contact

2021年08月09日

2.26新宿・オープニング

SEAdLINNNG〜NEW LEAF2021〜
2021年2月26日18:00START 17:30OPEN
東京・新宿FACE
 
今回は選手を代表して中島が挨拶。

中島 「みなさん、こんばんわー。本日はご来場いただきまことにありがとうございます。そして配信をご覧のみなさんもありがとうございます。今日は楽しんでいきたいと思います。世志琥の復帰戦があったり、メインではこのシトラスの風に自称・新しい風の川畑梨瑚がどれだけついてこれるかという楽しみもあったりしますが、何よりも今日は第1試合、花穂ノ利と海樹リコのこのシングルマッチがSEAdLINNNGの未来を占う試合になると思いますので、第1試合から是非注目して、まあ声は出せませんが身振り手振りで一生懸命応援していただけたらなと思いますので画面の向こうのみなさんも是非今日はよろしくお願いします。ということで、いいですか、言いたいことはないですか? 大丈夫ですか?(奈七永が「言いたいことは試合で」と言った後、Let’s Get d!!!」
cb9cfde39cced7ecda891b85e0a2f37a8_32522300_210228_1

2021年08月11日

1.11後楽園ホール・メインイベント

メインイベント
中島安里紗15周年記念スペシャルタッグマッチ(30分1本勝負)
○中島安里紗&藤本つかさ(16分59秒、D×D)世志琥&Sareee×
2K0A7423
中島のお祝いに堀田が花束を持って登場。堀田は「試合前なんだから泣くな。安里紗15周年おめでとうございます。泣いてんじゃねえーよ。もっとこれからも安里紗らしく毒々しくバイオレンスガールとしてSEAdLINNNG頑張っていって下さい」とエール。
2K0A6874

2K0A6903

Sareee対中島でスタート。手四つの状態からレスリングの攻防。ロープに振ろうとすると中島が髪を引っ張りお互いに引っ張り合いに。エルボーも叩き込むがSareeeもドロップキック。ベスフレは2人でドロップキックも決め、世志琥を蹴り込むが、世志琥はまとめてラリアット。Sareeeはコーナーから場外ダイブ。Sareeeは中島にミサイルからボディースラム。世志琥はヘアホイップから顔面ウォッシュ。中島は回し蹴りを決めるが、世志琥は風車式バックブリーカーからSareeeを背負ってボディープレス。Sareeeは顔面蹴りを連発。中島はカサドーラフットスタンプ。Sareeeもお返し。Sareeeが逆エビ。蹴りも連発し、ドロップキック。
2K0A6944

2K0A6967

2K0A7037

2K0A7046

2K0A7047

2K0A7058

2K0A7085 
5分経過。世志琥はミドル連発から走り込んでローキック。打撃ラッシュから走るも、中島はキューティースペシャル。藤本が登場。世志琥を踏み台にSareeeに蹴りを入れ、2人まとめてドロップキック。世志琥にはサッカーボールキック。中島のジャーマンから藤本がジャックナイフ固め。世志琥が藤本を担ぎ、Sareeeと連係。世志琥のセントーンからSareeeがダイビングフットスタンプ。世志琥はリバーススプラッシュ。Sareeeはドロップキック。藤本はPK。エルボーの打ち合い。Sareeeがフィッシャーマンズスープレックス、鎌固め。世志琥は世志琥ブラ。藤本はSareeeのジャーマンを着地し、サッカーボールキック。ジャパニーズオーシャン狙いは世志琥がカット。世志琥&Sareeeに振られた藤本だがドロップキック。SareeeにPK。中島はミサイルキック、連続ジャーマン。
2K0A7105

2K0A7117

2K0A7126

2K0A7168

2K0A7184

2K0A7210

2K0A7230 
10分経過。中島はコーナーから世志琥にエプロンDDT。藤本はSareeeにコーナーから宙づりフットスタンプ。中島もダイビングフットスタンプ。Sareeeはエルボー連打も耐える中島。中島のエルボーにSareeeはドロップキックで対抗し、世志琥の顔面蹴りからSareeeが再びドロップキック。コーナー最上段からダイビングフットスタンプも決めるSareee。中島がSareeeに串刺しダブルニー。藤本のアシストから中島がシャットダウンジャーマン。世志琥がセントーンでカット。藤本にはラリアット。藤本もクルッと叩きつける。Sareeeと中島が更に激しいエルボー合戦からSareeeがジャーマン、裏投げ2連発。カウント2。Y.S.BAZOOKA式ミサイルをSareeeが決め、今度こそY.S.BAZOOKA。藤本がフォールカットに間に合う。
2K0A7252

