contact

カテゴリー

2018年10月30日

【初代シングル王座まであと一歩!11・1後楽園直前、高橋奈七永インタビュー】

11・1後楽園ホール大会「SEAdLINNNG~GO!BEYOND~」で行われるSEAdLINNNG BEYOND THE SEA初代シングルチャンピオン決定戦を直前に控え、高橋奈七永が意気込みを話した。奈七永は準決勝でマーベラスの彩羽匠と対戦。勝利した場合はその日のうちに中島安里紗vs中森華子と決勝戦で戦う事になる。
LRG_DSC08600
――いよいよ11月1日が近付いてきましたが、心境は?
 
奈七永 凄い色んな事に敏感になってますね。
 
――と言うと?
 
奈七永 11月1日が準決勝・決勝の2試合を勿論やるつもりなんですが、この間の10月17日に前哨戦という位置づけでタッグマッチを準決勝の4人とやったんですけど、前哨戦という感じじゃなくて、前哨戦が練習っていう訳じゃないですけど、本当ヤバかった。みんなこれでもか!これでもか!っていうぐらいで私なんか技を食らいまくって。このトーナメントに懸ける思いとか、ベルトに向かっていって気持ちを高めていってるんだなっていうのを体で感じたので余計に自分もちょっとの計算の狂いも許されないなっていうぐらいの体調管理であったりとか、自分のコンディションを守る為に凄く繊細になってますね。
 
――対策を練っていたりシミュレーションを立てていたりはしますか?
 
奈七永 色んなイメージを膨らませる為にもプロレスの試合を見たりもしますし、あとは最近、鈴木みのるさんの本に出合って読んでます。
 
――どうですか?
 
奈七永 私は自分の思ってる事を言葉にするのが凄く苦手で、だからこそリングにいると凄く生きてる感じもするし、自分が一番輝ける場所がリングかなって思ってるんですけど、鈴木みのるさんは言葉もそうだし、リング上もそうだし。だからリングを降りても自分の思いを言葉にするのが上手っていうか、すべてにおいて刺激があります。
 
――その刺激も次の本番に生かせそう?
 
奈七永 うん、とにかくプロレスのスタイルもそうですけど、強い自分の意見だったり、個性を怖がらずに曝け出してると思うんですね、鈴木みのるさんって。だからもっともっと私も高橋奈七永の言葉だったりとか個性を、もっともっと出していかなきゃ広げていけないなって改めて思わされているので、ベルトを手にして、それこそ自信の象徴になると思うので、そのベルトが。自分の証としてそれを通行手形みたいなものにしてここから色んなものを切り開いていきたいなと改めて思っています。
 
――個性を最大限に発揮できる相手が準決勝の彩羽匠ではないでしょうか。
 
奈七永 準決勝に上がった4人の中で彩羽は唯一、練習生からデビューする時とか、そういう育てたっていうか、基礎を教えた選手なので、そこが強みでもあり弱みでもあるのかなとは思います。彩羽は「奈七永さんに教えてもらったから」とかいうことをたまに口にするんですけど、リングに上がったらそんなものは関係ないから。いまマーベラスのエースとしてもいるんだから、もっと強気に私にぶつけてくるくらいじゃないと私は倒せないと思うし。ただ、エースの自覚はあると思うので、そういったものが彩羽を大きくしてる、強くしてるっていうのはやっぱりあるんだなっていうのをこの前タッグマッチで当たった時に思ったからそこは怖い部分ではあります。
 
――昔に比べて最近の彩羽選手の成長具合だったり、プレーヤーとしてどんなふうに映ってるんですか?
 
奈七永 色んな意見はあるかもしれないけど、私個人の思いとしては、なんでまだそこにいるの?って問いたい。もっと行けるだろ、オマエって。だから私のことをサクッと倒して決勝に行ってベルトを取るくらいの現実が起きないと駄目でしょ。って客観的にみると思う。
 
――と言いつつもそうはさせないぞという奈七永選手もいると。
 
奈七永 いるいる! 当たり前ですよ。そこに立ちはだかる高橋奈七永。会場中がブーイングになってもいいし、そこはマーベラスファンとSEAdLINNNGファンの争いにもなるのかもしれないけれども、彩羽は25歳くらいでいちばんノリノリでしょ。
 
――シングルは久しぶり?
 
