contact

カテゴリー

2020年11月28日

11.27新木場1stRING・メインイベント

メインイベント SEAdLINNNG BEYOND THE SEAタッグ選手権試合(30分1本勝負)
[挑戦者組]世志琥&○Sareee(22分32秒、変型裏投げ→体固め)中島安里紗×&藤本つかさ[王者組]
※ベストフレンズが2度目の防衛に失敗、鬼に金棒が第7代王者組となる
 DSC06194

DSC06233

DSC06280

中島とSareeeが先発でグラウンドの攻防からエルボー合戦。Sareeeが投げっぱなしジャーマンからジャーマン。世志琥は藤本のドロップキックをよけてストンピング連発。藤本は卍固め。自力で脱出した世志琥はコーナーに追い詰めて顔面ウォッシュ。走っての一撃は藤本が決めさせず逆に顔面ウォッシュ。場外ではSareeeと中島がやり合う。クラウチングスタートからのドロップキックを世志琥がかわし、Sareeeの一撃から世志琥がフットスタンプ。逆に世志琥がクラウチングスタートからドロップキック。Sareeeはドロップキック、鎌固め。ロープ際に追い込んで踏みつけていく。ロープに走ると中島がカットし、ベスフレがダブルドロップキック。
DSC06423

DSC06469

DSC06544

DSC06824

5分経過。世志琥には同時の蹴り。だが世志琥はまとめてタックル。場外に出し、世志琥が「Sareee上がれ」。Sareeeはコーナーからダイブも世志琥に誤爆。ベスフレが同時に場外ダイブを決める。藤本はSareeeをリングに上げてドロップキックからクロスフェースロック、極楽固め。藤本はサッカーボールキック。中島は顔面蹴りを連発。Sareeeの張り手に中島も応戦。張り手合戦でSareeeが押すが、中島も連発し、ケンカキック。藤本はSareeeをロープに張り付けにして背後からドロップキック、卍固め。中島はリバースダブルアーム。
DSC06891

DSC06971

DSC07009

10分経過。中島がボディースラムも、Sareeeは「なめんな」とドロップキック。世志琥が登場し、サッカーボールキック、風車式バックブリーカー、逆片エビ固め。世志琥の串刺しをかわした中島はカサドーラフットスタンプ。藤本のミサイルキックから中島もミサイル。ベスフレが2人でクラウンチングスタートからドロップキック。世志琥は藤本に打撃ラッシュ。セントーンをかわした藤本がミドル、サッカーボールキック3連発。PKは避けるが、中島がケンカキック。中島のジャーマンから藤本がジャックナイフ。世志琥が藤本を肩に担ぎ、バックフリップ。同時にSareeeもフェースクラッシャー。世志琥のセントーンからSareeeがダイビングフットスタンプ。Sareeeはさらにミサイルキック。Sareeeがジャーマンも藤本が着地してサッカー。Sareeeはカサドーラも着地した藤本がPK。顔面蹴りに対してSareeeが髪を掴みにかかる。フォアアームを決めたSareeeがアピールしていると藤本が背後からキック。
DSC07190

DSC07067

DSC07127
15分経過。ミドルをキャッチしたSareeeがドラゴンスクリュー、ドロップキック。世志琥も顔面キック。Sareeeはフィッシャーマンズスープレックス、STF。世志琥組がダブル狙いも藤本がまとめてドロップキックからSareeeにPK。中島はケンカキック、5連続ジャーマン。中島がコーナーに上がると世志琥がカット。Sareeeもコーナーに上がる。藤本は下からドロップキック。中島はぶら下がり式でフットスタンプ。ダイビングフットスタンプも決める。中島がドラゴンの体勢。ビーナスシュートに以下は世志琥がいかせず、Sareeeがジャーマン。世志琥は藤本の上にパワーボム。Sareeeは中島にジャーマン。合体技のバズーカはフォールをカットされる。Sareeeがローリングソバットから裏投げ狙いも、中島が丸め込み。世志琥のラリアットがSareeeに誤爆。中島はだるま式ジャーマン。カウント2でキックアウト。中島が左右のエルボー連打からフィニッシュ宣言でバックに。藤本がビーナスシュート。中島がD×Dも世志琥がフォールをカット。
 
20分経過。世志琥が中島にセントーン、藤本にラリアット。藤本は世志琥に担がれながらも叩きつけ4人がダウン。Sareee対中島で膝を突きながらエルボーの打ち合い。「負けてたまるか」とSareeeが立ってエルボー。中島もお返し。変型裏投げを狙うSareeeだが、中島が回避。逆に決めようとするが、Sareeeが裏投げ。カウント2。更にSareeeが4連発の裏投げでフォールも藤本がフォールをカット。たいようちゃん☆ボムを狙うが、世志琥がカット。中島に世志琥のラリアットからSareeeが変型裏投げで3カウント。王座移動。

