contact

カテゴリー

2020年10月16日

【10・20新木場全カード決定!】

2020年10月20日(火)19:00 START 18:30 OPEN

「SEAdLINNNG~SHINKIBA NIGHT!~」
東京・新木場1stRING

 

 

ー全決定カードー

 

 

〈メインイベント タッグマッチ 30分1本勝負〉
世志琥&Sareee vs アジャコング&花穂ノ利
9257DA8D-6ED6-4385-9304-5CCC5C9D8012
 

〈第3試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負〉
中島安里紗&藤本つかさ(アイスリボン)&星いぶき(アイスリボン)
vs
真琴&朱崇花&山下りな
00B453F6-AFCD-4CB7-A5B9-0A9423ED62BF
 

〈第2試合 タッグマッチ 20分1本勝負〉
水波綾&海樹リコ
vs
優宇(EVE)&笹村あやめ(2AW)
D42468EB-BEB8-4F6D-ABDD-E82043374BC4

 

〈第1試合 ハイスピードシングルマッチ 20分1本勝負〉
つくし(アイスリボン) vs 小林香萌
※オーバーザトップロープルール採用
※レフェリー 南月たいよう
73701CD7-D152-4472-A298-9A7827D10921
 
[チケット料金]
■dシート ¥6,000
■BLUEシート(北ステージ上B列C列) ※完売
■dフレンズシート(高校生以下) ¥1,000
※ 当日のみ・要身分証。チケット完売の場合発売中止とさせて頂きます。
dフレンズシート以外当日¥500アップ

 

[主催]
株式会社SEAdLINNNG (seadlinnng.com)
[電話]
044-201-1341
[メール]
info@seadlinnng.com
 

[チケット販売所]
※ファンクラブ先行・振替チケット事前申込は終了しております。
□SEAdLINNNG事務所( http://seadlinnng.com/ticketform )
□イープラスe+ イープラス http://eplus.jp/sead/(PC&携帯)ファミリーマート店内Famiポート

[会場アクセス]
〒136-0082 東京都江東区新木場1-6-24 各線新木場駅より徒歩2分
 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年10月14日

10.3横浜ラジアントホール・メインイベント

メインイベント SEAdLINNNG BEYOND THE SEA Tag Championship・30分1本勝負
×世志琥&松本浩代(28分3秒/D×D)中島安里紗○&藤本つかさ
※世志琥&松本が6度目の防衛に失敗、中島&藤本が第6代王者組となる。
DSC05785
 メインイベントは世志琥&松本浩代の持つタッグ王座に『ベストフレンズ』中島安里紗&藤本つかさが挑戦。2度の時間切れドローを経てのタイトルマッチはまたしても激戦となり、中島はコーナー最上段から場外マット上の世志琥にフットスタンプを突き刺していく。

DSC05956

DSC06082

DSC06157

DSC06284

DSC06569

DSC06586

DSC06647

DSC06698

DSC06727

DSC06768

  
中島が各種スープレックスを繰り出すと世志琥もラリアットで反撃。松本のパワーボムに続いてコーナー2段目からのセントーンを決めるがカウントは2。コーナー最上段からのセントーンを中島がかわすと、藤本が世志琥にたいようちゃん☆ボムへ。すかさず中島がD×Dにつないで2冠王の世志琥を仕留めてみせた。
DSC06868

