試合結果

過去の試合結果
◆2018年2月9日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 2nd NIGHT!~
◆2018年1月14日 SEAdLINNNG~Now or Never!~
◆2017年12月13日 SEAdLINNNG~SHARE THE MOMENT~
◆2017年11月22日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 1st NIGHT!~
◆2017年10月18日 SEAdLiNNNG~d-HIGHER!~
◆2017年9月18日 SEAdLINNNG~EVOLUSION~東京・新宿FACE
◆2017年8月24日 SEAdLINNNG~SUMMER BLAST~
◆2017年8月11日 SEAdLINNNG~YOKOHAMA FLASH!~
◆2017年7月14日 SEAdLINNNG~This Is Us~
2017年6月14日 SEAdLINNNG〜GO!SEAdLINNNG!!!〜仙台市・宮城野区文化センター
2017年5月24日 SEAdLINNNG~fortissimo~
2017年5月5日 SEAdLINNNG~GOLDEN GO!GO!~
◆2017年3月16日 SEAdLINNNG~LUCKIEST777
◆2017年1月26日 SEAdLINNNG ~ integral-d!
◆2016年12月21日 SEAdLINNNG~mirrors〜
◆2016年10月16日 SEAdLINNNG~SPARKLING-d!〜
◆2016年9月28日 SEAdLINNNG~JUMP UP!!〜
◆2016年7月11日 SEAdLINNNG 高橋奈七永20周年興行~LOCK ON!〜
◆2016年5月18日 SEAdLINNNG~Let’s go NOW!!!〜
◆2016年3月7日 SEAdLINNNG ~ Let’s get d!!!
◆2016年1月11日 SEAdLINNNG~Let’s make MIRACLE YEAR 2016!〜
◆2015年11月25日 SEAdLINNNG~UP TO YOU !〜
◆2015年8月26日 SEAdLINNNG~Let’s get standerd!〜

2015年11月25日 後楽園ホール

SEAdLINNNG ~ UP TO YOU !(観衆786人)

エンディングその1
1月11日、SEAdLINNNG後楽園大会の対戦相手はなんと・・・!!!

試合後、アジャと京子は抱擁。奈七永&文子は大の字になったままだ。

マイクを握ったアジャは「(京子に向かって)大丈夫か? あまり助けに行かなかったけど、大丈夫か? Wコングを楽しみにしたみなさん! 残念でした。でも誰より私が 一番残念です。ただWコングはお見せできませんでしたが、井上京子という最高・最強のパートナーを手に入れたことで“スーパーマニアックス”をお見せできました。正直、 Wコングがなくなったときに上がる意味はないな、と思ったんですわ。残念ながらシードなんちゃら、高橋奈七永に興味がなかったので。でも井上京子とやれる場を作ってく れたことだけは感謝してるわ。京子、お互いだいぶ体重パワーアップしたけど、でも、なかなかコンビできたと思うのでまた何かあったらよろしく」と京子と握手。
そして、奈七永にも……「『Wコングとやるのが10年ぶりで10年前とは違う』とかほざいていたけど、お前も進化してるかもしれないけど、速度遅くても俺も進化してる。残念 ながら負けはしないんだよ。ただ! 一発いいのくれたよな。これだけはキッチリ覚えておく。まぁまたいつか会うかもな」と、言い残し京子とともに退場した。

立ち上がれない奈七永だったがマイクを握ると「京子選手、井上京子選手、京子さーん! 帰った……。今日は出てきてくれてありがとうございました。これだけやられにやら れたら試合でやり返すしかないと思うので、ここまでやられたことは絶対忘れません。文子、ありがとう」と、文子と握手をかわす。

続いて南月が「奈七永さん、起きてください。ボロボロでも何でも! みんな高橋奈七永の信念、その一歩、熱い女子プロレスに期待してくれてると思いますよ。少なくとも 自分は奈七永さんのこと信じてますから。いつも『進化したい、進化したい』って言ってますよね。来年20周年もっともっと進化していってもらうために1月11日、 SEAdLINNNG後楽園大会、この選手との対戦お願いします」と叫ぶと、そこに現れたのはZERO1の田中将斗だった。

田中は「女子プロレスファンのみなさん、ZERO1の田中将斗です。南月たいようさんから指名を受けまして、高橋奈七永とのシングル受けました。奈七永さん、シングルやるっ てことは男とか女とかそんなん関係ないから。アンタの顔面に俺のヒジ、思い切りぶつけるからその覚悟で来てくれ。コミックみたいな試合は俺はいっさいやらん。ボロボロ になるまで叩きつぶすから覚悟してくれ」と手を差し出すと、奈七永も「お願いします!」と握り返した。

田中が退場したあと改めて南月が「1月11日、後楽園大会、高橋奈七永vs田中将斗、決定です。奈七永やれんのか!」とマイク。
奈七永は「やるしかないんだよ…、やるしかないけどさ、急すぎるだろ」と困惑するも、文子には「8月といまと2回連続でタッグ組んで、文子がいたから今日、負けてしまっ たけど最後まで諦めないで闘うことができた。だから次も。次、私はシングルだけど文子、1月11日、どこかの試合を文子に任せるから、お願いします!」とオファーする と、文子も快諾した。

改めて奈七永はファンに向けて「みなさん今日はありがとうございました。ボロボロだけど×2、みんながここに集まってくれたこと、今日、ここで時間を共有できたことはミ ラクルだと思うし、私の思いがどれだけ届いたかわからないけど、これからも闘い続けます。今日はありがとうございました」と感謝を述べると、最後は「Let’s get “d”! スライディングD!」の大合唱で大会を締めくくった。

ヤシの木