試合結果

過去の試合結果
◆2018年2月9日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 2nd NIGHT!~
◆2018年1月14日 SEAdLINNNG~Now or Never!~
◆2017年12月13日 SEAdLINNNG~SHARE THE MOMENT~
◆2017年11月22日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 1st NIGHT!~
◆2017年10月18日 SEAdLiNNNG~d-HIGHER!~
◆2017年9月18日 SEAdLINNNG~EVOLUSION~東京・新宿FACE
◆2017年8月24日 SEAdLINNNG~SUMMER BLAST~
◆2017年8月11日 SEAdLINNNG~YOKOHAMA FLASH!~
◆2017年7月14日 SEAdLINNNG~This Is Us~
2017年6月14日 SEAdLINNNG〜GO!SEAdLINNNG!!!〜仙台市・宮城野区文化センター
2017年5月24日 SEAdLINNNG~fortissimo~
2017年5月5日 SEAdLINNNG~GOLDEN GO!GO!~
◆2017年3月16日 SEAdLINNNG~LUCKIEST777
◆2017年1月26日 SEAdLINNNG ~ integral-d!
◆2016年12月21日 SEAdLINNNG~mirrors〜
◆2016年10月16日 SEAdLINNNG~SPARKLING-d!〜
◆2016年9月28日 SEAdLINNNG~JUMP UP!!〜
◆2016年7月11日 SEAdLINNNG 高橋奈七永20周年興行~LOCK ON!〜
◆2016年5月18日 SEAdLINNNG~Let’s go NOW!!!〜
◆2016年3月7日 SEAdLINNNG ~ Let’s get d!!!
◆2016年1月11日 SEAdLINNNG~Let’s make MIRACLE YEAR 2016!〜
◆2015年11月25日 SEAdLINNNG~UP TO YOU !〜
◆2015年8月26日 SEAdLINNNG~Let’s get standerd!〜

2016年3月7日 後楽園ホール

SEAdLINNNG ~ Let’s get d!!!(観衆988人)
エンディング1

2016_3_7_en_01

試合後、世志琥は奈七永、南月に土下座。南月はその世志琥をしっかりと抱きしめると、世志琥は人目をはばからず号泣する。

奈七永は「世志琥、お帰り。正直、負ける気なんてさらさらなかった。でもおまえはやっぱり強いものを持ってる。やられちゃったな……。でも勇気を出して足を一歩前に出してくれて、ありがとう」とマイク。大・世志琥コールに涙が止まらない世志琥だったが、涙をぬぐうと「プロレスって最高ですね! 自分は本当に心の底からプロレスが大好きです。今日勝ったのはまぐれかもしれない。けど、自分にとってこの結果は凄くデカいんです。今日がゼロからのスタートだと思って、自分はこれからのプロレス人生をスタート……」と話している途中で私服姿の中島安里紗が現れる。

中島はマイクを握ると「高橋奈七永、アタシがSEAdLINNNG旗揚げの時、言ったセリフ覚えてるか? 私はアナタと闘いたい。アンタは『いつでもやってやるよ、そのためにこのリング作ったんだよ!』って言いましたよね? それが、いつまでたっても高橋奈七永vs中島安里紗は組まれない! 今日はSEAdLINNNGにカードも入ってない!! どういうことだ!? おかしいだろうがよ! だいたいよ、お前お前お前、なんだよ泣いてんじゃねーよ。ビービービービー。何だよ、お前。高橋奈七永にな、勝ったヤツが、ぴーぴーぴーぴー泣いてんじゃねー! さっさと立ち上がれよ。高橋奈七永に勝ったことがどういうことだかわかってんだろうな? 高橋奈七永も高橋奈七永に勝ったお前も私がまとめて食ってやるからな、覚悟しとけよ」と宣戦布告。

するとそこに山下りなも乱入し、世志琥に向かって「待ってたぞ! 私がっ! デビューする3年以上前からずっと、この瞬間を待ってたぞ! 昔から、リング上で一緒に立つことを叶えられなかった。でも今は違う! このリングは自由な場所だろ!? 自由な闘いがあるんだろ! そうだろ奈七永、そうだろ!?」と詰め寄るが、今度はそのマイクをSareeeが奪い、「おい奈七永! お前、何休んでた相手に負けてんだよ、悔しくないの!? 私ももっともっともっともっと、熱い闘いがしたいんですよ! だから、お前(奈七永)も強くなれ。私も強くなるから。それと世志琥! ずっと、アナタのことを自分は意識してました。絶対対戦した時は意地でも負けないんで! ヨロシク!!」と言ってのけた。

アピール合戦に少しばかり面食らった様子の世志琥だったが、「自分もこういう瞬間、待ってたんですよ。高橋奈七永、SEAdLINNNGは自由なリングだよな。やりますか」と、中島に手を差し出すも、中島は頭突きで返答。そのままリングを去っていった。強烈な返しに世志琥は苦笑。今度は山下に握手を求めるも、山下はヤンキー座りで中指を立ててからリングから降りた。最後に残ったSareeeにも握手を求めると、Sareeeは素直に握手。しかし、しっかりビンタし去って行った。

最後に世志琥は奈七永にも握手を求める。一連の様子を見守っていた奈七永は、その手を取るとそのまま世志琥と抱擁。南月も加わり感動の瞬間となった。新たな闘いのステージに戻ってきた世志琥は「皆さん、今日は本当にありがとうございました」と改めて一礼。「今日からまた新しいSEAdLINNNGの歴史が始まっていきます。皆様、今後もよろしくお願いします」と奈七永、南月とともにハッピーエンディングを迎えた。

ヤシの木