DSC06940 
★メインイベント後のマイク
 中島「ベストフレンズ、4年ぶりにベルト獲りましたーっ!!(会場から拍手) 2回のドローを経て、やっと今日決着がついて…長期政権、絶対王者のこの強い強い2人からベストフレンズがベルトを獲りました。やっぱりウチらにはベルトが似合うよね!?(笑)」
 藤本「ベルトってこんな重いんだね。しばらく忘れてた…! 世志琥! 本当にリングの中でも外でも女子プロレスを広めてマジですごいと思う。私の理想とするレスラー像です。ホント尊敬してます、後輩だけど。そして松本浩代! オマエのことは昔から怖くて、優しくて、大好きで大っ嫌いだ! ありがとうございました」
 中島「世志琥、私の何よりも大事なシングルのベルト…宝物を奪われたけど、もう1つの宝のタッグのベルト、今、私の腰にあります。2冠チャンピオンお疲れさまでした」
 藤本「お疲れさまでした」
 世志琥「松本ゴメン。応援してくれた皆さんホントすいませんでした! ホントに悔しい…。悔しいけど…1年以上守ったベルトをこの松本浩代、そして世志琥から獲ったことをテメーら忘れんなよ? オマエらがしょうもない試合してんだったらウチらがいつでも獲りに行ってやっからよ。しっかり価値上げて待ってろよ!(会場から拍手) それともう1つ…今日シードリングに久々に参戦してくれたアジャ・コング、待たせたな。こんなタッグのベルトを落とした分際で言いたくなかったけど…今日出てくれたから。シングルのベルト、順番来ましたよ? お待たせしました。たぶんさっさと日付け決めたほうがいいと思うんで、こちらから言わせてもらいます。11月4日の後楽園ホール大会で自分が持ってるシングルのベルト、防衛戦やってくれますよね?」
 
(売店スペースからリングを見ていたアジャがリングサイドへ)
DSC06980

DSC07085
 
 アジャ「まぁ当然私は、今日その話をするためだけにここに来たんだけどさ、ゴメンね。チャンピオンさん、ちょっとだけ時間ちょうだい。(世志琥に対し)防衛戦もやられたようですし、次に表明してんのはオレしかいねぇよなって気もするし。当然“待ってました”と言いたいとこだったんですけど、なんだろうなぁ…こないだも言ったようにオレはオマエが大好きでさ、おもしろくてワクワクドキドキさせてくれてさ、オマエと1番最初に会って初めてリングで対峙した時にさ、リングで会った瞬間にさ、“おいアジャ元気か?”って言われた時に“コイツ、スゲーおもしろいな”って。その時は絡みそうもない所にいたからさ、でも“こんなおもしろいヤツいねーな”と思って。巡り巡ってこうやってリングでしょっちゅう会えるようになって、今の試合もスゲー試合だった。スゲーおもしろかったけど、なんだろう? ワクワクドキドキが足りないんだよな。イライラしないんだよ、オマエを見ててさ。でも11月4日、ぜひともタイマン勝負したいなとは思うんですけど、オレの“ワクワクドキドキ心”が戻ってくるかどうかを、その前に1回試させてもらいたいんでさ。(10・20新木場があると聞いて)じゃあそこにお邪魔するんで、2回もシングルやんのは面倒くさいからタッグでいいから。さっきオレとタッグ組みたいってヤツいたよな? (穂ノ利を呼び寄せ)オレとタッグ組みたいって言ったよな?」
 穂ノ利「はい」
 アジャ「オレとタッグ組んで、アイツをイライラさせられる自信ある?」
 穂ノ利「あります!!」
 アジャ「アイツを追いつめてワクワクドキドキしたい?」
 穂ノ利「したいです!!」
 アジャ「大丈夫? (世志琥は)直属の先輩だけど、オレと組んでてオマエ、あとあといろいろしがらみあるかもしれないけど…そんなの関係なくいけるな?」
 穂ノ利「いけます。自分がやります!!」
 アジャ「タッグ組んだってオレ助けないからな。自力で何とかしろよ? 組むだけだからな?俺は世志琥に集中したいから。(世志琥に対し)オレ、コイツと組むからさ。そうなったら(世志琥のパートナーは)松っちゃん(松本)なんだよ。でも松っちゃんゴメン。オレ世志琥に集中したいんだよ。松ちゃんが横にいると、そっちも見たくなっちゃうじゃん!?」
 松本「一石二鳥じゃないですか?」
 アジャ「ダメダメ。ここは世志琥に集中したいんだよ。大丈夫だよ。松っちゃんとは必ずそのうち(機会が)来るから。今回ちょっと引いてもらっていいかな? オマエの今日のあんな張り手見てたら“ちょっとヤバイな”と思ったから…だから松本以外なら誰でもいいです」
 世志琥「はぁ?」
 アジャ「オマエが今日防衛してたらそりゃ喜んで、なぁ? (穂ノ利に)タイトル獲りに行くよな?」
 穂ノ利「はい!!」
 アジャ「だから松本以外の誰かを用意して10月20日の新木場にまたお邪魔させてもらうんで。なんか“やりたい”って言うんでこの人(穂ノ利)借りますね?」
 穂ノ利「お願いします!」
 アジャ「世志琥、スゲーにらんでるけど行けるな?」
 穂ノ利「行けます!」
 アジャ「やっちゃうか?」
 穂ノ利「やっちゃいます!」
 アジャ「…ってことなんでよろしくお願いします。その上で11月4日のシングルマッチ、オレがワクワクドキドキイライラできたら、やる気になるかもしれないけど…ならなかったらゴメン。今ここで11月4日って発表もするんだろうけど、急きょその日に来れなくなっちゃうかもしれない」
 世志琥「おいアジャ・コング! 花穂ノ利! テメエらおぼえとけよ? 穂ノ利、オマエおぼえとけよマジで?」
 アジャ「大丈夫だ。コイツは今日オレとやって、こうやって元気に生きてんだ。それだけでもオマエは立派なもんだ。このまんま世志琥にボロボロにやられろ!」
 世志琥「次ウチと試合して無事でいられると思うなよ? アジャ・コング、新木場と後楽園、絶対テメエと試合やってやっから楽しみにしとけ」
 
