までにやれることは全部やってきたつもりなので、全然コンディションも悪くなかったですし。

――実際動いてみてブランクは感じました?
世志琥「そうですね、やっぱりまだ課題はたくさんあります。ここから自分はゼロのスタートだと思ってるので。これからどんどんどんどん前へ努力して、もっともっと本当に強くなっていきたいです」

――南月さんの声援もすごかったですが、聞こえてました?
世志琥「自分がこのリングに……1年前とか、リングにまた帰ってこれる日が来ると思ってなかったんで、なんかもう本当、全部に有り難みがあるというか、セコンドに付いてくださってるのも、お客さんが来てくれてるのも応援してくれてるのも、全部に本当、感謝だなと思います」

――試合後、中島安里紗選手、山下りな選手、Sareee選手が上がってきて、奈七永選手にも喧嘩を売った形ですが、奈七永選手に勝利した世志琥選手にも宣戦布告されました。
世志琥「そうですね。でも、復帰戦で本当に終わりではないので、ここから繋がっていく道ができたと思いますし、本当にSEAdLINNNGは自由なリングそのものだと思うので、自分も自由にやっていきたいと思いますし、自分が今までできなかった選手ともできると思うので、どんどん面白い選手とやっていきたいと思います。中島はムカつきますね。痛い!」

――闘っている最中に1年前が脳裏によぎることは?
世志琥「いや、ないです」

――そこはもう吹っ切れてる?
世志琥「吹っ切れているというか、自分は今日は今日なので。思い出すことはなかったです」

――新しいコスチュームのモチーフは?
世志琥「自分の今までのイメージが、キンキラでキラキラでツナギだったと思うんですけど、名前も変えたことですし、イメージをガラッと変えたいなと思ってこういうタイプにしました」

――体重は減りました?
世志琥「同じぐらいだと思います」

――サイズがしぼんだように見えたが。
世志琥「しぼんだ!? 試合に向けていろいろ調整してたのもあると思うんですけど、(コスチュームは)凄く動きやすいなと」

――試合後、彩羽匠さんが声をかけていたが。
世志琥「いやー、ね。思うところはいろいろとあるんですけど、やっぱり同じ所の出身ですし、だからこそ離れていても、わかり合えることとかあると思うんで、お互いこれから頑張って、切磋琢磨していきたいなと、自分は匠と思いますね」

――次の試合まで2カ月あくが。
世志琥「そうですね、5月。でも本当にここで終わりではないので、やっぱ次の2カ月先でも自分のコンディションはいいまま保っていきたいですし、練習ももっともっと重ねてもっと動きよくしたりスタミナつけたり、次2カ月後、お客さんがまた来て自分を見た時に『こないだと違うな』と、何か一つでもそう思ってくれるところがあるように、自分は2カ月後の試合に向けて努力していきたいと思います」

ヤシの木