contact

カテゴリー

2018年03月21日

2018年3月21日後楽園ホール・第4試合

4a4b4c

 

4、SOUL EXPLOSION(30分1本勝負)
里村明衣子&○DASH・チサコ(18分3秒、片エビ固め)世志琥●&山下りな
※ホルモンスプラッシュ

 

 

【リポート】
 
SEAdLINNNGvs仙女の2大シングルとして、世志琥vsDASH・チサコ、中島安里紗vs里村明衣子が組まれていた今大会。中島がWAVE3・11後楽園大会で軽い脳しんとうを起こしたため、急きょカードが世志琥&山下りなvs里村明衣子&DASH・チサコに変更されることに。奈七永がエキシビションマッチで復帰したものの、所属選手は、世志琥ただ一人という状況でのメインイベントとなってしまった。
 
世志琥は仙女勢との握手を拒否。そのまま先発するとゴングと同時に世志琥vsチサコで激しいエルボー合戦が繰り広げられる。早速、セントーンを狙う世志琥だったが、チサコがかわして場外に世志琥を落としてプランチャ・スイシーダ。これは味方の里村に誤爆。逆に世志琥がエプロンからのヒップドロップを投下させたが、このとき世志琥が右足首を痛めた模様。
 
世志琥の足首にテーピングがまかれるなか、チサコが山下にワキ固め。続く里村はキックで攻勢。串刺しエルボー、逆片エビ固めでステップオーバー。さらに仙女のダブル攻撃が決まる。
 
一人で耐える山下だったが、チサコの後頭部へランニング・ニー! なんとか攻守を入れ換えると、ようやく世志琥とタッチ。世志琥は「久しぶりだな」と馬乗りでフォアアーム。チサコもやり返す。すると里村がカットに入り、世志琥にフォアアーム。世志琥も当然やり返していく。激しい攻防に沸く会場。
 
山下vs里村の場面では、山下がショルダータックル。里村もカウンターのニールキックでやり返すとDDT。側転ダブルニードロップを放ってチサコへ。チサコはミサイルキック、スライディングキックでカウント2。回転エビ固めで丸め込む。山下もトラースキックでやり返すと、バックドロップ、スライディングラリアットを叩き込んで世志琥とチェンジ。
 
世志琥vsチサコとなり、チサコのダイビング・フットスタンプはカウント2。もう一度、コーナーに登るが、世志琥が追いつき雪崩式バックフリップ。世志琥はカウンターのネックハンギング・ボムも放つが、カウント1で返したチサコが投げっぱなしジャーマン。走るチサコに世志琥がカウンターのラリアット、アティチュード・アジャストメントを敢行。これは里村が滑り込みカット。ならばと世志琥はコーナーに登るが、これも里村がオーバーヘッドキックで妨害する。
 
トドメがなかなか刺せない世志琥に、復活したチサコが雪崩式フランケンシュタイナー。すぐさまホルモンスプラッシュに繋げて、世志琥から逆転の3カウントを奪ってみせた。
 
end1end2end3
【試合後のマイク】
 
チサコ「おい、世志琥! 久しぶりに会ったな。世志琥も、自分も強くなってこういうSEAdLINNNGのリングで闘えて本当にうれしいです。足大丈夫? 世志琥、団体背負ってやってるんだったら、うちらこれで終わりじゃねーな。だから握手はしません。もう1回やってやろうじゃん。いいですか!?」
 
世志琥「DASH・チサコ、そうだよな。団体背負ってるんだったら、またやる価値あるよな。今日はお前に負けた。それは認めるけど、自分は借りはキッチリ返さないとイヤなタチで、だからDASH・チサコ、お前にこの借り返すから待ってろよ。里村明衣子、確かお前にも借りがあったよな。それもウチはしっかり覚えているから。まあ首を長くして待ってろよ」
 