DSC07294

DSC07332

DSC07433

DSC07545
DSC07606

DSC07634
Sareee「やったー! ベルト獲りました。自分達やっぱり即席タッグなんかじゃない。全部結果が全てなんですよ、プロレスは。自分達がベルトを今巻いてるんですよ。これから一体いつまでここにいるか分からないけど、私は鬼に金棒に懸けていくんで。世志琥と必ず女子プロレス界の景色、鬼と金棒に変えて見せるんで、これから鬼カナ色に染めていくから」
世志琥「やったー! やったよ、Sareee。鬼カナ、ヤバくねえ? ねえ、ベルト獲っちゃったよ。ベストフレンズから獲った。どうしよう。Sareeeも言ってたように鬼カナ色に染め上げていくんで、うちらのことよーく見とけよ。うちらかが獲ったんだから最高の相手とやりてえよな。おいSEAdLINNNG、鬼カナが獲ったんだから最高の相手用意してくれるんだよな。誰とでもやってやるよ」
水波「聞いたよ、今、世志琥。最高の相手を求めてるんだって。そうか。という事で私、水波綾が挑戦アピールにやってきました。いいか今年になって自分個人的だけど奈七永さんにマックスボルテージ託されたけど、ユニットとして結果を残せず、個人としても結果を残せず、そうこうしてたら今年も1カ月で終わってしまう。このままじゃ終われない。だからベルトに挑戦するチャンスをちょうだいよ」
Sareee「水波さんみたいに熱い人大好きなんですよ。だからやりたい。世志琥やりたい」
世志琥「Sareeeがやりたいんだったらやってやってもいいけど」
水波「待て。2人タッグでしょ。自分のパートナーは世志琥もSareeeも納得するすげえ奴連れてくるから。本当にすげえ奴連れてくるからちゃんとタッグ挑戦させてくれ」
世志琥「オッケーだそうで。いいですかね。おい奈七永、いねえじゃねえかよ。いいの、決めて。ベルト管理委員会の方大丈夫ですか? いい? じゃあSEAdLINNNG最終戦の12月23日、クリスマスイブの前にうちら鬼カナにクリスマスプレゼントとして最高のパートナー連れてきてもらっていいですか」
水波「言ったからには連れてくる人間なんですよ。あと挑戦するからにはまじでそのベルト挑戦するからな。頼むで。以上、水波綾のタイトル挑戦アピールでした」
Sareee「早速うちらに挑戦したい奴が来るなんて最高じゃん」
世志琥「うちらの時代来てるよ。今日ベルト獲っちゃったからね。もう今年、12月もオニカナ色に染めちゃいますか?」
Sareee「染めちゃおう」
世志琥「皆さん、ついてこれますか、うちらに? 鬼カナについてこれんのかよ。今日はSareeeが中島に勝ってくれたからベルト獲れたっていう事で最後、Sareee、いつもの締め、よろしく」
Sareee「オッケー。それでは皆さん、立ってください。いくぞー、Let’s Get d!!!」

DSC07661  

2020年11月28日

11.27新木場1stRING・第3試合

第3試合 ユニット対抗タッグマッチ(30分1本勝負)
○真琴&朱崇花(12分58秒、雁之助クラッチ)水波綾&青木いつ希×
DSC05637
マックスボルテージの入場ダンスを邪魔した朱崇花組が奇襲。だが、水波&青木もお返しして場外乱闘。リングに戻って水波が朱崇花にギロチン。青木は逆エビ。そこから青木が背後にダブルニー。水波は後頭部ギロチン。フライングメイヤーを着地した朱崇花がキックを狙うが、水波がキャッチして倒す。青木はダブルニーからキャメルクラッチ。水波が顔面ドロップキック。水波と朱崇花による激しいエルボー合戦から水波が右膝に低空ドロップキック。串刺しを狙うが、かわした朱崇花は誤爆も誘って水波にビッグブーツ。
DSC05662
DSC05721
5分経過。真琴はダイビングボディーアタックから腹蹴り、側転ダブルニー、変型腕十字。真琴と水波もエルボー合戦から水波が逆水平。真琴はDDTで切り返す。朱崇花と共に交互にビッグブーツ。朱崇花はエルボー連打。水波も左右のエルボー連打。朱崇花がもう一発叩き込み、水波は前のめりでダウン。水波はカウンターでフロントスープレックス。ドラゴンを着地した朱崇花はバズソーキック、ニールキック。水波も裏投げ、ラリアット。青木が登場も明日かが張り手、ラリアット。真琴はフロントスープレックス。
DSC05802
10分経過。青木はエルボー連打も真琴がカウンターのスピア、2段蹴り。水波がラリアットで加勢し、青木がSTO。合体チョークスラムから青木がコーナーへ。朱崇花がカットに入るが、水波が叩き居着け、青木はダイビングフットスタンプ。真琴にはカミカゼ。水波はダイビングギロチン。青木アがダイビングフットスタンプ。真琴のビッグブーツに青木はラリアットで対抗。更に誤爆を誘って真琴を丸め込むがカウント2。逆に真琴がカウンターでの雁之助クラッチで3カウント。
DSC05960

