contact

2019年01月07日

【1/11新木場決定カード&追加日程・奈七永凱旋興行決定!】

2019年1月11日(金) 19:00 START 18:30 OPEN

「SEAdLINNNG~SHINKIBA 9th NIGHT!2019開幕戦〜」東京・新木場1stRING
 

▽決定カード

<メインイベント6人タッグマッチ 30分1本勝負>
 
高橋奈七永&彩羽匠&門倉凛  vs  世志琥&真琴&朱崇花

 
<第3試合 3WAYタッグマッチ 30分1本勝負>

中島安里紗&笹村あやめ  vs  水波綾&沙恵  vs  高瀬みゆき&有田ひめか

 
<第2試合 ハイスピードシングルマッチ 20分1本勝負>

つくし vs  清水ひかり

 
<第1試合 シングルマッチ20分1本勝負>

長浜浩江 vs  星月芽依
 
[チケット料金]

■dシート(最前列) ¥7,000

■REDシート(南ひな段B〜E・北側ステージ上最前列) ¥5,000

■BLUEシート(南ひな段A・東西南北2列目 ) ¥4,000

■YELLOWシート(自由席・北側ステージ2列目以降) ¥3,000

■dフレンズシート(高校生以下) ¥1,000 ※当日のみ・要身分証

※dフレンズシート以外当日¥500アップ

 

[チケット販売所]

□SEAdLINNNG事務所(‭http://seadlinnng.com/ticketform‬)

□チケットぴあ(‭0570-02-9999‬) Pコード 841-027

□イープラスe+ イープラス ‭http://eplus.jp/sead/‬(PC&携帯)ファミリーマート店内Famiポート

□プロレスショップ チャンピオン (‭03-3221-6237‬)

□後楽園ホール (‭03-5800-9999‬)

 

[会場アクセス]

〒136-0082 東京都江東区新木場1-6-24

各線新木場駅より徒歩2分

 

▽追加日程

2019年9月23日(祝・月)
11:30開場12:00開始
埼玉県・川口産業センター〜高橋奈七永凱旋大会〜
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年01月04日

12.28新木場大会・エンディング・試合後コメント

◎試合後のマイク
奈七永「おい×3、我闘雲舞。このままで終わると思うな! おい、全面対抗戦だ!」
DSC09874
さくら「2019年からの全面対抗戦、お断りだーーー!(退散)」
 
奈七永「……そうです、私はチャンピオンだ。チャンピオンがいま水森由菜から挑戦状を受け取りました。さくらえみはああやって、いつも×2、逃げ腰。だけど、あの水森由菜と駿河メイ! なかなかいいじゃん。おし、今日は負けたから私はあの人たちを追いますよ。アニキ、沙恵、悪いけど付いて来てくれるかな? 負けたままで終わりたくないんだ!」
 
水波「いやー、やられましたね、今日は。ちょっと負けたままで私も終われません。でも、今日は今日です。明日は明日の風が吹くんです、奈七永さん。私はとりあえず明日タイトルマッチあるし、大畠の引退もあるからとりあえずそれに集中させてください!」
 