奈七永 もう調べてもたどり着けなかったです。スターダムの時以来。あそこはあまりシングルってやらないから5、6年ぶりとかそれくらいだと思います。
 
――楽しみな部分はある?
 
奈七永 これはトーナメントで次に進まなきゃいけないっていうのがあるから楽しんでる場合じゃない。だからそこはシビアに時間もかけずにいってもいいんじゃないかなと。
 

――勝ち上がることを想定しまして、決勝戦の相手は中島安里紗選手か、中森華子選手になります。
 
奈七永 中島ともし試合をすることになったら2017年1月以来。中島が入団させて下さいって言ってきた試合以来なんで、2年弱ぐらいぶりで、高橋奈七永を超えるって言ってSEAdLINNNGに入って、また新たな引き出しを増やしてきたと思うんですけど、それを私が見てないところでどれだけやってきたかっていうことが、もう確実に結果として表れると思うので。中島はその前にいた団体ではずっとチャンピオンだったっていうイメージがデカいと思うんですけど、それはもう本当、お山の大将だったんだよっていう事を、辿りつけないんだよっていう所を私と当たる場合は教えてやりたいですね。
 
――中森選手はどうですか?
 
奈七永 中森華子はもしやる事になったら初シングル。対戦自体もほとんど無いのでちょっと予想もつかない状態ではあるんですけど、PURE-Jのチャンピオンでベルトを持ちながらもSEAdLINNNGのベルトも取ってやるぞって言ってきた。このトーナメントに一番に名乗りを上げてきたのが彼女だったのでその辺の気合いとか責任感を持ってやってるんだなっていうのはひしひしと伝わるんですけど、その必死感が逆にかわいそうだよねって。そんな無理して頑張らなくてもいいんじゃない?って言ってあげようかなと思います。
 
――この大会は初めてタッグのタイトル戦もあり、シングル王座の決定戦もあるという今年最大の大会になります。
 
奈七永 本当ですよ。旗揚げして以来の山場なのでより多くの人に見てもらいたいっていうのは勿論なんですけど、とにかくここまで苦しい事とか楽しい事とか色々な事があった中で、自分の信じる道をブレずに積み重ねていくしかないなっていうのを最近やっぱ改めて思ってるんで。って事は自分の信念とか芯がここにはあるって事だから。SEAdLINNNGっていうブランドですよ、要は。K-1とかPRIDEみたいな、SEAdLINNNGっていうものをみんなに見に来てほしいなと。で、SEAdLINNNG熱いよねとか、女同士の本当ヒリヒリした戦いがあるんで、そういうのこそワクワクするんだなっていうのを今回のトーナメントの皆さんの反応とか見ても思うので、こういうワクワクするような戦いをこれからも展開していきたいですよね。で、その真ん中に私がいないと意味ないっしょ!
IMG_4915
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年10月28日

10.28 湘南台ファンタジアチャリティー女子プロレス 「SEAdLINNNG〜GO!SHONANdAI!〜」試合結果

■湘南台ファンタジア チャリティー女子プロレス
SEAdLINNNG ~GO! SHONANDAI!~
日時:平成30年10月28日 15:50開始
場所:神奈川県藤沢市:原谷公園
(第20回藤沢市民まつり 湘南台ファンタジア内) 観戦無料
S__54452269
■第一試合 シングルマッチ20分1本勝負
●神童ミコト vs ○世志琥
9分29秒 ラリアット ⇒ エビ固め

■第二試合 タッグマッチ30分1本勝負
○中島安里紗&加藤園子 vs 高橋奈七永&●沙恵
15分24秒 ムーンサルトプレス ⇒ 片エビ固め
S__54452277
S__54452266
S__54452275S__54452267S__54452268
試合前には募金箱を持ってのチャリティー握手会を行いました。
募金にご協力いただいた皆さま誠にありがとうございました!
S__54452271

