contact

カテゴリー

2019年06月17日

6.14新木場 第4試合

第4試合
タッグマッチ20分1本勝負
○水波綾&HIRO’e(18分26秒、ホットリミット→片エビ固め)中島安里紗&笹村あやめ●
DSC02273
笹村はトペフェイントから「笹村が帰ってきたぞ!」とアピール。HIRO’eはドロップキック、笹村はタックル。中島組がコンビネーションプレーで水波に襲いかかる。笹村がボディースラム狙いも水波は涼しい顔で切り返し、ギロチンドロップ。HIRO’eはアキレス腱固め。笹村はエルボー連打も、水波がすぐに切り返し、逆水平チョップの乱れ打ち。
DSC02416
ギロチンをよけるとボディースラム。中島が登場。水波&HIRO’eはダブルタックルを食らわせるが、中島は場外ダイブ。リングではスイングDDT、逆片エビ固め。脱出すると、HIRO’eが2人まとめてドロップキック。水波も2人まとめてスピア。HIRO’eは笹村に串刺し攻撃からブレーンバスター。エルボー合戦からHIRO’eがコードブレイカー。笹村はタックル。中島は走り込んでの顔面蹴りを連発。エルボー合戦からHIRO’eは腹部にエルボー。
DSC02431
DSC02552
中島は腹パンチの連発から顔面キック、ミサイルキック、DDT。関節技を決めると、カットに入った水波にも決める。中島とHIRO’eの丸め込み合戦からjHIRO’eが後頭部ドロップキック、ノーザンライトスープレックス、スピア。水波は左右のエルボー連打、その場ラリアット、走り込んでギロチン。中島はエルボー連打、ウラカン・ラナ、後頭部キック。水波はドラゴンスープレックス。中島はだるま式ジャーマン。走り込んでキック。笹村は串刺し攻撃。中島、笹村が連続ミサイル。笹村のブレーンバスターから中島はダイビングエルボー。
DSC02553
笹村はダイビングエルボー。水波は中島にラリアット。笹村には HIRO’eの攻撃からスピア。笹村はノーザンライトスープレックス。中島のキックは笹村に誤爆。それでも笹村が水波に丸め込み。カウント2で返した水波がラリアット。中島がフォールをカット。もう一発放つとキックアウト。だが最後はホットリミットで3カウント。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年06月17日

6.14新木場 第3試合

第3試合
BYOND THE TITLE~シングルマッチ(10分1本勝負)
△世志琥(時間切れ引き分け)高瀬みゆき△
DSC02109 
※第3試合
開始のゴングを待たずして高瀬がドロップキックからエルボー連打。世志琥はタックル。スピーディーな展開から世志琥が顔面蹴りを連発。高瀬はチョップ&エルボー。世志琥は風車式バックブリーカー。逆エビ狙いは耐える高瀬。世志琥は蹴りを入れてからリバース。腰を踏みつけて余裕の世志琥。腰へのダブルニーも決める。蹴りも連発するが、高瀬の目は死んでおらず。世志琥はボディースラム3連発。キャメルクラッチを決めながら「ギブアップしろよ」と世志琥。髪を掴んで投げ飛ばした世志琥は顔面ウォッシュ。
DSC01865DSC01998
5分経過。よけた高瀬が逆に右膝を踏みつけ、その右膝をウォッシュ。アキレス腱固めを狙うが、世志琥はスタンディングで強引に脱出。高瀬は更にミサイルキック、串刺しラリアット。ショートレンジで連発も世志琥は前進し、カウンターでニーリフト。PKを決めた世志琥だが、セントーンをかわした高瀬がアンクルホールド。高瀬はエスケープされた後もミサイルキックからフォール。ダイビングギロチンをかわした世志琥はキック。その足をキャッチした高瀬が担ごうとするが、耐える世志琥。エルボー合戦から高瀬がヘッドバット。世志琥もヘッドバットから担ぐが、高瀬がフォール狙い。丸め込み合戦から残り30秒で世志琥がネックハンギングボム。だが高瀬もフォール。世志琥はカウンターのラリアット。カウント2。更にもう一発技を決めたがフォールに入った所でフルタイムドローのゴング。
DSC02076