2K0A7280

2K0A7302

2K0A7313

2K0A7315

2K0A7329 
15分経過。Sareeeの変型裏投げ狙いから世志琥のラリアットが誤爆。ベスフレが世志琥にダブルドロップキック。裏投げをかわした中島がドラゴンスープレックス。Sareeeもキックアウト。中島の左右エルボーから藤尾とが世志琥のラリアットを避ける。ジャーマンと太陽ちゃんボムも同時に決まる。Sareeeは中島にローリングソバット。しかし中島が4の字ジャーマン。カウント2。最後はD×Dで3カウント。
2K0A7349

2K0A7359

2K0A7370

2K0A7396

2K0A7401

2K0A7423

2K0A7445
 
中島 2021年開幕戦でベストフレンズが中島安里紗が勝ったー!Sareeeタッグの借りはこれで返したよ。今日15周年記念試合、16年目スタートするにはSareeeに勝利、めちゃくちゃいいスタートが切れたんじゃないでしょうか。15周年ひとつの節目なんで16年目新しい事をじゃんじゃんやっていって、中島安里紗のプロレス人生を自ら盛り上げていきたいと思いますので、ぜひ皆さんついてきて下さい。
2K0A7471 
(奈七永登場)
奈七永 15周年おめでとう。中島。今聞きました? 16年目は新しい事をどんどんやっていきたいって。今言ってたよね。凄いいいと思う、その心意気。素晴らしいと思う。提案があるよ。今オニカナさ、ベルト持ってるままなんだよね、今日負けたけどね。よし、中島、一緒に撮りに行こう。藤本さんはいいですよ。今日もいいベストフレンズといいオニカナがいい闘いをした。でもそれは2020年で終わり。2021年は奈七永中島で組んで新しいSEAdLINNNGを作ろうじゃないかー! MAX VOLTAGEもさっきなんか終わったみたいな感じになったんですよ。
(MAX VOLTAGEも登場し、「おかしいおかしい」)
 
奈七永 そういう感じになったんだよ。Sareee、どうだ?
 
Sareee 今日負けてメッチャ悔しいし、チャンピオンなのに本当に情けないと思います。私も高橋奈七永&中島安里紗、もっともっと戦いたい。いいんじゃないかな? 世志琥。
 
世志琥 いいじゃないかとかお前ら頭おかしくない、本当に。お前らはベストフレンズでしょ。
 
奈七永 2020年で終わり!
 
世志琥 MAX VOLTAGE、どうするの? 終わったの?
(MAX VOLTAGEメンバーが「終わってないよ」等と言い出し、続いてラスエゴも登場)
 
朱崇花 失礼します。頭おかしいんじゃない? だけど、まあいいや。頭おかしいから黙っててもらって、リコちゃんにはちょっと申し訳ないけど、我々ラスエゴでそのタイトル挑戦しようかなぁ〜。
2K0A7498

2K0A7516

2K0A7537

2K0A7547

2K0A7558

2K0A7569 
(この言葉から乱闘になるが、中島が止める)
中島「うるさーい! お前らとっとと帰れ。私の15周年なんだよ。降りろ。今パニックだけど、今日のこの試合は私がやりたくてやった。これは本当にもうすぐ日本からいなくなるSareeeに借りを返す、そのための試合だったからそのベルトは今は懸ける必要はないと思った。そして今日つっかが隣にいたから、ベストフレンズだから勝てたと思ってる。つっか、ありがとう。でも、16年目、新しい事、まだやった事ない事をやってみたいと思うから、それが高橋奈七永とのタッグだったとしたら、やってやってもいいかなとは思っています。でも必要な時は頼るからずっと私の親友として待っていて下さい」
 
藤本「調子いいなあ(笑)。でもうちらはベルトがあろうがなかろうが、タッグを組んでいようがいまいが、お互いに信頼関係があるから大丈夫だと思う。これからもお互い自由でいきましょう。よろしくお願いします。
(最後は中島の音頭で「Let’s Get d!!!」締め)
2K0A7606

