contact

カテゴリー

2019年04月19日

4.12新木場・メインイベント

5、30分1本勝負
○中島安里紗(19分50秒、D×D)コマンド・ボリショイ●
 
中島安里紗とコマンド・ボリショイの5度目のシングル対決。過去4回の対決はいずれもドローに終わっている。PURE-J4・21後楽園でボリショイが引退するため、これが最後のシングル。中島はラストチャンスでボリショイ越えを果たすことができるのか!?
 
中島はビヨンド・ザ・シー・タッグのベルトを持って登場。ボリショイの前に立つその目には光るものが……。
 
ゴングと同時に「ボリショイ」コールが沸き起こる。ロックアップからリストロック、ヘッドロックの攻防に力が入る。力比べの体勢からグラウンドへ。そこからボリショイがアルゼンチン・バックブリーカー。そして「生意気なんだよ!」とキャメルクラッチで捕獲する。
 
かろうじて脱出した中島がダブルアーム・スープレックス3連発でお返し。キックアウトされると腕十字へ。堪えられると、対角線にハンマースルー。これを切り返したボリショイがブラ下がり腕十字。さらにロープ越しのバックブリーカーで絞り上げる。
DSC09277
DSC09313 
耐えた中島が走るも、ボリショイがワキ固めで捕獲。中島もストレッチ・マフラーホールドに切り返し、形勢逆転。さらに取り返したボリショイがジャベ。中島がブレイクして今度はアンクルホールドへ。攻守が二転三転するなか、ボリショイはヒザ十字を狙うが、切り返した中島がジャーマン。キックアウトしたボリショイがワキ固め。中島は叩き付けて脱出する。

すぐにコーナーに向かった中島がミサイル発射。カウント2。今度はボリショイがワキ固め、619、ボリショイ式ワキ固めへ。崩れるとグランド卍固めで絞り上げる。ブレイクされるとジャーマン。さらにストレッチプラム→チキンウイング・アームロックで捕獲する。
 
腕をロックされたままジャーマンで脱出した中島。ボリショイのカブキ直伝アッパーブロー、中島のエルボー弾が乱れるなか、中島が先にダウンを奪う。ダイビング・フットスタンプで追い打ちをかける中島。
DSC09558 
このピンチをしのいだボリショイは手つなぎ掌底でダウンを奪い返す。さらにカウントの途中で投げっぱなしジャーマン。ピコニースマッシュで追撃する。だが2発目は中島も回避。
 
エルボー弾で仕掛けた中島がキューティースペシャルでカウント2。ドラゴンSHもカウント2止まり。ムーンサルトプレスも返すボリショイ。ならばと、もう一度ドラゴンの体勢に入る中島。ボリショイはロープを掴んで回避しようとしたが、引き戻した中島がD×Dにつなげて、ついに3カウント! ボリショイから初勝利を奪った。
DSC09635 
DSC09706

◎エンディング
ボリショイ「安里紗、今日はどうもありがとう。今日で私と中島、決着がついて、私は完敗しました。中島の執念と、そして常日頃の努力を試合を通じていつも感じています。本当に強い後輩でいてくれてありがとう。一つ、今日が最後だとさんざん言ってきましたが、私の引退の日は4月21日、後楽園ホールで。中島があまり対戦したことのないボリショイ・キッドも出ます。ボリショイ・キッド引退記念バトルロイヤル。最後は、このままじゃ気が済まないので中島安里紗やっつけて晴れ晴れしくプロレスを卒業していきたいと思います。だから4月21日、あけといて」
DSC09733 
中島「ボリショイさん、本当に(涙声)、あー……。わからないどうしよう。引退前、時間がないなかで私と闘ってくださって本当にありがとうございました。ボリショイさんがいなければ、自分はもうプロレスをやっていないと思うし、本当にたくさん迷惑かけてごめんなさい! 本当にありがとうございました!! 引退までケガなく、21日もう1回ぶっ潰すんでよろしくお願いします! はい、えー。わからない……。今日は本当に最後の闘いを見に来てくれてありがとうございました。自分はいまSEAdLINNNGですが、ボリショイさんに教えていただいたこと、JWP魂を忘れずに、必ずもっともっと強くなって、もっとデカくなって、ボリショイさんに『中島安里紗ここにあり』っていうのを示していくんで、みなさんも、ボリショイさんも、これからもよろしくお願いします! すみません、それと4月28日、自分のプロデュース大会なんですけど、まだ何も発表されていません。やりたい選手いっぱいいます。30歳になって、これからよくわからないんですけど、やりたい選手、高橋奈七永!(ボリショイがリングを降りようとすると)ボリショイさん、まだいてください。高橋奈七永と私はシングルがしたい。高橋奈七永とも闘いたい。けど、もっと闘いたい選手もいっぱいいる。やりたいタッグもいっぱいある。とにかく4月28日、高橋奈七永とシングルがしたい。それだけは覚えておいてください」
 
