contact

カテゴリー

2016年04月28日

5月18日後楽園ホール大会全カード決定!

image「SEAdLINNNG〜Let’s go NOW!!!」
後楽園ホール大会においての2016年5月18日(水) 18時開場 19時スター
ト全対戦カード決定!

<メインイベント タッグマッチ30分1本勝負>
高橋奈七永&世志琥  vs  中島安里紗(JWP)&山下りな(OSAKA女子)
※世志琥は中島、山下両選手と初対戦 

<南月たいようプロデュースハイスピードマッチ>
井上貴子(LLPW-X)&朱里 vs  藤本つかさ(アイスリボン)&MIZUKI(LLPW-X)
※井上貴子選手はハイスピードマッチ初挑戦

〈タッグマッチ〉
Sareee(ディアナ)&田中盟子(ディアナ) vs 彩羽匠(Marvelous)&長与千種推薦選手(後日発表)

<タッグマッチ>
堀田祐美子(ディアナ)&<仙女選抜選手>  vs  宮崎有妃&<仙女選抜選手>

<南月たいようプロデュースハイスピードマッチ>
井上貴子(LLPW-X)&朱里 vs  藤本つかさ(アイスリボン)&MIZUKI(LLPW-X)
※井上貴子選手はハイスピードマッチ初挑戦

<シングルマッチ>
水波綾(WAVE)  vs  SAKI(LLPW-X)

ナナエコメント「先日4月8日のセンダイガールズ参戦時に〝次はSEAdLINNNGのリングに正々堂々上がってきてもらえますか?〟と里村選手に言いました。私と世志琥は既に対戦カードが決まっていましたので今回このカードを組ませていただきました。里村選手の返答をお待ちしております。」

※試合順は発表をお待ち下さい☺︎

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年04月26日

ディアナ5周年大会参戦!カード発表!

image
imageimageimageimageimage

2016年5月5日(木・祝)東京・後楽園ホール

開場 11:30  開始 1200

☆第一試合
オープニングマッチ”闘(たたかい)”
シングルマッチ 30分一本勝負
田中 盟子 VS 花月

☆第二試合
「姉貴 対 美女」
シングルマッチ 20分一本勝負
下田 美馬 VS 希月 あおい

☆第三試合
5周年記念 5WAYマッチ 20分一本勝負
藪下 めぐみ VS ラビット美兎(JWP) VS 長浜浩江(WAVE)
VS アイガー(LLPW-X) VS チェリー(ユニオン)

☆セミファイナル
「CRYSIS VS B・R・M」
“完全決着!? エニウェア・ストリートマッチ” 30分一本勝負
青野敬子 永島千佳世 マスク・ド・サン[B・R・M] VS ジャガー横田 堀田祐美子 TARU[CRYSIS]
※ルール
・リング上、場外での3カウントまたはギブアップで決着
・反則、場外カウントなし
・凶器持ち込み自由

☆ダブルメインイベント
ディアナ5周年記念試合 “強豪”
「井上京子復帰戦」
スペシャル6人タッグマッチ
井上 京子、伊藤 薫、ビッグバン・ニコル VS 豊田 真奈美、浜田 文子(WAVE)、高橋 奈七永(SEAdLINNNG)

☆ダブルメインイベント
「DIANA VS SEAdLINNNG」
“Sareeeデビュー5周年記念試合”
スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
Sareee VS 世志琥(SEAdLINNNG)

以上、全六試合

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年04月22日

ネパール遠征の動画アップ!

youtubeのSEAdLINNNGチャンネルにてネパール遠征の動画第一弾をアップしました。是非ご視聴下さい☺︎

image

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年04月21日

アイスリボン横浜文化体育館大会へ参戦決定!

本日アイスリボン横浜文化体育館大会の記者会見が行われ、高橋奈七永の参戦が発表されました!