世志琥「なんだ、てめえ、こら。あぁん?」
松本「なんか言ってみろよ」
世志琥「ドローで嬉しいか、こら」
高瀬「ああ、どうです? あんたはアクトレスガールズに勝てなかったんですよ! どうや? たぶって勝つ? 勝ってませんけど!? 10分ドロー。いたぶってドロー。勝つとはなんですか? その余裕が隙じゃないんですか? 戦って思いました。うちら個人個人まだまだかもしれへんけど、個々は強いかもしれへんけど、うちの粘りとひめかのでかさ合わせたら、わからないですね」
松本「お前の言ってる事も訳わかんねえんだよ。まったくわからない。世志琥、わかった? わからないよね。みなさん今日の試合内容どうでした? チャンピオンチームが勝ってたと思う人!(シーン)挑戦者チームが勝ってたと思う人(拍手)。これが今お前たちの実力なんだよ。 とくに有田てめえ、さっき高瀬に、高瀬だけじゃない?。お前はただのでかいだけなんだよ。高瀬におんぶに抱っこのただのジャンボなんだよ。泣けばいいと思うな!」
有田「自分は確かにThe Beginningとして、今腰にベルト巻いてて、チャンピオンとして、タッグチームとして戦ってるけど、確かにこのリングでみゆきさんより上だとか何か実績残したかって言われたら、自信はない(涙)。でも私は絶対にこのベルトは渡すつもりはないはないし、お前らに負けるつもりもない。28日、覚えておけ!」
世志琥「負けて泣いてんじゃねぇよ、こら。ドロー。お前な、そんなんだからよ、アクトレスはそんなもんだって言われるんじゃねえの? なに? ドローで喜んでんじゃねえよ。まあ所詮アクトレスはそんなもんですよね。勝てなくても、ドローでいいんでしょ。SEAdLINNNGにはよ、そんなチャンピオンいらないんで。自分たちがマジで獲りにいきます。そこんとこヨロシク」
高瀬「(世志琥組退場後)ああ、そうですよ。勝ってませんよ。いいですよ。そんなの散々言われてきましたから。すべては28日、見とけよ!」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年06月17日

6.14新木場 第2試合

第2試合
BYOND THE TITLE~シングルマッチ(10分1本勝負)
○松本浩代(8分38秒、テキサスクローバーホールド)有田ひめか×
DSC01733
ロックアップで押し込む松本。有田も引かない。「どうしたチャンピオン」と松本が挑発し、馬乗りフォールの連発からスリーパー。松本がヘッドロック、タックル合戦は互角。松本がアームホイップ。有田がタックル。松本もタックルでダウンを奪い、関節技で絞り上げる。逆水平チョップも連発。有田もエルボーで返すが、松本は前進して反撃し、ブレーンバスター。コーナーにセットして串刺しプレス。リバーススプラッシュを迎撃した有田は串刺しもかわして串刺しプレス。後頭部への膝蹴りからバックフリップ。ボディープレスを膝で迎撃した松本はエルボー合戦でも優位。
DSC01791
DSC01818
ラリアットの相打ちが続き、有田をダウンさせた松本。有田は張り手も、松本が追いかけラリアット。有田も追いかけプレスからジャンピングニー。変則ロープワークからラリアットを決めた松本は逆エビ固め。コーナーからダブルニーを落とすもカウント2。逆エビを暴れて決めさせなかった有田だが、松本はテキサスクローバーでギブアップ勝ち。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年06月17日