沙恵「自分は一番最初に負けちゃってめちゃめちゃ悔しかったんですよ。試合してた時間より待ってる時間のほうが長かったんですよ。そんなのめちゃめちゃ悔しいじゃないですか。いやだよ、こんなの。やり返したい、本当にやり返したいです。むかつく!」
DSC09922
奈七永「敵は多いほうがいいから、今日のことを忘れずに2019年また頑張ろう。頑張っていこう! アニキは明日、しっかりベルトを守って、大畠を見送ってください! ありがとうございましたー(ここで水波&沙恵が退場。入れ替わりでシードリング勢がリングへ)。それではもう少しシードリングからの贈り物させてください」
DSC00003
そう言うと、この日、出場した全選手のサインが入った色紙3枚をファンにプレゼント。そして、スピッツの名曲を熱唱し、奈七永は「来年もみなさんにとっていい年になりますように。そしてシードリング、もっともっと熱く盛り上がっていきます。それではみんなで最後にLet’s get d! 行きまーす、せーの! Let’s get d! ありがとうございました。来年は1月11日新木場、1月20日後楽園ホールでお待ちしています。よろしくお願いしまーす!」と締めくくった。
DSC00086
DSC00070
◎奈七永コメント
DSC00101
奈七永「ありがとうございました。今日は2018年の感謝を込めて、『1年ありがとうございました』という思いを込めて大会をやらせて頂いたんですけど、ルールを当日に決めたり、ナナエの部屋だったり、歌だったり、バラエティに飛んだ大会になって充実感はあるんですけど、やっぱり自分的には試合が第一で。1月20日に世志琥とのタイトルマッチが決まっているなかで、我闘雲舞軍団にやられたのは悔しい。悔しさもあるけれども、久々のさくらえみ。さくらえみの持ってるポテンシャルというものが凄いなって刺激があるなと思ったし、さくらえみの下に付いている駿河メイ、水森由菜。すっごいイキイキして、非常にプロレスを謳歌してる選手たちで、だから最後こういう結果になってしまったんだと思うし、新たな来年の目標ですよね、そこが。ああやってさくらさんみたいにどんどん新人を輩出して、いい選手を育てていくということをシードリングももちろんやっていかないといけないし。いま一人練習生がデビュー目指して頑張っているので、その(秀島)穂乃利をデビューさせて、また新しい選手たちをどんどん仲間に入ってこれる雰囲気を作っていくとか、いろんな課題が今日は、改めてなんですけど、見えた気がします」
 
——2018年振り返って。
奈七永「激動でした! 自分のなかでは。年始にケガをしてラダーから落ちて、欠場になって。その間に本当にケガの調子だけじゃなくて、気持ち的にどん底に落ち込んでしまったところから5月に復帰して。一瞬、一瞬を自分でプロレスを吸い上げたいというか、カラダ全部で楽しんでいこう、闘っていこう、目の前のものにぶつかって行こうとした結果、シードリング初のベルトも設立して、それをゲットすることもできたので。本当に私の人生、すべてプロレスで喜怒哀楽が全部詰まっていてリング上が一番生きてる感じがやっぱりします。来年もさっき言ったような課題を一つずつクリアしていって、シードリングを大きくしたいという思いはずっとずっと変わらないので、私負けたくないので。自分にも負けたくないし、なのでしっかりと結果を目に見えた結果を団体として出していきたいというのが、選手でもあり、代表としても目標なので、変わらずにパッションでいきたいと思います! ズンズンチャ、ズンズンチャ、パッショーン! ありがとうございました!」
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年01月04日

12.28新木場大会・メインイベント

3、イリミネーションマッチ(40分)
さくらえみ&水森由菜&駿河メイ(3-2)高橋奈七永&水波綾&沙恵
※1人残りで我闘雲舞が勝利
①○さくら(12分40秒、ラ・マヒストラル)沙恵●
②○奈七永(18分5秒、アルバトロス)駿河●
③○水波(21分45秒、片エビ固め)さくら●
※ラリアット
④○水森(24分31秒、オーバー・ザ・トップロープ)水波●
⑤○水森(25分36秒、オーバー・ザ・トップロープ)奈七永●
 
【リポート】
DSC09051
年内最終マッチはMAX VOLTAGEとしてユニットを組む高橋奈七永と水波綾に、名古屋ドリームガールズの沙恵が合流。奈七永は沙恵のポテンシャルの高さを買っており、11・24横浜でシングル対決、12・13新宿でタッグを組んでいる。対峙するのはさくらえみ率いる我闘雲舞勢。さくらのパートナーを務める水森由菜、駿河メイはいずれも今年デビューしたばかりの新人選手で、とくにシードリング初参戦となる駿河はどんなインパクトを残すのか、注目だ。
DSC09088
試合は奈七永VSさくらでスタートするが、さくらはヘアホイップを放つと早々に水森と交代。水森はショルダータックルで突進。堪えた奈七永が逆に吹っ飛ばす。水森も水車落としでやり返し、さくらに戻す。
 
水波VSさくらではモンゴリアンチョップを巡る攻防。そこから水波がお得意の串刺しラリアットを狙うが、奈七永が割り込み「We will Rock you」のリズムに乗ってトレイン攻撃につなげる。
 