奈七永「シングルやるのはかまいませんよ。4月28日のプロデューサーは中島だから。でも、高橋奈七永ともやりたいっていうのは気にくわねー! 中島らしくないじゃん。一つの道を突き進む中島らしくないと思いません? ボリショイさん!」
 
ボリショイ「調子いいのが中島」
 
中島「やっぱりボリショイさんはなんでもわかってくれる! とにかく! 4月28日、覚えておけよ。お前ともやるし、アイツともやるし、アイツともやるし、アイツともやる! みなさんぜひ4月28日楽しみにしておいてください。今日はボリショイさん、最初で最後、SEAdLINNNG一緒に締めていただいていいですか! 自分、肩がボリショイさんのせいで痛いんで。みなさんもよろしいでしょうか、一緒に。知ってるよね? 立てる方、立っていただいてもいいですか! 最初で最後なので」
 
ボリショイ「いくぞー、Let’s get d!」
 
中島「ありがとうございました!」

 

◎中島バックステージ
中島「今日はホントにボリショイさんと最後のシングルマッチということで、入場してから試合が始まるまでに『あっ、最後なんだ』って実感が湧いてきて、ちょっと泣きそうになったりもしたんですけど、試合が始まったら絶対に負けたくない相手だし、ボリショイさんの土俵の試合になって、悔しさや超えられていないと思う部分もあって。でも最後に3カウントを取って勝てたんで、今日の悔しさも嬉しさも感謝も全部心に刻んでこれから闘っていきたいと思います」
 
——ロープワークのない2人ならではの闘いになったが?
中島「やってていっぱいいっぱいでしたけど、ボリショイさんとのこの闘いは本当に唯一無二で、私も普段こういう闘いというのはなかなかないので。でもやっぱり好きなスタイルでもあるし、これからもっと磨いていきたいですね。こういう闘いもできるというところを」
 
——印象に残ってる思い出は?
中島「えーっ、いっぱいありすぎますね…。本当に毎日一緒にいて、ボリショイさんには何でも話せて、先輩と後輩ですけどホントに姉妹みたいな相手だったので。自分がデビューしたばかりの頃のアップで、レスリングでボリショイさんが相手してくださって、まだ本当にデビューして1カ月くらいの頃だったんですけど、負けて自分が大号泣したという話をボリショイさんがいつもして下さってて。『デビューしたばかりの子が何十年もやってる私に本気で勝とうとしてるのがおもろいわ~』っていつも言ってて。でも、練習生が私に負けて泣いてるのを見て、ボリショイさんの気持ちが今わかったりして、これからも『ボリショイさんはあのときああだったんだろうな』ってのがこれからたくさん出てくるんだろうなって思うことが…。(涙声になり)まだまだ全然わかってないんだなって、ボリショイさんの気持ちが。どんな思いで私のことを見ててくれたのかとか。でも、それをこれから私はたくさん知っていきたいし、同じことを後輩に返していかなきゃいけないなと思います」
 
——ボリショイ・キッドとの対戦も決まったが?
中島「あんまり試合したことがないんであんまりわからないんですが、もう一回やり合えるんで。キッドでもコマンドでも、私はもう一度今日と同じようにやってやりますよ。今日と同じように3カウントを取って、スッキリ送り出したいと思います。やり返させません! 」
 
