contact

2021年08月20日

8.19後楽園ホール・第3試合

第3試合
タッグマッチ(20分1本勝負)
○優宇&青木いつ希(13分15秒、ラストライド→エビ固め)真琴×&朱崇花
2K0A6545 
朱崇花は青木のロックアップを拒否してすぐにタッチしようとするが、青木が挑発して手四つを迫る。朱崇花は顔面かきむしりからタックル、フロントハイキック。トペを狙うも優宇がカット。優宇もトペアピール。だが、真琴がカット。朱崇花が場外ケブラーダ。よけられる。優宇と青木は場外で二人をホイップして正面衝突させ、サンドイッチプレス。リングでも青木が朱崇花にボディープレス。優宇は起き上がりこぼしチョップ、カウンターでボディーアタック。セントーンは朱崇花がかわし、サッカーボールキック。張り手も見舞い、キャメルクラッチを決めながらコーナーの青木を挑発。真琴は優宇の背中を引っ掻く。コーナーに叩きつけ、後頭部に低空ドロップキック。朱崇花はケンカキック。顔面蹴りも連発していくと優宇は張り手。朱崇花は更にストンピング連打も、優宇はカウンターでキャッチしてサイドバスター。ロープに走ると真琴がカットし、朱崇花がフロントハイキック。優宇はタックルからセントーン3連発。青木は串刺しラリアットからフェースバスター、ダブルニー。ブレーンバスターも決め、セカンドロープからダイビングボディープレスも朱崇花が膝を出して迎撃し、カサドーラフットスタンプ。ハイキックからニールキック。真琴は二段蹴りからダブルアームスープレックス、側転ダブルニー、グラウンド卍固め。
2K0A6378

2K0A6380

2K0A6408

2K0A6424

2K0A6438

2K0A6450

2K0A6454

2K0A6468

2K0A6479

2K0A6482 
10分経過。青木が真琴に大外刈り。優宇はセントーン。逆水平の連発から青木、優宇が連続串刺し攻撃。優宇はセカンドからダイビングボディープレス。朱崇花がフォールをカット。朱崇花は青木と優宇を誤爆させ、優宇に張り手、真琴はビックブーツ、朱崇花のトラースキックから2人同時に蹴りも見舞う。優宇はドロップキックからキャノンボール。朱崇花と真琴を誤爆させ、青木は朱崇花にラリアット。優宇は真琴にラストライドで3カウント。
2K0A6507

2K0A6510

2K0A6518

2K0A6522

2K0A6536

2K0A6547

2021年08月20日

8.19後楽園ホール・第2試合

第2試合
ハイスピードシングルマッチ(20分1本勝負)
○Leon(10分19秒、マロマ・デ・レオン)テクラ×
2K0A6169

2K0A6180 
テクラとLeonはいきなりのハイスピードロープワーク。ドロップキックは相打ち。テクラは日本語で握手を求め、Leonが握り返すと丸め込む。Leonは逆水平。テクラはラリアットをよけてブリッジしたまま歩く。立ち上がると顔面蹴りを連発。Leonはカウンターで風車式バックブリーカー。Leonは串刺し攻撃も決め、キャメルクラッチ、腰にエルボー、ストンピング。コーナーに乗せて串刺しを狙うが、テクラは起き上がって威嚇。Leonは動じずダブルアームスープレックスから逆エビ。南月レフェリーが蹴りを入れてカット。
2K0A6194

2K0A6194

2K0A6197

2K0A6207

2K0A6221

2K0A6231 
怒ったLeonがロープに振るも、南月レフェリーは攻撃をかわし、テクラがその間にドロップキックを決め、ネックツイスト。マスク剥ぎは南月も加勢。「このバカガイジンが!」とLeonがエルボーを放つとテクラも「バカニホンジン」とエルボー。南月には「イイニホンジン」。握手して合体攻撃を狙うが、Leonはまとめてスピア。肩に担いで旋回して叩きつける。ダイビングフットスタンプ、串刺し攻撃を連続でかわしたテクラはモンキーフリップから619。ダイビングボディーパタックから1往復フォールを狙うが、Leonが阻止。エルボーの打ち合いからテクラが足を踏むが、Leonがカウンターのエルボー。1往復フォール前にテクラが立ち上がる。もう一度狙うと今度はブリッジ。だがLeonはスピアを決めて1往復フォールもその勢いで体を入れ替えたテクラが丸め込み。更に丸め込むがカウント2。逆に腕を取ったLeonがそのまま丸め込んで3カウント。
2K0A6265