里村「もうな、お前のその甘ったるい言葉、何も聞きたくないんだよ。今日は試合した気にならないですね。アクシデント? 足首、やったんだろ? そんなものは全員わかってるよ。ウチのセンダイガールズも、私とチサコだけの時があったんだよ。でもな、ここまできたんだよ。それが今日の強さだ。おい中島! テメー、そんなところで見てる場合じゃねーだろ! こっち来いよ。お前とのシングル待ってたんだけどな。お前らが本気で目を覚まさない限り、もうお前らは終わりだ」
 
中島「んなもん言われなくたって、わかってるんだよ! 背負ってるのは世志琥だけじゃねーんだよ。私だって、SEAdLINNNG背負ってやってるんだよ!! お前とのシングル、必ずもっともっとでかくなって、やってやるから楽しみにしとけよ(仙女勢は退場。中島もリングを降りる)」
 
世志琥「…………(涙)。すみません、悔しくて。でも、自分は立ち止まってられないんです。SEAdLINNNGを守るって決めたから、だから今日はこういう結果になってしまったかもしれない。でも、あとは上がって行くだけですから。こういう結果になってしまって本当に言うことじゃないかもしれないですけど、これからも自分を見ていてください。今日はありがとうございました」
 
backstage
【バックステージ】
 
世志琥「そうですね……。まあ、今日……負けたのは、本当に……なんて言うんだろうな……」
 
山下「負けは負けです。ただ誰とかでなくて、組んでいるからには私はまた2人でやり返したいです。今日はSEAdLINNNGの興行で、世志琥はSEAdLINNNGを背負っていて、向こうはセンダイガールズを背負っているかもしれないけど、じゃあ自分はなんだって言ったら、SEAdLINNNGがいま欠場選手が多いなかで、メインで世志琥の隣に立ってるからには、私だってSEAdLINNNG、背負ってこのピンチを一緒に乗り越えてやろうという気持ちで今日、参戦しました。っていうか、いつだってそういう気持ちだし、だから世志琥がまたやり返すってときには、自分ももっと大きくなってまた隣に必ず立ちます。2人でやられたからには2人でやり返さないと終わらない。もしこの場所にいるのが高橋奈七永だとしても、私は少なからず、応援してます」
 
世志琥「そうですね。まあ欠場……2人欠場してて、自分しかいないっていうのもあるんですけど、でも自分はそれがピンチだとか、ヤバイとかはまったく思ってなくて、でも自分はSEAdLINNNGを守っていくと決めた。背負って闘ってる。そのなかで今日みたいなのは本当に悔しくて。でも、悔しいままで終わりたくないし、やられたら絶対やり返したいし、だから自分はまた。またっていうか山下がこういってくれてるんで、ウチら2人で必ず今日の借りを返します」
 
山下「やってやりますよ。言えよ、いつものアレ。必ずやり返してやります。なあ、世志琥!」
 
世志琥「絶対やり返してやるからな。そこんとこ(2人)ヨロシク!」
 
–リング上で里村選手から厳しい言葉を投げかけられたがどう受け止めた?
世志琥「ああいう言葉を出させてしまった……。本当にそういう闘いだったと自分で実感してるので、言われたことに対しては、腹立ちますけど、まあ言っといてくださいよ。絶対見返してやっから!」

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年03月21日

2018年3月21日後楽園ホール・染谷西郷ミニライブ

stage

 

◎染谷西郷ミニライブ

 

 

【リポート】
 
第3試合終了後、FUNKISTの染谷西郷さんによるミニライブ。SEAdLINNNGへの熱い思いを語った染谷さんは、「ピースボール」「ALL TOGETHER」「V−ROAD」の3曲を熱唱し、シードラーと一体となった。
 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年03月21日

2018年3月21日後楽園ホール・第3試合

3a3b3c

 

3、SEED SPARK!(20分1本勝負)
浜田文子&○柊くるみ(15分20秒、片エビ固め)水波綾&藤田あかね●
※ダイビング・ボディープレス

 

 