——プロデュース興行の相手には奈七永を指名したが?
中島「言いましたけど、いろんなことをやりたくて、いろいろ組みたい相手もいる。でも、シングルのベルトを巻いている高橋奈七永とシングルがしたいっていうのはずっと思っていたことではあるので。こうやって一番の師匠であるボリショイさんとの最後のシングルマッチを終えて、30歳になって、この平成の最後に闘う相手はやっぱり高橋奈七永だなって。昔からやりたいってずっと言い続けて、高橋奈七永と闘ってSEAdLINNNGに入って、シングルをやりたいと思いました。私のプロデュース興行なんで、他の人の気持ちなんて知りません! 私がやりたいようにやります!」
 

◎ボリショイバックステージ
——最後のシングルマッチだったが。
ボリショイ「うーん、なんか入場のときに、『show me heaven』をかけてきて、コノヤローっと思って、なんか泣いちゃいますよね。いろんなことを思い出して、中島に合う曲はどんな曲かなって。あれ、私が探した曲で退団してもしばらく使ってくれてたのに、しばらく会わないうちに違う曲に変わってて……。完全に離れたんだなと思ってちょっと寂しかったら、今日、その曲かけてきて、ズルイと思って。ちょっと感極まったんですけど、だけど、やっぱり中島の隙のない動きで、泣いてる場合じゃなかったですね」
 
——2人ならではの攻防だったが。
ボリショイ「はい。そうですね。中島との試合は凄く大好きだし、ずっと闘っていたいと思うし。なんか中島みたいな暴れ馬みたいな、言うこときかないような、クセのある、そんな子がいたから、私はその子を育てるために私も強くならなきゃいけなかったし、本当に感謝しかないです」
 
——最後はもう1回、ボリショイ・キッドで。
ボリショイ「そうですよ。やり返しますよ。今日の借り返さないと、なんか負けて終わっちゃー、やっぱりね。最後はボリショイ・キッド引退記念バトルロイヤルという形で私にゆかりのあった選手に集まってもらって、ボリショイ・キッドとしての最後の試合をやることになりました。これからいろんな選手にオファーをかけていってるんですけど、中島にもそこに参加してもらって、あまりボリショイ・キッドと対戦したことないと思うんで、また闘えて嬉しいです」
 
——最後に声をかけるとしたら。
ボリショイ「声をかける、中島に? 中島は……正直、本人もそうだと思うけど、いまのポジションで満足してる選手ではないし、彼女にはセンターが似合うし、センターじゃなきゃいられないのが中島安里紗だと思うし、三番手に落ち着いている選手じゃないと思うし、だから私はまだまだ中島がこれから進化すると信じてます。楽しみです」
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年04月19日

4.12新木場・第4試合

4、20分1本勝負
△高橋奈七永&水波綾(時間切れ引き分け)彩羽匠&アマゾン△
 

WAVE4・1新木場での直接対決で、さらなる絆を深めたMAX VOLTAGEの高橋奈七永と水波綾。気持ち新たにタッグを結成した。対するは、奈七永越えを掲げる彩羽匠と、イギリスから来日中のアマゾン。アマゾンはGWFチャンピオンのベルトを巻いて登場。
DSC08578 
スタートからテンションMAXの奈七永&水波。会場のボルテージも上げていく。先発は水波VSアマゾンでスタート。水波がショルダータックルで向かっていくが、アマゾンが受け止める。それでも諦めない水波。何度も立ち向かっていく。
DSC08692 
続いて奈七永VS彩羽。彩羽がキックのコンビで攻め込むと、奈七永はショルダータックルで応戦。MAX VOLTAGEの合体ギロチンドロップを挟んで、奈七永が足の4の字固めで捕獲する。
 
水波が逆水平チョップで続き、勢いに乗る。串刺しエルボーを成功させた水波は「SEAdLINNNGのファンのみなさんお久しぶりです!」と、奈七永を呼び込み2人でリズムを取りながら、串刺しラリアットのトレイン攻撃。カウント2。
DSC08718  
続く奈七永がバックドロップ。キックアウトされるとアルバトロス→腕固めに移行する。耐える彩羽。低空ドロップキックでやり返した彩羽がアマゾンとタッチ。
 
アマゾンはMAX VOLTAGEをまとめて串刺しプレスすると、2人同時にブレーンバスター! 怪力ぶりをアピールしたあと、サイドバスターで追撃。ボディースラムもカウント2止まり。ならばとアマゾンは串刺し攻撃を連発。
 