 中島「はい。ということで…長い長いマイクのおかげで(体力が回復して)今日も元気に締めることができそうです! ベストフレンズがタッグのベルトを巻いたということは、タッグ戦線これからもっともっと盛り上がっていきますよね、つっか?」
 藤本「そうですね。タッグチャンピオンのベストフレンズが皆さんをステキな世界にお連れいたします!」
 中島「次回新木場も11月4日の後楽園も満員のお客さんで迎えられるように、皆さん応援よろしくお願いします!」(2人でdのジャンプ)
 
★ベストフレンズ
 中島「ベストフレンズ、4年ぶりのタッグのベルトを獲りました!」
 藤本「なんか向こうのベルトに対しての、1年守ってきた執念みたいのをすごい試合中に感じて。自分がもうホントに試合中、(足を痛めて)戦線離脱してしまって…(苦笑)」
 中島「つっかが居なかった!」
 藤本「前回は安里紗が戦線離脱した時に“私がやらなきゃ!”と思ったんですけど、今回は逆の状況になって、それでも安里紗が必死で肩を上げ続けてくれたことが、このベルトにつながったと思って。ホントにタッグの良さを再確認しました」
 中島「最近、再始動し始めたばっかりだったので。2人ともホントに強いチャンピオンだったと思うし、あの2人に勝てるのはウチらしかいなかったと思うので。シードリングのタッグ戦線、新たな景色をこれから作っていけるんじゃないかなと思ってワクワクしてます」
 藤本「アジャさんが出て来て…(笑)」
 中島「ね! 話、長!(笑) ウワサには聞いてましたが話が長くて、おかげさまでダメージも回復してね、元気に締めることができたので。“終わり良ければすべて良し”で」
 