さくらからタッチを受けた駿河がアームホイップからのダイヤル固めへ。キックアウトされるとお転婆ダッシュ。そして弓矢固めで捕獲する。水波が脱出すると、沙恵がビッグブーツで続く。
 
さくらが出ていき、逆水平チョップをお見舞いすると、沙恵はビッグブーツで応戦。さくらをオーバー・ザ・トップロープで失格させようとする沙恵。堪えたさくらが「さくらえみ80キロ」を投下。そして水波を利用しての鏡持ちプレス、リバーススプラッシュ、ファンタスティックフリップを沙恵に放つ。カットされると、ムーンサルトプレスを投下。これをかわした沙恵がビッグブーツ。
 
沙恵もウイングクラッチホールドでカウント2。すぐに走るも、さくらがラ・マヒストラルで3カウント!
 
試合が続行され、チーム対抗のブレーンバスターの掛け合いに。両チーム譲らぬ状況となり、水森が割って入る。続いてさくらのブレーンバスターが奈七永に決まる。駿河もドロップキック3連発で追い打ち。さらに突撃(コーナーポストへのヘッドバット)を連発し、リバースロメロへ。
DSC09124
駿河のトリッキーな動きに翻弄された奈七永だったが、駿河を孤立させると19(カナディアンバックブリーカーからのストマックブロック)、バックドロップ、ラリアットと反撃。
 
いずれもカットに救われた駿河がプロペラクラッチなどの丸め込みで攻勢に出るも、キックアウトした奈七永がアルバトロスで駿河からギブアップを奪った。
DSC09549
戦況を五分に戻した奈七永組。続いて水波VS水森となり、エルボー合戦へ。続く水森のトロピカル☆ヤッホープレスはカウント2。さくらが串刺しボディーアタックを放つが、キャッチした水波がコーナーへ。
 
さくらが追いつき雪崩式ブレーンバスターを敢行。すかさずマヒストラルの体勢に入るが、回避した水波が、奈七永のジャンピング延髄を挟んでラリアット。ダメ押しの一発をブチ込み、さくらから勝利を収めた。
DSC09683
これで1対2という圧倒的に不利な状況に陥ってしまった水森。早速、水波がファイアーマンキャリーで担ぐも、なんとか堪えて串刺し攻撃につなげる。そして、奈七永&水波の誤爆を誘うと、水波を場外へと落として、失格に追い込んだ。
 
奈七永VS水森となり、水森が回し蹴りを放てば、奈七永もジャンピング延髄でお返し。エルボーのラリーから水森のボディープレスはカウント2。奈七永も至近距離からのラリアットで応戦し、突進する。しかし、水森がロープを下げてエプロンへと担ぎ出し、スライディングキックでOTR葬。
DSC09746
オーバー・ザ・トップロープながら、デビュー1年未満の水森が水波、奈七永から勝利を収めた。
DSC09793

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年01月04日

12.28新木場大会・第2試合

2、ノーフォールマッチ(40分1本勝負)
○山下りな&有田ひめか(16分57秒、胴締めスリーパー)世志琥&結奈●
DSC08661
【リポート】
タッグ王座から陥落し、決裂してしまったBORDERLESS(世志琥&山下りな)がWAVE12・29後楽園でのシングル対決を前に、タッグマッチで激突。なお、結奈は今大会がシードリング初参戦となる。
 
試合前の抽選の結果、試合形式は、ギブアップ、KO(ダウンカウントは3カウント)、場外リングアウトは10カウント、TKOで試合が決するというノーフォールマッチとなることが決定。
 
世志琥と山下は握手をかわさず、ゴングと同時にショルダータックルで衝突する。山下がスリーパーに捕らえると、世志琥も取り返す。グラウンドで組み合ったが、両者ともに譲らない。
 
結奈VS有田に移行し、ショルダータックルでぶつかり合う。有田が先になぎ倒し、ブレーンバスター。カバーには行かずに山下とチェンジする。山下は赤コーナーで控える世志琥に一直線。エルボー弾で牽制したあと、結奈にストンピングを浴びせていく。そして、串刺しラリアット2発でカバーするも、すぐにノーフォールマッチだと気付いて有田に戻す。
 