だが、最終的に奈七永がかわしてブレーンバスターでお返し。水波と交代する。水波は張り付けラリアットで挽回。裏投げを狙うが、持ち上がらない。ショートレンジラリアットを見舞うが、逆にアマゾンがフィッシャーマンSHの2連発でカウント2。
 
10分経過。ここで彩羽が出ていき、水波にローキック、顔面ドロップキックをお見舞い。高速ブレーンバスターにつなげる。もう一発、高速ブレーンバスターを放った彩羽がコーナーに向かう。奈七永が足止めすると、水波が雪崩式の体勢。これを回避する彩羽。ならばと水波はフロントスープレックス、ギロチンドロップ、裏投げで攻勢に出る。キックアウトされるとロープに走るが、彩羽がカウンター攻撃。ここからエルボー、ショートレンジラリアット、キックの攻防。走る彩羽だったが、水波がラリアットで迎撃する。
 
今度は奈七永が出ていき、アルバトロスで捕獲。なんとか彩羽がロープ。ここでMAX VOLTAGEはスピア+ラリアットの競演。カウント2。さらに奈七永がアマゾンにバックドロップ、水波が彩羽にアバランシュホールドを決める。すかさず奈七永が彩羽に冷蔵庫爆弾を投下。カウント2。

今度は彩羽が胴締めスリーパーで形勢逆転。かろうじて奈七永がブレイクする。彩羽のニールキックはかわされるも、トラースキックはクリーンヒット。スクリューキック、ボッチボムで追い打ちをかける。
 
しのいだ奈七永がインプラントでお返し。キックアウトされるとすぐに走るも、彩羽がカウンターのトラースキック。そして、ランニングスリーにつなげる。絶体絶命の奈七永だったが、アマゾンがカバーを妨害!?
DSC08882 
命拾いした奈七永だったが、アマゾンがネックハンギングボムで追撃。なんとかキックアウトした奈七永は張り手からの延髄斬り。アマゾンもラリアットで応戦し、コーナーに向かう。これを奈七永が雪崩式ブレーンバスターに切り返す。続けざまのバックドロップはカウント2。
DSC08919  
ここで残り1分のコール。奈七永はラリアットで飛び込む。キックアウトしたアマゾンがブレーンバスター、フィッシャーマンSHでカウント2。奈七永のラリアットが決まったところで引き分けのゴングが鳴らされた。
DSC08972 
◎試合後のマイク
にらみ合うアマゾンと奈七永。アマゾンがマイクを握り、「奈七永、私を覚えておけ。私はベルトを取りに来る」と英語でアピール。
 
奈七永「ベルトが欲しいのか。日本語、わかるのか?(アマゾンが「ハイ」と答えたため)ちょっとわかる。プロレスのルールはわかるのか? プロレスリングルール。今日、彩羽匠と組んでるんだろ? 仲間は大事にしろよ、仲間は。それがジャパニーズ・ルールだ! 彩羽匠か世志琥と私はベルト、防衛戦をやることが決まってるから、その次、お前のこと覚えといてやるよ。アイ・リメンバー・ユー!」
 
アマゾン「I remember YOU!(と退場)」
 
奈七永「(残された水波が困って、マイクを奈七永に渡すと)アイ・リメンバー・ユー」
 
水波「……ちょっと何言ってるかわからないです。たぶんアナタのこと、覚えているよって言ってるんですよね。奈七永さんのこと知らない人いないんじゃないですか? ねぇ、いいんです。アマゾンと奈七永さんとか、奈七永さんと彩羽とかもあって、私と奈七永さんというのもあるんです。闘う私たち、そして一緒に組んでいく私たち。それが目指すものは……明るい未来一つしかないんです! 明るい光が差す方向に向かうだけです、我々は! 闘っても組んでもみなさんと一緒に向かうんです。そんなセミファイナルでした。ありがとうございました!」
 

◎奈七永バックステージ
——アマゾンから挑戦表明があったが?
奈七永「高橋奈七永、モテモテで困っちゃいますね。今日は4月1日にアニキ(水波)にガッツリフォールを奪われて、でも闘った上での信頼感が増した上での20分ドロー。向こうが強敵だということも、アマゾンの強さもわかったんで。私の持つベルトはいろんなものを超えていきたいという思いがあるんで、挑戦者にも不足はないですよ。私は匠と世志琥の勝者と防衛戦をやるという約束があるんで、それは裏切れませんが、それを勝った上で次に指名してもいいんじゃないかと思ってます。でもあの力はヤバかったかな。どうですかアニキは?」
 
水波「いろいろ腑に落ちなかった部分も多いけど、それを与えてくれるのがSEAdLINNNGのリングだと思うし、久々に上がって『やっぱりこのリング好きだな』って思えたのも事実なんで。信じていれば必ず自分の考えとか力がついてきて、それが通ると思うので。強いけど、それはそれで別に私が強くなれるチャンスがいっぱいあるってことだと思います。自分に対する反省点も多かったんですけど…」 奈七永「自信持ってけよ! 私を倒したんだから! 進化してこい、明るい未来を目指していくんだ! レッツゴー、マックスボルテージ!」
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年04月19日

4.12新木場・第3試合

3、20分1本勝負
○世志琥&松本浩代&真琴(13分45秒、ヨシリング)安納サオリ●&高瀬みゆき&有田ひめか
 

世志琥戦を望んでいるアクトレスガールズ・安納サオリ。連日のSEAdLINNNG道場通いが功を奏し、今大会での6人タッグと、暴走集会4・14板橋でのタッグマッチが決定した。
DSC08142 
試合は世志琥の選手コールが終わるやいなや、安納が奇襲。受けきった世志琥が安納にトレイン攻撃でお返しする。しかし、世志琥の突進をかわした安納がアクトレストレイン。すかさずロープに走るも、世志琥が風車式バックブリーカーで切り返し、松本にタッチ。
 
松本は安納をコーナーに押し込み踏みつけたあと、真琴とのダブルのガットショット。ツープラトンのブレーンバスターを敢行。カウント2。
 
世志琥に戻り、顔面ウォッシュ。豪快に決めたあと安納の腰目がけてダブル・ニードロップ。続けざまに真琴がダイビング・ボディーアタック、ダブル・ニードロップ2連発で追い打ちをかける。
DSC08196 
安納もガットショットからのブレーンバスターでようやく高瀬とチェンジ。高瀬は真琴に逆水平チョップで巻き返す。串刺しラリアット、セカンドからのエルボーアタックでカウント2。
 
真琴もダブルアーム・スープレックスからW・W・ニーで応戦。続けて松本が張り付けボディーアタックをお見舞いする。そして「終わりー!」とロックドロップへ。これはアクトレスガールズたちがカットに入る。
 
松本&世志琥&真琴の鏡餅プレスは有田が妨害。命拾いした高瀬が自コーナーに戻ろうとするが、松本が阻む。高瀬が振り払うようにドロップキック。ようやく有田と交代。
 
有田は松本に串刺し攻撃。そしてショルダータックルで突進する。だが、これを受け止める松本。衝突を繰り返したあと、改めて走る有田だったが、松本が迎撃。世志琥につなぐ。
DSC08353 
世志琥は有田にサッカーボールキックを連発。ロープに走るも安納が足止め。このチャンスに有田は世志琥を対角線にハンマースルーする。世志琥は折り返してのダイビング・ラリアットを狙うが、有田がジャンピング・ニーで迎撃。さらに、もう一発ランニング・ニーで追い打ちをかける。
 
ここで安納が出ていき、再び世志琥と対峙。安納は延髄斬りを決めると、バックを取る。踏ん張った世志琥がヘッドバット。そしてランニング・ケンカキックでカウント2。セントーンで追撃する。
 
一方、アクトレスガールズはトレイン攻撃を仕掛けるが、世志琥は次々とラリアットで迎撃。
 
だが、有田だけは倒れず。逆にジャンピング・ニーを世志琥に放つ。すかさず高瀬がセカンドからのギロチンドロップ。安納につなぐ。
DSC08392 
ピンチの世志琥だったが、松本がラリアットで救うと、世志琥、松本、真琴が3人同時のバスター攻撃。これで高瀬&有田を排除すると、世志琥が走る。しかし、安納がウラカンラナに切り返しカウント2。さらにポテリングを狙うが、これを切り返した世志琥がカウント2。そして世志琥は掟破りのポテリング(試合後にヨシリングと命名)で3カウントを奪ってみせた。
DSC08423 

