contact

カテゴリー

2018年10月19日

10.17新木場大会・第4試合

4、30分1本勝負
○高橋奈七永&中森華子(24分52秒、体固め)中島安里紗●&彩羽匠
※ワンセコンドEX
 
18.10.17-0920

【リポート】
10・3後楽園からはじまったSEAdLINNNG BEYOND THE SEA SINGLE王者決定トーナメント。11・1後楽園での準決勝で、高橋奈七永は彩羽匠と、中島安里紗は中森華子とそれぞれ対戦。今大会ではその前哨戦として高橋奈七永&中森華子VS中島安里紗&彩羽匠が組まれた。
 
独特な緊迫感が漂うなか、先発は奈七永VS中島。組み合いながら、中島がアームホイップでグラウンドへ。脱出した奈七永がすぐに立ち上がる。中島は彩羽と交代。
 
18.10.17-1069

前哨戦を意識した彩羽が奈七永にビンタを放つ。ヘッドバットで応戦する奈七永。すぐに走るも彩羽がカウンターのニールキック、串刺し低空ドロップキックをお見舞いする。奈七永がショルダータックルでやり返すと、ここで華子にダブルを要請する。
 
18.10.17-1096

ところが華子は「やらねーよ!」と拒否。準決勝では中島と対戦するが、勝ち上がれば、奈七永と闘う可能性がある。タッグでありながら、それぞれが敵という状況に試合もヒートアップしていく。
 
18.10.17-1147

とくに中島と華子の対峙は殺伐なものに。髪の毛をつかみ合うと、中島がヘアホイップ。ビンタの応酬となり、そしてエルボー。セカンドからのドロップキックは華子がかわしてサッカーボールキックをお見舞いする。
 
そんななか独走する中島。彩羽の「チェンジ来いよ!」の声を無視して闘い続ける。スリングブレイド、ミサイル弾でカウント2。華子が延髄斬りでやり返すと、その勢いで中島が自コーナーへ。ようやく彩羽が出ていく。
 
彩羽VS華子が繰り広げられるなか、強引に奈七永が華子とタッチ。彩羽にショートレンジ・ラリアットを連発していく。
 
彩羽も投げっぱなしジャーマンでやり返しコーナーへ。奈七永が雪崩式ブレーンバスターに切り返す。カバーするも、中島がダイビング・フットスタンプでカット。さらにプランチャを狙うが、これは彩羽に誤爆してしまう。
 
18.10.17-1206

彩羽を連れ帰った奈七永がイクボム。さらにインプラントを狙うが、切り返した彩羽がライガーボム。そしてランニングスリーの体勢。回避した奈七永がスライディングD。一進一退の攻防のなか、彩羽がスクリューキックから走る。これを奈七永がカウンターのラリアット! 両者が大の字となるが、彩羽が先に中島と交代となる。
 
18.10.17-1239

奈七永VS中島の対戦となり、奈七永の冷蔵庫爆弾は中島が剣山。中島がコーナーに登ると追いかける奈七永。振り落とした中島がぶら下がりフットスタンプ。そしてダイビング・フットスタンプを投下。ここで助けに入る華子だったが、そのキックは奈七永に誤爆。だが、彩羽のキックも中島に誤爆してしまう。さらには彩羽と華子はハイキックの相打ちに。
 
18.10.17-1258
18.10.17-1267
 
立ち上がる奈七永と中島。激しいエルボーや張り手の打ち合いから、奈七永がナナラッカ。中島もパッケージジャーマン→ドラゴンSHへ。これは華子がカット。怒った中島が華子につっかかる。一触即発のなか、中島がマヒストラルで奈七永からカウント2。奈七永もイクボムでやり返す。冷蔵庫爆弾を投下するも彩羽がキックでカット。ならばと奈七永は華子、彩羽をエルボー弾で場外へと落とすと、改めて中島にワンセコンドEX! これが完璧に決まり、ジ・エンド。
 
18.10.17-1286
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年10月19日

10.17新木場大会・第3試合

3、20分1本勝負
水波綾&○大畠美咲&高瀬みゆき(14分22秒、スカイブルー・スープレックス・ホールド)世志琥&山下りな●&真琴
 
18.10.17-0534
【リポート】
10・3後楽園での中森華子戦で脳浮腫の診断を受け、静養中だった世志琥が今大会から復帰。山下りな&真琴と組んで、水波綾&大畠美咲&高瀬みゆきと対戦する。BORDERLESS(世志琥&山下)はWAVE9・28大阪でおこなわれたタッグトーナメントで水波&大畠のAvid Rivalに敗れていることもあり、今回はリベンジのチャンスでもある。
 