【リポート】
 
3・18名古屋大会で、アニキこと水波綾に共闘を申し出た藤田あかね。今大会でもタッグを組まれたが……対戦相手は世界の浜田文子とICE×∞現王者の柊くるみ。強豪タッグを相手に、藤田はどんな闘いを見せるのか!? 注目の一戦となった。
 
藤田が先発し、文子を指名。ショルダータックルでは文子に軍配が上がるも、水波が援護射撃。ダブルの攻撃で文子&くるみを圧倒する。先手を取られる形となった文子は「調子に乗ってんじゃねーぞ!」と、藤田に顔面蹴り。続くくるみもボディープレスを連発していく。文子&くるみもダブルのヘッドバットでやり返す。
 
くるみvs藤田の場面。藤田がエルボーで向かって行くが、くるみが強烈な一発でお返し。串刺しボディーアタックでカウント2。藤田への腕攻めで試合の主導権を握る。辛い展開が続く藤田だったが、文子の串刺し攻撃を迎撃し、ようやく水波とチェンジとなる。
 
水波はスピアで逆襲に出ると、文子に串刺しエルボー→串刺しラリアットを敢行。ラリアットの相打ちを挟んで、水波のフロントスープレックス、文子の回し蹴りが交互に炸裂する。
 
再びくるみvs藤田となり、藤田が張り付けボディーアタック、水波の張り付けラリアットを挟んでエルボードロップでカウント2。粘る藤田だったが、くるみのパワー殺法を切り崩すことはできず。最後はくるみのダイビング・ボディープレス2連発に沈んだ。
 
【試合後のマイク】
 
藤田「自分からアニキに組んでくださいって言って、自分が負けてすみませんでした。(水波が黙っていると)なんか言ってくださいよ。怖い。いや、でもこうやって負けてしまったけど、アニキにはもっともっと熱さを教えてもらいたいので、勝手に継続したいと思います。そして勝手にユニット名も考えてます。勝ったら発表するので勝つまでお願いします。そして、ここでまた勝手ながら新メンバーを発表する! その新メンバーは高橋奈七永! とりあえず上がってきてください。とりあえず立たせてもらっていいですか(と水波と奈七永に立たせてもらう)。あのずっと見てましたよ。パッション×3。ホット、ハイテンション、一緒でしょ? くくりは一緒ですよね。ということで新メンバーに任命します」
 
奈七永「お客さんが微妙なんですけど」
 
藤田「そんなことない。なあ! このなんやパッションとテンションとホットのユニットでSEAdLINNNG、いや女子プロレスのトップを目指しましょう!」
 
水波「困ったからってマイクをふるなー! やるんだね3人。ということでよろしくお願いしますね。以上3試合目でした!」
 
【バックステージ】
–藤田選手の発信でユニット結成となりそうだが、どういった理由で奈七永選手を?
 
藤田「今日エキシビションをやってて、復帰が近いということじゃないですか。味方に入ったら強力だなって。強い人を先に手に入れておかないと(笑)。戦略?」
 
奈七永「わかってないの? 大丈夫?」
 
藤田「大丈夫」
 
奈七永「私は今日エキシビやったけど、復帰前なんですよ。まだ。それでこないだ名古屋でアニキに共闘を申し入れて、ね。今日も負けてしまったけれども目標はなんですか?」
 
藤田「目標は世志琥を倒すって言ってましたが、そことは言わずプロレス界のトップに立つ!」
 
奈七永「おう!」
 
藤田「リーダーは私です。ずっとしゃべってくれない……」
 
水波「あのまあ……」
 
奈七永「まあ調子が戻ってくればみんなペラペラ」
 
水波「藤田がね、行動に移すのはいんですが、もうちょっと……じゃあせっかくこうやって3人で組むんで、藤田はもうちょっと自分がやりたいもの、マイクでもプロレスでもいい。それを皆さんに伝えるってことをまず。まずはそこからやりましょう」
 
