contact

2021年08月09日

2021.3.17後楽園ホール 第1試合

第1試合
GET A DREAM TOURNAMENT☆1回戦(10分1本勝負)
△松本浩代&青木いつ希(時間切れ引き分け)小林香萌&笹村あやめ△
※両チーム失格
 
青木が大声で「宜しくお願いします」と握手を要求。笹村は「うるせー」と攻撃して試合スタート。エルボー合戦から小林組がダブルドロップキック。次の攻撃を青木が避け、松本がまとめてラリアット。青木の「よろしくお願いします」を拒否した松本。串刺しを狙うが小林組が逆に串刺しを決め、青木にダブルブレーンバスター。笹村はコーナーに押し込んで顔面を踏みつけ、リング中央でフェースバスター。小林はセントーン。笹村と青木がエルボー合戦。松本もコーナーから檄を飛ばすが、青木劣勢。小林がドロップキック、笹村も後ろから襲いかかり、ドロップキックも決める。青木の攻撃を松本に同士討ちさせ、小林は松本にトペ。笹村は青木にミサイル。小林もミサイル。笹村はSTO。
32845938.4d7095b1c11a4c2ba9de7e56ad06e50a.21031723 
32845938.39eca9c6b6e741a9b7d885d0261786b3.21031723

32845938.3780067ed5d4498a992288f1b2210702.21031723

32845938.aae33373dcc340fca569ab7bfd23f80d.21031723 
5分経過。笹村がスープレックス。コーナーからの攻撃を狙う笹村を松本がカット。青木が雪崩式狙い。松本も加勢し、パワーボムで雪崩式ブレーンバスターが完成。青木がSTOでが逆転。更にまとめてラリアット。残り3分で松本とタッチ。2人に連続タックルから小林に起き上がりこぼしラリアット。小林にブレーンバスター。バックドロップをかわした小林がウラカン狙いもキャッチした松本が逆エビ。笹村のカットもかわすが、小林は自力エスケープ。残り1分。松本がコーナーからダブルニー。小林がローリングからの丸め込みはカウント2。更に丸め込むが青木がカット。松本がカウンターのラリアット。残り10分でライガーボムを決めるが、カウント2。フルタイムドロー。両チーム失格となり、自動的に第3試合で行われる予定だった2回戦が消滅。川畑&穂ノ利は自動的に決勝戦進出となった。

2021年08月09日

2021.3.17後楽園 入場式

SEAdLINNNG~Grow together!~
2021年3月17日、東京・後楽園ホール
観衆325人
 
GET A DREAM TOURNAMENTの入場式。チームを代表して小林&笹村が挨拶。世志琥組としてエントリーしているだけに、世志琥と共に優勝する事を誓う。

32845938.8c36cd7db0be4b02a5885da85fa90bc9.21031723

2021年08月11日

2.10新木場・メインイベント

メインイベント スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
○高橋奈七永&中島安里紗(22分13秒、ナナカッター→体固め)渡辺桃&飯田沙耶×
cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_124 

チームシトラスの風が優雅に入場。リングに上がり、ポーズを取ろうとすると桃組が奇襲。奈七永も反撃し、エルボー合戦。桃はサッカーボールキック。ミドルを耐えた奈七永もサッカーボールキック。桃はもう一発。更にミドルも連発し、ヘアホイップ。すぐに起き上がった奈七永はエルボーを連発し、ヘアホイップ。コーナーに追い込むと中島と顔面踏みつけ。奈七永はコーナーで「入場潰しやがったな」とエルボーを連発。桃も左右のエルボーからエルボー連打。奈七永はカウンターでキャッチするとサイドバスター。中島はケンカキックからヘアホイップを連発。ロープに振られた中島だが、カサドーラフットスタンプ。桃はミドルで逆転。飯田はエルボー連打。中島は表情を変えず、ボディースラムもいかせず、ドロップキックもかわす。中島は強烈なエルボーで倒す。奈七永はボディースラムからエルボードロップ、クロスフェースロック。桃がカット。奈七永はビンタ。飯田に串刺しラリアットからブレーンバスター。奈七永&中島でダブルビックブーツ。中島はスリーパー、フロントネックロック。エスケープされるもドロップキック。奈七永は「こいつどうした」と飯田を捕まえながら桃をも挑発。飯田もエルボー連打でやり返すが、奈七永はヘッドバット。飯田が中島にエルボー連打も再び中島はエルボー一発で倒し挑発。更にケンカキックからダブルアーム式フェースバスター。張り手も連発。顔面に回し蹴り。
cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_8