18.10.17-0498
世志琥組が奇襲をしかけてゴングを迎える。開始早々、高瀬を孤立させると、世志琥のバックブリーカーから山下がケンカキック。串刺しラリアットを決める。続く真琴はカニばさみで高瀬をロープに。そしてロープキック。さらには山下がジャイアントスイングでまわしていく。
18.10.17-0615
 
ローンバトルを強いられた高瀬だったが、水車落としで流れを変えるとパワースラム。ジャンピングエルボーは失敗に終わるもすぐにドロップキック。ようやく水波と交代する。
 
水波は大畠との連係でまずはお返し。そして、真琴に逆水平チョップをお見舞いしていく。串刺しエルボー、串刺しラリアットでカウント2。真琴もDDT、ダブルニードロップでやり返し、世志琥とチェンジ。
 
世志琥はパンチのコンビからセントーンでカウント2。スリーパーで捕獲する。これをコーナーに叩き付けて脱出した水波。すぐさまコーナーに登る世志琥だったが、水波が妨害。ラリアットの相打ちを挟んで、水波がラリアット! 迫力満点の攻防が繰り広げられる。
 
大畠VS山下の場面へ。山下のブレーンバスターはカウント2。スリーパーから胴締めスリーパーに移行するが、水波&高瀬がカットに入る。ならばと走る山下に水波がラリアット。大畠のピンチを救う。6選手が入り乱れたあと、大畠がコーナーに登る。ダイビング・ボディープレス、ジャーマンSHはカウント2。
18.10.17-0694
 
山下もスライディングラリアットでカウント2。世志琥&山下の連係攻撃から、山下がラリアット。スプラッシュマウンテンを狙うが高瀬がラリアットで妨害する。山下はもう一度、スプラッシュマウンテンの体勢。これは着地で回避した大畠。すかさず水波がラリアットを放つと、間髪入れずにスカイブルーSHにつなげて熱戦に終止符を打った。
18.10.17-0723
18.10.17-0728
 
◎試合後のマイク
山下「大畠さん、水波さん、こないだのWAVEの大阪大会に引き続き、BORDERLESS、Avid Rivalに負けています。このまま負け越しで終わるわけにはいかないです。ウチらが持ってるこのベルトを賭けて試合をしてください。お願いします」
 
大畠「『負け越しで終わるわけにはいかない』って、そっちの都合じゃん。大阪で負けて、今日も負けてって言ってるけど、一緒なのね、結果。こないだも私が山下、取ったの。同じ結果じゃん。だから何回やっても同じ結果だと思うんだけど」
 
世志琥「確かにそっちが言ってることも一理あると思います。でも、自分と山下は組んでて、BORDERLESSでやってて、いま、SEAdLINNNGのチャンピオンだし、こうやってアビリバに負けて、やっぱりもっともっと強くなりたいと思ってる。だから自分と山下はアビリバに勝ちたいんですよ。でも、大畠美咲あと何カ月ですか? Avid Rivalとして2人で組んでやっていくのはあと何カ月ですか? その少ない残された期間、ちょっとでいいんでBORDERLESSにくれませんか。お願いします」
 
18.10.17-0772
水波「世志琥&山下。君たちの気持ち、しかと受け取った! 大畠やるぞ、タイトルマッチーーー! 聞きました? この! この世志琥がいま言った素直な気持ち! 山下がさっき言った気持ち! スゲー、スゲーっ、心に響いたんですよ、自分はー! そうだ。自分らいま10月だから2カ月ないよね? あ、2カ月あるわ! 限られたタッグなんです自分たち。そんな自分たちを通してもっと強くなりたいっていうこの気持ち、我々Avid Rivalが受け取らないはずないでしょー。やるぞ、大畠。やるぞ、オラ、よし、やるぞ!」
 
世志琥「お願いしまーす!」
 
水波「いつやるんだ、いつ!」
 
世志琥「11月3日、SEAdLINNNG後楽園ホールだ!」
 
水波「3日じゃねーわ! 1日だろ! 我々のほうが把握してるじゃねーか。そんなところも含めて、(世志琥の)いいところだ。11月1日、やるからな。よろしくお願いします」
18.10.17-0796
 