藤田「はい」
 
水波「せっかくね、自分の団体じゃなくてこうやって他団体でね、こういうふうにねユニット結成してやるって動いたんだったら、そういったところからまずやりましょう。そして我々、2人はそのワキを固めて、より藤田がいきるように、そして熱くパッション、そしてテンション、そしてホットなユニットにしていくだけでございますので、皆様、このバラバラな3人かもしれないけど、これから楽しみにしていてくださいね。以上!」
 
奈七永「パッショーン!」
 

藤田「パッション!」

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年03月21日

2018年3月21日後楽園ホール・第2試合

2

2、ハイスピード3WAYマッチ Cross the BORDER hispeed!(20分1本勝負)
○谷嵜なおき(7分45秒、エビ固め)ショーン・ギネス●
※丸め込みの応酬から。もう1人は飯田美花

 

 

【リポート】

南月たいようレフェリー考案のハイスピードマッチに、SEAdLINNNG初参戦となる谷嵜なおきとショーン・ギネスが挑戦。3人目の選手は、WAVE5・4後楽園で引退する飯田美花。飯田はハイスピード2度目の参戦となる。
 
クリーンな握手で試合がスタート。ファーストコンタクトは、リストの取り合い、カバー合戦などで様子をみる3選手。まずはショーンがカウンターのドロップキックからカバーにいくが、ロープワークをしていなかったためノーフォール。南月レフェリーが「RUN!」と忠告するも、理解していないショーン。
 
このチャンスに飯田がヘッドシザースホイップ。ロープワークからの高速カウント2。カウントの速さにショーンはビックリした様子。だが、ショーンも谷嵜&飯田にドロップキックを放って場外に落とすと、谷嵜にロープ越えコンヒーロ。するとファンから飯田にも「飛べ!」コールが起こるが、飯田は南月レフェリーをハンマースルー。南月レフェリーの鮮やかな三角跳びプランチャが決まる。
 
3選手がリングに戻ると、飯田が標的になっていく。孤立する飯田だったが、ショーン&谷嵜にまとめて卍固め。さらには2人同時にDDT&コンプリートショットを決める。飯田のロープワークからのカバーは、谷嵜がスクールボーイでカット。ショーンも谷嵜にスクールボーイ。いずれもカウント2止まり。
 
混戦となるなか、飯田のカバーをショーンが顔面蹴りでカット。飯田が戦線離脱している間に、ショーンvs谷嵜でエビ固めの応酬となり、谷嵜が強引に押さえ込み勝負あり!

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年03月21日

2018年3月21日後楽園ホール・第1試合

 
1

 

1、OPENING POP UP!(15分1本勝負)
○宮崎有妃(11分10秒、外道クラッチ)弓李●

 

【リポート】

宮崎有妃と弓李がはじめてシングルマッチで激突。アイスリボン3・25後楽園大会でアイドル&CDデビューすることが決まっている弓李としては、宮崎の恥ずかし固めは何としてでも避けたいところだが……!?
 
開始早々、恥ずかし固めを狙っていく宮崎。警戒していた弓李はもちろん回避。押され気味の弓李だったが、宮崎のリップロックをかいくぐり、スリングブレイドを連発。さらに、腕攻めで攻勢に出ると、ダイビング・ボディーアタックやフィシャーマン・スープレックス・ホールドで追い込んで行く。
 
このピンチを凌いだ宮崎は投げっぱなしジャーマンで弓李をコーナーポストに強打させると、ハリケーンドライバーを敢行。続くムーンサルトプレスは弓李が寸前でかわして首固め。キックアウトされるとすぐさまスクールボーイでカウント2。
 
ここからエビ固めの応酬となり、宮崎が不意打ちのリップロックから首固め! なんとか返した弓李だが、最後は宮崎が外道クラッチでクルリ! 試合後もしつこく恥ずかし固めを狙う宮崎に、弓李は強烈ビンタを見舞って帰っていった。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 SEAdLINNNG
http://seadlinnng.com/
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-8
第一諏訪ビル502
TEL:044-201-1341
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヤシの木