contact

カテゴリー

2018年05月04日

5月3日(木)ラジアントホール・第4試合

 

 

4、SEAdLINNNG ULTRA777 U-21 TAG TOURNAMENT1回戦(15分1本勝負)
真琴&○小林香萌(12分16秒、フィッシャーマン・スープレックス・ホールド)星ハム子&星いぶき●

 

【試合リポート】
今大会より「ULTRA777 U-21 TAG TOURNAMENT」が開幕! 今トーナメントは、タッグチーム両者の合計キャリアが21年未満であることが出場の条件。6チームにより行われ、1回戦2試合が5・3横浜で開催。準決勝&決勝の計3試合が5・16後楽園大会で行われる。
また1回戦、準決勝は15分1本勝負。15分で決着が付かない場合は、昨年春に制定されたSEAdLINNNGトーナメントルールに基づき、1分間のインターバルののち、時間無制限・2カウントで勝敗が決する延長戦となる。なお決勝戦は時間無制限1本勝負で行われる。
 
20180503_04_3Q1A827220180503_04_3Q1A8289
1回戦第1試合は、真琴&小林香萌VS星ハム子&星いぶきの一戦。勝ったチームが5・16後楽園での世志琥&山口りなとの準決勝戦に駒を進める。
 
先制したのはハム子&いぶきの親子タッグ。ダブルの「お・し・り・だ!」を決めるも、いぶきが捕まる展開に。防戦一方のいぶきだったが、真琴のビッグブーツをかわしてスクールボーイ。ようやくハム子と交代となる。
 
20180503_04_3Q1A830520180503_04_3Q1A8323
ハム子が巻き返しに成功するといぶきが出ていき、小林をボディーアタックで挟み撃ち。鏡餅を投下する。
 
小林もドロップキックでやり返すと、真琴のW・Wニーを挟んでセントーン!
20180503_04_3Q1A8405
 
キックアウトしたいぶきがハムロールの親子リレー。すかさずコーナーに登るも小林が阻止。仕留めにかかる小林はジャンピング・ハイキックでカウント2。ミサイル弾でも決まらない。ならばとフィッシャーマンSHでいぶきにトドメを刺した。
20180503_04_3Q1A8544
 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年05月04日

5月3日(木)ラジアントホール・第3試合

 

 

3、ゴールデンウィークスペシャル青春シングルマッチ(20分1本勝負)
○世志琥(13分20秒、体固め)朝陽●
※セントーン

20180503_03_3Q1A8101
 

【試合リポート】
十代でデビューした世志琥もいまや二冠王。チャンピオンとしての風格だけでなく、貫録も出て来た世志琥の相手は、アイスリボンの朝陽。まだ15歳の選手を相手に、世志琥はどんな闘いを見せるのか? 興味深い一戦がラインアップされた。
 
開始から朝陽は若さ爆発。リストロックの取り合いで世志琥を挑発するも、世志琥は朝陽と同じように取り返していく。一通り同じことが出来ることをアピールした世志琥は力でねじ伏せにかかる。
 
20180503_03_3Q1A8062
だが、朝陽も世志琥を攻略しようと必死。各種ドロップキックで活路を見いだす。しかも、世志琥のパワー殺法をキックアウトしていく粘り強さを見せ、丸め込みのシーンではあわやの場面も!?
20180503_03_3Q1A8069
 
思わぬ粘りに苦戦した世志琥だったが、バックフリップで遮ると、ダメ押しのセントーンで3カウント!
20180503_03_3Q1A822320180503_03_3Q1A8232
 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年05月04日

5月3日(木)ラジアントホール・第2試合

 

 

2、横浜プロレス祭り記念ハイスピード4WAYマッチ(15分1本勝負)
○ドラゴン・リブレ(9分20秒、ラ・マヒストラル)佐山駿介●
※残りの2人は野崎渚、朱崇花

20180503_02_3Q1A7991
 

【試合リポート】
第2試合は、野崎渚VS朱崇花VSドラゴン・リブレ(FREEDOMS)VS佐山駿介(ASUKA PROJECT)によるハイスピード4WAYマッチ。リブレ、佐山はSEAdLINNNG初参戦となる。
 
試合がはじまるやいなや、佐山が「朱崇花さん、僕、ASUKA PROJECTなんです。ここはチームアスカとして協力しませんか」と申し出る。朱崇花が気を許しそうになるが、野崎が阻止。
 
20180503_02_3Q1A784020180503_02_3Q1A7867
 
朱崇花が孤立し、他の3選手の標的に。かわるがわるカバーされるも、いずれもキックアウトしていく。反撃に転じた朱崇花は南月レフェリーに「見とけよ」とアピールしてロープに走るが、南月レフェリーの足に引っかかり転倒!?
 
20180503_02_3Q1A7880
劣勢の朱崇花だったが、リブレ、佐山、野崎に張り手。そして、3人にブーメランアタックを決める。さらに野崎&リブレにドロップキック。場外へ。佐山もフランケンシュタイナーで場外に放り出すと、エプロンからのムーンサルトアタック。
 
20180503_02_3Q1A787220180503_02_3Q1A7929
 
いい流れを作った朱崇花だが、残念なことに戦況は佐山VSドラゴン・リブレに移る。佐山はリブレにキックからのカバー。もう一度、キックから走る佐山。だが、リブレがカウンターの低空ドロップキック。すかさずラ・マヒストラルで丸めた。
20180503_02_3Q1A7992
 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年05月04日

5月3日(木)ラジアントホール・エキシビションマッチ

 

 

1、エキシビションマッチ(5分)
高橋奈七永(0−0)佐々木貴

 

20180503_01_3Q1A768920150503_01_3Q1A7704
【リポート】

5・16後楽園での復帰を前に、高橋奈七永が佐々木貴(FREEDOMS)を相手に最終調整。男子レスラーとのエキシビションで、奈七永はどんな闘いを見せるのか!? 
 