◎試合後のマイク
世志琥「おい安納、悔しいだろ! オメーとな、ウチはな、レベルがちげーんだよ。今日、この試合でお前がよーくわかったんじゃないの。お前な、ウチのセントーンなんか出す必要もない。いまのお前じゃ、いまのお前達じゃ、ウチには一生勝てないよ。おい、有田。お前、いいじゃん。ねぇ、いいじゃん。なんかさ、4月14日に堀田のなんか興行でカード組まれちゃったんだけど、ウチのパートナーいないらしんだよね。変なヤツと組まされるよりマシだし、有田、どう? ウチの横に立ってみませんか?」
 
有田「世志琥さんの横で、安納サオリをぶっ潰したいと思います。いいですよね、堀田さん! やりたいんですけど、私は。どうですか?(試合を見に来ていた堀田がうなずく)ってことで、世志琥さんよろしくお願いします」
 

◎安納バックステージ
安納「なんなんですか…、最後の私の技ですか? 私にはセントーンもラリアットも出す必要がない? で、4・14に有田はそっち側に行くって? 面白いんじゃないですか? どんどんゾクゾクしてきますね。この不甲斐ない感じも、裏切られた感じも、楽しみになりましたよ。14日、板橋グリーンホール、2度と今日みたいな思いをしないようにいくんで、見ててください」
 

◎世志琥&有田バックステージ
DSC08547
世志琥「まあみんなも気づいてたと思うけど、あんなもんだよアクトレス。まあ有田が横にいる前でこういうことを言うのもなんだけど、たかがアクトレスって中での一番でしょ。表に出たらこんなもの、話にならない。それであんなグチグチ、グダグダ言われてもこっちとしては痛くも痒くもないし、正直こんなカード組まれてマジで迷惑です。でも14日の堀田の自己満足興行かしらないけど、自分のパートナーが発表されてなくて。誰になるのかと思ってたけど、向こうが選んできたヤツと組まされるくらいだったら、自分が今日当たって、肌で感じてマジでよかったと思ったのが有田だったんで。自分と組むのが目的じゃなくても、安納をぶっ潰したいとかでも全然いいんで。14日はまあ遊んでやるよって感じですかね」
 
有田「自分はSEAdLINNNG3・20後楽園でタッグベルトを取れなくて、救急車で運ばれて、悔しい思いをして…(涙を浮かべながら)。ファンも関係者も裏切ってしまったという気持ちがあったんですけど、アクトレスガールズのチャンピオンがアクトレス内を見ようとしないで世志琥、世志琥って言い続けていて。中を見ないのはどうかとずっと問いかけ続けていたんですけど、でも相手にされなくて。そして今日やって負けて、なんなんですかね? 世志琥さんが組もうと言ってくれたので、14日に闘えるのは楽しみですよ。もっと面白くなりそうですね。安納さんと堀田さん、一緒にぶっ潰したいと思います」
 
世志琥「最後やった安納サオリの技、なんていうの? ポテリング? ハハハ、ウチが3つ取ったんだからもう〝ヨシリング〟でいいんじゃない? 14日は2試合あるからヒマでもないけど、暇つぶしに試合してやるよ。楽しみにしててください」
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年04月18日

4.12新木場・第2試合

2、ハイスピードタッグマッチ(20分1本勝負)
駿河メイ&○星月芽依(7分51秒、エビ固め)朱崇花&Maria●
※丸め込みの応酬から
 
3・20後楽園で奈七永と激闘を繰り広げた朱崇花がMariaと組んでハイスピードマッチに登場。対峙するのは、ハイスピードマッチで頭角を表す、駿河メイと星月芽依のメイメイタッグ。2・28新木場、3・20後楽園に引き続き、今回が3回目のタッグ結成となる。
DSC07842  
ゴングと同時にメイメイタッグがMariaを襲撃。連係のジャックナイフで早速カウント2を奪う。そして「Let’s get d!」ポーズでファンにアピール。これは朱崇花がMariaの助けに入る。
 