◎バックステージ
18.10.17-0822
世志琥「ありがとうございました。前回の、WAVEのトーナメントでアビリバに負けて、今回、自分の復帰戦でこのカード組まれて、これは借りを返すチャンスだと思ったんですけど、今回も負けてしまいましたね。でも、やっぱりこの負けたままで終わりたくないし、勝ち逃げされたくないっていうのがあるんですけど、山下は、ベルトをかけて、自分たちが持ってるベルトをかけてやってほしいって言いましたけど、それももちろんあって、でも自分はアビリバとの対決は、ベルト以上の価値があるんじゃないかなって自分は思っているので、素直に気持ちをぶつけて、11月1日に後楽園ホールでアビリバとの試合が、タイトルマッチが決まったので、そこに向けてもっともっと自分たちあげていかないと、やっぱりこのままで終わりたくないので、ひとまずそうですね……うーん、たぶん下手したら最後になっちゃうと思うんで。向こうも残された時間少ないし、だからここでしっかり11月1日に借りをね、返そう」
 
山下「そうですね。Avid Rivalという最強のタッグチームとやって、大畠さんが言った通り、自分が大畠さんに2回とも自分が負けている状況でして、このままでは終われないので。世志琥とタッグのBORDERLESS、強いタッグチャンピオンチームでいるためには、あの2人は絶対に避けて通れない道だと思っています。向こうが最強タッグチームでいるまま、引退まで突っ切るか、それともBORDERLESSがこれから強いタッグチームとしてやっていくための試合というか、お互いのプライドをかけての試合なのでベルトもかけてますが、まずは気持ちという面で強さというものをしっかり勝ちにいきます」
 
世志琥「自分たちがいままでタッグ組んでやってたなかで一番、なんていうのかな…難しい相手というか。でもそれに勝つことが自分たちの価値とかチームワークとか上がって行くと思うんで、1日に向けて頑張ろう」
 
山下「11月1日ね」
 
世志琥「後楽園ホール、よろしくお願いします」
 
山下「お願いします」
 
——復帰戦だったがコンディションは?
世志琥「ふはは」
 
山下「動きが軽快というか、飛び跳ねてた」
 
世志琥「もう本当に上がりたくて、リングに上がりたくて、試合したくて、試合したくてしょうがなくて、次、リングに上がって試合することばかり考えていたので、でも今日はそんなに自分が思い描いていたような動きとかがまだまだだったので、これからもっと自分のスピード上げて、もっといろいろ挑戦していきたいと思います。調子はいいですね」
 
山下「おめでと。復帰」
 
世志琥「気持ち悪い。ふははは。リング最高でした」
 
山下「復帰した世志琥も最高でした。はははは。ただのファンになっちゃった。はははは!」
 

◎インフォメーション
18.10.17-0833
休憩明けのインフォメーションコーナーに南月専務、世志琥、山下りな、真琴がリングへ。世志琥&山下は真琴を絶賛し、BORDERLESS入りを勧めたが、真琴は「金髪NG」を理由にやんわり断った。続いて、プレゼント抽選会へ。当選者にはSEAdLINNNGミニアルバムが贈られた。
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年10月19日

10.17新木場大会・第2試合

2、ハイスピード3WAYマッチ(20分1本勝負)
○桃野美桜(11分43秒、ジャパニーズ・レッグロール・クラッチ)清水ひかり●
※もう1人は笹村あやめ
 
【リポート】
第2試合は、南月たいようレフェリー考案のハイスピードマッチ。桃野美桜、清水ひかり、笹村あやめというデビュー3年以内の選手たちによるハイスピードという、実に新鮮な3WAYが実現した。とくにアクトレスガールズの清水は今回がSEAdLINNNG初参戦。ハイスピードの世界にどう挑むのかも注目ポイントだ。
 
18.10.17-0271
笹村は初代センダイガールズワールドジュニアのベルト、桃野はWAVE認定タッグ王者のベルトとともに入場。当然お互いを意識する桃野と笹村だったが、そこに清水が強引に割り込み存在感をアピールしていく。
 
ハイスピードの要素に、3WAYという難しい試合形式にもかかわらず躍動する3選手。笹村が清水をキャメルクラッチで捕獲すると、桃野が高速ロープワークから清水に顔面でドロップキック……かと思いきや、桃野は背後から笹村にドロップキックをお見舞いする。
 
桃野&清水が共闘路線を敷いたため、孤立する笹村。桃野が笹村に足4の字固めをかけると、清水がすかさずコーナーへ。だが、ダイビング・フットスタンプは迷いながらも桃野に投下!?
 