ちびっこプロレス教室は大盛況!奈七永と練習生ほのりが担当!たくさんのちびっこにご参加いただきました!
S__54452272S__54452273S__54452274

本日はご来場、誠にありがとうございました!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年10月27日

<湘南台ファンタジアチャリティー女子プロレス 「SEAdLINNNG〜GO!SHONANdAI!〜」当日情報>

 

 

20181028shonandai450

 

<湘南台ファンタジアチャリティー女子プロレス 「SEAdLINNNG〜GO!SHONANdAI!〜」当日情報>

 
日時: 2018年10月28日(日) 15時50分〜17時を予定
場所: 試合会場 原谷公園
住所: 藤沢市湘南台2−19
15:55頃からちびっこプロレス教室を開催しますので奮ってご参加ください。(対象:5歳程度から小学生位の男女)
料金: 観戦無料

 

▽対戦カード
〈第1試合 シングルマッチ20分1本勝負〉
世志琥 vs 神童ミコト(Marvelous)

 

 

〈第2試合 タッグマッチ20分1本勝負〉
高橋奈七永&沙恵(名古屋Dream Girls pro-wrestling) vs 中島安里紗&加藤園子(OZアカデミー)

 
▽チャリティーグッズ
シードリング3選手の寄せ書き色紙 限定20 ¥1,000
ガイドブックバックナンバー2冊セット ¥500
※チャリティーとしてこちらのグッズの売上を愛の輪福祉基金に寄付させていただきます。

15:10より選手が募金箱を持ってのチャリティー握手会を行う予定です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年10月26日

【11.1後楽園全対戦カード決定!】

2018年11月1日(木)19:00START /18:00OPEN
 「SEAdLINNNG~GO!BEYOND~」
東京・後楽園ホール

▽追加決定カード
〈6人タッグマッチ20分1本勝負〉
真琴&沙紀(アクトレスガールズ)&笹村あやめ(KAIENTAI DOJO)  vs  本間多恵(アクトレスガールズ)&沙恵(名古屋Dream Girls pro-wrestling)&水森由菜(我闘雲舞)
※本間選手、水森選手はSEAdLINNNG初参戦

〈ハイスピード3WAYマッチ 15分1本勝負〉
赤井沙希(DDT)  vs  桃野美桜(Marvelous)  vs   高瀬みゆき(アクトレスガールズ)


▽既報カード
〈SEAdLINNNG BEYOND THE SEAシングルチャンピオン決定トーナメント準決勝① 時間無制限1本勝負〉
高橋奈七永  vs  彩羽匠(Marvelous)
201801101_nanae_iroha
〈SEAdLINNNG BEYOND THE SEAシングルチャンピオン決定トーナメント準決勝② 時間無制限1本勝負〉
中島安里紗  vs  中森華子(PURE-J)


201801101_nakajima_nakamori
〈SEAdLINNNG BEYOND THE SEA初代シングルチャンピオン決定戦 時間無制限1本勝負〉
準決勝①の勝者  vs  準決勝②の勝者
tour_semifinal_2_670
〈SEAdLINNNG BEYOND THE SEA Tag Team Championship 30分1本勝負〉
[王者チーム・BORDERLESS]世志琥&山下りな(OSAKA女子)  vs  [挑戦者チーム・AvidRival]水波綾&大畠美咲( プロレスリングWAVE)
201801101_beyondthesea_tag

◇チケット料金
■dシート(特別リングサイド) ¥7,000
■REDシート(指定席A) ¥5,000
■BLUEシート(指定席B) ¥4,000
■YELLOWシート(指定席C) ¥3,000
■レディースシート(西ひな段上) ¥4,000  ※SEAdLINNNG事務所にて取り扱い
■dフレンズシート(高校生以下) ¥1,000 ※当日のみ・要身分証
dフレンズシート以外当日¥500アップ