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_9

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_22

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_26

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_27

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_28 
10分経過。ジャーマン狙いの中島を丸め込む飯田はラリアットを避けてドロップキック。桃が登場。桃はミドル連打。コーナーにふられるも駆け上がってミサイル。ドロップキックも串刺しで決め、奈七永との誤爆も誘い、更にドロップキック。中島は膝蹴り。お互いに蹴りの避け合いから中島がキャッチしてアンクルホールド。ロープ際に追い込んで顔面キック。桃は追走してドロップキック。ロープに走ると奈七永がラリアット。中島は奈七永を倒し、踏み台にしてドロップキック、ミサイルキック。奈七永はエルボー連打からラリアットも織り交ぜる。桃はミドル連打。耐える奈七永。エルボー合戦。張り手ラッシュの奈七永はラリアット狙い。桃はミドルで迎撃も、奈七永はすぐバックドロップ。冷蔵庫爆弾は自爆桃は背後からニーを決め、走り込んでダブルニー、チキンウイングフェースロック。
cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_31

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_32

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_38

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_44

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_49

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_55

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_56

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_60

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_64

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_70

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_76

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_82 
15分経過。中島がカット。桃がフィニッシュ宣言から抱えようとするが、逆に奈七永が抱える。かわした桃がうしろからミドル。奈七永はカウンターのラリアットからインプラント。丸め込み返した桃もBドライバーを決める。奈七永が桃に攻撃を許さず、張り手から延髄斬り。桃はカウンターで延髄斬り。飯田が登場。ドロップキックを決め、逆水平を連発。溜めての一発は奈七永がキックで迎撃し、タックル。カウンターで飯田はジャンピングチョップ、走り込んでバックエルボー。次の攻撃を狙うが、奈七永がブレーンバスター。飯田は中島に振られて奈七永がキック。桃も飯田に投げ飛ばし、奈七永は飯田に冷蔵庫爆弾。次の攻撃を狙うと桃がハイキック。飯田はボディースラム。桃のミサイルから飯田もミサイル。飯田が奈七永を上げようとすうるが、耐えられる。すると背中に乗ってスリーパー。20分経過。飯田はコーナーから飯田山(変型コンプリートショット)。奈七永は飯田にインプラント。桃が走り込んで蒼魔刀でカット。奈七永をコーナーに振り、桃が串刺し狙いも奈七永はラリアット。飯田にも決める。奈七永は飯田にハイジャックバックブリーカーから叩きつけ、中島がダイビングフットスタンプ。奈七永は冷蔵庫爆弾。桃がカット。中島は桃にジャーマン。奈七永は飯田にナナラッカ。最後は至近距離からのラリアット(ナナカッター)で3カウント。
cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_94

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_98

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_100

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_119

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_121

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_122

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_123

奈七永 おいスターダム、そして渡辺桃。お前なかなかいい目をしてるな。私らのケンカを買ってこうやって出てきた事、出てきただけの事はある。それは認める。ただ、3月3日、武道館。一つだけ言っとくよ。お前の人生で忘れられない日にしてやる。楽しみにしとけ。それから飯田、お前ジュニアのチャンピオンなんだって? ちっちゃくていきがいいのかもしれないな。いきのいい魚みたいだな。だけどな、このままだったら一生ジュニア止まりじゃないですか。ジュニアはジュニアらしく生きていけ、それがいいよ。

穂ノ利 奈七永、飯田沙耶がチャンピオンなんて、アイツが持ってるベルト私がはがしてやるよ。試合させて下さい。

飯田 確かに今日あっしはそこにいる高橋奈七永から負けた。ああ見事な完敗だったよ。でもな、てめえに負けた訳じゃねーんだよ。てめえが今ここで挑戦表明してきた事は認めてやるよ。でもよ、このあっしたちのスターダムのリングであっしが持っているフューチャーオブスターダムのベルトを懸けて戦う根性あるのかよ。

穂ノ利 あります。

奈七永 オッケーオッケー。だったら穂ノ利、スターダムに乗り込んでSEAdLINNNGのパッション見せてこいよ。

穂ノ利 わかりました! 飯田沙耶、ぶっ潰してやります。

桃 高橋奈七永、今日は手探りでやったけど、次は覚えとけよ。蹴って蹴って蹴りまくってぶっ潰してやるからな。覚えとけよ。
(スターダム退場)
cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_125

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_126

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_129

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_133

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_135
奈七永 中島さん、なんか蚊帳の外みたいな顔しないでもらえますか。中島の強さ怖さ、あいつら感じたんじゃないですか。まあ今日はスターダムファンの皆さんも来てくれるかもしれないし、配信でも見てくれてた方がいると思うんですけど、SEAdLINNNGの強さをこれからも見せていきたいと思います。そしてシトラスの風がタッグチャンピオンになって色々面白い事を考えています。それを今、中島お嬢様に発表してもらいます。