アイスリボン横浜文化体育館大会
~10年目の到達点~
2016年5月4日(水・祝)
15時試合開始/14時15分開場

藤本つかさ&中島安里紗 vs 高橋奈七永&X

image

<span

image

image

image

class=”sign”>◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年03月25日

3月24日(木) SEAdLINNNG記者会見

3月24日(木)神奈川・川崎にある「SPORTS BAR SUNDRILLON」にてSEAdLINNNGが記者会見を行い、
高橋奈七永20周年興行として7・11後楽園大会の開催、および5・18後楽園のメインイベントとして高橋奈七永&世志琥vs中島安里紗&山下りなを発表した。 

 

12874418_1771109123150633_1136058775_o

会見には奈七永社長、南月たいよう専務、世志琥が出席。
まずは奈七永社長が「3月7日に無事に世志琥が復帰戦を終えることができました。皆様のおかげです。ありがとうございました」と挨拶。
そして、今後のスケジュールとして「私が今年20周年を迎えるのですが、その興行が決定いたしました。7月11日(月)午後7時スタートで『SEAdLINNNG高橋奈七永20周年興行~ROCK ON!~』という興行が決定いたしました。セブンイレブンいい気分の日にやりたいと思っています。セブンイレブンで日にちを覚えてください。いい気分で20周年を迎えて、またこれからにつながる大会にしたいなと思い、いろんなものに照準を合わせていこうと思うので、ロックオンしていきます」と、自身の記念興行をアナウンスした。

 

また、その他の下半期の決定スケジュールとして9月28日(水)東京・後楽園ホール、12月21日(水)東京・後楽園ホールも発表(いずれも午後7時試合開始)。さらには4月16日、ネパールの首都カトマンズで行われる震災後1年、復興チャリティー試合にSEAdLINNNGで協力することもあわせて公表した。

 

ネパールでのチャリティー試合に関して奈七永社長は「SEAdLINNNGでは名前にSEAと付けた通り、海を越えた活動をしていきたいという理念がありましてスリランカやミャンマーなどで可能な限り参戦させていただいてきたんですけども、大きな地震があったあとの復興ということで、プロレスでパワーを何かしらのエネルギーを与えるといったらおこがましんですけども、協力させていただきたいなと思い参加させていただくことになりました」とコメント。

 

南月専務も「世界1周旅行中にネパールに行ったときに本当にいろんな人にお世話になって、本当にいろんな人に助けてもらって他にもいろいろと感銘を受けた国なので自分に力になれることがあれば全力で何かしらやらせていただきたいなと思っています」と、意欲を燃やした。また、復帰後初の海外マッチとなる世志琥は「ネパールに行くと自分の世界観が変わるっていう話をよく聞くので、自分はネパールにいくのが凄く楽しみですし、先日ミャンマーに行かせていただいたときも日本ではなく他の国でも試合とかしてみたいなと凄くそのとき思ったのでネパールで試合ができることは凄く楽しみです。少しでも自分たちにできることがあればなんでもやりたいなと思っています」と語った。

 

続いて5・18後楽園のメインカードについての会見へ。奈七永社長が「高橋奈七永&世志琥vs中島安里紗&山下りなのカードが決定しました。こちらは3月7日SEAdLINNNGの後楽園大会の試合後にリング上に上がってきた選手のなかで2人を選んだというか、導かれたと思うんですけど、このカードしかないんじゃないかと思い決定させていただきました。この4人が集まれば熱い試合であるのは間違いないと思うんですけども、その先に行かなければいけないと思うし、いろんな意味があって組んだカード」と、経緯などを説明。そして中島、山下を呼び入れた。

 

意気込みを問われた山下は、「このカードをずっと待っていました。去年の12月にWAVE後楽園大会で高橋奈七永とシングルマッチをして、そのシングルが忘れられない試合くらい楽しかったんですけど、また試合したいと思っていましたし、何回でも試合したい相手だと思っています」とし、あこがれの世志琥との対戦に関しては「私がプロレスラーになる前、『女子プロレスはカッコいいんだな』って思ったきっかけがこの世志琥選手でして、本当にうまく言葉はでないですが、やっとこの時がきたな、という感じです。喜んでいるだけじゃなく、じゃあその先はどうなるのか、とそれを皆様に伝えられればと思います」と語った。

 