2021年08月11日

1.11後楽園ホール・第4試合

第4試合
新春MAX VOLTAGE対決タッグマッチ30分1本勝負
○高橋奈七永&高瀬みゆき(18分14秒、ラリアット→片エビ固め)水波綾&青木いつ希×
2K0A6785
MAX VOLTAGE対決は握手でスタート。先発は高瀬と青木。エルボーやチョップの打ち合いで高瀬優勢も、青木がタックル。高瀬はドロップキック。奈七永と水波は力比べ。グラウンドの攻防から奈七永が足にキックを連発し、レッグロック。
2K0A6389

2K0A6423

2K0A6457

2K0A6485

2K0A6507 
5分経過。高瀬が登場。水波がフロントスリーパーからタッチ。青木はロープに張り付けにして背後からボディープレス、ダブルニー。水波はコーナーで逆水平を連発。高瀬はエルボー連打も水波は前に出る。コーナーに振られた高瀬だが、飛び乗ってミサイルキック。奈七永と一緒にお返しのチョップを連発。高瀬の串刺しラリアットが決まるも、水波は2人にタックルを連発し、まとめてスピア。高瀬に左右のエルボー連打。高瀬は逆水平やチョップを連発。ヘッドバットも放ち、変型腕十字。奈七永は青木にコブラツイスト。高瀬はミサイルキックも放ち、ラリアットからネックブリーカードロップ。
2K0A6539

2K0A6566

2K0A6573

2K0A6580

2K0A6620 
10分経過。奈七永が串刺しラリアット。水波は逆水平。奈七永も逆水平。打ち合いに。奈七永は張り手から延髄斬り。至近距離からラリアットも放つが、水波もラリアットで対抗。今度はラリアットの打ち合いに。突っ込んできた奈七永に水波がフロントスープレックスからスピア。奈七永は投げっぱなしジャーマン。水波はラリアット。すぐに奈七永も立ってラリアット。両者大の字。青木が先にタッチを受け、奈七永に串刺し攻撃からフェースバスター。ボディープレスは奈七永が膝剣山からクロスフェースロック。奈七永と青木がエルボー合戦。奈七永は張り手。青木は串刺しラリアット。コーナーに上がろうとすると高瀬がカット。奈七永が雪崩式ブレーンバスター。
2K0A6647

2K0A6674 
15分経過。高瀬のカミカゼから奈七永が冷蔵庫爆弾も自爆。青木はSTO。気合いで立ち上がった奈七永だが、水波が加勢して合体チョークスラム。そこに高瀬も叩きつけ、青木がダイビングフットスタンプ。カウント2でキックアウト。ブレーンバスターからフォールもカウント2。奈七永の延髄斬りは高瀬に誤爆。青木が奈七永にスピアもカウント2。奈七永がバックドロップ。青木はカウンターでラリアット。カウント2。今度は奈七永がカウンターでラリアット。カウント2。水波にもラリアット。高瀬は青木にスピア。奈七永はインプラント。水波がフォールをカット。奈七永のラリアットで3カウント。青木は握手を拒否。
2K0A6719

2K0A6746

2K0A6761

2K0A6775
青木 負けた…。悔しい…。高橋奈七永さん、初めて戦いました。熱くてかっこいいこのユニットを作った奈七永さん、私をユニットに入れてくれた時からMAX VOLTAGEのみんなはすごくかっこよくて自慢の仲間で…(奈七永の「泣いてんじゃねえよ」の言葉に)泣き虫なんです! 3人の背中が格好良くて大好きで、格好いい背中をずっと追いかけたくて。もっと強くなりたい。高橋奈七永、私はみんなの隣に立つんじゃなくて対角に立ってもっと強くなりたい。強くなりたい!
 
奈七永 アニキ、隣に立つんじゃなくて対角に立ちたいって。高瀬、のぞむところだよ、青木。2021年楽しみだね。
 
高瀬 奈七永さん、私だってもっともっと奈七永さんやキャプテンと戦いたいです。青木、うちはMAX VOLTAGE、同期の青木にだけは絶対に負けない。
 
水波 面白くなってきましたね。仲間だけが全てじゃない。対角で戦うのもそう、試合で戦うのもそう。それが最終的に集結した形がMAX VOLTAGEなんです。面白い主張、それぞれの主張、それぞれの考え、それでいいじゃないですか。
 
奈七永 そもそもプロレスは戦い。MAX VOLTAGE、ちょっと方向性を考え直そう。今後、隣に立つもよし、対角に立つもよし。お前(青木)も泣いてないで来いよ!