★世志琥&松本浩代
 世志琥「悔しい。松本にも申し訳ない気持ちがあるんですけど…悔しいわ!」
 松本「世志琥と約1年ベルトを守ってきて、対戦相手も強い人ばっかりで…女子プロレス界の中心に入った人ばかりが対戦相手で。そこで防衛を続けてきて“ベルトがここ(腰)にある”っていうのが当たり前に感じてきていて…当たり前に自分たちが強いっていう、それは驕(おご)りでもなく“強い”っていうのをイメージすることで、自分たちが強くなれていたのもあると思うので。ずっと防衛できるっていうのは思ってたんですけど…こうしてベストフレンズに出会って、その自信が一気に覆(くつがえ)されたのは悔しい。けど…気持ちはまだ終わってないんだよね、私は」
 世志琥「覆されたっていうか、今までの防衛戦も自信しかなかったんですよ。最初から高橋奈七永&里村とか相手に自分たちは防衛してきているので。それは変わらない事実だと思うし、今日負けたことももちろん事実だけど、自分はまた松本とタッグのベルト巻きたいって思ってます」
 松本「私がシードに上がってるモチベーションは、やっぱりシードに呼び戻してくれた世志琥と強い女子プロレスを作っていきたいと思って。刺激を求めていると思うので、ベルトを落とした今でさえも、これからもやっぱりその刺激は追い求めていきたいと思ってるから。またベルトに挑戦できるようにやっていきます」
 
 ━━アジャのアピールについて。
 世志琥「ちょっと期間が空いてしまってっていうのもあるんですけど、“相変わらずベチャクチャうるせぇな”って感じですね。穂ノ利と組んでやるっていうのはすごいおもしろいと思うし、まぁ自分もシングルに向けてというか、アジャ・コングを、そしてお客さんをワクワクさせてやろうかなと思いますね。穂ノ利とかもたぶん自分の怖さを1ミリもわかってないと思うので…。今日のアジャ・コングとの闘いよりも、もっともっと怖いことになるっていうのをわからせてやろうと思います。それがシードリングなので。向こうが松本のことビビって“松本以外で”とか謎の条件を言ってきやがったので。まぁね、こっちもステキなパートナー用意しますよ。松本以外で…」
 松本「あんまり言うと傷つくんだけど…(苦笑)」
 世志琥「組みたかった~! マジで何なのアジャ・コング? でも、これからもシードリング出てもらいたいし、出てくれると思うし、自分もタッグ組んでいきたいし。またタッグのベルト獲りたいし! これからもよろしくお願いします」
 松本「頑張ります!(笑) いいんだよ強くなれば、それぞれが」
 世志琥「強くなったらまた交わる時が来ますから。(シングルのベルトを叩いて)コレかもしれないしね!」
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年10月14日

10.3横浜ラジアントホール・第3試合

第3試合 シングルマッチ 20分1本勝負
×花穂ノ利(8分46秒/バックドロップ→片エビ固め)アジャ・コング○
DSC05518
 9・24新宿大会で「強くなりたい」とアジャ・コングとの対戦をアピールした花穂ノ利が、セミファイナルでの一騎打ちが実現。エルボーの連打、ショルダーアタックの連発にまったく動じないアジャ。フラフラになりながらも攻撃を続ける穂ノ利に対し、アジャは逆水平チョップ1発でダウンさせる。どうにか丸め込んでフォールを狙う穂ノ利はミサイルキックを繰り出すが、最後はアジャのバックドロップに轟沈。試合後はアジャがマイクを持った。

DSC05002

DSC05076

DSC05108

DSC05334

DSC05605

DSC05625

★花穂ノ利のコメント
 ━━アジャ戦を終えて。
 「…強かったです。すごく強くて壁と闘ってるみたいで、自分がいくらタックルしてもビクともしないのがすごい悔しかったけど、すっごい強い人の隣でもっともっと自分も強くなりたいんで…。そのためにタッグを自分から要求しました。もっともっと強くなって、次またシングルできる時があったら、タックルで倒せるぐらい強くなります」
 ━━事前に考えていた作戦は通用した?
 「まったくほぼ通用してなくて、相手はもうビクともしないので…」
 ━━これからどこの部分を磨いていきたい?
 「自分の心…まだ弱いので。もっともっと強くして体も強くなって、力ももっともっと上げて。次に対戦できる時があったらそれまでに、もっともっと強くなります」

