試合結果

過去の試合結果
◆2018年2月9日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 2nd NIGHT!~
◆2018年1月14日 SEAdLINNNG~Now or Never!~
◆2017年12月13日 SEAdLINNNG~SHARE THE MOMENT~
◆2017年11月22日 SEAdLINNNG~SHINKIBA 1st NIGHT!~
◆2017年10月18日 SEAdLiNNNG~d-HIGHER!~
◆2017年9月18日 SEAdLINNNG~EVOLUSION~東京・新宿FACE
◆2017年8月24日 SEAdLINNNG~SUMMER BLAST~
◆2017年8月11日 SEAdLINNNG~YOKOHAMA FLASH!~
◆2017年7月14日 SEAdLINNNG~This Is Us~
2017年6月14日 SEAdLINNNG〜GO!SEAdLINNNG!!!〜仙台市・宮城野区文化センター
2017年5月24日 SEAdLINNNG~fortissimo~
2017年5月5日 SEAdLINNNG~GOLDEN GO!GO!~
◆2017年3月16日 SEAdLINNNG~LUCKIEST777
◆2017年1月26日 SEAdLINNNG ~ integral-d!
◆2016年12月21日 SEAdLINNNG~mirrors〜
◆2016年10月16日 SEAdLINNNG~SPARKLING-d!〜
◆2016年9月28日 SEAdLINNNG~JUMP UP!!〜
◆2016年7月11日 SEAdLINNNG 高橋奈七永20周年興行~LOCK ON!〜
◆2016年5月18日 SEAdLINNNG~Let’s go NOW!!!〜
◆2016年3月7日 SEAdLINNNG ~ Let’s get d!!!
◆2016年1月11日 SEAdLINNNG~Let’s make MIRACLE YEAR 2016!〜
◆2015年11月25日 SEAdLINNNG~UP TO YOU !〜
◆2015年8月26日 SEAdLINNNG~Let’s get standerd!〜

2015年11月25日 後楽園ホール

SEAdLINNNG ~ UP TO YOU !(観衆786人)

第3試合 〜HI SPEED ILLUSION〜 6人タッグマッチ 20分1本勝負
米山香織 (フリー)12分18秒 たいようちゃん☆ボムDASH・チサコ (仙女)
○藤本つかさ
(アイスリボン)
仙台幸子 (仙女)
SAKI (LLPW-X)●Sareee (ディアナ)

南月たいようが提唱してきたハイスピードプロレス。
今回は米山香織、藤本つかさ、Sareeeに加え、スターダム時代に南月たいようとしのぎを削った十文字姉妹(DASH・チサコ&仙台幸子)が参入。
幸子が来年1月に寿引退を発表していることもあり、十文字姉妹としては今回が最後のSEAdLINNNG参戦になる可能性が高い。
そして、LLPW-Xからは前回のブリバト♡MIZUKIにかわりSAKIがラインアップされた。

先発は藤本vsSareee。
高速ロープワークからSareeeがアームドラッグを放てば、藤本もやり返す。
幸子の高速ロープワークをSAKIがリープフロッグでかわすと、アームドラッグのラリーへ。

息つく暇もなく戦況が入れ替わり米山vsチサコ。
フットスタンプ、丸め込みの応酬となり、南月レフェリーによる高速カウントが入る。
そして十文字姉妹の高速連係から今度は幸子がサーフボードストレッチ。

試合のテンポもスピードアップしていくなか、藤本の延髄斬りがレフェリーの南月に誤爆。
ダメージのためか南月レフェリーのカウントがスローテンポになってしまう。
猛抗議する藤本だったが、その隙に十文字姉妹が高速連係でお返し。
十文字姉妹の攻撃に紛れた南月レフェリーが藤本に仕返しすると、3人で一緒に「十文字姉妹、最高!」とポーズを決める。

続いてSAKIvsSareeeへ。
SAKIはジャイアントスイングからの逆片エビ固め。
ブレイクされるとブルズ・アンヘリートで絞りまくるが、Sareeeも耐えきりエルボーのラリー。
ならばとSAKIは3人ドロップキックをSareeeに見舞ったが……十文字姉妹のアシストを受けたSareeeが低空ドロップキックで挽回。
藤本がプランチャスイシーダで追撃を試みたが、これは同士討ち。
しかし、そのあとSareeeがプランチャスイシーダを成功させる。

ここからはチサコが藤本を、SareeeがSAKIを、米山が幸子を連れて場外へ。
すると南月レフェリーが高速カウント。
場外カウントも高速だった!? 猛ダッシュでリングに戻った選手たちはヘロヘロ状態。
すると今度は高速ダウンカウントを数える南月レフェリー。
急いでファイティングポーズを取った6選手だったが、次の瞬間、南月レフェリーに詰め寄る。
だが、南月レフェリーも高速で逃げまくってみせた。

試合を軌道修正したのは十文字姉妹の連係。
再び高速マッチが再開される。
リング上を支配した藤本はSareeeを標的に。
SAKIがダイビング・ボディープレスを放ったがカウント2。
逆襲に出た十文字姉妹は幸子がスイングDDT→チサコがミサイル弾→幸子がジャーマン→チサコがダイビング・フットスタンプ→Sareeeがダイビング・ボディープレスと波状攻撃。

キックアウトされるとSareeeが藤本にジャーマンSH。
藤本が返すと丸め込みの応酬へ。
エルボーの打ち合いのあと、助っ人の幸子がトラースキックで割って入るがSareeeに誤爆。
すかさず藤本がドロップキックを放ったがカウント2。
ならばと藤本が南月レフェリーが現役時代に使っていた “たいようちゃん☆ボム”でSareeeから3カウントを奪ってみせた。

ヤシの木