2K0A6277

2K0A6303

2K0A6324

2K0A6340

2K0A6343

2K0A6344

2K0A6358
2K0A6360

2021年08月20日

8.19後楽園ホール・第1試合

第1試合
OPENINNG POP UP!(20分1本勝負)
○岡優里佳(7分18秒、オカロック)海樹リコ×
2K0A6154 
仙女の岡がSEAdLINNNG初参戦。ゴングと同時にリコがドロップキック。エルボー合戦でリコが押すが、岡はヘッドロックから腕を絞る。岡はドロップキックも連発。リコはブリッジをしながらの変型キャメルクラッチからドロップキックを連発し、ボディースラム。フォールは3連発。逆エビも決める。ストンピングから顔面を踏みつけた後、低空ドロップキック。串刺しをかわした岡はフェースクラッシャーからドロップキック、カサドーラ、腕十字。
 
5分経過。岡がセカンドロープからダイビングボディープレス。コーナーに振られるも駆け上がったリコがボディーアタックを決めるが、岡は飛びついてアームロック。丸め込み合戦を岡が制し、3カウント。
2K0A6028

2K0A6048

2K0A6054

2K0A6070

2K0A6095

2K0A6108

2K0A6127 

2K0A6142

2021年08月20日

8.19後楽園ホール・オープニング

「SEAdLINNNG〜6周年記念大会!〜」
8月19日=東京・後楽園ホール
観衆305人
2K0A6005
オープニングでサンプラザ中野くんがテーマ曲を生歌披露。その後、欠場中の世志琥が声のみでメッセージ。
 
世志琥「どうも、女子プロレスラー世志琥です。本日はSEAdLINNNG6周年記念大会にご来場いただきありがとうございます。皆様には本当に沢山ご心配をおかけして申し訳ありません。6周年大会のリングに上がれないこと凄く悔しいです。今の気持ちを正直に言うと今すぐリングに上がりたい、試合したい。応援してくれる待ってくれてるみんなに会いたい。でもリングは簡単に上がれない場所だと分かっています。リングに上がれる事、試合出来る事が当たり前じゃないという事を知りました。今度リングに上がる時は万全の状態で上がりたいと思います。復帰の目処は立っていませんが、必ず大好きな場所へ、大好きなSEAdLINNNGのリングに上がるからテメエらもう少し待っとけよ。そこんとこヨロシク。」
 
奈七永 しんみりしてしまった…(涙)。
 
中野くん いや色々ありますよね。いい時も悪い時もあると思います。でも続けることが素晴らしいですよ。待っていましょう。ずっと帰る場所を用意して待っておいてあげて下さい。

2K0A5922

2K0A5943

2K0A5987

2K0A5996

2K0A6012

2021年08月20日

8.19後楽園大会・試合結果

SEAdLINNNG~6周年記念大会!~
8月19日=東京・後楽園ホール
(観衆305人)

2K0A6005 
第1試合
OPENINNG POP UP!(20分1本勝負)
○岡優里佳(7分18秒、オカロック)海樹リコ×
 
第2試合
ハイスピードシングルマッチ(20分1本勝負)
○Leon(10分19秒、マロマ・デ・レオン)テクラ×
 
第3試合
タッグマッチ(20分1本勝負)
○優宇&青木いつ希(13分15秒、ラストライド→エビ固め)真琴×&朱崇花
 
第4試合
6周年記念スペシャル6人タッグマッチ(30分1本勝負)
○高橋奈七永&松本浩代&春輝つくし(18分32秒、ワンセコンドEX→片エビ固め)山下りな&鈴季すず&笹村あやめ×
 
第5試合
SEAdLINNNG BEYOND THE SEA Single Championship(30分1本勝負)
○水波綾(20分53秒、ホットリミット→片エビ固め)中島安里紗×
※第6代王者が初防衛に成功
 
ご来場・ご視聴誠にありがとうございました!

ヤシの木