裏切り行為が続くなか、底力を発揮したのがハイスピードスターの桃野。清水の丸め込みをすべて返すと、カサドーラへ。エビ固めの応酬を挟んで、JKボムを狙うがこれは未遂。ならばと桃野はジャパニーズ・レッグロール・クラッチでクルリ! ハイスピードの先輩として、意地をみせつけた。
 
18.10.17-0287
試合後、清水は「SEAdLINNNG初参戦ありがとうございます。南月さん、ハイスピードって凄いですね。南月さんに一つ言わせていただきたいことが今日あります。私は強くなりたくて、いまたくさんの勉強をしてるんですけど、たくさんの選手を見させていただいていて、ハイスピードってやっぱり凄いなって、今日やって思いました。これから南月さん、よかったらハイスピードの勉強をさせてください」とマイク。南月が快諾し、握手をかわした。
18.10.17-0458
18.10.17-0477
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年10月19日

10.17新木場大会・第1試合

1、15分1本勝負
○沙紀(9分54秒、体固め)沙恵●
※ブレーンバスター
 
18.10.17-0139
【リポート】
アクトレスガールズの沙紀が約7カ月ぶりの参戦。SEAdLINNNGマットで急成長を遂げている名古屋DreamGirlsPro-Wrestlingの沙恵と初シングルをおこなった。沙恵のセコンドには奈七永の姿も。沙恵への期待が感じられる。
 
18.10.17-0097
パワーファイトを得意とする両者の攻防は迫力満点。沙恵が沙紀に串刺しバックエルボーを放てば、沙紀もビッグブーツでお返し。さらに沙紀は張り付けランニングニーで追撃していく。
 
接戦が繰り広げられるなか、沙恵が体格を活かしたビッグブーツやギロチンドロップに加え、柔軟性を活かしたウイングクラッチ・ホールドで沙紀を追い込む。
 
ヒヤリとした沙紀だったが反撃に転じるとブルズアンヘリートへ。最後はリバーススプラッシュ、ブレーンバスターでトドメ。試合後、セコンドに付いていた奈七永が沙恵を支えた。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年10月19日

10.17新木場大会・オープニング

◎オープニング
 
18.10.17-0016
SEAdLINNNG7回目の新木場大会。いつものように入場式がおこなわれたが、中島安里紗の姿がない。会場が少しざわつくなか、南月たいよう専務、高橋奈七永、世志琥の順で挨拶をおこなった。
 
南月「みなさん、こんばんは。本日はSEAdLINNNG新木場大会にご来場いただきまして、誠にありがとうございます。このまま熱い応援をよろしくお願いします。っていうか、今日3人…。一人足らない(苦笑)。中島安里紗選手は、かなりピリピリしている。控室がもう怖い感じになってるので、試合に集中しているということにしますか。してるんだと思います。かなり近づけないくらいメラメラしてるんで、メインには出てもらってね。今日はシングルチャンピオンのトーナメント、1回戦を勝ち上がったメンバーのタッグマッチがメインにあるんで、準決勝前にどんな闘いになるのか。奈七永さんも怖いですけど…頑張ってください!」
 
奈七永「みなさん、こんばんパッショーーーーン! パッショーーーーン! もっと元気よく! パッショーーーン×3。ありがとうございます。はい、見ての通り私はいつも燃えています。燃えて×3、目の前の敵をぶっ叩く! ぶっ叩いて×2、私が11月1日チャンピオンに登り詰めたいと、そういう気合でいますので、みなさん熱いご声援よろしくお願いします」
 
南月「本当にリング上がると変わりますね」
 
世志琥「どうも、SEAdLINNNGの世志琥です。このたびは欠場してしまい、皆様にご心配をおかけして、申し訳ありませんでした。でも今日、SEAdLINNNG新木場大会で復活するので、自分が大暴れするところをみなさんよーく見ておいてください」
 
そして世志琥の「Let’s get d!」で新木場大会をスタートさせた。
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木