[チケット販売所]
□SEAdLINNNG事務所(http://seadlinnng.com/ticketform)
□チケットぴあ(0570-02-9999)Pコード840-466
□イープラスe+ イープラス http://eplus.jp/sead/(PC&携帯)ファミリーマート店内Famiポート
□プロレスショップ チャンピオン (03-3221-6237)
□後楽園ホール (03-5800-9999)

[会場アクセス]東京都文京区後楽1-3-61
JR総武線・都営地下鉄三田線「水道橋駅」、地下鉄丸の内線・南北線「後楽園駅」から徒歩4分

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年10月19日

10.17新木場大会・エンディング・試合後コメント

◎エンディング
18.10.17-1347
奈七永「おい3人。そしてお客さん。よく聞け。11月1日、後楽園で最後に、最後の最後、優勝者として手をあげているのはこの私です。そろそろ×2、ここらへん(腰のあたり)が寂しがってるから。私のカラダが、パッションがベルトを欲しがってるから、この身がボロボロになっても絶対に、絶対に譲らない。それだけは覚えてといてください」
 
華子は退場。彩羽はロープに額をつけたあと、退場。中島も無言で退場した。
 
奈七永「よっしゃ、一人になった。みなさん元気ですかー! 元気ですかー! よしよしよし、私が勝って、最後勝ち残って、ベルト巻いたほうがプロレス界が元気になって、そして日本中が元気になって、そして世界が元気になる。それがパッションだー! 人間VS人間の闘いがこのリングで繰り広げられます。11月1日、一人でも多くのお客さま。今日、来ている人はみんな! みんな×2,友達誘って絶対、絶対後楽園に来てくださいね。最後、元気よくしめるぞー、立ち上がれー! 行きますよ、11月1日後楽園に向けて行くぞー、Let’s get d!」
18.10.17-1360
 
◎高橋奈七永コメント
18.10.17-1396
奈七永「ありがとうございました。正直すっごいすっごいしんどい闘いだったし、普通のタッグマッチと違って、全員が敵というなかで、空気がピリピリしていて、その空気感がしびれましたね、自分的には。そうじゃないといつでもどこでも闘いはヒリヒリするものだし、痛いものなので、それを乗り越えて行った者じゃなければ勝ち上がっていけない。それが闘いであり、人生もそうだと思うし。私は見てくれるお客様の代弁者になれたらいいなと思っていて、自分の話なんですけど、売店に来てくれた小学生の女の子のお母さんが『この子、学校でいじめられているんです』って。それを聞いたときに抱きしめてあげたい気持ちになったんですけど、無理しないで大丈夫だよって言って、そうしたら『奈七永さんの試合でパワーをもらっているんです』って言ってくれた。そのあと来てくれたときに『奈七永さんからパワーをもらって学校にも行けて、いじめられなくなった』と言って。いじめてきた女の子とも仲良くなったと言ってくれて。逆に私がパワーをもらって、私が負けちゃいけないし、引いちゃいけないと思っています。力尽くで倒されたら納得するしかないかもしれないけど、私はまだまだ諦めてないし、止まるつもりはないので、やっぱり初代のベルトは、SEAdLINNNG3年目でやっとできたベルトは私が優勝して今後の活動で意味のある、でっかい意味のある物にして世の中に対して影響力のある活動をして行って、もっともっと力を付けていきたいなと思っています」
 
——彩羽はどうだった?
奈七永「彩羽はやっぱり向かい合ったとき、どんどん力をつけているのがわかるっていうか、練習生のころから知ってるぶん、それがわかって逆に実際の実力以上に私に向かってる。それが下に越される恐怖だったりとか、常々気持ちのなかではあるので弱気な自分が出てこないようにしなきゃいけないなって。今日はいま弱気になってるわけじゃないんですけど、改めて気をつけなければいけない相手だなと、身に染みてわかりました。みんなやっぱピリ付いてるから11月1日がとんでもない試合の連続になるし、最後、ぶっ倒れる。ぶっ倒れてでも気持ちで負けないと思いますね。あと彩羽に関してはその後ろにいる存在? 長与さんのデカさとか、いろんなものを盗んで吸収してそして自分のものにしてるっていうなかで、後ろ盾がある強さみたなものがより倍増してる感じがしました。そこは意識せざるを得ない。でも絶対、私が優勝します。1番になるぞ!」
 