その山下と2度目のタッグを組む中島は「ずっと高橋奈七永と闘いたいと言い続けてきてSEAdLINNNGの旗揚げで言ったのはもちろん、その前からずっと言っていたことだったので、ただなかなかカードも組まれず、次々、他の人たちが高橋奈七永と闘っていくのを横目に『何かが足りないのかな』って思いながら、でもSEAdLINNNGの日程も全部あけていたのにも関わらず前回はカードにも入っていなかった。会場に行って、自らアピールすることで今回このカードに繋がったんですけど、自分にとって高橋奈七永という選手はやはり他の選手とは違う、特別な選手でもあるんですけどもそこに自分が近づいているというか、もし今だったら互角にやりあえるんじゃないかなと思っているので、今回カードが組まれて楽しみだな、と思っています」としながらも、しっかり世志琥に「お前な、高橋奈七永に1回勝ったくらいで調子に乗ってんじゃねーぞ」と釘を刺し、奈七永にも「お前も負けてんじゃねーぞ。18日はきっちり強い高橋奈七永を私が越えた上でこのリングが自由だっていうのならSEAdLINNNGというリングの一番上に私が立ちたいと思います」と宣戦布告してみせた。

 

続いて世志琥。まずは「3月7日、SEAdLINNNG後楽園大会での復帰戦ありがとうございました。無事に復帰戦を終えることができて自分はまたプロレスラーに戻ることができて嬉しく思っています」と感謝の気持ちを述べたあと、「山下は自分もやりたかった相手。まさか自分の復帰戦のあとこうやってすぐ名乗りをあげてくれるとは思っていなかった。すぐにカードが組まれたことが凄く自分は嬉しいです。中島安里紗についてはですね、調子に乗るも何も自分が勝ったのでね。別によくないですか?っていう感じです。自分の感動的な復帰戦のあとにリングの上にドタドタ上がってきやがって、自分は本当に恨んでいます。この試合で自分は中島安里紗に頭突き以上のものを返したいと思っています。で、今回タッグを組む高橋奈七永なんですけども、前回、自分が勝ったのはまぐれじゃないというのもこの試合で証明していきたいと思っているので、そこんところよろしく」と、世志琥らしいコメントを出した。

 

これらの発言を受け、奈七永社長は「SEAdLINNNGでは熱い闘いをしていくってことが自分のなかでつねにテーマとしてあるんですけども、SEAdLINNNGのメインイベントのなかで一番若いカードとなりました。それにはいろんな意味も込められているんですけども、山下選手、年末にシングルで初対戦して、私も凄く気持ちのいい闘いができる選手がここにいたんだっていう、発見したっていう喜びもあったし、もっともっと試合したい……そういうふうに思いました。SEAdLINNNGの中で対戦するというのはハードルが高い気持ちがあったんですけど、前回3月7日も山下選手はセミで水波選手を破って、そしてリングに上がってきた。中島選手も突然、乱入してきて、ビックリはしたんですけど、ああやって頭突きという形で食らわしてきてインパクト残しました。2人とも高橋奈七永、高橋奈七永と言っていますけど、私はアナタたちを照らすつもりはないですし、世志琥! こないだ勝ったのはまぐれだっていうことを私はこのしあいで必ず証明しなきゃいけないと思っています。さっきも言ったんですけど、熱いよりその先の景色ですよ。その景色が私は見たいし誰がそれを見せることができるのか。本当に純粋に闘いで見せていきたいと思います」と代表としての思い、選手としての思いを熱く語った。

 

なお世志琥は中島、山下と初対戦。同大会には藤本つかさ、堀田祐美子、井上貴子、宮崎有妃、朱里、Sareee、田中盟子の参戦が決定している。

 

 

〜以下、質疑応答〜12899564_1771109119817300_183921954_o

——奈七永、世志琥がタッグを組むのはそんなに機会がなかったと思うんですけども。タッグに対する不安は?