序盤はリストロックの取り合い。そこから貴が「高橋奈七永、復帰間近だな。コンディションもよさそうじゃないか。とりあえず復帰おめでとう」と声をかける。奈七永が「ありがとうございます」と素直に応えると、貴が「96年デビューの同期、同期」と油断させる。
 
20180503_01_
奈七永が握り返したところで、貴はガットショット。場外戦に持ち込む。リング上に戻り、ショルダータックルの打ち合い、ブレーンバスターの掛け合いへ。奈七永が制す場面もあり順調な仕上がりといった印象。結果的にはあっという間の5分間となった。
20180503_01_3Q1A772220180503_01_3Q1A7803
 
試合後、貴は「復帰戦はいつどこでやるんだ」とマイク。奈七永が「5月16日、後楽園ホールです」と応えると、貴は「おお、いい前振りしただろ? ちょっと宣伝になっただろ? できるな? またお前が120%パッションでリングに上がれるならまたいつかやろう。FREEDOMS総出で来てやってもいいぞ。覚悟しとけよお前ら!」と宣戦布告。奈七永も「ありがとうございました。正直復帰に向けて不安もあるけど、これがいまの高橋奈七永なので、5月16日よければ応援にきてください」とファンに呼びかけた。

 
◎バックステージ
 
–男子の選手とやりあったが、だいぶあがってきてると思っていい?
 
奈七永「上がってきてる部分と自分的にまだ足りないなって思った部分が両方あって、複雑な気持ちですけど。もっと今日は自分のイメージのなかではもっともっと高橋奈七永の時間にするつもりだったんですけど、結構佐々木貴色を残されてしまったというのがエキシビションといえどもどうしても悔しいところがありますね。やっぱこういう悔しい気持ちってレスラーだから沸き上がってくるんだなって改めて実感しています。なんか休んでいる間は悔しいとかいう気持ちもないくらいだったんで、でも、この首の状況としては相手の技を受けても大丈夫だったっていうところも実感としてあるので、まだまだ行けますよ」
 
20180503_01_3Q1A7828
–体に刺激というかエネルギーになりそう?
 
奈七永「なりますね。ケガする前も田中選手とか男子選手とやり合ってきましたけど、もっともっと強い相手とやりたいので、プロレスを骨の髄まで感じたいですね。血の一滴、骨の細部までプロレスを味わいたいというのを思いました。そういう強い相手とやりたいです」
 
–復帰戦の相手が気になるが。
 
奈七永「私の頭の中にはずっといる相手がいるんですけど、近々お知らせできるようにしたいと思います」

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年05月04日

5月3日(木)ラジアントホール・オープニング

 

 
20180503_OP_3Q1A7666
「GOLDEN GO! GO!〜横浜プロレス祭り2018」
 

★5月3日(木)神奈川・ラジアントホール
観衆311人(超満員)
 

 

◎オープニング/ラジオ体操からスタート
 

昨年に引き続き「横浜プロレス祭り」が開催され、SEAdLINNNGも参加。オープニングではいつものように所属選手がリングに上がった。
 
20180503_OP_3Q1A7641
南月「みなさんこんばんは! 本日はSEAdLINNNGご来場いただきまして誠にありがとうございます。みなさんゴールデンウイークは楽しんでいますか? 横浜プロレス祭りが始まります。SEAdLINNNGは先発なので一発目から盛りあげていきたいと思いますのでみなさんよろしくお願いします」
 
20180503_OP_3Q1A7671

中島「こんばんは。今日からタッグトーナメントがスタートします。ベストフレンズ、(エントリーチーム内)唯一のタッグチームとして、当然のように優勝して、快進撃を続けていきたいと思います」
 
世志琥「SEAdLINNNGの世志琥です。自分のチームは今日試合なくて、5月16日に試合があります。今日ここで勝ったチームと当たると思うのでどのチームが上がってくるのか楽しみですね。朝陽は15歳ということで、えって感じですよね。そうなんです。世志琥16歳とか言ってたときにはフレッシュさの欠片もなかったですが、15歳と当たるということで目一杯青春しようと思います」
 

奈七永「みなさん、こんばんパッショーン×3。横浜プロレス祭り2018開幕しましたけど、16日の復帰に向けて佐々木貴選手とエキシビやらせてもらいます。ワクワクしている状態なんですけど、このワクワクをみなさんと共有したい。ラジオ体操したんですけど、みんなでラジオ体操からしたいと思います。準備体操して元気にはじめましょう。スペシャルゲストの佐々木貴選手よろしくお願いします」
 
20180503_OP_3Q1A7653

貴は「いきなりラジオ体操からはじまるプロレスはじめてだぞ! 俺も巻き込まれたからにはみんなも立ち上がれ!」と、ラジオ体操第一をファンと一緒におこなったあと、奈七永が「準備体操バッチリになったところで、今日もみなさん盛り上がっていきましょう。よろしくお願いしまーす」と続け、「いくぞー×2。Let’s get d!」で大会をスタートさせた。
20180503_OP_3Q1A7682
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木