2020年11月28日

11.27新木場1stRING・第2試合

第2試合 ハイスピードタッグマッチ(20分1本勝負)
○春輝つくし&小林香萌(9分40秒、直伝ラ・マヒストラル)永島千佳世&海樹リコ×
DSC05521 
小林はつくしと組むのが不服そう。南月はチカヨコール。つくし組が南月を排除し、まずは永島組を翻弄。つくし組がリコに変顔攻撃。お互いに取り合いとなる。小林はキャメルクラッチから変顔攻撃。つくしは加勢すると見せかけて小林に変顔攻撃。つくしが蹴りでカット。つくしも南月に反撃の串刺しドロップキック。小林も狙うが、リコがとおせんぼ。小林はリコに連続攻撃。そのままフォールでノーカウント。
DSC05047

DSC05076

DSC05095

DSC05180

リコはダイビングンボディーアタックからスモールパッケージ。永島が登場し、キックを連発。2人まとめてフェースクラッシャー。コーナーで2人の腕を取ると、腕十字へ。南月のカウントはスローに。永島が小林の両手を踏みつける。小林もエルボーで対抗し、エルボー合戦。小林はスネ蹴りからお返しの両手史も、かわす永島。だが小林がドロップキックを連発し、フィッシャーマンズスープレックス。
DSC05227

DSC05374 
つくしはダイビングボディーアタック。南月にも低空ドロップキック。エルボーも見舞うが、永島は追走してキッチンシンクから顔面踏みつけ。つくしのウラカンも更に丸める。丸め込み合戦はつくしの方だけスローカウント。小林も南月にエルボー。そこから小林が南月にウラカン。つくしはドロップキック。つくしのエルボーは小林に誤爆。小林もつくしにエルボー、ドロップキック。つくしもドロップキック。つかみ合いのケンカとなる。永島が2人にまとめてラリアット。つくしにはバックドロップ、セカンドからフットスタンプ。リコがタッチを要求してリングイン。つくしにドロップキックを連発し、1往復フォール。連続フォールは認められず。お互いに馬乗り攻撃。つくしは更に張り手。
 
リコはフォアアームを連発。つくしはエルボー。リコは丸め込みを連発。つくしは丸め込みを耐えてフットスタンプ。タイガー狙いも永島がキックでカット。リコはジャックナイフ固め。つくしは永島に背後からドロップキック。リコはつくしに丸め込み。つくしはマヒストラルで3カウント。試合後、強引に勝ち名乗りをさせる。

DSC05400

DSC05451

DSC05468  
つくし「おい南月、試合中に邪魔ばっかしてくるんじゃねえよ。本当に邪魔。こんなね、生ぬるい試合をするんじゃ意味ないんですよ。南月さん、そろそろハイスピードで一番決めませんか? その一番を証明できるような試合組んどけよ。ルールは何でもいいよ。じゃあよろしくね、悪魔さん」
DSC05563

2020年11月28日

11.27新木場1stRING・第1試合

第1試合
20分1本勝負
○笹村あやめ(8分8秒、パンダカッター改→片エビ固め)花穂ノ利×
DSC04663

DSC04746

DSC04784

ロックアップからフォアアームの打ち合い。笹村の串刺しエルボーに穂ノ利もすぐさま同じ技で対抗。ボディースラムを耐えた笹村が逆にボディースラムを決めてフットスタンプ。コーナーに追い詰めると顔面を踏みつける。ロープにもたれさせると背後から襲いかか。そして再びフットスタンプ。穂ノ利は下から張り手も、笹村も張り手から顔面蹴りを連発して挑発。穂ノ利が張り手を打っていくと、再び笹村が返り討ち。それでも穂ノ利は張り手を見舞うが、笹村は張り手から顔面踏みつけ、スリーパー、キャメルクラッチ。穂ノ利はようやくボディースラムを決め、串刺しエルボーからタックルを連発。お互いに馬乗り攻撃。ラリアットを避けた笹村はSTO。フォアアーム合戦から笹村が顔面蹴り。串刺しをかわした穂ノ利は丸め込みを連発。3発目は逆に笹村が押し潰す。カウンターで笹村がタックルを決め、ミサイルキック。最後は得意の一撃で笹村が3カウントを奪った。

DSC04832

DSC04855

DSC04918

DSC04959 

2020年11月28日

11.27新木場1stRING・オープニング

2020年11月27日(金) 東京・新木場1stRING
SEAdLINNNG~SHINKIBA NIGHT!~
満員札止め

DSC04659

ヤシの木