中島 奈七永、オッケー。

奈七永 奈七永じゃねえよ。

中島 我々タッグチャンピオンとして防衛戦をガンガンやっていくというのはもちろんですが、タッグ戦線をもっと盛り上げていきたいと思いまして、3月17日のタッグのワンデイトーナメントを行いたいと思います。ユニットは全て解散したということで新たな景色を皆さんに見せていきたいと思いますので、ニュータッグでのエントリーを、参戦したい方はエントリーしてもらって。私達はタッグチャンピオンとしてエントリーします。優勝したらそのタッグチームの何でも一つ、希望を語ってよですよ。希望を叶えられるという事で私達も叶えたい夢があるので、期待して待っていて欲しいなと思います。

奈七永 という事で次回は2月26日の新宿、そして3月の後楽園とこれからも戦っていきますので宜しくお願いします。
(最後はLet’s Get d!!!で締め)
cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_139

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268793_210227_142

2021年08月11日

2.10新木場・第3試合

第3試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負〜希望を語ろう☆〜
○水波綾&小林香萌&朱崇花(15分2秒、ラリアット→片エビ固め)山下りな&笹村あやめ&青木いつ希×
cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268781_210227_61 
奈七永の「全ユニット発言」を受けて決まったユニットシャッフルの6人タッグマッチ。水波がバーブレフェリーに自分のコスチュームを着せてポーズ。ボディーチェックの後には「誕生日なんだからー」と気合注入。朱崇花以外は握手。青木と小林が先発でタックル合戦。小林と笹村がダブルタックルを決める尾t、水波と青木も合体を決めてしまう。
笹村のドロップキックは耐える水波。3発目で倒した笹村だが、水波はすぐにタックル。朱崇花対山下。こちらもタックル合戦。スピーディーな展開から朱崇花が倒し、水波に強引にタッチ。朱崇花はコーナーで踏みつけ。水波は山下に逆水平。耐えた山下は「気持ちいいー」。2発目を受けて「まだまだー!」、3発目で「もっとください!」。水波はコーナーに追い詰めて連打。パントマイムから串刺しエルボー。小林は山下に豚鼻攻撃。朱崇花も山下をロープに張り付けにして、ラスエゴの真琴、リコも加勢。朱崇花は顔面蹴りを連発。逆転し、青木が登場。朱崇花は側転エルボー、張り手。青木はSTO。笹村は背後から襲いかかり、ドロップキックも決める。朱崇花はダブルアームスープレックスで対抗。ライオンサルトをかわした笹村がロープに走ると、リコが足を引っ張る。朱崇花はニールキック。小林の頭をはたいてタッチ。小林は串刺しドロップキック。笹村も串刺しエルボー。打撃合戦。切り返し合戦から笹村がブレーンバスター。山下はタックル、サソリ固め。串刺しを避けた小林が顔面蹴り。朱崇花の串刺し攻撃から小林はミサイル。山下と水波はラリアット合戦。そこから水波が打ち勝ってフロントスープレックス。山下もカウンターでラリアット。青木は水波に串刺しエルボーからフェースクラッシャー、フットスタンプ、セカンドからもフットスタンプ。STOは耐える水波。小林の延髄斬りから水波がラリアット、ランニングギロチンドロップ、袈裟固め。笹村のカットを皮切りに6人が入り乱れる。青木はラリアット連発も耐える水波。最終的にラリアットで倒す青木だが、水波もカウンターでラリアット。山下のトラースが青木にヒット。朱崇花のトラースから水波がスピア。カウント2でキックアウト。至近距離からのラリアットもカウント2。最後は走り込んでのラリアットで3カウント。
cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268781_210227_8

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268781_210227_54

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268781_210227_51

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268781_210227_49

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268781_210227_47

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268781_210227_27

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268781_210227_24

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268781_210227_19

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268781_210227_12

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268781_210227_60

水波 さあちょっとみんな、前回とか前々回とか奈七永さんの発言に私達は振り回されている。この試合のタイトルにあるように今からみんなで希望を語ろうじゃないか。いいか、前回、突然奈七永さんはユニット解散を言いました。自分はそれ別にいいと思います。だって、みんなが強くなる術でユニット解散はありだと思う。みんなの意見をぶつけ合う場所じゃない。だからそれ前提でユニット解散はいいと思う。君たちの意見はどうかな。
 
朱崇花 バカな奈七永が、お前もバカだよ。頭がおかしい。まずさ、第一、今日も見事なアシストをしてくれたリコちゃん、新しく加入して急上昇なの。お前らみたいなしょうもないユニットとは違うんだよ。え、ラスエゴに嫉妬? いいよ、入りたいならいつでも歓迎してあげるよ。私達教えるのうまいから。
 
