試合結果

過去の試合結果
◆2018年2月9日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 2nd NIGHT!~
◆2018年1月14日 SEAdLINNNG~Now or Never!~
◆2017年12月13日 SEAdLINNNG~SHARE THE MOMENT~
◆2017年11月22日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 1st NIGHT!~
◆2017年10月18日 SEAdLiNNNG~d-HIGHER!~
◆2017年9月18日 SEAdLINNNG~EVOLUSION~東京・新宿FACE
◆2017年8月24日 SEAdLINNNG~SUMMER BLAST~
◆2017年8月11日 SEAdLINNNG~YOKOHAMA FLASH!~
◆2017年7月14日 SEAdLINNNG~This Is Us~
2017年6月14日 SEAdLINNNG〜GO!SEAdLINNNG!!!〜仙台市・宮城野区文化センター
2017年5月24日 SEAdLINNNG~fortissimo~
2017年5月5日 SEAdLINNNG~GOLDEN GO!GO!~
◆2017年3月16日 SEAdLINNNG~LUCKIEST777
◆2017年1月26日 SEAdLINNNG ~ integral-d!
◆2016年12月21日 SEAdLINNNG~mirrors〜
◆2016年10月16日 SEAdLINNNG~SPARKLING-d!〜
◆2016年9月28日 SEAdLINNNG~JUMP UP!!〜
◆2016年7月11日 SEAdLINNNG 高橋奈七永20周年興行~LOCK ON!〜
◆2016年5月18日 SEAdLINNNG~Let’s go NOW!!!〜
◆2016年3月7日 SEAdLINNNG ~ Let’s get d!!!
◆2016年1月11日 SEAdLINNNG~Let’s make MIRACLE YEAR 2016!〜
◆2015年11月25日 SEAdLINNNG~UP TO YOU !〜
◆2015年8月26日 SEAdLINNNG~Let’s get standerd!〜

2016年3月7日 後楽園ホール

SEAdLINNNG ~ Let’s get d!!!(観衆988人)

Unknown fight Hispeed! ハイスピードタッグマッチ 20分1本勝負
○藤本つかさ11分17秒
ビーナスクラッチ
コマンド・ボリショイ
花月●MIZUKI

2016_3_7_m2_20

南月たいようが提案するハイスピードマッチも今回で4回目。SEAdLINNNGの恒例マッチとしてすっかり定着した。今回は、さらに新しいルールとして「ハイスピードルール」を採用。ハイスピードルールとは、投げ技、打撃によって倒れた相手へのフォールは、ロープを1往復してからでなければフォールできないというもの。また丸め込みの場合はロープワークしなくてもフォール可で、関節技によるギブアップも認められる。なお、カウントはいつもように高速カウントとなる。コマンド・ボリショイと花月はハイスピード初挑戦。MIZUKIは2回目となり、藤本つかさは3回目のハイスピード参戦だ。

新ルールに戸惑いながらも、4選手が躍動。カバーにいくたびにロープを往復する選手たちだったが、ロープワークしている間にカウンター攻撃に遭ってしまうため、なかなか勝利に結びつかない。

そんななか南月レフェリーを敵対視する藤本が確信犯的に南月レフェリーを試合に巻き込み、串刺しドロップキック! もう一発を狙うが、これは南月レフェリーがドロップキックで迎撃。そこにMIZUKIが割り込み、南月レフェリーをスクールボーイで丸めると、藤本が高速3カウント! 怒った南月レフェリーが藤本と場外乱闘へ。

リング上はMIZUKIvs花月となり、MIZUKIがダイビング・フットスタンプ。そしてボリショイにつなぐと、ボリショイがグラウンドに持ち込んだが、担ぎ上げて脱出する花月。ならばとボリショイが花月にコブラツイストを仕掛けると、藤本もMIZUKIにコブラツイスト。南月レフェリーが反則カウントを取ると、藤本はその腕をつかんで極めていく。ボリショイも反対側の腕を極めたが、南月レフェリーは前転して脱出。次々と選手にお仕置きしていくも、背後から藤本がドロップキック。

スタミナが消耗されるなか、MIZUKIが高角度回転エビ固めを藤本にしかけるがカウント2。ここでボリショイがキリモミ式のプランチャで花月を場外で捕獲。分断に成功する。その間に藤本がMIZUKIにボディースラム。ロープに走るがそのたびにスクッと起き上がるMIZUKI。カウンターの首固めはカウント2。藤本もカサドーラを狙うが、ジャパニーズレッグロール・クラッチで切り返すMIZUKI。だが、さらにこれを切り返した藤本がビーナスクラッチで勝利。10分以上、走り続けた4選手にファンからは大きな拍手が送られた。

ヤシの木