DSC05681   
 
★セミファイナル後のマイク
 アジャ「ちょっとお久しぶりになちゃいましたね。前回、新木場で“ちょこちょこ遊びに来るよ”って言ってたんですけど、意外に私もいろいろ忙しくて…。今日やっと時間できたんで、世志琥ともうそろそろ直談判をしようかなと思いまして…。今日はこの会場に来てすぐ世志琥に直談判して帰ろうと思ってたんですよ。面倒くせえから。でも世志琥もなかなかつかまんないんで、このあとメインで試合するんで、それ終わった後にじっくり詰め寄って、ぜひとも世志琥とタイマン勝負したいと思うんで。(穂ノ利に対し)どうした? だいぶ錯乱してるけど大丈夫か?」
 穂ノ利「大丈夫…じゃない! 悔しい! つらい! 痛い! 悔しい!!」
 アジャ「しょうがないよ、プロレスってそういうものだからさ。今までこんなに痛くて悔しくてつらいことって、あんまりしたことないのかな? でも“やりたい”って言ったのはキミだよね、おチビちゃん」
 穂ノ利「そうだよ! 負けて悔しい!」
 アジャ「悔しいか。その気持ちだけはな、よくわかるけどさ。でも、勝てる要素がオマエのどこにあったかな、今日? せいぜいオレとやって今こうやって吠えられるだけは、皆さんホメてやってくださいよ(会場から拍手)。その元気は試合中に出そうな」
 穂ノ利「もっと…強くなりたいです! だから…私とタッグ組んでください!」
 アジャ「ちょっと待って。オレの記憶が正しければ、接続詞の使い方っていろいろあると思うんだけど、“強くなりたいです”、“今日やられて悔しいです”、“だから組んでください”。ちょっと私にはその…私の国語力がついていかないんだけども(苦笑)。“闘ってみて今日弱さがわかった。今度は横に立ってみたいと思っちゃった”…っていう解釈でいいのかな?」
 穂ノ利「…はい!!」
 アジャ「いやいや、その根性たるやオマエスゲーな。すごいんだけどさ、さっきも言った通りオレはここで世志琥にしか興味がないんだよ。だからゴメン! そのうち、いつかヒマができたらやってやるからさ。“あなただけ見つめてる”で世志琥だけ見つめてるから、キミのことはまだ見つめてないからさ。また考えるよ。じゃあね。…ということで(会場の)皆さん、せいぜいメインのタッグで世志琥が2冠を防衛して、ぜひとも私の挑戦を受けてくれることを楽しみに待ってるんで。応援してあげてください」
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年10月14日

10.3横浜ラジアントホール・第2試合

第2試合 タッグマッチ 20分1本勝負
×山下りな&高瀬みゆき(15分49秒/ラストライド→エビ固め)小林香萌&優宇○
DSC04963  
『世志琥組』小林香萌&優宇と、山下りな&高瀬みゆきのタッグ対決。ハイテンションでパートナーの山下に声援を送る高瀬に山下が攻撃を加えるなど開始早々からタッグワークが不安視されるが、その後は共闘する。走り込んできた山下を投げで切り返した優宇が豪快なラストライドで叩きつけて勝利すると、小林と2人でポーズを決める。
DSC04615

DSC04854

DSC04920

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020年10月14日

10.3横浜ラジアントホール・第1試合

第1試合 ハイスピード3WAYマッチ・20分1本勝負
×海樹リコ(7分2秒/オクラホマロール)真琴○
※もう1人は朱崇花
DSC04460 
海樹リコが『ラスエゴ』真琴・朱崇花とハイスピードルールの3WAYマッチ。2人がかりで攻め込まれるも、南月たいようレフェリーの加勢を受けてタッグマッチの様相に。朱崇花がムーンサルトプレスとどめを刺そうとするがリコが身をかわすと、真琴がリコを丸め込んで3カウントを奪う。勝利を横取りされた形の朱崇花は怪訝そうな顔をするが、真琴と2人で笑顔で手を上げた。
DSC04135

DSC04150

DSC04281

DSC04305

DSC04329

DSC04412

DSC04437
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木