有田がショルダータックル3連発からカバーするが、これもノーフォール。有田もルールに戸惑っている様子。すぐさま逆エビ固めでステップオーバー。耐えられると串刺しボディーアタックで追い打ちをかける。
 
劣勢の結奈だったが、カウンターのスピアで流れを変えて、ようやく世志琥にタッチする。
DSC08817
挽回モードの世志琥は山下&有田を相手に大暴れ! ダブルのクローズラインを迎撃すると、有田にローキックからのセントーン。これを寸前でかわした有田が逆エビ固めで捕獲する。そして、アルゼンチン・バックブリーカーを狙うが、持ち上がらない。作戦を変更し、ショルダータックルを放って山下に託す。
 
山下はショートレンジラリアットを連発。ブレーンバスターの掛け合いを制して串刺し攻撃を狙う。これをブーメランアタック式ラリアットで返した世志琥がスライディングキック。山下を場外へと送り出すも、場外カウントは10カウントのため、早々に両選手がリングに戻る。
 
エルボーのラリーから走る山下。世志琥が追走してラリアット。しかし背を向けた瞬間、山下がおんぶ式スリーパーで捕獲する。これを叩き付けて脱出した世志琥。ならばと山下はスライディングラリアットで飛び込むが、世志琥がワキ固めに切り返し、耐えられると腕十字へ。さらに世志琥は手つなぎラリアットを放ってセカンドからのセントーンを投下。
DSC08637
ダウンカウントが数えられるも、なんとかカウント2で立ち上がる山下。結奈が正面ドロップキック4連発で追撃していき、クロスフェースへ。ブレイクされるとフィッシャーマンSHから雷電ドロップを狙う。かわした山下がスリーパーで捕獲するも、世志琥がラリアットで救出。
DSC08842
結奈はカウンターのスピアから変形テキサスクローバーホールドへ。山下が耐えきると、世志琥が助っ人に入り両腕ラリアットで山下&有田をブチ抜く。もう一度、走る世志琥だったが、山下&有田がロープを下げてエプロンへと送り込み、すぐさま有田が世志琥にスリーパー! 結奈を孤立させると山下が胴締めスリーパーで仕留めた。
DSC08886

◎世志琥コメント
——山下選手と決裂してからのタッグ対決となったが。
世志琥「明日のシングルマッチも決まっていたので、まあ今日、タッグで当たるって言っても自分は正直山下にしか眼中になくて、どうやってコイツを仕留めてやろうか、と。ノーフォールだし、どうしてやろうかと思ってたんですけど、なんですかね…有田が想像以上につっかかってきて、『オメーなんなんだよ』みたいな。山下のことは(今日対戦して)吹っ切れましたね。コイツは絶対ウチの上には立たせたないヤツだなと改めて。まあ立たせないし」
 
——シングルは負けてしまった大田区以来となるが。
世志琥「以来ですね。あのときの自分とはまったく違いますし、組んでたことによって逆に山下の弱みとかも熟知したので、こっちのほうが有利なんじゃないかなと」
 
——今日の試合はノーフォールマッチとなったが。
世志琥「向こうのバカさが丸出しでしたね。バカじゃねーのと思って。本当に、ノーフォールって言ってるのに、フォール乗ってんじゃねーよって。まあ(自分は)いろんなルールでも対応できるようにはしてるので」
 
——明日はスッキリした気持ちでフォールを取りに行く?
世志琥「今日はやり足りないので、明日に向けて力は温存できてるのかなという感じですね」
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年01月04日

12.28新木場大会・ナナエの部屋

◎ナナエの部屋
DSC08278
新木場大会恒例の「ナナエの部屋」が行われ、奈七永が“黒柳奈七永”に扮して登場。この日、メインで組む、水波綾、沙恵をゲストとして呼び込み、トークセッションでファンを楽しませた。
DSC08978
さらに今大会は年末最終興行ということもあり、南月専務と同級生のぶーちゃんがギターの弾き語りを披露。今年1年の感謝の気持ちを歌に込めた。
DSC08379

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木