奈七永「覚えている限りで4回目だと思うんですよ。付き合いは4〜5年目になってくるんですけども、そのなかでも組むのが本当に数少なくてそこも貴重な部分でもあるんですけども、うーん……。息が合うかどうかは正直いまの時点ではわからない」

世志琥「合わないでしょうね」

奈七永「なんでだよ」

世志琥「合わせるつもりもあまりないですし、個々の強さでいけばいけますよ」

奈七永「いや、タッグだから」

世志琥「でもでもでも合わないですよ、たぶん」

奈七永「合わないとかじゃないよ」

世志琥「合わせてくれるんですか?」

奈七永「私はタッグの名手と言われた選手なので」

世志琥「じゃあ安心ですね。お願いします」

奈七永「はい、力を合わせつつ、でもいいところは渡さないぞと本当に今回は思っていますんで、そのへんは勝負しながらっていう形になるとは思いますけども、頑張ります」

 


——山下の思いを聞いてどう思った?

世志琥「リング上に上がってきた山下の顔を見たときに、自分も凄い……なんか感動とかよりも凄く嬉しくて、SEAdLINNNGって凄いなって思いましたし、あっこれからこうやって山下以外の人ともできるリングがここにあるんだなと思いましたし、山下とはずっとやりたかったので全部含めてSEAdLINNNGでよかったなと思います」

 

——前から山下の存在は知っていた?

世志琥「知っていましたね。デビューするときに自分の名前を出してくれたのも知っていましたし、なかなか当たる機会がなかったなかで自分も1回やめてしまって、でもSEAdLINNNGで復活してすぐにこういうカードが組めたことは嬉しいです」

 

12887469_1771109129817299_853126865_o

——中島選手と山下選手のタッグとかは?

中島「SEAdLINNNGで以前、一度組ませていただいています」

 

——今回また連係はどう?

中島「前回もとくに連係してないですし」

山下「そうですね。個々個々ですね」

中島「でも私、タッグ3冠持っているのでタッグの名手って言ってましたけど、私の方がたぶんタッグに関しては慣れていると思うので」

山下「じゃあ安心です」

奈七永「最近タッグというものをパートナーっていうものにうまく巡り会えてないけれども、タッグパートナーが欲しいなというのはずっと思っていてそのイメージはしてるんで」

中島「思っているだけでは、できないですから」

奈七永「まあまあまあまあ。それは試合で見せるしかないですけど、一つ言うならば、『いまなら対等にできる』とかどの口が言ってんだよって思いますよ。SEAdLINNNGの一番上っていうのは渡せないというか、ちょっと黙れよ」

中島「試合を見ていただければわかるだろうと思います」

 

−−中島選手としてはこれを足がかりにしたい?

中島「それはもちろんですね。高橋奈七永とシングルをするっていうのが一番にあるので、今回タッグですけどシングルに向けてっていう感じですね」

 

——山下選手としては?12887388_1771109133150632_874362765_o

山下「そうですね。高橋奈七永とまたシングル」

奈七永「奈七永じゃねーよ」

山下「奈七永とシングルとだし、世志琥選手とシングルしたいですね。WAVEの4月10日からはじまるCatch the WAVEの公式戦ではGAMI社長から世志琥選手を同じブロックにはしないと公表されたので、勝ち上がってぶつかるしかないと言われています。そこにも懸けていますし、SEAdLINNNGというリングで一騎打ちをするチャンスを狙っています」

 

——最後に仙女さんで里村代表が4月8日の後楽園大会に、高橋奈七永&世志琥選手の参戦を呼びかけたんですけどもそれに関しては?

奈七永「はい。なんて言ってました?」

——世志琥さんに対して正々堂々と復帰したなら正々堂々と仙女のリングに上がってほしいということでした。

奈七永「そうですね……。彼女のなかでどんな心境の変化があったかわからないんですけど、ずいぶん言うことも変わるのかなっていうのは思ったんですけど、言われるまでもなく私達は逃げも隠れもしてないですし、どこでも正々堂々とっていうのなら、真正面からそのリングに上がりたいと思います。なのでカードを用意してもらえばいいと思います。言葉ではなくてうまくしゃべるのも苦手ですし、言葉じゃなくてリングで示していけたらと思っていますので、そういう気持ちでいます」

世志琥「高橋奈七永がやるというのならば自分はやるだけです」

 

12899627_1771109116483967_1032369960_o

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木