2021年08月11日

1.11後楽園ホール・第3試合

第3試合
ハイスピードシングルマッチ20分1本勝負
○春輝つくし(4分36秒、オーバー・ザ・トップロープ)永島千佳世×
2K0A6296
開始からスピーディーな展開。つくしをキャッチした永島はバックドロップからローリングクレイドル。つくしは「バーカ」と挑発し、エンドレスロープワークを仕掛けるが、逆に南月も永島に加勢し、つくしがエンドレスロープワーク。つくしは場外エスケープも高速カウントで即座にリングイン。オーバー・ザ・トップロープを狙うつくしだが、永島が耐える。コーナーに上がるとつくしがデッドリードライブからミサイルキック。1往復フォール。つくしは南月へのヘッドシザースホイップを狙うが、パワーボムで叩きつけられる。つくしが丸め込みも南月が蹴りで入れ替える。永島はラリアットから1往復フォール。ブレーンバスターを耐えたつくしが左右のエルボー連打から南月を追いかけ回して、捕まえるとエルボー。永島をオーバー・ザ・トップロープで落とそうとするが、南月が阻止。つくしがドロップキックで南月を落とし、永島も落下。つくしが勝利。
2K0A6213

2K0A6222

2K0A6239

2K0A6243

2K0A6248

2K0A6264

2K0A6278

2K0A6291

2K0A6300

2K0A6304

つくし うるせークソババア。ハイスピード天使のつくしが勝ちましたー! 南月さん、これで自分、勝ったんで2021年つくしの言う事を何でも聞いて下さいね。落ちる瞬間見てたでしょ。それが現実なんだよ。っていう事で2021年、つくしがハイスピードを盛り上げていくのでみんな目を離すなよー!

2021年08月11日

1.11後楽園ホール・第2試合

第2試合
6人タッグマッチ20分1本勝負
真琴&朱崇花&○海樹リコ(13分59秒、三角絞め)アジャコング&山下りな&花穂ノ利×
2K0A6163
リコがアジャを挑発。穂ノ利に対しては「お前じゃねえんだよ」。アジャが威嚇すると朱崇花達が下げさせる。先発は真琴と山下。山下がタックル。真琴はボディーアタック。アジャに対してリコが打撃を打っていくが、アジャはロープに追い詰める。リコはドロップキックもかわされる。逃げるように朱崇花とタッチ。朱崇花はアジャが背を向けた所で丸め込みから真琴とストンピングを連発。そこにリコも加わる。
2K0A5855
2K0A5872
アジャは3人に張り手。穂ノ利は朱崇花にエルボー連打も、朱崇花が張り手。穂ノ利も張り手連打も再び朱崇花が一発お見舞いしてヘアホイップ。顔面にストンピングも連発。真琴は走り込んでキック。リコがエルボー連打も穂ノ利はタックル。山下がリコにボディースラム、串刺しラリアット。アジャはエルボードロップ、逆水平。穂ノ利もリコにヘアホイップを連発。リコは山下にドロップキック。真琴は串刺しキックからダブルニー。山下は膝蹴りも、真琴はカウンターでも蹴りを見舞い、朱崇花と共に交互に蹴りを見舞って同時でもキック。朱崇花のエルボーに山下はラリアット。アジャに対して朱崇花はムーンサルトアタック。バックを奪うも、腰を落として蹴りを見舞う。張り手からバックドロップ。朱崇花はスピンキックからジャーマン。ムーンサルトプレスはアジャが足を出して阻止。穂ノ利対リコ。

2K0A5896
10分経過。タックルを連発した穂ノ利が連続フォール。打撃の応酬から髪をつかみ合い、リコがロープに振るも、穂ノ利がタックル。リコはドロップキック。穂ノ利が串刺しエルボー。ロープに走ると朱崇花がカット。3人で同時の顔面キックからリコがダイビングボディーアタック。山下はリコにトラースキック。アジャはラリアット。穂ノ利はセカンドからミサイル。朱崇花は山下にスクリューキック。朱崇花&真琴でアジャにブレーンバスター狙いも逆にアジャがまとめて投げる。穂ノ利はリコにスピア。リコはキックアウト。エルボー合戦から穂ノ利が丸め込みを連発。ボディースラムから再びフォール。カウント2。串刺し狙いは逆にふられるも、穂ノ利が丸め込み。だが、リコが三角絞めを決めてギブアップ勝ち。
2K0A6100
2K0A6140

ヤシの木