——第1試合のセコンドに付いていたが。
奈七永「そうですね。今日、沙恵選手がSEAdLINNNG、最近、参戦してくれているんですけど、なかなか試合で対戦することもできないんですけど、若い選手が活躍する場になって欲しいなという思いもあって、今日は第1試合、見させてもらって、沙恵の持ってる素材がカラダもでかいし、最近ではない長身があるので、もし沙恵がもっと私のプロレスから何か盗めるものがあるならもっともっと教えてあげたいと改めて思ったし、将来性があるんじゃないかなと改めて思いました。沙紀選手も久々の登場で、人間というのは成長するんだなって改めて思ったんで。私も今年で40になりますけど、諦めないで、四十路の女性たちにパワーを与えていきたいと思います!」

 

◎彩羽匠コメント
18.10.17-1402
彩羽「今日のタッグマッチ…うーん、自分が仕留めようと思えば、仕留められるチャンスはあったんですけど、中島安里紗が、アイツチェンジこないから。試合は終わってしまったし。でもね、11月1日、後楽園、やっと×2、高橋奈七永を独り占めできる。それだけは楽しみですよね。前、シングルしたときって自分の試練の十番勝負だったかな。まだ自分が新人のときだったかなんかで、まだ自分がぺーぺーのときにしかシングルマッチしてないんですよ。でも、こうやって自分は自分の力で登り詰めて、やっと高橋奈七永とシングルできるチャンスを掴みました。11月1日、楽しみです。絶対に倒します。それが恩返しだと思います」

 
◎中森華子コメント
18.10.17-1409
——前哨戦を終えて。
中森「前哨戦…なんか高橋奈七永&中森華子組みたいな感じで言われたけど、私は今日、全員敵だと思ってやったし、組みたくて高橋奈七永と組んだんじゃないし、決勝であたるかもしれない。なんか、ダブルダブルとか言ってきたり、なんなんだろって。ただ最後自分が勝てなかったのは本当に悔しいし、唯一この4人のなかで私がチャンピオンで、すでにチャンピオンで、今日高橋奈七永がスペースありますみたいな感じで、私は片方あるけど、もっと。私もスペースあるし、PURE-Jチャンピオンとして本当に負けられないのでこのチャンスは私は逃せられないです。11月1日は準決勝、決勝と中森華子の恐ろしさを見せつけて必ずベルトを取ってやりたいと思っています」
 
——中島とは久しぶりの対戦となったが。
中森「はじめて私がチャンピオンとして中島安里紗の前に立って、なんか懐かしさとかそういうのは感じられなくて、私は私でやってきたし、中島は中島でやってきたなっていうのが闘いの中でわかって。でも準決勝当たりますけど、たぶん今日みたいに私の前でぐったりと倒れている中島安里紗だなと思いました」

 

◎中島安里紗コメント
18.10.17-1421
——前哨戦を終えて。
中島「リング上で奈七永がああいうアピールをして、自分は負けて何か発言すべきではないと思って去ったんですけど、よく考えたらタッグだし、そもそもベルト取るというのは、いまの自分の中の課題であって、今日、負けたから何って。もう過去だし、まあここで負けていい厄払いになったんじゃないかなと思っています。見てるのはベルトだけなので、次、対戦決まっているのは中森ですけど、中森に関しては印象なし。で、まあ奈七永ですよね。今日、負けたので彩羽か奈七永、どっちが上がってくるのか知らないですけど、キッチリ私がベルト取って、奈七永が腰が寂しいって言ってましたけど、私が取って、防衛して、奈七永のためにいずれ返上してやりますよ。そのときまで待ってろって感じです」
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木