contact

2021年10月04日

9.22新宿FACE・第2試合

第2試合
タッグマッチ20分1本勝負
笹村あやめ&○海樹リコ(9分11秒、丸め込む→エビ固め)堀田祐美子&川畑梨瑚×
 
開始前からリコと川畑が張り手、エルボー合戦。ここでゴング。リコがエルボー連打で追い込むが、川畑もフットスタンプで対抗。アームホイップから低空ドロップキック。堀田が登場。リコはドロップキック連発も堀田は同じない。串刺しをかわした堀田はストンピング。リコがエルボーを連発も堀田がローキックからサッカーボールキック。キャメルクラッチにとらえ、川畑がキック。笹村がコーナーから堀田を捕まえ、リコがドロップキックを連発。笹村も打撃で攻め込み、低空ドロップキックで切り崩し、更にもう一発。そしてミサイルキック。リコが立て続けに低空ドロップキック。合体サンセットフリップから笹村がダイビングフットスタンプ。STO狙いは耐える堀田だが、リコのドロップキックから決める事に成功。もう一発狙うが、堀田は胴締めスリーパー。
2K0A17982K0A18222K0A18412K0A1857

2K0A1864 
カットに入ったリコに堀田が張り手。川畑のミドルから堀田も加わりローキックを笹村に連発。川畑は低空ドロップキック。川畑がロープに走るとリコがカット。だが笹村に619からドロップキック。笹村はボディースラム。顔面もマットに叩きつけ、打撃を連発。川畑は追走してドロップキック。笹村はラリアットを避けてブレーンバスター。リコはドロップキックを連発。馬乗りでも打撃。ロープに振ってドロップキック。川畑はカウンターでハイキックからエルボー、回し蹴り、ドロップキック。串刺しミドルからもう一発狙うが、リコが避け、笹村が背後からドロップキック。リコはダイビングボディーアタック。リコが再びコーナーに上がるが、堀田がカットし、雪崩式ブレーンバスター。川畑はムーンサルトプレス。笹村がカットしてカウント2。立てないリコに代わり、笹村がドロップキック。リコが復活も川畑が延髄斬りからノーザンライトスープレックス。カットに入った笹村と打撃合戦となり、堀田と川畑の誤爆を誘い、リコが川畑を丸め込んで3カウント。
2K0A18912K0A19212K0A19522K0A1974

2K0A1976

2K0A1983

2K0A1998

2K0A2010

2K0A2013

2K0A2032

2021年10月04日

9.22新宿FACE・第1試合

第1試合
ハイスピード3WAYマッチ20分1本勝負
○青木いつ希(5分43秒、塵輪)AKARI×
※もう1人はテクラ
 
急遽欠場の南月レフェリーに代わり、バーブレフェリーが試合を裁くハイスピード。AKARIとテクラが共闘して青木にダブル攻撃。テクラのフォール、AKARIのジャックナイフによる高速カウントを凌ぐも、更に丸め込み地獄。テクラ&AKARIはダブル低空ドロップキック。青木が場外エスケープしている間にAKARIとテクラの攻防に。テクラがコルバタ。AKARIは串刺しを迎撃し、お互いにコーナーへ振ろうとするが何度も拒む。片言の日本語でド突き合い。そこに青木が割って入り、「日本人ナメんな」とまとめてラリアット。テクラには串刺しエルボーからフェースクラッシャー。1往復からボディープレスでそのままフォール。テクラはキックを連発。青木はSTOを決め「南月見てるか」とアピールし、「ショーンキャプチャー」。だが、AKARIがミサイルから1往復フォール。更に丸め込みを連発。青木はカウンターのラリアットから1往復フォールを狙うが、テクラがトラースキックから回転足折り固め。青木はテクラを場外に出し、AKARIにスピアを決めて3カウント。
2K0A16442K0A16472K0A16812K0A17342K0A17382K0A17422K0A1756

ヤシの木