小林 誰も入りたくねえよ。
 
朱崇花 絶対に解散しません。それだけよく覚えといて下さい。
 
小林 マイク投げんなブス。この場をお借りして言わせてもらいますけど、奈七永の突然過ぎる、突発的な発言によって解散に追い込まれるなんて納得できないし、我々世志琥組は解散する気はありません。
笹村 自分も会社の陰謀? 社長の特権で変なカード組まれて…私は世志琥組から離れるつもりも無いし、解散したくない。水波さんの言ってる事も分かる。ちょっと考えたいな。でも世志琥組から抜けたくない。
 
青木 私は水波さんの言ってる事よく分かります。私がMAX VOLTAGEで学んだ事は熱いパッション、情熱と、プロレスへのパッション、そして何より過去は振り返らない事、私は今日も負けた。もっと強くなりたい。前進する為に私は若い力で前に進みます。てっぺんを目指します。
 
山下 っていうか、自分ユニット入ってないんで。そもそもこの話し合い自体が私には何もない。ゼロ。でもあえて言わせてもらうなら、今日みたいにユニットも何もかも枠を外して熱い気持ちをもって熱い戦いが出来る選手と戦えるならユニット解散大歓迎です。ユニット入ってねえよ。じゃあSEAdLINNNGに来てるか。私がここに意味があって参戦してるのは世志琥と戦う為に決まってるだろ。今休んでるよ。気が済むまで休んだらいい。でも出来るだけ早く世志琥出せよ。早めに答え待ってるから。そこんとこよろしく。
 
水波 よしじゃあまとめますと、山下は世志琥とやりたい、小林と笹村は世志琥組を解散したくないと。私達MAX VOLTAGEはそれぞれ自由を求めてそれぞれの戦いを求めて羽ばたこうと。紫は絶対解散だと。なるほど。みんなの意見はこうやって今出されました。それを元にたぶん奈七永さん、裏で聞いてると思うので、あとで何らかの結果が出ると思います。私も求める場所があるのでそこに向かっていきます。以上、セミファイナルでした!

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268781_210227_65

2021年08月11日

2.10新木場・第2試合

第2試合 シングルマッチ 20分1本勝負
○真琴(9分10秒、雁之助クラッチ)花穂ノ利×
cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268759_210227_39 
穂ノ利が大声で真琴を威嚇。ロープに振るが、真琴が逆にキック。口を塞ぎ、チョップも連打。ロープに張り付けると逆フレッシュポーズ。「厚化粧のクソババア」と歯向かう穂ノ利だが、真琴は背後から低空ドロップキック、キャメルクラッチ。ここでも口を塞ぐ。エスケープすると踏みつけの刑からボディースラム、ダブルニー、スリーパー。穂ノ利は逆転すると串刺しエルボーからタックル。打撃合戦では「この鬼滅オタクが」「何が悪いんだよ」「試合前に映画見てんじゃねえよ」「心のウォーミングアップだよ。お前も映画見ろ」「ぜってー見ねえ」と打ち合いながら言い合い、穂ノ利がドロップキック。真琴はロープにもたれさせて、ロープを蹴り上げ、穂ノ利は顎を痛打。コブラツイストを決めながら真琴は「映画見るか?」。これに対して「ぜってー見ねえ」と穂ノ利。真琴は串刺し2段蹴り。側転ダブルニーも決める。穂ノ利は逆さ狙い。お互いに決めようとするが決められず、穂ノ利が丸め込みからスピア、ミサイルキック。真琴は走り込んで蹴り飛ばし、肩に担ぐが、穂ノ利が丸め込み。最後は雁之助クラッチで3カウント。
cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268759_210227_4

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268759_210227_9

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268759_210227_16

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268759_210227_29

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268759_210227_30

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268759_210227_34

cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32268759_210227_37

リコ 真琴さん、自分ラスエゴに入るって決めてまだ何も残してないんですよ。代わるためにラスエゴに入ったんだからラスエゴをでっかくしたいんです。
真琴 おお、素敵。
リコ 花穂ノ利、お前さ、いつか分からないけど、シングルやりたいとか言ってたよね。私はお前から後楽園でギブアップ取ってんだよ。そろそろ、いやとっとと自分とシングルマッチしろよ。
穂ノ利 おうやってやるよ。次の大会いつだっけ? 次、26日? 新宿FACE大会、シングルマッチやってやるよ。いいですか、シングルマッチ。26日。
南月 やれ!
穂ノ利 じゃあシングルけってーで。
リコ やってやるよ。
穂ノ利 私はリコみたいに器用じゃないけど、気持ちでは絶対に負けないから。
穂ノ利 舐めてんじゃねえぞ

ヤシの木