6.14新木場 第1試合

第1試合
ハイスピード3WAYマッチ(20分1本勝負)
○小林香萌(7分43秒、120%スクールボーイ)星月芽依×
※もう1人は駿河メイ
DSC01657 
南月レフェリーが「髪の毛がないです!」と小林に。2対1の状況に早速戸惑う小林。開始のゴングと同時にメイメイアピール。2人で小林に力比べ。返す小林。ドロップキックをよけて2人で攻撃。小林が星月の髪の毛を掴んで投げようとする。返した星月が投げようとするが髪の毛が無くて投げられず。小林は2人を投げたが着地した2人がドロップキック。小林と星月が早い展開から星月がドロップキック。駿河がキャメルクラッチの状態から頭を攻め、星月が顔面ドロップキック。髪の毛をめぐる戦いはその後も続き、南月レフェリーと小林の攻防から小林がジャベ。メイメイがカット。
DSC01484
2人で小林にメイメイポーズを決めさせ、2人でフォール。更にサンドイッチ顔面キック、再び2人でフォール。小林は星月に串刺しドロップキック。星月もドロップキックを連発。ボディースラムを耐えた小林が逆にボディースラム。フォールを狙ってロープを一往復も駿河がカット。コーナーに頭をぶつけ、モンキーフリップ。小林はドロップキック。メイメイが連続フォール。星月のドロップキックが駿河に誤爆。小林が星月に狙ったキックも駿河に命中してしまい、その直後に小林が星月を丸め込んで3カウント。試合後も散々、小林の丸刈りをいじったメイメイと南月レフェリーは小林を一人置いて先に退場。
DSC01563

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年06月17日

6.14新木場 オープニング

SEAdLINNNG~SHINKIBA 13th NIGHT!
6月14日=東京・新木場1stRING
観衆202人
 
試合前に全選手入場式が行われ、選手を代表してビヨンド・ザ・シーシングルチャンピオンとなった彩羽匠が挨拶。
DSC01343 
彩羽「みなさんこんばんは! ビヨンド・ザ・シー・シングルチャンピオンになりました彩羽匠です。シングルチャンピオンになったんですけども自分は目標がありまして、女子プロレスの景色を変えたいって言ってるんですけども、チャンピオンになったからといって高ぶらずおごらず、しっかり目標に突き進んでいきたいと思います。そして今日はメインイベントで奈七永さんと神童と組ませてもらうんですけども、みんなチャンピオンです。しっかりみんな腰にプライドを背負っているので、相手チームのでかい3人にしっかりチャンピオンとしての風格を見せつつ勝ちたいと思います。そして、本当だったら、SEAdLINNNG、はじまりは“Let’s get d”ではじまると思うんですけど、自分はマーベラスの選手の選手なのでちょっと融合させてもらいたいんですけど、いいですか? いつもは“Let’s get d”ですよね。それを、“レッツ・ゲット・マーベリング? マードリング? どっちがいいと思います?」
奈七永「SEAdLINNNG」
彩羽「マーベリングかマードリング」
奈七永「マーベリングで、じゃあ」
彩羽「レッツゲット、マーベリングでお願いします。いいですか?(練習した後、観客も立ち上がって)それでは全5試合、楽しんで下さい。いきます! レッツゲット、マーベリング! ありがとうございます」
DSC01373 

続いてビヨンド・ザ・シータッグ王座の前哨シングル2番勝負の公開抽選が行われ、第2試合が松本vs有田、第3試合が世志琥vs高瀬に決定。
 DSC01378

松本「皆さんこんばんは。破壊する松本浩代です。前回ね、本当はね、高瀬に取られてるから、高瀬と本当はやりたかったんだよなぁ。だけど有田としっかりぶつかってお前のシングルの実力、確かめさせてもらいたいと思います!」
世志琥「どうも世志琥です。まあ高瀬とになったんですけど、松本浩代がすぐに勝ってくれると思うんで、自分は、いたぶっていたぶって、チャンピオンさんから勝ちたいと思ってるんで、そこんとこヨロシク」
有田「THE Beginningは高瀬みゆきだけじゃない。有田ひめかもいるっていう事を証明したいと思います」
高瀬「世志琥の声援ばっかりですけど、ここの、アンタらが思ってるような結果にはならへん! いたぶる? 上等ですよ。あの勝ちがマグレじゃないって事を見せつけてやりますから。第3試合、楽しみにしといて下さい!」
DSC01393

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木