試合結果

過去の試合結果
◆2018年2月9日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 2nd NIGHT!~
◆2018年1月14日 SEAdLINNNG~Now or Never!~
◆2017年12月13日 SEAdLINNNG~SHARE THE MOMENT~
◆2017年11月22日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 1st NIGHT!~
◆2017年10月18日 SEAdLiNNNG~d-HIGHER!~
◆2017年9月18日 SEAdLINNNG~EVOLUSION~東京・新宿FACE
◆2017年8月24日 SEAdLINNNG~SUMMER BLAST~
◆2017年8月11日 SEAdLINNNG~YOKOHAMA FLASH!~
◆2017年7月14日 SEAdLINNNG~This Is Us~
2017年6月14日 SEAdLINNNG〜GO!SEAdLINNNG!!!〜仙台市・宮城野区文化センター
2017年5月24日 SEAdLINNNG~fortissimo~
2017年5月5日 SEAdLINNNG~GOLDEN GO!GO!~
◆2017年3月16日 SEAdLINNNG~LUCKIEST777
◆2017年1月26日 SEAdLINNNG ~ integral-d!
◆2016年12月21日 SEAdLINNNG~mirrors〜
◆2016年10月16日 SEAdLINNNG~SPARKLING-d!〜
◆2016年9月28日 SEAdLINNNG~JUMP UP!!〜
◆2016年7月11日 SEAdLINNNG 高橋奈七永20周年興行~LOCK ON!〜
◆2016年5月18日 SEAdLINNNG~Let’s go NOW!!!〜
◆2016年3月7日 SEAdLINNNG ~ Let’s get d!!!
◆2016年1月11日 SEAdLINNNG~Let’s make MIRACLE YEAR 2016!〜
◆2015年11月25日 SEAdLINNNG~UP TO YOU !〜
◆2015年8月26日 SEAdLINNNG~Let’s get standerd!〜

2015年11月25日 後楽園ホール

SEAdLINNNG ~ UP TO YOU !(観衆786人)

エンディングその3
バックステージにて

南月
「今日はわざわざ来てくださってありがとうございました。前からZERO1さんの試合を見させていただいて、田中さんの進化の止まらない動きとキレと、もうその凄さに感動してしまって、島根大会のときに控室に行って田中さんに『今日、凄かったです』というのを伝えて、奈七永さんもいままでこうやって女子プロレスをやってきているなかでいままでやったことのないこと、もっともっと進化したいと言ってるんだったら、来年20周年なので田中さんの刺激というか、また奈七永さんに活を入れてもらいたいという部分もあるし、奈七永さんが田中さんと試合をしたらどんなふうになるんだろうって、自分が想像できない久しぶりの期待というかワクワクしたものがありまして、ぜひ!と田中さんに自分がお願いしてあったんですけど、本当にありがとうございます、来てくださって」

田中
「最初、本当に言われたときはビックリしたんですけど、いまみたいに熱く語られて、ZERO1の後楽園ホールの試合とか見に来たりとかしてたのは知ってたので、適当なこと言ってるんじゃないなっていう、そういう気持ちもわかった。20周年イヤーということもあるし、お祝いしてもしょうがないと思うので、ある人に聞いたんですけども、高橋奈七永が目標のなかで『田中将斗とシングルやる』ってなんかに書いてたよっていうのを聞いたこともあるので、それならやってみようかなと、受けてみようかなというのをたいようちゃんに伝えたんですけど。ふだんと変わらない田中将斗でやるので一度、宝城さんにスライディングDを教えたときに、奈七永さんにクッションみたいなものを持って、奈七永さんを相手に宝城さんに見せたんですけど、そのときの衝撃を凄く覚えていると思うんで、それがクッションがないところで食らったら……どうなるんだろうなっていう恐怖をいま感じているかもしれないですけども、勝負の世界なので。僕は最後の一撃にすべてをかけるのでその前にもガンガン男子とやるのと同じように試合をしたい。ただ僕の選ばれたというのは、そういうのを見せて欲しいってことでしょ?」

南月
「はい」

田中
「手を抜くとかじゃなくて、ふだん通りの田中将斗でいってくれということだと僕は思っているので、男子とやるのと変わらない、そういう試合を僕はやります。必要であればハードコアな部分も使うかもしれないし、それはわからない。臨機応変に試合を組み立てるので、そのときの状況によってそういうものをやるかもしれない」

南月
「奈七永さんが(スライディングDを)ミットで受けたときの衝撃を、死ぬかと思ったと言ってたんですよね。でも、夢としてやりたいというのがあるけど、じゃあやったらいいじゃないですか、と。『でも……』っていうところがあったので、今日、もう自分が勝手にお願いしますってことで、田中さんもリングで言っていただいたように、闘いになったら男も女も関係ないって。その言葉って凄く大きいなと思いますし、自分もやっぱりそういうのを関係なく、身を削って身体張ってリングに上がっている選手っていうのは、変わらないと思うんですよね。だからこそ田中選手にお願いしたいと思いましたし、闘いの神髄というものをこの試合で絶対に見せていただけると思っているので楽しみにしています。よろしくお願いします」

田中
「期待に応えられるよう頑張ります。

(相手を壊す心配はない?)それは男子と女子なのでありますけど、壊すほうにも責任はありますけど、壊れるほうにもリングに上がる以上、壊れない身体をつくるのが前提であるので、やっぱり受け身とかそういう部分というのは初期の段階なので。攻めることよりも受けること。プロレスは受け身からはじまるので、そういう部分で20年経つらしいですけど、20年目でそういう面で未熟さがでるかもしれないし、僕にとっては関係ないです。別に壊してやろうという気持ちも僕はないですけど、ふだん男子とやっていると病院送りにしたとかそういうのはないので、同じレスラーとしてリングに上がる以上、壊れない身体を作っているっていうのがあるので手を抜くつもりはないです。

(何分で蹴りをつける?)時間は僕は関係ない。立ち上がる気持ちがあるならガンガン行く気持ちもあるし、立ち上がれないんであれば、それはそこで終わらせるかもしれないし。やっぱり高橋奈七永は女子プロレス界のトップであると思っているので、女子プロレスのトップの力というのはどういうものかというのを僕も確かめたい気持ちも強いので。楽しみなのは凄く楽しみです。

(タッグとかでも奈七永とはない?)もしかしたらミックストマッチでやってるかもしれないですね。あんまり記憶がないですけど、ミクストマッチなんであんまりそんなに記憶に残った試合ではないんですけど、今回はシングルなんで1対1の勝負なんでお互い、高橋奈七永からしたら逃げ場もないしってことですね」

ヤシの木