すぐに駿河は高速ロープワークからドロップキック。Mariaもやり返して朱崇花とチェンジ。飛び出していった朱崇花は南月レフェリーにもついでにビッグブーツをお見舞い。
DSC07856 
ここでメイメイタッグはダブルのカニばさみで朱崇花を転倒させると、ドロップキックで挟み撃ち。さらに連係ジャックナイフで飛び込んで行く。キックアウトされると駿河がダイヤル固めで朱崇花を丸め込むも、今度はMariaが駿河にジャックナイフ。カウント2。
 
続く星月がドロップキックを連発。ロープからのカバーは高速カウント2。攻守が入れ替わり、今度は朱崇花がビッグブーツからカバーの体勢。だが、南月レフェリーは低速カウント!? 怒った朱崇花は「オメー、またか!」と南月レフェリーにビンタを食らわし、さらにメイメイタッグを南月レフェリーに投下。コーナーに南月レフェリー&メイメイタッグを押し込むと串刺し攻撃を狙ったが、メイメイタッグがクローズラインで朱崇花を迎撃。そして逆に南月レフェリーを朱崇花に投下し、ダブルのドロップキックにつなげる。
 
朱崇花も星月にドロップキックを放って、Mariaとタッチ。Mariaはドロップキックで巻き返し、ボディースラムでカウント2。
 
星月とMariaがエルボー弾からのカバー合戦を繰り広げる。走るMariaに駿河がドロップキック。間髪入れずに星月がジャックナイフで丸めるも、朱崇花が南月レフェリーのカウントを妨害する。
 
続いて朱崇花&Mariaで星月にツープラトンのブレーンバスターを放つと、Mariaが逆エビ固め。これは駿河が助けに入る。ならばと朱崇花もメイメイタッグにまとめてドロップキック。コーナーに昇るも、南月レフェリーが雪崩式アームホイップで妨害する。朱崇花を場外へと落とすと、リング上ではMariaが星月にスクールボーイを連発。そこからエビ固めの応酬となったが、最終的には星月が強引に丸め込んで3カウントが入った。メイメイタッグとしてはこれが初勝利。怒りの収まらない朱崇花は南月レフェリーにビンタ。Mariaも南月レフェリーを踏みつけて退散した。
DSC08018 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年04月18日

4.12新木場・第1試合

1、15分1本勝負
○米山香織(6分2秒、後方回転エビ固め)沙恵●
DSC07702 

SEAdLINNNGに久しぶりの参戦となる米山香織と、名古屋ドリームガールズの沙恵が2度目のシングル。
 
ゴングと同時にファンは「米山」「沙恵」コール。まずは力比べの攻防。沙恵が米山のサイズにあわせてヒザ立ちで挑むと、米山は「デカイからって調子に乗ってんじゃねーぞ!」とヘアホイップの体勢。踏ん張った沙恵が逆にヘアホイップ。コーナーに米山を押し込むも、米山が体勢を入れ替え「Let’s get d!」ポーズ。そしてキャメルクラッチ→リバース・インディアン・デスロックへ。沙恵がブレイク。
DSC07762 
エルボー合戦から沙恵がリーチの長さを活かしたビッグブーツで攻勢。ドロップキック、さらに串刺しビッグブーツで追撃する。
DSC07731 
米山も後頭部へのランニング・ニー、セントーンで反撃開始。沙恵をロープに振るが、沙恵がショルダータックル。ならばと米山は回転エビ固め、横十字固めでカウント2。すぐに走るも、沙恵がカウンターのビッグブーツでお返し。もう一発を狙ったが……かいくぐった米山が隙を突いた後方回転エビ固めで技あり勝利を収めた。
 
試合後、悔しさをにじませた沙恵が「シードリング・ビヨンド・ザ・シー・タッグチャンピオンの沙恵です。がっ、負けてしまいました。チャンピオンとしてね、本当に勝ちたかったんですけど、惜しくも負けてしまいました。でもね、表情見てわかると思います。メチャメチャ悔しいです。やっぱりね、チャンピオンだし、中島さんと一緒のチャンピオンだから、これからもっともっとチャンピオンらしくね、自分が輝いていきたいと思っています。まだまだ未熟なので、いっぱいいっぱい頑張っていきますので、この悔しさを糧にというのも大切にしていって、これからも精進していきたいと思いますので、応援よろしくお願い致します。ありがとうございました」とマイク。
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木